ネタバレあり!ギルティ~この恋は罪ですか~あらすじと感想

「ドロキュン・ラブサスペンス」とは、なんと恐ろしげなキャッチ・コピーなんでしょうか?
ドロドロの人間関係に、裏切りや謎が渦巻く怒涛の展開。 これは1話も見逃せませんね。

第1話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

あらすじは?

“女性誌編集者の爽(新川優愛)は、結婚して6年になる広告代理店勤務の夫・一真(小池徹平)とラブラブな関係で、仕事も順調。
その一方で、爽には“ある悩み”があった。
爽は子供が欲しいのだが、子供を作る意志がない様子の一真に言い出せないでいたのだ。 爽は行きつけのバーで、飲み友達の瑠衣(中村ゆりか)といろんなことを話していた。 爽は瑠衣に、子供が欲しいのに夫に言えないでいることを打ち明ける。

瑠衣は、言いたいことはハッキリ言った方がいいとアドバイスする。 瑠衣に背中を押され、一真に自分の思いを話そうと決意する爽。 爽は一真に、子供が欲しいと伝える。

しかし一真は、子供は欲しくないと拒否。 爽はショックを受けるものの、一真の気持ちを受け入れようとするのだった。
翌日、爽は編集長に任された“忘れられない恋愛特集”のページ作りを進めていた。 そんな中、トラブルが発生する。
公式サイトより

みんなの感想(ネタバレあり)

ger(40代、男性)
今回観た感想としては非常に複雑な心境で観てしまいました。 何故ならば、私も同じような経験を過去にしたことがあったからです。

ドラマでは新川優愛さん演じる爽ちゃんが夫である 一真演じる小池徹平君のことを愛しているが故に子供が欲しいのにも関わらず、なかなか言い出せないでいたシーンが非常に切なく思えました。
また、元カレである秋山慶一演じる町田啓太君との複雑な関係にも目が離せませんでした。 今回は初回とは言え、非常に面白く観ることが出来ました。

個人的には、新川優愛ちゃんの大ふぁんなのでこれからも毎週楽しみに観たいと思っています。 非常にこれからの展開内容に注目していきたいと思っています。 本当に物凄くおもしろかっです。
VU(20代、女性)
第1話からすごくドロドロしていてびっくりしました。 爽の周りの人物が全員怪しくてどんな展開になるのかすごく楽しみです。 優希の不倫現場の写真を誰が撮って拡散したのかすごく気になります。
個人的には後輩の結かなと思いました。 睦月が爽に絡んでいるときの結の目がすごく怖かったです。

小池徹平さんの平気な顔して裏切る感じがすごく上手で見ていてびっくりしました。 瑠衣と和真が不倫しているのはすごく衝撃でした。 瑠衣が平気な顔で爽の子供が欲しいという相談事を聴いていたと思うとすごいなと思いました。

爽の後輩の結がこれからどんな行動に出るのかすごく楽しみです。 秋山と爽の高校時代のシーンがすごくきゅんとしました。

ドロドロのストーリーの中にこういうきゅんとするシーンがあるのはすごくいいなと思います。
uy32(30代、男性)
初回はまだ本番というわけではなく、これからドロドロとしていくのだろうと感じさせる内容だったように思います。

そのため、思っていたよりも悪くなさそうだと感じながら見ることが出来ました。 爽は不貞行為に対して嫌悪感がすごくあるようですが、自分がそれに巻き込まれていくことになったとき、彼女は自分に対してどうあるのだろうかと気になりました。

会社での友人に誤解をされて喧嘩別れをしてしまいましたが、そこまで言われてなお自分が不貞行為をする、というのはどれほどの感情が動いた結果なのかも楽しみにしたいです。

自分自身が原因なのか、様々な周りからの影響なのか。 初回でわかっているだけでも周りから受けてしまいそうな影響が多いため、それがどう動いていくのかも楽しみです。
vh3(30代、女性)
爽が会社では輝いている女性で幸せそうに見えているけれど、家庭では子どもを作ることを断られるなど、何か幸せな筈なのに寂しいなと感じました。 育った家庭環境のせいで、幸せな家庭を築きたいと考えているのに、それが手に入らないところが見ていて辛かったです。
しかも表面的には優しそうな爽の旦那が、裏では爽の友達と不倫をしているなんで、すごい衝撃でした。

もしばれたら爽がすごくショックを受けそうだし、それならまだ忘れられていない元彼に走ればいいのにと思ってしまいます。 ただ元彼もすでに結婚しているし、爽が落ち着ける場所があるのかと1話から心配な気持ちで一杯になりました。

会社では友人の不倫がバレたことで爽が誤解をされましたが、周囲は敵だらけなのかと、そっちの方も心配です。
juq11(20代、女性)
ドラマの内容よりもまず先に荻野夫婦が住んでいる部屋の家具1つ1つがカラフルで個人的にすごく好きなものでした。 爽のファッションやヘアスタイル、メイクもおしゃれで参考になるものばかりでとても素敵でした。

爽は「子供がほしい」と自分の思ってることを、きちんと伝えていてすごいと思いました。

人は思っててもなかなか言えなかったり、言ったら嫌われるかもしねない、などを自分の中で思ったりして、それが我慢してることに繋がるので世の中も思ってること言いたいことは言って話し合えることが増えればいいな、と思いました。

一方で一真は不倫相手に会いに行って肉体関係を持っていて爽を裏切って酷いと思います。 瑠衣も爽の相談に乗ってるのかと思いきや、爽の旦那さんと不倫してるので人間関係はどことどこが繋がっているのか本当に分からないものです。
kataさん(40代、女性)

登場人物みんな裏切り者のドラマだと知り、好きなジャンルのドラマだったので見ようと思いました。
ドラマの始まり方はとても爽やかでよくある切ない不倫ドラマなのかと思ったのですが、徐々に怪しい雰囲気になってきたので楽しそうだなと思いました。

  料理上手で優しいけど子供が欲しくない夫や親身になってくれる親友、再会したずっと忘れられなかった彼など、それぞれのキャラクターが印象的でこの先どうなるんだろうと思いました。

このドラマを見て新川優愛さんってこんに透明感のある素敵な女優さんだったかなと好印象ですね。
原作を読んだことがないのでこの先の展開は全く予想つきませんが、よくある不倫ドラマよりも楽しそうな予感です。

ドロドロと胸キュンを同時に味わえる濃いドラマになりそうでワクワクしています。
最後の中村ゆりかさんの変わりようが怖かったです。

rinaさん(40代、男性)

“爽は女性誌編集者だけあって、しゃれたデザインの部屋に住んでいます。
朝食は夫である一真が作ってくれて、理想的な夫婦生活のようです。
女性同士の会話は生々しいですね。
女性はコンドームを付けずに中出しセックスをしたい時もあるそうです。
原作も性に関してはかなり生々しいようです。

子作りをするか否かは、夫婦間で最も重要な問題の一つでしょう。
この問題に関して、夫婦間で対立すると、遅かれ早かれ離婚に至ることになるでしょう。
こんな問題に直面しているときに、偶然、高校時代の彼氏である秋山に出会うとは、いかにもドラマらしい設定です。

両親の不仲、秋山との関係など、爽の高校時代の回想シーンがかなり多めです。
爽役の新川優愛は、どちらかというと顔が子供っぽいので、高校生の制服を着ていても、それほどの違和感はありません。
これから先、爽も秋山も、どちらも既婚者なのに、不倫の関係に陥っていくのでしょう。

爽が働く編集部内での様々な人間関係も、このドラマをより複雑にしていくようです。
いずれは爽と秋山の関係も誰かにリークされるのでしょう。
一真は、爽の友人である瑠衣と愛人関係にあるようで、瑠衣は爽のことを弄んでいるようです。
今後の展開が怖いですね。

daireさん(50代、女性)

まさしくジェットコースタードラマです。
初回から展開が速く、主人公である爽の夫・一真と親友・瑠衣の不倫が、もう明らかになりました。
一見真面目キャラの瑠衣が、眼鏡を取って女の顔に変身。

爽の相談にのると見せかけて、探っていたなんて、ゾッとしてしまいました。
それなのに、爽に「頑張って」「お似合いです」のような態度も、「持ち上げておいて突き落とす」のような、異常性を感じました。
夫の一真は、よくあるキャラというか、「表面は優しそうで、裏に全く違う顔を持っている」人でした。

自分は浮気をしていても、もし妻が浮気をしたなら、暴力的か異常になりそうなタイプですね。
唯一救いだったのは、爽と初恋の相手・慶一の、高校時代ですね。
胸がキュンとする回想シーンの数々でした。

大人になって再会した二人が、これからどう発展していくのかは、興味深いです。
ただし、二人共結婚しているので、ドロドロは避けられないでしょう。
2話では、もっとスリリングな展開になりそうです。

mioさん(40代、男性)

爽という綺麗な妻がいながら、旦那・一真は、不倫をしています。
一真のここが、ゲスいなあと思ったところを振り返ります。
一真をゲスいと思ったところ ⇒ 妻を抱いたことを、不倫相手の瑠衣に報告したところ。
 爽は、一真に子供が欲しいと言いました。

爽は、両親が喧嘩ばかりで幸せな家庭を築きたがっています。
一真は「子供は欲しくないんだ」と断っていました。
子供が欲しくないと考えることは良いんです。

でも、就寝中の一真の行動がゲスいと感じました。
熟睡している爽の隣で一真はスマホを開きました。
メッセージの相手は、爽の友達・瑠衣です。
一真は彼女に〈したよ。たまには夫の務めを果たさないとね〉と送っていました。
〈したよ〉は夜の営みです。
つまり、一真は、不倫相手の瑠衣に、妻を抱いたことを報告しているのです。
ここで、ゲスいなあと感じました。

ueu3さん(20代、女性)

小池徹平さんが出演するので見始めました。
小池徹平さんが出演する最近のドラマと言えば、ドロドロ系のラブストーリーでクズ男の役が多い気がします。
今回もそういうのかなと思い見始めましたが、期待を裏切りませんでした!満足です! 小池徹平さんのクズ男感が見事にはまっていて、とても面白いです。

それだけではなく、新川さんと町田さんの禁断の恋も気になります。
学生時代の恋愛って淡く切なく、いつまで経っても色褪せないですよね。
すごく共感します!今回「嘘をついている」がサブテーマになっているので、どういうドロドロな展開になるかが2話も楽しみです。

今日会社の休憩室でも、50代主婦グループもこのドラマのことで盛り上がっていたので、女性ならどの世代にもウケる作品だと思います。

第2話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第2話あらすじは?

