知らなくていいコト最終回(全10話)までのネタバレ感想とあらすじ完全公開!

知らなくていいコトの最終回(10話)までの全話、ネタバレ感想やあらすじを完全公開しています。

 

読みたい話数がある場合は、この下の目次を使っていただくと、目的の話数にスムーズに移動することができます!

今から動画で知らなくていいコトを観たい場合は、下記の動画配信サービスがおすすめです。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト1話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

真壁は一流週刊誌の特集判記者としてバリバリ働いていて、仕事に恋に充実した日々です。

そんなケイトは母で映画翻訳家の杏南と二人暮らしであり、杏南は未婚のままケイト育て上げました。今日もケイトが出勤すれば早速白熱した会議が繰り広げられて、ケイトはスクープしたカニの情報を上司の黒川に報告します。

そうした中で杏南がくも膜下出血で緊急搬送された時計とに連絡が入って、急いで杏南のもとに行きます。

病床で杏南はケイトの父はキアヌリーブスと言い残したっさりなくなりました。ケイトは葬式準備とりかかって、杏南の遺影を見つけます。

これは以前ケイトが動物カメラマンの元カレと付き合ったころに尾高に撮影してもらったものです。

ケイトの今の恋人で連載班の後輩の野中も葬儀に駆けつけました。
そして、葬儀の後自宅でケイトは春樹に杏南が死ぬ間際いった驚きの発言相談しますが、春樹からお母さんの冗談ではといわれます。

春樹が帰ってケイトは一人で杏南の書斎に入って荷物整理を始めます。
すると若い頃の杏南とキアヌリーブスの2ショット写真が出てきました。

なんとこれは毛糸が生まれる1年前に撮影されたものですが。
数日して仕事付記した毛糸はずっと追ってた詐欺ネタを編集長に直談判します。

感想(ネタバレあり)

フミ(50代 女性)

脚本が大石静さんで、主演が吉高由里子さんのドラマなので、すごく期待して見てみました。
でもストーリーの中でクエスチョンマーク(?)が浮かんでしまう展開があって、ちょっと違和感を感じました。

まず主役のケイト(吉高由里子さん)の母親が突然、亡くなってしまう直前に「あなたのお父さんはキアヌ・リーヴス」と言い残したことについてです。

あんなに有名で人気があるハリウッドスターの名前を日本のドラマで出して良いのかな?と疑問に思いましたし、まさか本当にキアヌ・リーヴスだという展開はあり得ないのではないかと思いました。

またケイトが母親の遺品整理をして見つけた母親の指輪を作った指輪店に行くと、その指輪を注文した人の名前をケイトに教えてくれて、その名前をネットで検索すると無差別殺人の犯人の名前と一致して、もしかしたらこの殺人犯が父親かもしれないという展開にも疑問が湧きました。

だいたい指輪店でその指輪を注文した人の名前を簡単に教えるだろうか?と違和感を感じました。

そしてその名前をチェックしたら殺人犯と同じ名前だなんて、ちょっとこじつけた感じがしました。
次回まで見てみて、続けてみるかどうか判断しようと思います。

AKINA(30代 女性)

吉高由里子のドラマは毎回コメディが多く面白いので楽しみにして観ましたが、今回はサスペンスの要素も含んでおり、どんどん続きが気になり最後まであっという間の1時間でした。

本当の父親はキアヌなのか殺人犯なのか、どんな出生の秘密がありそれをカメラマンの元カレはどこまで知っているのか、わからないことが多すぎて次週以降も楽しみです。

婚約破棄してきた彼がもしかしたら今後ケイトの出生のことについて記事にするのではないかと予想しています。

重岡さんはいつもいい人役が多いので、できればこのまま悪役にはならないでほしいなと思っています。

秘密が明かされていくのも気になりますが、婚約破棄後の今後恋は動いていくのか、カメラマンの彼とどうにかなるのかも今後観ていきたいです。

HON(40代 男性)

私は正直、あまり吉高由里子さんの出演するドラマや映画などを観たことは無かったのですが、このドラマを観て物凄くファンになりました。

普段、テレビで私が知っている吉高由里子さんと言えば、どちらかと言うと天真爛漫な性格の感じがしていたのですが、ドラマでは演技も上手でまたセリフも物凄く滑らかにしゃべられていました。

本当に驚いたのと同時にファンになってしまいました。
また、共演するジャニーズWESTの重岡大毅さんもやはりジャニーズだけあって物凄格好良かったです。

お芝居はさることながら吉高由里子さんとのからみでも物凄くオーラが出ていたように感じました。
まだ、始まったばかりですが、これからも毎週見続けたいと思っています。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト2話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。

