帰ってきた甲斐先生と鈴木先生。
事務所も大きくなって本家の舞台に近づいた感じですね。
今期は共同代表の上杉(吉田鋼太郎)、アメリカ版のハードマンが登場で、熱い展開が期待できます!

第1話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第1話あらすじは?

敏腕として知られる『幸村・上杉法律事務所』のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。

パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)とも再会を果たした大輔は、さっそく彼女を食事に誘った。
だがそこに、甲斐のライバルでもある蟹江貢(小手伸也)が現れ……。

甲斐は、復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。 それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。

同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている『フューチャースカイ』の社長・三津谷聡(反町隆史)から呼び出される。

そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。

全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。

三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。 大輔は、出版社を訴えた吉野麻帆がアルバイトをしている書店を訪れる。 そこで事情を聞いた大輔は、麻帆に同情してしまい、和解交渉を進めようとする。 公式サイトより 

みなさんの感想

u4(30代、男性)
前シリーズから一体どういう存在なのかと気になっていた上杉が登場することで、今シリーズがどういう展開になるのかと非常に楽しみにしていました。 彼が何をしたのかが明らかになっていないため、これから何が起こるのか予想も出来ませんが、上杉の弱みを握っていたとしても、今の甲斐には鈴木という弱みがいるため、それがどういう結果になるのかが楽しみです。

一癖も二癖もありそうな存在であるため、甲斐がこれまでにないくらい追い詰められるという状況になるのだとしたら、そこからどうやり返すのかと楽しみにしています。

今までは幸村を納得させてきた鈴木の問題も、上杉という別の問題を前にしては考えの違いは大きなズレとなり、甲斐と幸村の関係も変わっていくことになるのかと感じられるため、その変化も楽しみになる展開でした。

有用であることは前シリーズで示してきた鈴木ではありますが、甲斐がそれだけのリスクを背負ってまで手元に残しておきたいことや、幸村に黙って呼び戻した理由となる問題が今後起こるのだろうと思いますが、本当にどうしようもならなくなったとき、二人はどうしていくのか楽しみです。
0ji(40代、男性)
今回は初回とあって、非常に楽しみにしていました。 すると、いきなり加藤ミリヤさんが登場してきたので驚きました。

また、更には反町隆史さんが出て来たので本当にこれまた驚きました。 織田裕二さんと反町隆史さんの共演には夢のドラマでのコラボに見えて物凄く楽しませて貰えました。

今回はまた2と言うこともあり、早い段階で帰ってきましたが相変わらずの織田裕二さんと鈴木保奈美さんとのやり取りも物凄く懐かしく観ているだけで魅了されます。

やはり、この二人が同じスクリーンに映ると東京ラブストーリーを思い出してしまいます。 あれからと随分時間が経ちましたが、やはりこの二人は本当に絵になる俳優と女優に違いないと改めて思えました。
makoto(30代、女性)
シーズン1から見ていたので、メインキャストとなる人たちが全員続投になったのはとてもうれしいです。

前回、共同経営者が実際には出演していなかったので誰が演じるのかと想像していましたが、吉田鋼太郎さんとは考えていなかったので嬉しい誤算です。 過去にどのような因縁があったのか、これから少しずつ明らかになっていくようなのでそっちのほうのストーリーも楽しみです。

大輔は帰国してから以前よりも頼りになったと思いますが、それでも弁護士資格を持っているわけではないのでそれがいつばれるのかをハラハラして見ています。 恋愛面でも進展がありそうですが、それがうまくいってから実は弁護士資格がないとばれたら辛い展開になるのではないかと心配です。
atra(30代、女性)
前シリーズもよく見ていたので、新作が始まるのを楽しみに待っていました。

まず、聖澤さんがとても綺麗で、衣装も弁護士事務所の職員として好感が持てるのに、お洒落で可愛くて同性でも憧れてしまいます。 玉井さんも綺麗ですが、今回の終わりの方のシーンでの衣装はセクシー過ぎて少し驚きました。