爽(新川優愛)は、置き忘れたストールを取りに行くため、再び秋山(町田啓太)の店を訪れた。
秋山の作ったピザを食べながら、当時のように楽しく語り合う爽と秋山。

そこに、秋山の妻・美和子(徳永えり)が現れる。 その頃、一真(小池徹平)は、瑠衣(中村ゆりか)の部屋にいた。 瑠衣は「奥さんどんな人?」と何食わぬ顔で一真に尋ねる。
爽が帰宅すると、一真が待っていた。
お互いに言えないことを抱えながら、ワインとチーズで乾杯する爽と一真。

公式サイトより 

みなさんの感想

jir4(40代、男性)
GPSの発見が、爽と一真の夫婦関係の亀裂を作ります。 爽は瑠衣と一真の不倫に気付いていないので、情報が瑠衣にダダ漏れという間抜け具合です。

浮気が疑われて、物にあたる一真は、幼稚ですし、客観的には100%クロです。 瑠衣は、全部分かっていて演技をしているのだから、相当な悪女です。
というか、瑠衣は、一真と不倫をしつつ、何も知らない爽の様子を楽しんでいるのでしょう。 後々、この関係がばれてから、大モメになることは必至です。

爽は、ハッキリとした言い方をしない割に、粘着質かつ無駄な清潔感があるから、女に嫌われそうです。 まあ、母親が、父親の失踪で気が狂っているというトラウマもあるのでしょう。

爽と秋山との関係性が発展する前に、一真と瑠衣のなれそめを先にやるのですか。

ちょっと意外な展開です。 ということは、このドラマは主人公だけでなく、各登場人物の関係性を均等に扱っていく展開なのでしょうか。

それにしても、爽と秋山の高校時代のシーンが多いです。 それだけ、このドラマは人間関係の過去を重視しているのでしょう。
ju43(50代、女性)
一真の態度には驚かされます。
裏では爽の友人と不倫しておいて、爽には出会った記念日のお祝いまでするマメさ。 結婚したら結婚記念日すら忘れてしまう旦那が多い中、ここまでするとは…。 夫婦の関係が冷めているわけでもないのに不倫するというのは、冷めた夫婦関係の中で不倫するよりも体力と気力が必要だと思います。

抜かりなく奥さんにも気を遣わないといけないのだから。
また、小池徹平さんのように誠実で優しそうなタイプにこれをやられては、疑いなど持てないし、疑念を抱いた自分が悪いような気になってしまいそうでたちが悪い。

それならば、いっそ、いかにも遊び風の人の方がまだ良いです。
ショックだったのは、秋山が既婚者だったこと。 奥さんと仲が良さそうで素敵な夫婦だけど、まさか爽と秋山も不倫関係になってしまうのでしょうか?

秋山の奥さんが嫉妬に狂ったらとんでもないことをしそう。 むしろ、瑠衣よりも危険な雰囲気。 爽と秋山の今後次第では要注意人物になりそうな予感がします。
u8f(20代、女性)
一真は爽に「今日は遅くなる」と連絡しておきながら仕事でもなく急用でもないのに女のところに行って裏切るなんて本当にひどいと思いました。

一真の不倫相手の瑠衣も一真にたいしては「奥さんってどんな人?」、爽に対しては「旦那さんってどんな人?」と聞いて本当に小悪魔な人だなって思いました。

一真は肉体関係をもっての不倫でダメなことだと思います。 でも、爽は秋山のことは昔好きだった相手の高校の同級生であり、お店に行って取材や撮影、ご飯を食べてるだけであり心の中で想っているだけで、まだセーフな気がします。

でも萩野夫婦はお互いに心にわだかまりが出来ていて言えないことがあるけど笑顔でいつも通り接してるところも切ないなと思いました。
64f(20代、男性)
なんだか人間関係のドロドロを描いたようなドラマでした。 爽は私物の忘れ物をとりに行き、秋山の店に戻りました。

秋山の作ったピザを食べながら、昔話をしつつ、盛り上がる二人、そこに秋山の妻が現れます。

何か起きる予感を出して、場面転換します。 一真が瑠衣の部屋で、奥さんについて、どんな人か尋ね、何気ないやりとりをしています。

爽がそんなところに帰宅し再びおつまみを通じた何気ない会話が始まりました。 いつも会話してなという感じです。

しかしその中で、GPSを発見し、一真に疑心暗鬼になる爽、二人の関係は悪化します。

しかしやりとりの中で瑠衣の怪しさが漂います。 というかこいつが悪だろという勘を働かせていたら、案の定そうで最後に、爽の前で一真とキスをしていました。
いやあああ、悪魔だという感想です。
uu8e(30代、女性)
一真と瑠衣の関係を、爽がこんなに早く気付くとは想像していなかったので、展開の早さに驚きました。

最悪の事態だけれど、唯一の救いは、一真が離婚をする気はないことと、瑠衣と爽が友人だと知らないことだと思いました。 でも瑠衣は確信犯なので、一体何が目的で爽を苦しめようとしているのかが気になります。

あと社内の不倫をばらしたと爽を怒って会社を辞めていった女性がいましたが、一真の裏の顔を何か知っているようなので、もしかしたら一真にはもっと暗い面があるのではないかと疑っています。

爽と秋山の関係は、お互いまだ未練がありそうだけれど不倫の関係にはなっていないので、何となく見ていて癒しの時間になっています。

爽が辛い事から逃げるために、秋山と関係を持つという展開は嫌ですが、先がとても気になります。
pisuさん(40代、女性)

秋山が爽に「お前」と言うのがすごくカッコよくて胸キュンです。
秋山の奥さんすごく落ち着いた雰囲気で真面目そうで、好印象ですね。


もし秋山と爽が不倫関係になったら、奥さんちょっとかわいそうだなと感じました。
一真、浮気したあとでワインをもって奥さんと乾杯、最低だなと思いました。
2話でいきなり旦那と友達の浮気に気づいてしまうんですね。

展開が早くていいなと思いました。
中村ゆりかさんの変貌ぶりはちょっと怖すぎて笑っちゃいますね。
卒アルが塗りつぶされているところ、恐怖です。

今のところ、中村ゆりかさんの演技が一番気になっています。
一真と瑠衣の出会いって自然な出会いだったんですね。
このドラマの出てくるキャラみんな個性的で目が離せません。
楽しいです。

imoさん(40代、男性)

【ハラハラした場面 ⇒ 瑠衣が一真の自宅へ押しかけた】 瑠衣が、不倫相手の一真の家に行ったシーンが緊張しました。
一真の家は、爽の自宅でもあります。

だから、爽が帰宅しないか?爽と鉢合わせしないか?とハラハラしました。
驚いたのは、瑠衣が服を着用したままシャワーを浴びて「思い出さない?初めて会った日のこと」と一真に語りかけたことでした。

半年前の雨の日に、瑠衣は、当時の彼氏に突き飛ばされました。
ずぶ濡れの彼女に傘を差し出したのが一真です。
その優しさに瑠衣が、心を奪われたのは理解できました。

ですが、不倫相手の家で着の身着のままでシャワーを浴びるなんて、爽が帰宅した時のことを想像したら普通は怖くてできないでしょう。
そういったことを考えたので、2つあるエレベーターの片方から瑠衣が出て、片方に乗り込む爽のニアミスの場面が緊張感のピークでした。

結局、爽と一真しか知らないはずの「爽と一真が出会った記念日」を瑠衣が知っていたことで、爽は夫の不貞に感づきました。
瑠衣が一真とキスしている所を目撃していますから、次回も、瑠衣の悪女ぶりにハラハラさせられそうです。

dreteさん(20代、男性)

この回で瑠衣の狂気じみた行動により一層、ゾッとする気持ちになりました。
友達である爽の夫と知っていて不倫をしているのだから、恐怖でしかありませんでした。
しかも爽に対してすごい憎悪を持っているので、2人の過去に何かあったのか気になります。