そのことで春樹はるき(重岡大毅)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。

事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。

公式サイト https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  より

注目ポイント

U5(50代、女性)

怪しげな婚活イベントの取材をすることになるケイト、いかにも今どきな感じの婚活イベントも興味深いところです。

そして、父親とみられるその殺人犯を取材したことのあるケイトの元カレが、何か知っているような様子、真実に今回どこまで迫るのかが見どころだと思います。

Wku(30代、女性)

1話で自分の出生の秘密を知ったうえ、恋人にはプロポーズ取り消しを言い渡されたケイト。
今回ケイトは『DNA婚活』について取材にいきます。

DNA婚活とは、年収や見た目などの普通のお見合いでみる条件は関係なく、事前に調べたDNAのマッチング率の高い人とお見合いする婚活だそうです。

取材にいったケイトは、イベント司会にうさんくささを感じるものの、DNAマッチングの一番高い相手を選んだカップルが10分の9という驚異的な結果に驚きます。

取材をしていくうち、ケイトは自分の中には殺人者のDNAがあるのかもと憂鬱な気持ちになります。
そこへ尾高と会い、何か隠されていることに確信をもち……というのが2話のみどころです。

FEREND(40代、男性)

一話で明かされた真壁ケイトの父親である乃十阿徹が殺人犯であるかもしれないという点が非常に気になります。
ケイトの父親説として流石にキアヌ・リーヴスはなさそうです。
ケイトの元カレである尾高由一郎は密かに乃十阿徹を調べています。
前回で尾高が見せた表情は、憎しみすら感じました。

また作品の軸とはややズレますが、テレビドラマにはあまり顔を出さない俳優である柄本佑さんの演技力に期待がかかります。

最初は吉高由里子さんの元彼役という事で、大役だなという印象でしたが、予想の上を行く抜群の存在感を示しています。
二話以降は、ドラマ全体がかなりの盛り上がりを見せることでしょう。

SS(40代、女性)

吉高由里子さん演じる主人公の母・秋吉久美子さんの死に際の言葉、あなたの父はキアヌ・リーブス。

能天気に信じた主人公、しかし本当の父はヤバすぎの殺人犯かもしれない…という事を知っていたからカメラマンの元カレは自分と付き合ったのかもしれない…今彼は何だかんだ言い訳をしつつ結婚を白紙にしてきやがった…という謎と衝撃を振りまいてからの第2話。

今回のゲストは視聴者側の問題で未だ子役イメージが強く残ってしまっているえなりかずきさんです。
脱却も含めてかこじれた婚活男性を怪演してくれています。
演技に関してははさすがです。

感想(ネタバレあり)

csd(30代、女性)

自分が殺人犯の子どもかもしれないなんて、斬新な設定だと感じました。
これまでの人生で一度も考えたことも無かったので、もしも実際に自分がそんな立場に置かれたら一般的な生き方が出来るのか、とても怖くなりました。

また、そのことが原因で結婚という大きな幸せを一瞬で失ってしまうなんて、居た堪れないです。

ましてその相手と同じ職場・部署で、破談になった後も毎日顔を合わせなければならない上、元は恋人だった相手との関係が大きく崩れていくなんて、わたしには耐えられないと思います。

現時点では全体的にヘビーな印象の強いドラマのようですが、共感・納得できる部分もあるので、吉高さんの心の声が所々出てくるのは良いと思います。
本当に殺人犯の子どもなのか、今後の展開が気になります。

bun(40代、女性)

ケイトの次から次へと起こる逆境に明るく前向きにやっていく姿勢はみてる側も勇気づけられて元気をもらえるなと感じました。
ケイトの取材は結婚相談所(事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるというらしい)がこれまた面白いネタだなと思いました。

1組だけ参加者の山際(えなりかずきさん)がカップルにならなかったのは結婚相談所事務局の笹野(市川由衣さん)が好きだったようです。
DNAでは相性が悪いけれど、そこを乗り越えて強固な絆があるという。
DNAに依存してしないでよい結果で良かったです。

別の取材で大学の遺伝学教授は親の経験は子供に遺伝するというマウスの実験結果だといわれ、殺人犯の乃十阿のDNAが自分の中にあるかもとショックを受けていました。
そうでない結果を本当に望みます。

DNAの影響があるのなら世の中自分が何も悪くなくても生まれつき不幸な人が多いことになってしまうなと思いました。
以前尾高(柄本佑さん)へケイトに殺人犯の娘と知っていて、プロポーズされたことがわかり、誰とも結婚しないと断ったので 後悔してもしきれなくて泣いていましたが、乗り越えてまたの機会があればいいねと思います。