甲斐さんは相変わらずのキャラで、何だか安心しました。 代表のチカさんや蟹江さん、鈴木くんとの関係も変わらずで、また面白い掛け合いが見られると思うと嬉しいです。

今回の吉野さんも本当に可愛いですし、今後のゲストにも期待したいと思います。 相当な曲者にしか見えない、共同代表の上杉さんが戻ってきてしまうと、揉め事しか起こらない気がしますが、今後の展開が楽しみでもあります。
24ir(20代、男性)
甲斐先生いきなりキレキレでしたね。 相手の脅しに微動だにしない計算し尽くされた交渉はさすがだと思いました。 傲慢な性格も健在で観ているこちらもワクワクしました。

鈴木先生の天才的な記憶力と甲斐先生の交渉力でこれから難題を解決していくと思うと楽しみで仕方ありません。 この2人がタッグを組むからこそ素晴らしいチームになるので、鈴木先生が帰ってきてくれて良かったです。
さらに聖澤さんと鈴木先生の恋の行方も気になりますね。

おそらく聖澤さんは鈴木先生のことが好きだと思うので、今後付き合うことになりそうな予感がします。 そうなれば、鈴木先生もより一層仕事に対する熱が入り、最強の弁護士事務所になると思います。 しかも上杉先生が復帰するということなので、どのような展開になるのか楽しみです。
iidaさん(40代、男性)

久々の織田 裕二出演のドラマだったので、昔のトレンディドラマを観るワクワク感がある内容でした。
近頃のドラマはその時々に人気が急激に上がったという人や、注目の人を出演させる傾向があったので、全く新しい感覚の出演者による、新しい雰囲気のドラマに仕上がっているのか注目して見てしまいました。

織田 裕二って年齢なりに肌のコンディションとか歯の白さと歯並びの綺麗過ぎさで、加齢を感じませんでしたし、やはり年齢なりに渋くなっていました。

踊る大捜査線のイメージとは別の人物なのに、織田 裕二そのままの感じで、大根役者的な気配もしましたが、安定の演技力で、新しい役所を観れて安心してみていられました。

他の出演者はあまり知らない人ばかりで、若干出演者の中で目立つ人がいなくて、織田 裕二ばかり目立っていました。
今の若い子がこのドラマを観たら、突然織田 裕二が出てきていたので、この人は誰?って思うかと感じました。

会社の雰囲気とかは局の制作チームや監修がいるにせよ、若干こんな会社のイメージとか、ビジネスの雰囲気とか、ちょっと違うよね?とネガティブ感がほんの少しありました。

今日はこれから起こる様々な事件や解決やらスッキリさせるという先の展開を想像させてくれる、イントロ的な流れの放送でした。
次回が楽しみです。

ogamiさん(40代、男性)

今作は、前作の流れを引き継いでいて、大きな変化はないような感じだと思いました。
主演を務めている織田裕二さんは、やはりクール路線を推し進めていきたいのだなと思いました。

そして、今回も知能戦と言った感じで、策略に次ぐ策略っという感じで、頭をフル活動させたような感じで、ハラハラするような展開が多かったと感じました。
そして、事務所の看板にも名前がある上杉役として、吉田鋼太郎さんが出演したのは、更にメンバーが濃いくなったような感じがしました。

大河ドラマの「麒麟がくる」でも曲者である松永久秀を演じていて、大暴れしているので、今作でも炸裂して欲しいです。
そして、今回は初回ということもあったと思いますが、反町隆史さんなどゲストが豪華すぎると思いました。

wdaさん(20代、女性)

一番の見どころはなんといっても、加藤ミリヤさんの演技だと思います。
ドラマの宣伝の中で、加藤ミリヤさんが女優デビューをしたということを知り、とても楽しみにしていました。

初めてとは思えない、堂々とした演技に見入ってしまいました。
会見中の困った表情は特に上手だなと思いながら見ていました。
織田裕二さんが余裕そうな表情で挽回している場面は、見ているこちらがすっきりする思いになりました。