それとも美人で仕事もできる爽に対して強烈に嫉妬しているだけなのか、そうだとしたら爽からしたらかなり迷惑ですけど、今後の瑠衣の過去に注目したいと思います。

さらに塗りつぶされていた卒業アルバムは果たして誰であるのかも、今後の見どころだと思います。
しかも夫に不倫をされていたと知った爽も高校時代の同級生である秋山と不倫をしてしまうのだろうかと思うと、まさにドロドロのドラマですね。

wuevさん(30代、女性)

小池くんがこれほど悪人の役をするのには、とても違和感があります。
甘いルックスと汚過ぎる内面のギャップが大き過ぎます。
「世界一お似合いの2人ですもん!」と旦那と不倫をしている女に、抱き締められながら慰められるなんて、あまりに屈辱的です。

荻野家まで押し掛けて上がり込んでくるなんて、最早信じられません。
気付いたら服を着たままシャワーを浴びていて、誘ってくるなんて本当に理解に苦しみます。

しかし現実でも無い話ではないはずなので、どう育ったらあんな風になってしまうのかとても不思議です。
エレベーターではニアミスでしたが、チートンで遂に勘づいてしまったので、今後2人の関係がどう変わるのか気になります。

約束の時間より早めに行くであろう想像通りでしたが、早速、キスシーンを目撃してしまうのは予想外でした。
登場人物全員から裏切られるなんて可哀想でなりませんが、どんな裏切りに合うのかには興味があります。

iuさん(30代、男性)

身近なところで関係が出来ていたため、一真は二人の関係を知っていて背徳感も含めて楽しんでいるのかと思っていました。
二人の出会いについても語られていましたが、一真はそれが真実であろうと思っているようですが、現状を考えると一連のやり取りは演技だったのではないかと勘ぐってしまいます。

一真を弄び、爽に対する優越感のようなものを徹底して得ようとしている姿は、何が彼女をそこまでさせるのかと非常に気になります。
爽がその裏の顔に気づかないままで話が展開していくものとばかり思っていましたが、思いの外察するのが早かったことに驚きました。

そうなるように瑠衣が仕込み始めていたというのはもちろんあるでしょうけど、抱きつかれた時の安心感などで少しずつ違和感を覚えていたことに少し意外に思いました。
鈍感そうな印象があったためですが、秋山との会話で人を信じないということを言われていて、根っこにそういうものがあるから、嘘を察しやすかったのかと感じました。

一つの繋がりがハッキリと浮き彫りになったことで爽が一真たちにどう働きかけていくのか楽しみです。
他の繋がりも含みがあるように描かれていたので、そちらも今後どう動くのか気になります。

第3話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第3話あらすじは?

爽(新川優愛)は、一真(小池徹平)と瑠衣(中村ゆりか)がキスしているところを目撃してしまった。

ショックのあまり仕事も手につかなくなった爽は、会社を早退して若菜(筧美和子)の家を訪ねる。
爽が一真の浮気を打ち明けると、若菜は「仕返しに浮気しちゃえば?」と言い出す。
爽は、秋山(町田啓太)のことを思い出して動揺する。

爽がチートンの前を通りかかると、龍(阿部亮平)に詰め寄られている寺嶋(神尾楓珠)を見かける。
龍は、寺嶋を爽のストーカーと勘違いしていた。
龍の誤解を解き、爽は寺嶋の話を聞くことに。

公式サイトより

みなさんの感想

UIR7(40代、男性)

留衣は、爽に対する個人的な恨みがあるのではないでしょうか。
留衣は、一真が爽の旦那であることを知っていてあえて不倫の関係になり、そのことで爽に責められても全く詫びることもありません。

それどころか、開き直って、不倫の何が悪い、不倫される貴方が悪いと、逆に爽を攻め立てる始末です。
しかも、留衣には協力者がいるようで、今後も爽に対する計画的な嫌がらせを継続する模様です。
また、留衣と不倫していた一真も、爽に問い詰められても飄々としていて、ワインをかけられ罵声を浴びても、あまり動じるところがありません。

しかも、一真には隠し子がいるとは、爽との子供は拒否しているくせに、空いた口がふさがりません。
ヘラヘラした一真の顔は、見ているだけでも虫唾が走ってきます。
今後は、留衣の協力者や一真の隠し子など新たな人物が加わり、今まで以上に複雑な人間関係が展開していきそうです。

G7GB(20代、男性)

ついに瑠衣の本性が現れて、修羅場だと思いました。
親友だと信じていた瑠衣に裏切られて、爽が可愛そうです。

何が理由で瑠衣が爽に対してそんなに憎んでいるのかが不明ですが、後々わかってくると思うので楽しみです。
さらに瑠衣が電話をしていた相手が一体誰なのか気になります。
瑠衣の協力者だったとしたら、さらに怖い展開が予想されます。

しかも爽も高校時代に付き合っていた秋山と不倫をしそうな展開なので、より一層ドロドロになっていくと思います。
爽と一真の夫婦関係は破綻しているので、心のよりどころを求めて爽は秋山と関係をもってしまうと思います。

そして、出演者全員が裏切り者ということは、寺嶋君も何かしらの秘密があるということです。
あんなに純粋そうな子がどんな秘密を隠しているのか楽しみです。

JI7G(20代、女性)

瑠衣の本性が明かされたのが最も衝撃的な第3話でした。
2話で爽が瑠衣と一真の姿を見てしまった後、すぐに言い出すのか見どころだなと思っていましたが、爽と一真が対峙しました。

そこで、母親の像と重なり合う部分は、元カレ秋山と爽を再び結びつけるポイントであると思うので、ストーリー性があって面白いと思いました。
瑠衣は悪者の立ち位置で今後ドラマが進んでいくことになると思いますが、なぜ一真が牙をむかず優しい仮面のままなのだろうと不思議に思っていました。

すると、3話ラストの「一真には子どもがいる」という浮気と同じまたはそれを超えるような黒い部分が見えたので、「なるほど」と思い、4話以降の展開が楽しみになりました。

BYUY(50代、女性)

一真は、優しくて良夫なイメージだけど、このようなタイプは一番タチが悪いと思います。
不倫が浮気でも本気でも、どちらかを好きならまだ許せる。
でも、一真の場合、どちらも好きではないのでは?と思えてきます。

爽に問い詰められるととことん嘘を突き通すも、爽との関係を守りたいためについた嘘ではない。
爽は自立しているから、爽のようなタイプを奥さんにしておくと自分はやりたい放題できると思っているのでは? これが、専業主婦で夫に依存している奥さんなら、浮気などしたら面倒なことになるのは必至。

隠し子までいたことから、これが一真の本性のハズ。
だからといって、爽が秋山にすがるのはどうなのでしょう? 秋山が独身ならそれもありかもしれませんが、奥さんがいるのに。

しかも、爽は奥さんに会っています。
爽には、秋山とそんな関係にはならないで欲しいけど、たぶん無理でしょうね…。

IUR(20代、女性)

爽が一真の浮気を知って若菜に相談し、その後に瑠衣と会ったシーンが怖かったです。
瑠衣の裏の顔というか、爽に「夫と浮気してるでしょ?」というようなことを言われて、態度が一変したところが特に印象的でした。

目付きが別人のようでしたし、爽の感情的になっているところも見どころだと思います。
そして、秋山が「雑誌を今すぐ持ってこい」と呼び出し、帰りに橋を歩くシーンも良いシーンでした。
爽の様子が変だということに気づき、「泣いている方がお前らしいよ」というニュアンスの台詞が胸に響きました。

爽が泣いている間もずっと静かに隣にいて、少し落ち着き始めた頃に爽の顔を見て笑い、ちょっとバカにしたように言うところに秋山の優しさを感じました。
そんなほっこりするところも見どころだと思います。

UIさん(30代、男性)

どうあっても爽は母親に縛られているのだと感じました。
秋山と別れることを選んだ時点でそうなってしまう運命だったのではないかと思えてなりません。
爽をどん底からすくい上げてくれるのは秋山しかいないのだろうと思いますが、その秋山は既婚者であるため爽はそこには流れまいとしていますが、今回のことでどうなってしまうのか気になります。

ただ一方で眠ってしまった爽に対する一真の表情も気になりました。
本当に心配しているようにしか見えず、裏でしていることがあるにも関わらず、何故そのような表情が出来るのか理由がわかりませんでした。

彼には彼で誰にも話せないような何かがあるのだろうかと気になる姿でした。
ですが、その直後の衝撃の話にさらに混乱させられ、爽は一体どうなってしまうのかと心配になりました。
元々人を信じられずにいた爽ですが、このような状況なら人を信じることなんて誰も出来ないように思いました。

iuciさん(20代、女性)

第3話で一番衝撃的だったのは、爽が瑠衣に対して発した「頭のネジも股もゆるい女にうちの旦那が本気になるわけないでしょ!?」と言い放った場面です。
これは爽の母親も、夫と浮気した女性に言っていたものです。

爽は自分の母親と同じようには絶対なりたくないと思っていましたが、結局母と同じことをしてしまいに苦しんでいました。
その場面もとても切なかったです。
一真は本当に最低だと思いました。

爽が真実を受け止め一真と向き合う決心をしたにも関わらず、それを踏みにじるように嘘を付き自分を守る姿に愕然としました。
瑠衣が「爽の夫」ということを知っていて近づいてきた事実ににショックを受けている一真の姿はとても哀れに感じました。