でも自分の結婚したい相手が犯罪者のこどもだったら、やっぱり躊躇してしまうだろうし、親も反対するだろうなと思います。

それが差別につながるひどいことだとおもうけれどやっぱり心配してしまいますね。
楽しいドラマだけど奥深いです。

vll(50代、女性)

ケイトさんの涙がとても切なく、胸が熱くなりました。
尾高さんが既婚者で、とてもガッカリしました。
DNA的に惹かれ合うというのも、一理あると思いましたが、やはり人間そう簡単なものではありませんよね。

別れてから今さらと思ってしまいますが、やっぱりこの人が好きという気持ちがとても心に響きました。
ケイトさんにとって、尾高さんはやはり特別な人ですね。
お母さま亡き後、どうしても尾高さんに頼ってしまう気持ちがよくわかります。
色々な後悔もしながら、ケイトさんはもっともっと成長されるのだと思いますが、やはり尾高さんと結ばれて欲しいと思いました。

お父さんの存在がとても気になりますが、まだ謎に包まれていますね。
次回あたりからお父さんの出番もありそうで、とても楽しみです。

c9(40代、男性)

まずは、尾高がケイトの父親が乃十阿と知っていたのは急な展開だと思いました。
尾高は殺人者の娘でも受け入れると決意していたのに、ケイトに振られていたというのは可哀想だと思いました。

さっさとケイトに見切りをつけた春樹とは大違いだと思いました。
確かに、付き合っている相手が殺人者の娘というのは刺激が強すぎるとは思いますが、あんまりだと思いました。

ケイトには落ち着いた感じの岩谷が合うと思います。
焼き鳥屋のシーンでも息がぴったりな感じがしました。
DNA婚活はパーティーが怪しすぎて、カップルにならなかった男女以外が全員サクラなのかなと思いましたが、違うみたいでした。
しかし、残念ながら、やはり全体的なストーリーの盛り上がりに欠ける感じは否めないと思いました。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト3話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

“殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。

そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。
黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽かわはらたつみ(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。

早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。
ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。

仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。
一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。

春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。
タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。

公式サイト https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  より

注目ポイント

SEN(50代、女性)

主人公のケイトは自分の父親のことを知りつつも、プロポーズをしてくれた尾高に対して、再び好意を持つようになるようです。

以前は事情を知らずに、自分の都合でプロポーズを断ってしまいました。
ですが、尾高とケイトの亡くなった母親での会話のやり取りを知り、彼女の気持ちが変わっていくようです。

さまざまな出来事によって、ケイトの気持ちの揺れ動く変化が、3話の見どころだと思います。

WATA(40代、男性)

以前に殺人犯である乃十阿徹の娘であることを知りながらプロポーズした尾高の真情をケイトは知るのでした。

そして、そんな時天才ダンサーである河原巽の特集企画をケイトが担当することになるのでした。
すると、また思わぬ10年前の動画がネットにより炎上され、急遽取材中止となるのでした。

しかし、それをまた逆手に取り方向転換し取材が続行されるのでした。
そして、ケイトは更に取材を続けていくうちに意外な真相を知ることになるのでした。

TAKA(50代、男性)

ケイトは、尾高が殺人犯の娘と知りながらプロポーズしていたことを悔やんでいる中、年末年始の特集企画を担当することになります。

ケイトは、国民的な人気を誇るダンサーの河原巽の才能の秘密を探り取材を始めますが、河原が過去に老人に暴言を放つ映像がネットで拡散されて炎上した情報が編集部に入り、取材方針が変更されます。

編集長の岩谷は、ケイトに河原の裏の顔を探り本性を炙り出す取材を支持しますが、ケイトはその方針に疑問を呈します。

そんな中、ケイトが殺人犯の父親と直接対面するようで、どんな対応となるかが見どころとなりそうです。

33miya(50代、女性)

予告動画で、殺人犯の父親にケイトが会いに行くシーンがありましたが、本当に会うのか、名乗るのか、そして何を話すのか、それが大きな見どころになると思います。

また、元カレの尾高が、父親が殺人犯と知りながら自分にプロポーズしてくれたことを知り、大きく動揺した前回、ケイトはその気持ちを引きずってしまうのか、また、婚約者だった春樹と尾高が会話するシーンがありましたが、この二人がケイトを挟んでどんな会話を交わすのか、そこもまた興味深いところです。

感想(ネタバレあり)

KINOSHITA(40代、男性)

正直な第3話で週刊イーストが追っているネタやその真相自体にはそこまで興味を惹かれなかったですが、いつものごとくサブ要素はかなり楽しめました。
篠井英介さんの見事なまでのオネエっぷり、山内圭哉さん演じる黒川の軽妙すぎる小ネタなど笑いどころ満載です。