また、中島裕翔さんも会見中に通話の中で暗記していることをすらすらとしかも英語で織田裕二さんに伝える場面は、何度見ても格好良い姿だと感じました。
現実で、自分自身がこんな勝ち組の才能があればどれだけいいだろうと現実逃避して楽しめる時間になりました。

saiteiさん(50代、女性)

甲斐と蟹江は相変わらず仲が悪いようです。
しかし、お互いが自分の方が上だと思っているところが、自信たっぷりな感じで、良いライバルなのではないかと思いました。
甲斐は鈴木を蟹江の下に付けました。

鈴木は従うしかないのでしょうが、完全に甲斐の言いなりになっているような感じです。
上杉が戻ってくることを歓迎していたのは蟹江くらいだったのかもしれません。
ですが、上杉は心を入れ替えて戻ってきたようなので、その点で他の人達からも受け入れられていました。

やはり鈴木ニセ弁護士問題が気になるところです。
チカは甲斐に忠告していますが、何を言っても甲斐に上手く交わされそうです。
これからチカが一番大変な立場になりそうで、彼女はどう乗り切っていくのか気になります。

kumakoさん(30代、男性)

「SUIT2」最高に面白かったです。
なんといっても織田裕二がかっこいい。

負けないことを大前提にどんなやり方でも勝つ方法を考えて、それを実行する弁護士。
それを織田裕二が大人の色気満載で演じる姿は最高にかっこいいです。

前回のシリーズも面白かったですが今回も前回にひけを取らない位とても面白いです。
そしてHey! Say! JUMP中島との相変わらずのコンビも最高です。

また、中村アンや新木優子も綺麗で可愛くて、とてもドラマを華やかにしてくれます。
こんな弁護士事務所、絶対ないと思いますが、やはりそこはドラマだからこその華やかさ。
やっぱり月9のドラマは、これぐらい現実離れしていてもいいと思います。
「SUIT2」来週も楽しみです。

第2話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第2話あらすじは?

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は、『幸村・上杉法律事務所』のトップの座を狙っている上杉(吉田鋼太郎)の動向を注視していた。

上杉が、シニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカは、まず企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう、甲斐に命じる。 一方、真琴(新木優子)と交際を始めたばかりの大輔(中島裕翔)は、彼女にすべてを打ち明けるべきかどうか悩んでいた。

そんな折、チカからディナーに誘われた大輔は、幼いころのことなどをいろいろと尋ねられる。 だが、チカが自分を呼び出した目的がわからず、困惑するばかりだった。

瀬川のもとを訪ねた甲斐は、チカに対して不満を抱く彼に、力になれることを証明したいと申し出る。

そこで瀬川が提示したのは、建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰せ、というものだった。 『大手町スカイビスタ』は今年の春に完成予定だったが、大幅に建設が遅れていた。 原因は、プロジェクトを進めるマディソン建設のワンマン社長・芹沢(石丸幹二)のこだわりで、度重なる仕様変更にあったためだった。 公式サイトより

みなさんの感想

u84r(20代、女性)
上杉先生は、過去を知らない周りの人を取り巻くのがうまいなと思いました。 上杉先生とかい先生の言葉のキャッチボールが嫌味たっぷりでヒヤヒヤしながらも面白く見れました。 今回の回は、看護師長との対決でした。 序盤、上杉先生は看護師長に取り入ってかい先生をピンチに追い込みました。
流石に今回は上杉先生の思惑通りになってしまうと思いました。

ですが、病院側の不正献金に気づいたかい先生は、上杉先生の思惑とは裏腹に必ず給与アップをしなければならなくなっている状況で病院側の要求を飲みつつもマイナスにならない様に、そして、看護師長が納得いく様な案を提案しました。 クライアント側を殴ってしまう様な形になりましたが、上杉先生のいいなりにはなりませんでした。