この場面でも爽は自分の母親と同じように怒りを泣き叫び、暴れながら伝えています。
最後には瑠衣が現れ一真に子供がいることを知らせてきましたが、本当に最低だなと思いました。
また爽の親友の若菜もその事実を知っていたようなので、二人の親友としての関係もどうなるのか気になりました。

BARAさん(30代、女性)

爽ちゃんが会社の新しい企画の提案をしてくれているときに、まさかのタイトルが不倫、浮気でした。
このタイトルって今の爽ちゃんにはきついのにこんなの答えられないでしょと上司に言いたくなりました。
やっぱり、同級生と恋愛をしてしまえばと友達に言われてしまっていても頑なに拒否をしていたのが偉いと思いました。

旦那とはそのままの関係でいたいと思ってくれるのが良いところです。
もっと、賠償金とか弁護士を付けてお金をとってもきっと旦那は外で瑠衣と会うことを辞めないんだと思いました。

瑠衣も意地汚いところがあるのが憎たらしいです。
旦那も旦那で不倫相手とそのまま話をしている爽の気持ちになってよと思いました。
早く店長とくっついてほしいです。

WIE4さん(40代、女性)

3話もまるでジェットコースーターのように楽しかったです。
浮気された爽が憎んでいたお母さんと同じような言動をしたことで、お母さんの気持ちを理解することができたところが、ちょっと感動しました。
瑠衣と話した時に、爽がやられっぱなしじゃなくて言い返したところは本当にスッキリです。

一真にも自分の気持ちをぶつけることができて良かったなと思いますし、爽はとても強い人だと思いました。
「お前、しんどい時そんな風に笑うやつじゃなかったじゃん」とか、「そのほうがお前らしい」なんて旦那に浮気されて弱っている時に元彼から言われたら、私ならフラフラしてしまうなぁと思いました。

この先爽と秋山はどんなふうになっていくのかとても気になります。
また、一真に子供がいるというはどういうことなのか、4話を早く観たいです。

ZXIU2さん(40代、男性)

前回一真の不倫現場を目撃してしまった場面から続く「ギルティ~この恋は罪ですか?」の第3話ですが、一真との決着がどうなっていくのか楽しみで視聴しました。

しかし、相変わらずこのドラマは個人的に観念的に拒否反応が出てしまう展開が続き、展開を知りたいと思う気持ちとあまり見たくないという気持ちが起こってしまうストーリーです。
そして今回の第3話では、ところどころの演出でセリフの音声を流さないところがあり、何というセリフだったかとても気になります。

そして、不倫がばれてしまった後の瑠衣の行動も一真に別れようと持ち掛けたのも、そんなつもりは全くなくどんなことをしても手に入れるという執念深さ、やっぱり視聴していると嫌悪感がしてしまいます。
そして明かされた一真に子供がいるという事実、嫌悪感がしますが、時間も視聴しようと思います。

第4話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第4話あらすじは?

瑠衣(中村ゆりか)から、一真(小池徹平)に子供がいると聞かされた爽(新川優愛)。

信じようとしない爽に、瑠衣は「嘘かどうかはすぐ分かることですから」と言い放つ。
爽は出社したものの、瑠衣に言われたことが頭から離れず、仕事に身が入らない。

彼女は考えるうちに自分の留守中に瑠衣が家にあがり込んでいたと気付き、吐き気を催すほど気分が悪くなる。
そんな中、爽は若菜(筧美和子)とランチをすることに。
爽は若菜に、瑠衣から一真に子供がいると言われたことを話す。
すると若菜は、爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)からその話を聞いていたと打ち明ける。

爽は、若菜が6年もの間、重大な秘密を知りながら黙っていたことにショックを受ける。
疲れ果ててマンションに戻った爽は、幸せだった頃の一真との思い出が詰まった部屋を眺めるうちに気持ちを高ぶらせる。

思い出を振り払うように部屋の中をめちゃめちゃにしてしまう爽。
そして彼女は、一真に手紙を綴るのだった。
一真が帰宅すると、すでに爽はいなかった。
一真は“カズくんへ”と書かれた手紙を見つけて手に取るが、読むことができない。

どうしてこうなってしまったのかと後悔する一真。
彼は、自分の過去を思い返す…。

爽は、かすみ(戸田菜穂)の見舞いに行く。
爽からカーディガンをプレゼントされて、喜ぶかすみ。

しかし、爽の父の話になると、かすみが取り乱して暴れ始める。
爽は、やはり母とは分かり合えないと落ち込む。
そんな爽のもとに、秋山(町田啓太)からメッセージが届く。
爽は、自分が辛い時にいつも支えてくれる秋山の存在を感じて励まされる。
その頃、一真は、瑠衣のマンションを訪れていた。

一真が、なぜ爽の夫と知りながら付き合っていたのかと尋ねると「初めて会った時から好きだったから」と瑠衣は涙を流す。
一真が帰った後、何者かに連絡をする瑠衣。
彼女は、まだ何かを企んでいるようで…。

公式サイトより

みなさんの感想

38fy(40代、女性)

とうとう最終回となりました。
先週からの続きで、マリアと明智五郎は、二人とも落ちていったにもかかわらず、不思議と助かっていて、相変わらず明智は、助かった理由などを苺には語らず、マリアのこと、苺のことをどのように考えているのかがわかりませんでした。

そして最後のマリアが企てた事件、和菓子の選定会での毒を盛られた殺人事件の時に、苺はマリアファミリーに連れ去られ、苺の最後の晩餐会に招待された明智は、目の前で苺が殺されたと思い、絶望の淵に立たされて初めて、自分の苺への気持ちに気が付き、涙ながらにマリアに語りだした明智の姿に、今までで一番素敵な明智五郎を見たように思います。

最終的にマリアがどうなったのか、アイドルのココが、マリアの意志を引き継いでいるのではと匂わせる場面で終わり、最後の最後まで、ストーリーが考え抜かれていて、現実味はあまりないのですが、コメディー要素もあり、話の展開がとても楽しめるドラマでした。

vyuf(30代、女性)

“最終話、1時間半でディープでした。
小池栄子の美しさと、中村倫也のかっこよさが堪能できました。

明智さんがマリアか苺、どっちを選ぶのか?というのも見どころでしたが、苺を選んだ…と認識して良いのでしょうか!?ラスト、マリアが死んだのか、明智さんが殺したのか?が明かされず、続編にもつながりそうな終わり方だったので、ちょっとすっきりしませんでした。
マリアの妄想の中の、明智さんのパジャマ姿が素敵でした~。

あと美女三人が車の後部座席でぎゅうぎゅうでかわいかったです。
そのあとのドレスのやりとりも面白かったw 設定が非日常すぎてだいぶカオスな内容でしたが、とにかく俳優陣の演技力に支えられたドラマだったと思いました。

siu23(40代、男性)

最終的に、アリアさんは死んだのですか、それとも復活したのですか。
この時間帯の日テレドラマは、パンダの話もそうですが、最終回が腑に落ちないことが多くてフラストレーションがたまります。
今回の終わり方だと、マリアさんは再度復活の狼煙をあげそうですよね。
明智君は気づかなくても、苺さんは気づいています。
これは終わりの始まりです。

せっかく、マリアファミリーの中でも良心のあるシェフがいて、苺の命を助けつつ、マリアの過ちを正したのに、この終わり方は残念です。
明智君も、シェフの行為、つまりトリカブトの毒をすりかえる行為を知っていて、あえて何も言わないなんて、知ったかぶりにもほどがあります。

個人的に残念なのは、マリアさんに、人生の哲学とは何たるものかを明智君に伝授して欲しかったのですが、その辺りのセリフが全くなかったことです。
マリアファミリーは本当に崩壊したといえるのでしょうか。
いえ、崩壊していません。

viu1(30代、男性)

伊藤を始めとしたマリアを手伝う人たちのマリアに対する考え方がそれぞれ違っているのはおかしなことではないと思いますが、みどりに関してはマリアよりも自分を直接救ってくれた伊藤のためにいるのは明らかにあの場にいる理由が違うように思いました。
ただ、そんな彼女がいることこそマリア自身の不安定さを表現していたのではないかとも感じました。

毒で苺が死んだと思われた後のマリアの姿は明智の心が自分には向かないとわかった上で声をかけているように思いました。
それでももしかして、と必死でしがみつこうとしていて、これまでの余裕が一切感じられませんでした。

彼女の最後がどのような形で引き起こされたものなのかは明智にしかわからないことになりましたが、マリアの最後の幸せそうな表情は、苺にとってはそうでないことを願う選択だったのではないか、と考えさせられました。
殺人を繰り返すような自分の解放が終わったことへの安堵から出た表情であったと思いたいです。

siu5(30代、女性)

明智さんがマリアと一緒に落ちてしまったときは、完全に死んでしまったと思っていたので、戻ってきた時は驚かされました。
でも戻ってきてからも、何となくいつもと雰囲気が違っていたので、それを見守るイチゴはとても辛いだろうなと感じました。