ケイトと別れた理由を話す由一郎と野中の気まずい感じもかなり良かったし、由一郎と別れた過去を回想するケイトの口調がとても平板なのですが、そのおかげで戻らない時間を悔やんでいる感じが逆にリアルに伝わってきました。
由一郎の部屋でケイトと由一郎が二人で買った赤いコーヒーメイカーが映るシーンは胸にジーンときました。

なにしろ大貫勇輔さんの演じるタツミーヌのダンスはさすがの美しさでうっとりしてしまいました。

「生きることは踊ること」「踊らなくなった自分は想像できない」という台詞を彼の口から聞くとすごく説得力があって、心が熱くなりました。

そういうサブ要素を抱え込みながら物語全体はケイトの父親の事件の真相に、少しずつ少しずつ近づいている感じがあって、次回も目が離せないかと感じました。

HーーA(40代、男性)

今回もまた色々と内容の濃いエピソードだと思いました。
ひとつは尾高が、かつて殺人犯であった父親を持つ娘、ケイトにその事を知りながらもプロポーズしていたと言うことでした。

本来、現実的に考えれば絶対にありえない事だと思いました。
普通、現実的に考えてみてもやはり殺人犯の子供とそれを知りながら結婚したいとは誰が思うんだろうと強く考えました。

勿論、ドラマだからこそ成立するのでしょうが、現実的には絶対にありえないと思いました。

ちょっと天然でお茶目な吉高由里子ちゃんは本当に昔から大ファンなのです。
是非次回も楽しみに観たいと思っています。

94NT(40代、男性)

今回はSNS全盛期の現在において、よくあるような話だと思いました。
有名人は少しでも変なことをしてしまうと、直ぐに炎上してしまうので、本当に大変だと思いました。

そして、改めて週刊誌などのマスコミは、あれだけ追っかけ回しているので、嫌われて当然だと思いました。

ケイトたちは、タツミーノに繋がる知り合いが多くて運に恵まれているような気もしますが、ケイトの手紙作戦は古風だなと思いました。

今時手紙を取材相手に書くというのは、ある意味信用してくれそうだなと思いました。
そして、ケイトの父親である乃十阿の件ですが、もう少し情報を出して欲しかったような気がします。
会いに行きましたが、何を話すのかが気になります。
そして、キアヌ・リーブスは父親候補から完全に消えたなと思いました。

HARA(30代、女性)

尾高さんとの過去の幸せ溢れるシーンには、ただただ心が痛みました。
2人の関係が崩れてしまった原因が、乃十阿にあるのなら仕方ないとは思いますが、尾高さんに妻子が出来てどうしようも無くなってから、こんなに良い関係に戻れるなんて、ケイトが本当に可哀想でなりません。

神様は意地悪ですね。
野中が尾高に詰め寄ったシーン、尾高さんが野中を最低だと言い放ってくれて、とてもスッキリしました!野中の思考が一般的にも感じますが、野中が器の小さな男に見えてなりませんでした。

ケイトの手紙がタツミーヌの心を動かすことが出来たのは、誠心誠意やれば相手にもちゃんと伝わることを証明してくれたようで、何だか嬉しかったです。

最後のケイトが乃十阿を探しに行ったシーンと、尾高の幸せな家族シーンの対比には、天と地ほどの差があり、あまりに辛かったです。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト4話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。

しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。

無事入稿を終えた翌日、バスの中で女子高生たちがカリスマ塾講師“ジーザス富岡とみおか(新納慎也)”の話で盛り上がっているのを耳にしたケイトは、難関医学部の小論文の問題をジーザスが3年連続で当てたという話に興味を持ち、詳しく話を聞くことに。

女子高生の彼氏でジーザスの少人数制の“特Aコース”を受けて去年医学部に合格した大学生・向井翔(井上瑞稀)を取材したケイトは、月謝30万の“特Aコース”の受講生の合格率が100%と聞いて疑念を持つ。
予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

haga(30代、女性)

週刊イーストの記者真壁ケイト(吉高由里子)は、殺人事件で服役し出所した父親・乃十阿徹(小林薫)の居場所を突き止め訪れました。

しかしながら、乃十阿に関わる間もなく、ケイトは次の””大スクープ””に着手します。
人気予備校講師・ジーザス富岡(新納慎也)に、入試問題漏の疑惑が持ちあがったのです。

3年連続で、難関大学医学部の小論文問題のテーマを当てたことに加え、ジーザス富岡が受け持っている「特Aコース」受講生徒の合格率が100%という数字に、ケイトは疑いを持ちました。

受講している生徒の一人を取材し、ケイトはこの人気塾講師・ジーザス富岡の真実を暴きます。

masan(50代、男性)