ただ、鈴木先生に取り入るのがうまいので、今後上杉先生に経歴がバレてしまいそうなのでハラハラします。 次回はコロナの影響で放送日が先延ばしになります。 ですが、次回もハラハラする展開になりそうなので楽しみです。
ebiu3(20代、男性)
やっぱり、スーツは面白いです。 昔から変わらないところがまた良いです。 KAMIYAが好きで、少しずつではあるが進化してきているところのある企業って最高です。 甲斐さんは、KAMIYAの時計のファンで海外の時計が売れている中、そこであえての日本産です。

ゲーム会社の藤ヶ谷さんさんのそうゆうところにひかれて好きになったのかを想像するとまた深々しいです。 そして、なんといっても今回は蟹江さんさんがまた良い雰囲気というか良い味を出してくれたんじゃないかと思います。

仕事があると言って総合格闘技道場に連れてきて、蟹江さんのスパーリングの相手に付き合わされて、大輔はかわいそうかもしれませんが、それがまた最高に面白かったです。 次も楽しみに期待しています。
oiiuz(20代、男性)
甲斐先生は上杉先生のことを相当嫌っているので、過去に何があったか気になります。 スーツ1を観ていなかったので、どんな因縁があったのかが分かりませんが、2人の関係は修復しそうにないと思います。

もし2人が協力すれば、素晴らしい弁護士事務所になると思うのですが、今後の展開に期待したいと思います。 さらに今回の甲斐先生の案件は詰将棋を観ているかのように凄かったです。
看護師さんに寄り添うという、鈴木先生の気持ちが少し伝わったのかなと思いました。

これから更に厄介な案件が来ると思うので楽しみに観たいと思います。 それに、鈴木先生と聖澤さんがようやく付き合ったにもかかわらず、本当のことを聖澤さんに言うと言っていたので、これからの2人の恋の行方にも注目したいです。
oi28z(30代、男性)
復帰した上杉に振り回される甲斐の姿が新鮮に感じられました。 露骨に苛立ち、仕事にも支障が出るほどに嫌う上杉がした過去に一体何があったのか、さらに気になりました。

甲斐は娘を利用して上杉の身動きを取れなくしようとしていましたが、そちらは上杉自身が話すことで問題を解決したらしく、甲斐はさらに露骨な脅迫を言うほどになっていたのが怖く感じました。 そこまでしなければならないことであれば、上杉が何故あれほど平然としていられるのか不思議に思いました。

そんな上杉に振り回されることになったものの、甲斐は仕事を相手側のことも考えた形で解決へ導いたのはさすがだと思いました。

院長が隠していたことをいつの間に調べていたのかと驚きましたが、その内容と上杉が鈴木を騙していたという話を繋げると、上杉は院長が個人的に使っていたお金から本来の報酬とは別の報酬をもらっていたのではないか、そういったことの積み重ねの先に甲斐が脅していた過去へと繋がっていくのかとも考えてしまいました。

甲斐の露骨な感情の変化が上杉を際立たせることになり、二人のこれからの対立がどうなっていくのか楽しみになりました。
ko40(30代、男性)
“「SUIT2」めちゃくちゃ面白いです。 織田裕二がなんといってもかっこいい。
やり手弁護士を大人の色気とかっこよさを正祐織田裕二が演じてとてもはまり役でかっこいいです。 そしてHey! Say! JUMP中島とのコンビもとても良いです。

ドライに見える織田裕二演じる甲斐弁護士。 中
島演じる鈴木をフォローし守ろうとしているところはとても良い関係性だなと思います。 また、今回から吉田綱太郎演じる上杉が登場して、物語をますます面白くしています。

一筋縄でいかない上杉がこれからどう甲斐と絡んでいくのか、期待がとても膨らみます。 吉田綱太郎の一癖ある役柄、織田裕二とのシーンは何とも言えない緊張感があります。 「SUIT2」来週も楽しみです。
teraさん(50代、女性)