最後に明智さんが目の前で倒れたイチゴを見て、本当に失うのではないかと絶望した時に、マリアではなくイチゴを選んだところに感動しました。
イチゴの作ったちくわの磯辺揚げがどれだけ美味しいのか気になります。
二号は今回も大活躍だったし、刑事さんもナイスアシストで良かったです。

最後の海に沈んでいくマリアは、本当は明智さんとマリアファミリーたちと食卓を囲んで平凡な幸せを求めていたんだとわかり、切なくなりましたが、マリアの意思を継ぐ人はまだまだ存在しそうなので怖さを残す終わり方で満足です。

vuix4(40代、男性)

今回は驚かされる展開が多い回でした。
まず、死んだと思っていたマグダラのマリアが生きているとは。
そして明智五郎が社会的にあんな立場だったとは思いもよりませんでした。
親が資産家程度の認識だったので、そのギャップが凄いですね。
そして中盤では明智がマリアを連れて逃げ出しますし、訳がわからない。

明智に手を掴まれてマリアは恍惚の表情を浮かべていますし、どんな事情が?どんな展開に?と驚されっぱなしでした。
後半、マリアとその身代わりにシェフが銃に撃たれた時、警察の反応がダメ過ぎましたね。
救急車を呼ぶ前に犯人を拘束しろと。

そしてマリアを取り逃がしてしまうとか、警察が無能過ぎました。
マリアがテロ犯かどうかは不明としても、ナイフで警部を殺そうとしたのですから容疑は十分だったと思いますし。
ラストは良かったですね。

マリアの死体が上がらなかった事から、もしかしたらマリアが生きているかも?と感じましたし。
それにマリアが死んだとしても、マリアの遺志は受け継がれていますし。
二転三転する展開で面白かったです。

第5話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第5話あらすじは?

“一真(小池徹平)との子を身ごもったのではないかと心が揺れる爽(新川優愛)。
彼女が複雑な思いを抱えながらカフェにいると、美和子(徳永えり)から声をかけられる。


そして美和子は、そろそろ秋山との子供を作りたいと爽に語る。
爽は、秋山(町田啓太)と美和子の幸せな生活を思い、うらやましくなる。
一方、一真は爽が出ていってからというもの、荒れた生活を送っていた。
そんな中、瑠衣(中村ゆりか)が一真を訪ねてくる。
自暴自棄になった一真は、瑠衣を強引に抱こうとする。

最低な振る舞いをする一真に、瑠衣は平手打ちするのだった。
一真は瑠衣の前で、どうしていいか分からないと無様な姿を見せる。
そんな一真に瑠衣は、ある秘密を打ち明ける…。
ある日、出勤した爽は、会社の前で秋山の姿を見つける。
秋山は、爽に連絡を続けていた。

しかし、爽からはまったく返事が来ない。
心配になった秋山は、爽の顔を見るために会社まで来てくれたのだった。
しかし、爽は秋山に見つからないように身を隠し、秋山に“二人で会うのは、もう止めよう”とスマホからメッセージを送るのだった…。

爽は、一真と会ってけじめをつけようと決意。
爽と一真は、あるレストランで久しぶりに顔を合わせる。
「離婚してください」と一真に離婚届を突き付けるが――”

公式サイトより

みなさんの感想

shima(40代、男性)

瑠衣は子供が産めない体だから、自由奔放にSEXを楽しんでいたのでしょうか。
男性目線的には、だったら初めからそう言ってくれよ、とかなるのでしょうか。

それにしても瑠衣の本心は何なのでしょうか、まだいろいろと悪だくみをしているようですし、今後の展開が楽しみです。
秋山と爽は、物語の初めから、堂々と不倫をする展開だと思っていたら、そうではないのですね。

秋山の奥さんと爽が会話をして、秋山夫婦の事情を知ったりして、第5話なのに、秋山と距離を取ろうとする爽は、今後、秋山と不倫関係に陥るのでしょうか。
それにしても、爽もかなりスキが多いですね。
爽に好意を見せていたアルバイトの男子が、実は爽を陥れようとした実行犯だとは、爽は全く気付いていなかったようです。

スキャンダルによって仕事も辞めることになった爽、状況的には再起不能ですが、ここまでされる理由とはいったい何なのでしょう。
ハッキリ言って、爽は、秋山以外のすべての人から集団リンチにあっているようなものです。

uir7(40代、男性)

夫である一真(小池徹平)と瑠衣(中村ゆりか)の不倫を知ってしまった爽(新川優愛)がどのような決断をするのか注目です。
爽は一真とレストランにて対峙することとなり、決意の印として離婚届を一真に突きつけます。

このシーンでの爽の行動には大変驚かされました。
一真が瑠衣といまだに会っていることを知った瞬間、怒りを堪えきれずに目の前にあったフォークを自らの手に突き刺したのです。
これまで爽に対して可愛そうという感情しかなかったのですが、これには怖さしか感じられませんでした。

そんな爽を陥れようとする睦月(神尾楓珠)のやり口はとてもダーティーで腹立たしさを感じました。
同僚の結(結城モエ)を使って爽の飲み物に薬物を入れて、爽の破廉恥な写真を撮影する手段は許せなかったです。

jiur6(30代、女性)

爽がずっと苦しめられる展開が続いていたので、もう無理だと諦めてしまうことにも納得ですが、絶対に助かる筈だと祈りながら続きを全力で待っています。

でもようやく昔の友達からの電話で、爽が自分の周りに起こっていることが普通ではないと気づくようになったので、反撃することができるのではないかと気になります。
爽の周りは敵ばかりで、今のところ秋山だけは味方ですから、そのまま秋山だけは裏切り者にならないで欲しいと願っています。

爽が変な写真を撮影されて会社でも奇異な目で見られるようになったけれど、上司の女性は会社を辞めるのではなく休むということをすすめてくれたのは、これまでの実績や爽の人柄を見てもらえたのかなと少し救いになりました。

4rt7r(50代、女性)

衝撃でした。
瑠衣や結は要チェックだと思っていましたが、まさか寺嶋まで敵だったとは。
この意外性がこのドラマの面白さではあるのですが、びっくりです。
違った意味で驚かされたのは、一真です。

この人、本当は誰を愛していて、誰と一緒にいたいのか全く見えてきません。
浮気がバレているのにどっちつかずの状態のまま。
その上、離婚歴があり子供までいたなんて。

今後も、一真は誰も本気で愛することなどないのでしょうね。
離婚届を突きつけた爽の判断は妥当だと思う。
それにしても、寺嶋は何のために爽をハメたのでしょう? 何かこちらも訳ありそう。
こうなってくると、次に気になる存在なのが秋山の奥さん・美和子です。
流れ的にも何か仕掛けてくるだろうと予測できます。
爽も自傷行為に出るなどもう限界。

抑えようとしている秋山にすがってしまうのでしょうか? こうなってくると、爽と秋山のピュアな恋愛が輝いて見えます。
こんな中だけど、二人には友情関係でいて欲しい。
ここだけは汚れないことを祈りたいです。

y7v(40代、女性)

一真の子供をを身ごもった爽がどうなってしまうのかなぁと、先が知りたくて夢中で観ました。
妊娠していなかったんですね。

旦那さんとうまくいってないので、今の爽にとっては妊娠していないほうが良かったのかなと感じました。
爽が秋山の奥さんのことを考えている部分は、とてもしっかりしていて共感できました。
優しい爽、とてもいいですね。

このドラマのなかで一番まともな人だと思います。
それだけ出てくる人たちがひどい。
離婚届を一真に差し出した時によくやったと思いました。
寺嶋睦月や結など本当に最低な人達ばかりで、どうして爽だけこんなひどいめにあうんだろうって腹が立ちました。

秋山との七年前の約束とても切ないですね。
今からでも秋山と幸せになってほしいと思いましたが、奥さんを傷つけるのはだめだよなぁと悩みます。

toma6(30代、男性)

寺嶋が瑠衣と協力関係にあったとは思いもしていなかったため驚きました。
爽に想いを寄せているだけだと思っていて、想像もしていなかった展開でした。

ただ、もしかして秋山が実は瑠衣と繋がっているのではないかという最悪を想像していたこともあったため、瑠衣と寺嶋が協力関係にあったことに少しだけ安心しました。
その二人が繋がっていたことで、より一層爽が追い詰められている理由が気になりました。
彼女は何故ここまで恨まれなければいけないのかわかりません。

今回の中で救いは仲違いしていた優希とちゃんと話が出来たことです。
あのまま喧嘩別れして終わりになるものと思っていたので、優希からの謝罪と一連の問題の違和感を指摘されたことはこの状況なので気休めにしかならなかったのかもしれませんが、一息つける時間でした。

一真は爽に自分の家族との過去を話すことはしませんでしたが、二人の空気はさすがに手遅れだろうと感じてしまいました。
そもそも爽が出ていった後にも瑠衣の予想通りに会っていたのに、よく爽に会えたものだと思います。

一真は話す順序を全て間違えてしまっていたのかもしれません。
最初に家族との関係を隠す選択をしていなければ、こんなことにはならなかったのではないかと思えてなりませんでした。

第6話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第6話あらすじは?