年末年始の休暇に父親だと思われる殺人犯の乃十阿の住む場所に行ったケイトが、その後の仕事や生活にどのような変化をきたすのか、見どころとなりそうです。

前回は世界的なダンサーの過去と人間性を追いかけたケイトが、今回はカリスマ塾講師が受け持つクラスの不審な合格率を追いかけるようで、張り込みなどの取材で一緒になる尾高とケイトのやり取りや関係性の変化も気になります。

また、乃十阿の事件を取材していた尾高が、ケイトにどれほどの真実を話すのかも見どころになりそうです。

mizonfe(40代、男性)

尾高はカメラマンを辞めてしまいましたが、どのようなことが原因で起きたのかが気になるとことです。

そして、ケイトがどのように復縁するのかが興味津々で、殺人事件の現場に行ってどのような会話をするか注目されるところです。

ケイトの父は元殺人犯で尾高は写真を撮影して雑誌に掲載したが、実はケイトにプロポーズをしていました。

そして、今回は入試問題漏洩について取材するため、二人はどのようなやり取りをするのか注目されるところです。

感想(ネタバレあり)

ggrto(30代、女性)

ターゲットを異常に嗅ぎ回ったり週刊誌には良いイメージがありませんが、ただ売るためだけでなく、読む人や書かれる人のことまでしっかり考えている出版社が本当にあるとしたら、その記事は信頼出来ると思います。

ケイトの元婚約者がどこまでも器の小さな男に見えて、対照的に尾高さんはとても大きく優しく、そして自分の意志をしっかりと持った強い人に思えてなりません。

とてもお似合いの二人が何とか結ばれて欲しいと思ってしまいます。
編集部の皆で協力して不正の証拠を押さえるシーンが面白かったです。

映像まで撮れて「やった!」と思いましたが、あれでもまだ弱いから一度戻れと言われた時は厳しい世界だと思いました。

caran(40代、女性)

野中くんがケイトを結婚破棄までして思い切り振ったにも関わらず、なかなかの未練タラタラ感が気になりました。

野中くんの感情の動きが今後、乃十阿徹の件あたりにも一悶着ありそうなので、彼のコントロールできていない感情が、ケイトや尾高さんへの人としての嫉妬ではなく、ケイトへの恋心からくるものであってほしいと思いました。

それとは一転、週間イーストの空気感はいいな、と感じました。
忙しい中にも息が合ってるのが見ていて気持ち良かったです。

野中さんのしっとりとした雰囲気もいいな、と思いました。
今回は、塾講師のジーザス富岡のスクープを追っていましたが、ジーザス!と言う言葉の連呼には、少し違和感を覚え、怖かったです。

rec9(20代、女性)

今回はゲスト出演の新納慎也さん演じるジーザス富岡のクセの強さに全部持っていかれました。

真田丸の時から演技の上手い俳優さんだなあとは思っていたのですが、こんなアクの強い役もできるとは思っていなかったので、キメ台詞を聞きながら少し笑ってしまいました。


でもものすごく強烈でいいキャラクターだったと思います。
めちゃくちゃ胡散臭いのにどちらかというと不正に利用される側だったというのがまた意外な展開でした。


利用されていたことに関して、ジーザス富岡が浮かべる悔し気な表情なども真に迫ってくる感じがしましたし、そしてなによりジーザスは授業後も生徒の質問に答えるような真摯な面もあったので憎み切れないというか、ゲストで終わらせるには惜しいキャラだなと思います。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト5話のあらすじと見どころとネタバレ感想

30年前に乃十阿(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。
未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。 翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。

ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。
近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。 事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。

そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。

そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。 さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。

岩谷(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。

公式サイト https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  より

みんなの注目する点は?

VISA(30代、男性)
元警察署長が孫を殺害したとされる事件において、犯人とされる人物が一切反論をせずに、素直に罪を認めている様子を裁判で見たケイトは、その状況に違和感を覚えます。

この事件の動機について洗ってみようと思ったケイトは当時の報道通りの証言を得る一方で、当時の報道とは真逆の証言にもぶつかり、本人にコンタクトをとろうとするも面会を拒否されてしまいます。

実際、動機はなんだったのか?真実はどんなものだったのか?そういった部分に関してみどころと言えます。
NELO(20代、女性)
30年前に乃十阿が事件を起こしたキャンプ場に尾高さんと訪れたケイトはなにを思うのか、乃十阿の動機が未だに不明な点について尾高さんもケイトもどう思っているのか、そんな中でもしっかりと仕事の記事のネタを追いかけたり裁判の傍聴に行ったりケイトの働きぶりにも注目だと思います。