甲斐は病院側の問題のある出費を取り上げ、それを浮き彫りにしました。
そのことでクリーンな病院というイメージを上げるために、病院側に改善要求をしました。
看護師組合は15%の賃上げ要求をしていましたが、それは労働に対して安すぎる賃金というのが問題でした。

ですが、病院全体が改善され、看護師もゆとりのある働き方ができれば、もっと大きな改革ができます。
それを提案した甲斐はさすがだと思いました。
これで病院側と看護師側が争うどころか、協力体制を組めるようになりました。

上杉が戻って来て、いろいろな問題が新たに起こりそうな気がしています。
特に鈴木大輔問題がバレてしまうのは、時間の問題だと思います。
最後に甲斐の弁護士バッジが取れてしまいましたが、何かを案じているのかもしれません。

tanukiさん(50代、男性)

法律事務所の共同経営者として名前を残している上杉とシニアパートナー弁護士である甲斐との対立が、専門家同士の独特の緊張感と駆け引きが随所にみられる面白さがありました。

弁護士という資格をもつ専門職でありながらも、事務所を運営する代表と所属して仕事をする弁護士の立場の違いが、甲斐だけでなく、同僚の蟹江弁護士もまた事務所に対する不満を抱えながら、自分の自尊心を満たすために悶々としながら、満足が得られる場所を事務所外の人間関係に模索する姿にもサラリーマン的な姿が滑稽にも思えました。

しかし、上杉の仕事のやり方に憤慨しながらも、甲斐が自分なりのプロとしての仕事の成果として、クライアントが許容する範囲で、訴えてきた看護師長の安田も納得できる和解案に収束する交渉術に凄さが感じられました。

uiur4さん(30代、女性)

上杉先生は何か裏があると思っていましたが、想像以上に手強いなと感じます。
蟹江にボイスレコーダーを渡したことは何か目的がありそうですし、鈴木大輔のことも弁護士資格持っていないことには気づいてないけれど、謎があることに気づいているようです。

今回は甲斐先生の有能なところが見られましたが、おそらくその能力の度合いを調べていて、小手調べのようなものだったのではないかと考えます。

甲斐先生は、はっきりと上杉先生に許すつもりはないと断言しましたが、二人の間に具体的に何があったのかはまだわからないので先が気になります。
どちらも高い能力を持つ二人なので、本気でやりあったらすごいバトルが見られのではないかと期待しています。

maimaiさん(30代、女性)

共同代表の上杉さんが戻ってきてから、ファーム内が引っ掻き回されて、あちらこちらでギクシャクしている感じが強い印象でした。
雑にあしらわれがちな蟹江さんに、突然のモテ期が来た時は嬉しそうで、何だか可愛かったです。

弁護士資格は無いけれど、弁護士のように賢く、甲斐さんとも対等に争える安田さんがすごく素敵に見えました。
絵に書いたようなキャリアウーマンで、同性の私からでも憧れてしまいます。
今回の和解シーンは意外とあっさりしていましたが、安田さんの要求以上の結果を、甲斐さんが出したところは流石でした。

鈴木くんと聖澤さんには上手くいってほしいと願っていますが、甲斐先生のバッジが落下したシーンから、明らかに良くない展開が待っている気がしてなりません。

shigumaさん(40代、男性)

今回は何と黒木瞳さんがゲストで出ていたので非常に驚きました。
これまでに、私は主演である織田裕二さんの映画やドラマに黒木瞳さんが出ているのは見たことがなかったので、もしかして初共演なのかなっと思いながら最初から最後まで目が離せませんでした。

そして、また今回も2から出演している吉田鋼太郎さんと織田裕二さんとのから見合いが非常に面白く魅力的に見えました。
更には、鈴木大輔と聖澤真琴との恋愛にも徐々に発展していくところが物凄く応援したくなりました。

お互いに美男美女とあって非常に魅力的な二人でまたお似合いだと思いました。
是非、次回も楽しみに観たいと思っています。
次はゲストに高嶋政宏さんとあって非常に次回も楽しみでなりません。