爽(新川優愛)は若菜(筧美和子)に、瑠衣(中村ゆりか)によって陥れられた一部始終を語る。
若菜は、爽から一真(小池徹平)を奪う目的としては瑠衣の行動はやり過ぎではないかと言う。

爽は、瑠衣が本当はどんな人間なのか、まったく知らなかった。
爽は、瑠衣の正体を知るために行動を開始し、一真に連絡する。
爽が離婚届の催促で連絡してきたのではないかと戸惑う一真。
そんな彼に爽は、瑠衣と出会ったのはいつなのかと尋ねる。
すると一真は、瑠衣との出会いが半年前だったと答える。

瑠衣が爽の前に現れたのは、1年前。
爽は一真に、瑠衣が計画的に一真に近付いた可能性が高いと伝える。
一方、秋山(町田啓太)は、連絡の取れない爽を思い、心配していた。

「どうして私を? あの子は一体誰なの?」そう考えるうちに爽は、瑠衣の部屋に遊びに行った時にこっそり見た卒業アルバムのことを思い出す。
アルバムの写真は1人だけ写真と名前が黒く塗りつぶされていた。
爽は若菜とともに、瑠衣が卒業した高校を訪ねる。

爽は、学校の書庫で瑠衣の卒業年次のアルバムを見つけ、黒く塗りつぶされていたのが誰なのかを突き止める。
その顔を見た爽は驚き、ある記憶を思い出す。
その頃、秋山の店には、意外な人物が訪れていた――。

公式サイトより

みなさんの感想

uenio(30代、女性)

唯一、爽の味方でまともな人だと思っていた秋山が、あんな危ない妹がいたなんて驚きの展開でした。
ルイは兄のことが好きだという理由で暴走したのかもしれませんが、子どもが産めないとか誰かから守ってもらわなくていいとか言っているし、秋山もルイのことを庇うので何かまだ隠されている理由があるのかなと思います。

今回は、爽がカズ君にも真摯に向き合っているところがはっきりしたので、カズ君は本当にこんな女性を傷つけてしまいバカなことをしたなとしみじみ感じました。

しかもカズ君の前の結婚相手が理由で、爽も巻き込まれた一因になっているので、どれだけ償っても足りないです。
秋山は結婚しているし、爽はこのままカズ君と離婚するのか修復は絶対無理だと感じているのかも気になります。

guir(30代、男性)

あまりに予想外な事実が続け様に明らかになったため、驚きはありましたが、怖さをより強く感じました。
秋山と瑠衣に繋がりがあるのではないかという疑いは持っていましたが、まさか義理の妹という関係だとは思いもしていませんでした。

それだけでも十分衝撃的で、これ以上の衝撃は今回はもうないだろうと思っていたら、最後に瑠衣に協力していた寺嶋が一真の元奥さんの弟であると明かされて、あまりの強さに理解が追いつきませんでした。

二人がどのようにして出会ったのかとても気になりました。
そんな二人に多くの人が振り回されることになっていたわけですが、美和子もその一人だったことに驚きました。

秋山と結婚したい気持ちを瑠衣に利用され、言われるがままに嘘をついてしまったようですが、そういう負い目があるからこそ爽への嫉妬がより強くなってしまっていたのかと納得しました。
一方で爽と一真が向けられる悪意をハッキリと理解したことで冷静に話し合っていた姿に少し安心もしました。

二人の状況は悪いままですし、よりが戻るということはないのかもしれないですが、裏切られたという気持ちで二人の繋がりが終わりにならなかったのはよかったと思えました。

du3(40代、男性)

何かと謎の多い瑠衣(中村ゆりか)ですが、爽(新川優愛)はついに瑠衣の正体を知ることになります。
まさか瑠衣が秋山(町田啓太)の妹だったとは驚きました。

これでこれまで爽の回りで起こった様々なできごとが伏線として回収されてきて、瑠衣という女がいかに恐ろしい女か理解できました。
気になるのはここまでしてどうして瑠衣は爽に恨みを抱いているのかということです。

さらに驚いたのは瑠衣とともに爽を陥れていた、共犯者の睦月(神尾楓珠)の正体です。
単なる共犯者と思っていましたが、爽の夫である一真(小池徹平)の元妻弥生(智順)の弟だったのです。

第6話で次々に点と線が結ばれていく展開に鳥肌が立ってしょうがないです。
次回もさらなる驚きに期待したいです。

fuys2(50代、女性)

辛い時には必ず秋山を思い出す莢。
でも、お風呂で溺れて死ぬところだった莢を救ってくれたのは、親友の若菜でした。
今孤独な莢にとって、友情の復活は実に喜ばしいことです。
その若菜の言う通り、「恨まれるすじあいがない莢を、何故瑠依が恨むのか?」を調べたのは、面白い展開でした。

でもまさか、瑠依が秋山の義妹だったなんて、想像もしませんでした。
ここで、「たぶん義理の妹が兄に横恋慕していたのでは?」と、想像しました。
秋山は妹に後ろめたいことでもあるように、妹をかばっていますので、よけいにそう思いますよね。
秋山の妻のことまで、以前から動かしていた瑠依の執念は、恐怖です。

莢と結婚させないためには、他の女と結婚させることまでさせていたなんて、本当に驚愕です。
これって、愛情よりも憎しみの方が大きいという証拠ですよね。
対する莢は、「間違えない人は、間違う人が悪魔に見える」という元同僚の言葉を受けて、自分も知らない間に人を傷つけていたことに、気づきました。

でも、「傷つけようとして、人を傷つける人間は、許せない」の信念の元に、きっと自分を貫いてくれると思います。
頑張れ莢!こうなったら、「毒を持って毒を制すか?」ですね。

vuf8(40代、女性)

爽は色々な人に裏切られてひどい目にあっていますが、若菜だけは爽のことを心配してくれるので安心できますね。
お母さんのところに現れた瑠衣がとても怖かったです。
何を考えているのかわからないって嫌ですよね。

瑠衣が何者なのか調べるところがドキドキしました。
ただの旦那の不倫相手ではなかったんですね。
瑠衣が秋山の義理の妹だと知り、かなり衝撃的でした。

このドラマって次々と驚く事実が出てくるので面白いなと思います。
瑠衣は爽のことを恨んでいたんですね。
秋山がすごく瑠衣のことを大切に思っているのが伝わってきましたが、爽にひどいことをしたのにどうしてなのかと疑問に思いました。

きっと何かあるんですね。
今回は瑠衣の闇を感じて怖くなりました。
睦月の正体もわかり、ますます楽しくなりそうです。

ay9(50代、女性)

びっくりしました。
いくらなんでも秋山が爽を救うとは思わなかったけど、良かった…。
一時は周囲がみんな敵だと思われましたが、若菜は信頼できそう。
誤解して爽を恨んでいた優希とも修復できたので、ほっとしました。
驚いたのは、瑠衣と寺嶋の正体です。


二人とも兄妹愛強すぎ。
瑠衣に関しては、兄妹愛と言うより明らかに異性としての愛ですね。
周囲を取り込み、上手く利用する瑠衣。
そこまでするなんて、怖すぎ! ゆがんでいるし、まともじゃないです。

気になるのは、瑠衣が爽の母親と会っていたこと。
ここにも何か因縁があるのでしょうか? そして、寺嶋の一真への復讐も始まるよう。
最後に爽を支えるのは、一真か?秋山か? そちらの展開も要チェックです。

第7話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第7話あらすじは?

爽(新川優愛)は一真(小池徹平)から、寺嶋(神尾楓珠)の正体が、一真の元妻・弥生(智順)の弟・睦月だと聞かされた。
一真に電話をかけてきた寺嶋は「姉貴が会いたがってる」と告げる。
一真は、寺嶋と弥生に会いに行くことに。

爽は、寺嶋と会うのは危険だと言って止める。
しかし、一真は「自分がまいた種だから」と、寺嶋と弥生に向き合う覚悟だった。

瑠衣(中村ゆりか)と寺嶋は手を組み、お互いの目的を果たそうとしていた。
秋山(町田啓太)から、瑠衣をそっとしておいてほしいと頼まれた爽だったが、瑠衣と寺嶋を止めなければならないと決意。


彼女は瑠衣のマンションを訪ね、瑠衣に向かって妻として一真を守ると宣言する。
その後、瑠衣は、”守れるもんなら、守ってみれば?”というメッセージを爽に送り付ける。

一真は寺嶋と弥生に会うため、ある場所へ向かった。
そこで一真は、衝撃的な事実を知らされる――!「絶対に、お前を許さない!」と迫る寺嶋。
さらに寺嶋は、一真にナイフを突きつけ「社会的に死ぬか? 今この場で死ぬか?」と究極の選択を迫るが――!