また、編集部の連載班の小泉さんと春樹の関係は今後どうなるのか、春樹はケイトのことをどう思っているのか、など2人の関係も見どころだと思います。
WAKITA(40代、男性)
スパルタ教育が行き過ぎて孫を殺してしまった警察長に、興味を持ったケイトが面会して話を聞こうとします。 しかし、黙秘を続けるため真相は闇の中になり、孫との関係について調べましたが恨んでいる様子はなかったようです。

このため、冤罪ではないかと疑って再び話してもらうように説得し、真相がどのようなものか注目されます。

第5話の見どころは吉高由里子さん演じるケイトのまっすぐ向かっていく姿で、どのようなネタを取材するか楽しみです。
INAMI(50代、男性)
ケイトの父親と思われる乃十阿が事件を起こしたキャンプ場に尾高に連れて来られたケイトが何を感じ、どんな気持ちを抱くのか、そして尾高との関係がどう進展するのか気になるところです。

そんな中、今回は実の孫を殺害した元警察所長の事件の裁判を取材するケイトが、罪を認めながらも動機を一切話さない被告の周囲を取材するようです。

そこからケイトが導き出した元警察署長の殺害動機と裁判での被告の真実がどう明かされるのかが見どころとなりそうです。

感想(ネタバレあり)

HONOK(30代、女性)
主人公ケイトの父親の謎に迫るための前哨戦、というべき回でした。

動機は語らず罪だけは認めるという、周りの者はただ想像することしかできないという事件を追いながら、ケイトは自分の父親の事件と重ね合わせます。

結局本当の動機を語らないというところに、人間同士、分かり合えることなんてあまりないのかもしれないとふと感じました。

人それぞれ考え方はいろいろで、何が正しいのかなんてわからないし、他人が考えてることや思ってることなんてそうたやすく理解できるものではないなと少しモヤっとしています。

ケイトと尾高さんの関係性もまだまだ目が離せず、結局どうにもできない関係だからこそのモヤモヤがここにも存在し、なんともすっきりしないなという感じです。
SAKA(40代、男性)
今回もまた主演である吉高由里子ちゃんを観ることができて非常に幸せでした。 また、内容としては乃十阿が何と30年前に起こした事件のキャンプ場にケイトと尾高が訪れるのですが、非常に観ていて複雑な気持ちになりました。

動機が不明な為に事件の本当の真相が解らないので観ているこちらとしても本当に複雑な気持ちになりました。 また、翌週には元警察署長である沖田秀則がいるのですが、これがまた何かを隠しているかのようだったのです。

スパルタ教育により自分の孫を殺してしまうと言う何とも恐ろしい事件なのですが、何か引っ掛るケイトなのですが、確かにテレビで観ている私にも裏があると思いました。 是非、次回もまた楽しみに観たいと思います。
kyori(40代、男性)
今回は、元警察署長が孫を殺めた事件を取材していくうちに、罪を認めただけで他を語らない彼の姿勢に、自分の父かもしれない乃十河の事件が重なってしまい、記事がうまくかけないケイトの苦悩が垣間見られました。

今の現状をそのまま記事にしろという編集長の意見で間違っていないと思いましたが、ケイトの心情も察すると辛い局面でした。 事件をどのようにみるかで世論の風向きが変わってしまうんだ、と思うと怖いとも思いました。 元署長は、自分の状況を言わないその後を踏まえた上で自分が負う罪だと思っていたのだと思いますが、改めて言葉の持つ力を感じました。

ケイトと尾高の穏やかな関係でいながら、不安定な空気感も気になります。
婚約破棄した野中の心情も複雑に絡み合いそうで、ハラハラします。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト6話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿の(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。

しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!心配して駆けつけた尾高(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが……。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。

二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。

しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。
早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。
そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。

その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。

翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?

公式サイトより

みんなの注目する点は?

MITA(20代、女性)

事件当時、乃十阿の担当をしていた弁護士が登場。
一体どんな話が飛び出してくるのかに注目が集まります。

また、今回はジャニーズWESTの重岡大毅さんが演じる春樹にも見せ場があります。

元将棋部という経歴を活かして、取材に一役買います。
これまでどちらかというとマイナスイメージの多かった春樹がどんな風に活躍するのか気になるところです。

sake(40代、男性)

ケイトが乃十阿に会いに行って何を話すかが、見所だと思いました。

しかし、金を要求したのに受け取らず、しかもケイトに水をかけるという、予想外の行動に出たのが驚きでした。

そして、将棋技師と女優の不倫というのも見所だったと思いました。
最近は実際にも不倫報道が多いので、思い切ったなという感じがしました。

そして、その取材が、取材対象の部屋の横の部屋で張り込んだり、車で寝たり大変そうで週刊誌記者の現実が見えたような気がしました。

takeno(50代、男性)