公式サイトより

みなさんの感想

3tr(40代、女性)

寺嶋君が一真に復讐しようとしていたなんて驚きの展開ですね。
爽が瑠衣に会いに行って話したドア越しに言葉、すごく強くてカッコイイなと思いました。
前の奥さん弥生さんは自殺しちゃったんですね、それは復讐したくなるよねと暗い気持ちになりました。

子供が犠牲になったことは本当に悲しいことです。
一真を守ろうとする爽にはちょっと共感できないかもと思いました。
私だったら一真は許せないかもしれません。

爽は心が広くて強くて理想的な女性ですね。
瑠衣は逆恨みしていると思います。
瑠衣には全然共感できないです。

虐待されていたことはかわいそうだけど、爽を恨むのは違うと思いました。
ケーキをつぶした瑠衣がものすごく怖かったです。
このドラマ、最後に瑠衣がどうなるのかすごく気になりますね。

lk97(50代、女性)

驚きました。
まさか、爽がまだ一真のことを大切に思っていたなんて…。
浮気された上に隠し子の存在まで知ってもなお、一真を愛し、守る決意をした爽。

カッコイイです。
再会した秋山に気持ちが傾きつつあると思っていましたが、そうではなかった。
その時々、本気で向き合う爽。

だから、幸せになってもらいたいと心から思えます。
それに引き替え、瑠衣の身勝手さには呆れます。
確かに同情する境遇ではありますが、世の中で辛い体験をしているのは自分だけだとでも思っているのか…。

かわいそうな部分はあるけど、容認はできません。
矢田亜希子さんにも驚きました。
イメージがあまりにも変わっています。

以前は上品で健気なお嬢様タイプの役が多かったのに、虐待をする母親役だなんて。
優しい母親にも見えたし、虐待をする鬼母にも見えるところがスゴかった。

お嬢様時代より着実に演技力が向上しているのを感じました。
次回は、美和子が利用されるよう。
演じる徳永えりさんの演技が楽しみです。

buia8(30代、女性)

るいちゃんの復讐がかなり長くひいてるので、反撃が始まるのが楽しみです。
早くその時になって欲しいです。
そして、虐待されていたことに驚きました。

お兄ちゃんがもっと妹の嘘に気づいて欲しいです。
もっと勘を働かせて欲しいと思いました。
かずくんの不甲斐なさというか、過去を引きずりすぎていて、そこはあまり共感できませんでした。

家族愛が持てないのになぜ、子供をつくったのでしょうか。
そして元奥さんも子供を置いて自殺してしまうのがフィクションだなと思いました。

子供のことを忘れてしまうほど愛していたということがわたしにはなくて共感できませんでした。
元妻の弟も、お姉ちゃんのために人殺しをしようとするまでになるとはドラマだなと思いました。

k34(40代、男性)

睦月(神尾楓珠)が一真(小池徹平)の元妻の弟だと判明したのは理解できたのですが、どうして睦月はここまでして一真に恨みを抱いているのか気になりました。
その理由は直ぐに明かされました。
一真の元妻は爽(新川優愛)と一真が結婚したことに傷つき自殺してしまったのです。

ただ本当に一真と爽の結婚が自殺理由なのかハッキリした証拠がないのがモヤモヤしました。

ひょっとするとこれも瑠衣(中村ゆりか)が関わっているのではと勘ぐってしまいます。
その瑠衣ですが、その異常性の元がまさか母親からの虐待だとは思いもしませんでした。

そしてラストでは皿の上に乗ったケーキを手のひらで潰すという常軌を逸した行動を取り、爽へのさらなる復讐があると予見できました。
この時の中村ゆりかさんの演技はとてつもなく恐ろしかったです。

nb43(30代、男性)

爽と一真の関係が最悪な形で区切りとならなかったことには安心しました。
一真のしてきたことは許されませんし、これから彼がどう行動していくのかは気になりますが、二人とも無事であったことが全てだと思います。

二人が無事であるということは寺嶋も最後に踏み止まれたということになりますから、爽の言葉がしっかりと届いていることを願いたいです。
今回のことでようやく互いを見ることが出来たからこそ別れることを選んでいましたが、話をしていればこんなことにならなかったのだろうと思えてなりませんでした。

こんなことになるまで話せなかったほどに隠しておきたかったことだったのはわかりますが、互いを大切に想う気持ちが良く伝わってきたため、どうしても話をしていればという思いが消えませんでした。
それぞれの道で一真の方は歪まずに幸せを掴んでほしいと感じました。
寺嶋も瑠衣に利用されているにすぎなかったことには驚きました。

秋山が修行に行っている間に一体何が起こり、ここまで歪めてしまったのかが気になります。
まだ続けるつもりでいる瑠衣に対して、すでに遅すぎるようには思いますが秋山は本当に突き放すことが出来るのかも気になります。

0c4(30代、女性)

寺嶋が何故あんなにも、ルイと共に復讐の気持ちに突き動かされているのかがとてもよく分かり、どこか納得の思いでした。

想像していた以上の、深い傷を負った過去を知り、今までのただチャラついた若者なのだろう…との認識から変わりました。
危険を冒しながらも、よおやく一真とさやかが本当に夫婦として向き合えた気がして、もう遅いのだけれど、どこか切ない思いでした。

一方、ルイの育ってきた家庭環境が分かり、秋山への複雑な思いを抱いているのだと、秋山とさやかの通じ合う思いを考えると、とてももどかしくなりました。

ルイは今以上、更にさやかを追い込もうとしているのが、恐ろしかったです。
さやかの母親までをも奪おうと企む様子が不気味で、この先がとても気になりました。

第8話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第8話あらすじは?

爽(新川優愛)は、かすみ(戸田菜穂)にまで危害を加えようとした瑠衣(中村ゆりか)への怒りを新たにする。
しかし、秋山(町田啓太)を気遣い、彼には黙っておくことに。
爽は、男性向け週刊誌編集部に異動になった。

これまでファッション誌で働いていた爽にとっては、まったく未知の世界。
爽は、同期入社の編集部員・守屋(桜田通)から仕事を教えてもらうことになる。

しかし、守屋は皮肉ばかり言うイヤミな性格で、爽の苦手なタイプだった。
爽への憎しみをさらに深める瑠衣は、次の手として美和子(徳永えり)を利用しようと画策。
美和子は、秋山の心が爽に傾いているのではないかと不安になっていた。
瑠衣は、そんな美和子の気持ちを刺激するような、【ある画像】を見せる。

一方、若菜(筧美和子)は秋山に、瑠衣の所業をすべて話し「瑠衣がこのまま引き下がるとは思えない」と告げる。
そんな中、爽の会社に美和子が現れる。

美和子は爽を見つけると「あの女が私から旦那を奪おうとしてるの!」と泣き叫ぶ。
爽がなだめても、美和子は興奮するばかりで…。
一方、秋山は、瑠衣に呼び出されて会いに行くが…。

公式サイトより

みなさんの感想

wasa5(50代、女性)

秋山、カッコいいですね! 瑠衣の誘惑にも乗らないし、爽のことも大切に扱ってくれます。
なんてジェントルマンな振る舞い!最高です! やっぱり爽にとってベストパートナーは秋山だと思う。

ここまでお互いのことを思いやり、大切に考えられるのだから、これ以上の相手なんて考えられません。
奇しくも、お互いにフリーになりなんの障害もなくなったのだから、いつかはヨリを戻してほしい。

二人に間に入り込めるスキを見せるから、瑠衣もそこを攻撃してくるのでは? 二人はもう揺るがないことを瑠衣に示し、その上で家族として愛していることを示してあげると、瑠衣も落ち着くのでは? 瑠衣が幼児期に受けた虐待の傷を癒すには、愛情でわかって貰うしかない。

とは思いますが、今のような歪んだ愛ではなく、家族愛を示すことができれば良いのですが。
今後、瑠衣の母親がキーパーソンになってくる気がします。

ybyu(30代、男性)

爽はかすみにまで危害加えようとした瑠衣へ怒り新たにして、そんな中爽は週刊誌編集部へ異動となります。
そこに点滴の同期の守屋がおり、爽へ憎しみ募らせてる瑠衣は美和子利用しようとしています。

美和子は秋山の心が爽い奪われてるのではと不安を抱き、爽の会社現れた美和子はあの女性が私から旦那奪おうとしていると泣きさけんで大騒ぎとなります。

一方で秋山は瑠衣に呼び出されて会いに行くのでした。
今回、ドロッとした話になっていて、楽しいです。

いよいよ爽の反撃が始まるのかもしれません。
かわいそうで、爽には幸せになってもらいたいです。
ドロッとしてみるに堪えない時もあるのですが、それでも見続けてしまう魅力があると思いました。

28nen(40代、男性)

相変わらずの女性主観ドラマだな~という印象を受けました。
男性の裏の顔を知らないというか、あえてそこには触れないストーリー作りを意識したといいますか。

秋山は一見性格イケメンのように感じますが、その裏側を女性には知って欲しいと感じました(詳しく書くと荒れそうなので割愛しますけど)。
七年前、秋山が旅立つ前の出来事について明かされていたのは良かったですね。

それが現在のトラブルを生み出しているわけですし。
これで瑠衣の動機も明らかとされ、スッキリしました。
佐和子に関してですけど、最初の会社突撃をみた時は女性ならではの行動だな~って感じました。

男性も感情的になる事はあれど、相手の会社へ乗り込むまでそのテンションを維持するってことはまずないですから。
爽の会社へ乗りこんで苦情を言うとか、女性ならですよねほんと。

結局秋山と佐和子が破局してしまいそうなのは残念ですね。
落ち着いてからの佐和子を見る限りは、素敵な女性に戻っていましたし。

秋山の心に誰かがいたとしても、それを受け入れて結婚を続けて欲しかったです。
誰だってパートナーに言えない人が心の中に棲んでいますから。

demo(30代、男性)

瑠衣の母親が彼女の性格を歪める原因を作りはしましたが、その怒りが爽に向いた原因は秋山にあったことには驚きました。

瑠衣が見ていたことは彼女の勘違いでしかありませんでしたが、体ではなく心で繋がり続けていれば、瑠衣にとってはどちらでも関係がなかったのだろうと思います。

爽と秋山は自分たちの本当の想いを告げることなく想い続けるからこそ、その気持ちが離れることはないのだろうと感じました。

結ばれたい人と結ばれることになるのか、想いを秘めて寄り添う二人の恋の結末がより気になりました。
美和子の妊娠したという嘘と、彼女に対する素直な秋山の想いは爽への気持ちがあるとしても、上手くいってほしかったと感じてしまいました。

秋山には爽と幸せになってほしいという気持ちはありますが、美和子自身が嫌っていた手がきっかけであったことは、美和子への気持ちにも嘘はなかったということが伝わってきました。

瑠衣が関わってさえいなければ、こんなにも誰もが傷つくことはなかったのにと思わずにはいられませんでした。
その瑠衣を止めるために一真が出てきたことにも驚かされ、どう声をかけるのか続きが気になる終わり方でした。

saigo(30代、女性)

瑠衣が爽に対して、ここまで執拗な嫌がらせをする理由は何なのかと疑問に思っていましたが、秋山を奪ったことに対するものだったとはっきりしたのですっきりしました。

しかし完全な逆恨みだし、爽の母だけでなく、今度は秋山の妻まで使って嫌がらせをしようとすることに少しうんざりしています。
秋山の奥さんも、爽の会社で暴れたものの、その後は秋山と冷静に話し合いをすることができて心も前向きになったようで良かったです。

秋山の奥さんが言うように、本当に瑠衣は可愛そうな人としか思えなくなってきましたが、爽の元旦那もまた最後に登場したのでどうなるか楽しみです。

今回から、爽の同期として、イケメンで頼れそうな守谷が登場しましたが、今後どうかかわってくるのかも期待です。

wata(40代、女性)

いろいろと引っ張ってきたルイと秋山の過去が明らかになっても、結局ただのルイのワガママと秋山への執着にしか見えず、虐待されていたとはいえ、裸で秋山に迫るとか気味が悪くただの勘違い女でイライラしました。
そして悲しいのは秋山の奥さん。


ルイにそそのかせれて嘘をついてはいたけど、本当に秋山が好きな普通のいい人だったので、頑張って欲しかったけど離婚するっぽい流れになり残念。
でもちゃんと愛されて結婚していたことはわかったので、安心しました。
今度は幸せになって欲しいです。

お互いに離婚したのなら秋山と爽がハッピーエンドになるのかもしれないけど、不倫ドラマでハッピーエンドはほとんど見たことがないので、最終回は爽が秋山を裏切ってカズくんとやり直したりするのかな? “

第9話のあらすじ・見どころネタバレ・みんなの感想

第9話あらすじは?

爽(新川優愛)は守屋(桜田通)から、秋山(町田啓太)が離婚したらしいと聞かされて動揺。
守屋はそんな爽に、遊園地のチケットを2枚渡す。

さらに守屋は、爽のスマホを勝手に使って、秋山を遊園地に誘うメッセージを送る。
その遊園地は、爽と秋山が付き合っていた頃の思い出の場所だった。
爽は、かすみ(戸田菜穂)に会いに行くことに。

かすみは瑠衣(中村ゆりか)に狙われてから、別の病院へ移っていた。
病院に着いた爽は看護師から、かすみが家族と面会中だと言われる。

かすみには爽以外の親族はいないはずなのに!? また瑠衣が来ているのかと胸騒ぎを覚えた爽は、かすみのもとへと急ぐ――! 一方、秋山は、瑠衣を呼び出していた。


その理由は、明奈(矢田亜希子)のことだった。
秋山は、明奈が末期のガンで余命いくばくもない状況だという連絡を病院から受けていた。
明奈は、どうしても瑠衣に会って謝りたいと言っているという。
秋山からそのことを聞いた瑠衣は、秋山も一緒に来てくれるなら明奈と会うと告げるが――。

公式サイトより

みなさんの感想

nde0(30代、女性)

瑠衣が母親に虐待されていたときに、秋山だけが助けてくれる存在だったというのは理解できますが、それでも爽に対しての行動は逆恨みの行動でしかないと思います。
同じように爽も、母親から精神的な虐待を受けていたけれど、それでも明るくて周囲の人に愛される存在になったのは結局何が違っていたのかと考えさせられます。

離婚したことで、もう一真とは会うことはないのかと思っていたら、夫婦ではないけれど友人のような関係に戻れたので良かったです。
ドロドロした展開が続く中で、守屋のズバズバと話す性格がふっと気を抜ける存在になっていて良かったです。

爽と秋山はお互いがフリーな存在なのに、別れを選んでしまいそうな展開で切なかったですが、最後にどう決断するのか最終回が楽しみです。

shau(30代、男性)

まだ隠されていた事実があったことに驚きました。
一真が再婚したことをきっかけに弥生は自殺したということになっていましたが、そこにまで瑠衣が関わっているとは思いもしていませんでした。

まさか姉の復讐のために協力した相手が姉を自殺に追い込んだ真犯人だとは思いもしてませんでしたから、寺嶋が瑠衣を殺そうと思うのも当然だと感じました。
行動に移す前に一真が止めてくれてよかったとは思いますが、寺嶋の行き場を失った憎しみは終わらせることが出来るのか心配です。

母親の存在がつきまとっていた瑠衣の過去には同情する部分はありますが、あまりに多くの人の人生を狂わせた彼女が反省もせずに秋山に守られる道を選べるというのは納得が出来ないものがありました。
一体どういった結末になるのか想像が出来ず、とても楽しみです。

kanga3(40代、男性)

今回は瑠衣の過去や何故あのように歪んだ性格になったのか?をわかりやすく紹介してくれていて良かったですね。

ただすべての事情を理解しても、瑠衣はダメ過ぎますね。
瑠衣本人が弱いのは仕方ないにせよ、そのストレスのはけ口として爽に当たった時点で同情しようはありません。
爽だけでなくその周辺の人も巻き込んで。

それよりは秋山の方が可哀そうでしたね。
父が再婚した事により、メンタルの超弱い義妹を押し付けられる事となったのですから。
数年過ごしただけだというのに、血のつながりもなければ肉体関係すらない女性の為にあそこまで拘束され、そして色々失う事となったのですから。

ただラストの展開で不思議だったのは、秋山と爽で未来を作っていってもいいのでは?という点です。
紆余曲折あったとはいえ、爽も秋山もフリーでお互い良い感情を持っています。
別れを意識しなくても良かったですし、もっと気楽に恋愛すればいいのに・・と思いました。

91r7(40代、女性)

爽のお母さんと一真が話をしている場面が印象に残りました。
一真は心を入れ替えた感じですね。

爽と一真がなごやかに話すシーンは落ち着きます。
「瑠衣のこれまで」というまとめのイラストが可愛くて笑ってしまいました。
一真の元奥さんを自殺に追い込んだのが瑠衣だとしたら、怖すぎます。
心の闇が深すぎて。

瑠衣が救われることってあるのかなと怖くなりました。
母親の虐待がひどい。
瑠衣もかわいそうなので、最後は救われて欲しいです。

瑠衣のしたことは許されないことだけど、瑠衣の母が亡くなって間に合わなかったこと、複雑な気持ちで泣き叫ぶ瑠衣に同情しますね。
秋山と爽はけっきょく結ばれることなく、別れてしまうのかなぁと悲しい気持ちになりました。

iiyo(40代、男性)

爽(新川優愛)は瑠衣(中村ゆりか)の手が届かない場所へ母親であるかすみ(戸田菜穂)を転院させましたが、そのかすみと面会する人物がいると聞き驚きを隠せません。

まさか瑠衣がかすみの居場所を突き止めてしまったのと不安になりましたが、面会していたのは爽の元夫である一真(小池徹平)だったので安堵しました。
何かと恐ろしい行動に出る瑠衣でしたが、母親である明奈(矢田亜希子)の遺体と対面すると感情を露わにして泣いている様子はちょっと意外でした。
ですが瑠衣は結局瑠衣でした。

一真の元妻弥生(智順)に対して執拗に電話で嫌がらせを行っていたのです。
しかも爽になりすましてプレッシャーを与えていたので、本当に悪魔のような女だなと腹立たしい気持ちになりました。

最終回、瑠衣にはどのような罰が待ち受けているのか、そして爽と秋山(町田啓太)はどんな答えを出すのか注目です。

hiro(40代、女性)

瑠依の過去は確かに可哀想だし、母親が悪いのも分かるが、メチャクチャやり過ぎ。
他の人巻き込みすぎだし、兄に依存しすぎだと思いました。
あのあざとい話し方とか声とか聞いていると男は好きなのかも知れないが、女子うけ最悪の女性です。


コテコテのぶりっ子じゃないけど、いかにも男うけ狙ってますって感じが嫌でした。
最後のデートは、なんとも言えない気持ちになりました。
かなしすぎるだろ、と思ってしまいました。
瑠依が心配なのも、自分が守ってあげたい気持ちも分かるけど、なんだそりゃと感じてしまいました。

結局瑠依の思うつぼじゃないかと。
とにかく、ドロドロしまくりのドラマですが、でも目が離せないというか、気になってしまいます。