父親と思われる乃十阿を訪ねたケイトは、自分が杏南の娘であると告げると、乃十阿は金を要求し、ケイトもそれに応じようとするものの、水をかけられ真実を聞き出せず、ケイトと乃十阿の間のやりとりが一つの見どころとなりそうです。

また、ケイトが翌週の記事のネタとして取材する人気棋士と女優の不倫を追いかけているうち、ケイトは乃十阿から真実を聞こうとする自身の行動を見守る尾高との関わりに不倫ではないか自問自答を繰り返し、不倫現場を追うケイトに迷いが生じどう乗り越えるかも、見どころとなりそうです。

yaga96(40代、男性)

交際していた恋人に婚約破棄されたケイト(吉高由里子)でしたが、ここにきて元彼である尾高(柄本佑)といい関係になりそうな予感がします。

ケイトは父親である乃十阿(小林薫)のもとへ話を聞きにいったものの、まさかホースを向けられ水をかけられるとは思ってもいなかったはずです。

ただこのびしょ濡れ状態のケイトを心配した尾高が自分のコートをケイトにかけてあげる場面もあるので、今後この二人が再燃してしまうのか注目です。

感想(ネタバレあり)

shizuka(40代、女性)

タイトルの「知らなくていいコト」は、毛糸の父親にまつわる事だけだと思っていたのですが、もしかしてケイトの尾高への感情や、尾高の感情の事もあっての事なのかな、と思いました。

ケイトが不倫のスクープを追いながら、誰も幸せにならない、というような事を言っていましたが、本当にそうだと思いました。
でも、本当の事を知らないままでは、窮屈にも思えました。

正解、というのはないのだと思いますが、気持ちが離れられていく人も、嫌いじゃないけど他の人を追ってしまう人も、待つ人も、みんな窮屈なのではないか、と思ってしまいました。

ケイトと尾高がくっついてほしいと思う反面、奥さんも子供もいる尾高には、そうして欲しくない気持ちもあります。
ケイトの危なっかしさにハラハラしてしまいました。

tata(30代、女性)

乃十阿もあそこまで執拗に水を掛け続けなくてもいいのに、と見ていたら急に尾高さんが駆け付けてくれて、抱き締めてくれたシーンにはトキメキました。

ケイトがピンチの時にはいつもすぐに手を差し伸べてくれる、尾高さんが本当に頼りになり魅力的に思えてなりません。

ケイトが尾高さんに「会いたい」と考えるようになってしまうのも無理はないです。

春樹が将棋の暗号を解いたことで漸く会社の役に立てましたが、ドヤ顔で相変わらず私の中での印象は悪いままです。

不倫の話題は現実世界でも頻繁に起こりうることで、結婚よりも後で出会った人に魅力を感じることは仕方の無いことかもしれません。
世間に公開されるとわかっていても、あれだけ言い放てることは立派にも感じます。

尾高さんとケイトはとてもお似合いで何とか上手くいってほしいと思っていた矢先、ケイトが刺されたのでとても心配です。

GETO(50代、女性)

今回の第6話では今までずっと気になって来たケイト(吉高由里子さん)と同僚で元カレの尾高(柄本佑さん)が更に近づいてきたのでドキドキしました。

尾高は結婚しているので、もし二人が付き合うようになったら不倫になってしまうので、それは止めて欲しいという気持ちがある一方、尾高のケイトに対する優しさやそっとサポートしている姿を見るとすごく素敵なので、ケイトが尾高に惹かれてしまう気持ちも分かります。

特に今回、ケイトが取材したネタは人気棋士の不倫についてでしたので、ますますケイトが尾高への気持ちを実感したみたいで見ていて胸が苦しくなりました。

でもその人気騎士の奥さんが旦那の不倫を報道させることによって、社会的制裁を受けると旦那が自分の元に戻って来ると考えるのはどうなんだろう?とちょっと疑問に思いました。

最近、現実の話として芸能人や政治家の不倫の報道が多いので、このドラマの不倫のストーリーにも過剰に反応してしまっている自分に気づきました。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト7話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。
翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。

そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに! 連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。

一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。

さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!
週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!

そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

NONO(40代、女性)

ケイトと元彼の尾高がお互いの気持ちを確かめ合いましたが、二人は感情を押さえられずに、このまま不倫に走ってしまうのでしょうか?そんな中でも勤務先の編集部では、またもやトラブル続出です。

デスクが高熱で公休・編集長は不在の中、ケイトはこのピンチを切り抜けられるのでしょうか?更に追い打ちをかけるようにケイトに恨みをもった人物から刃物を持つ魔の手が襲いかかります。

ケイトは一体どうなってしまうのでしょうか?そして更にケイトが殺人犯の娘という事を知る春樹は、ある人物にその秘密を漏らそうとします。

MISOSIRU(30代、男性)

マスコミ関係者というのは、特定の人物や団体にとって不都合なことを世間に知らしめるという役割を担っているがゆえに、当然恨まれる危険性も持っています。

そんな部分が見られる回であり、主人公のケイトがある人物から恨まれることになり、襲撃を受けるのです。

その人物は何者なのか?どんな理由でケイトを襲ったのか?そういったところが注目ですし、ケイトがどうなるのか?という部分に関しても、同様に注目と言える回だと思います。

MELON(20代、女性)

ケイトと尾高さんはキスをしたその後どうなってしまうのか、2人は翌日の仕事からいつも通りやっていくことができるのか、週刊イーストでは編集長が不在の中次々にトラブルが発生するがそれについてみんな対応していくことはできるのか。

徐々に疲労が溜まっていくみんなは仕事をやっていくことができるのか、いい記事を書くそとはできるのから、ケイトと尾高さんのことを見て春樹が企んでいることとはなにか、など一番はケイトと尾高さんがどうなっていくのかが気になります。

DEG543(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、ケイトは尾高と同じ気持ちだと言うことが解るのでした。
そして、またそれが不倫を追う立場でありながら、その禁断の恋に惹かれていく罪悪感も理解しているのでした。

そして、そんな中黒川が風邪で高熱を出し会社を休むのでした。
その為、代わりにデスク代理に任命されたケイトが仕事の激務に追われることになるのでした。

更に、編集部には次々にトラブルが起こってしまうのでした。
また、編集部みんなでトラブル解決に向けて動き出すのでした。

感想(ネタバレあり)

wawakonore(40代、男性)

今回はケイトがデスク代理となり非常に奮闘していたのが良く解りました。
しかし、様々なトラブルが起こってしまい可愛そうにも思えました。
しかし、そのトラブルにも編集部全員で解決に挑むところは一丸となっていて格好良く思えました。

また、個人的に今回面白かったのは黒川がインフルエンザと勘違いされてしまい、編集部のみんなからインフルエンザハラスメントと嘆くところが非常に面白かったです。

そして、今回一番の印象的だったのは何と春樹がケイトと尾高の関係を妬み、ケイトの父親が元殺人犯であることをバラそうとするのでした。

正直、これに関しては非常にドラマとは言え観ていて情けなくもあり、また悲しくもなりました。
改めて人の弱いところを見たような気がしました。

hajimari(30代、女性)

尾高さんとケイトには上手くいってほしいとはずっと思ってきましたが、このような展開になってしまったのは少し残念です。

尾高さんが快適な家のような自分専用のスタジオを持っていたり、2人が元恋人同士だったという状況を考慮すれば無理もないとは思います。

しかし、離婚などのちゃんとした手続きを踏んだ上で、2人には結ばれてほしいと願います。

ケイトは一体誰に刺されてしまうのかと先週からずっと気になっていましたが、あの続きでまさか尾高さんがケイトをかばう展開が待ち受けていたなんて予想を超えていました。
2人が大事に至らず本当に良かったです。

この仕事も含め、誰かに恨まれる可能性のある仕事の怖さを知りました。
連載班の新人の小泉は今回の事件でしっかり仕事が出来たのに、春樹はいつまでも本当に役立たずで、最近では目障りになりつつあります。

ケイトの父親のことまで漏らしてケイトを悪く言うなんて、人としても最低で許せないです。

TAKAGI(40代、男性)

ケイトを刺した人物が予想外でした。
まさか、前回登場した桜庭の妻が再登場して、ケイトを刺すとは思いもしませんでした。
やはり、有名人のスキャンダルを暴く週刊誌の記者は恨まれるものだと思いました。

その恨みが勘違いだとしても、被害者は憎しみを持つものだと思いました。
そして、ケイトだけではなく、尾高も刺されるというのも意外でした。

この作品で、尾高は随分と株を上げているような感じだと思います。
しかし、ケイトと尾高の不倫は許されるものではないと思うので、どういう結末になるかが気になります。

そして、その反対に春樹は本当にどうしようもない感じになったと思います。
かつての恋人を売るような真似は、見苦しいと思います。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト8話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹(小林薫)であることを他誌にリークした春樹(重岡大毅)。

襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。

そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。

それは、与党議員・梅沢うめざわの金庫番だった男・相田あいだの自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。
全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。

トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。

一方、入院中の尾高(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。
そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!?

公式サイトより

みんなの注目する点は?

geso(20代、女性)

前回の最後に週刊イーストで襲撃事件があって腕を刺されたケイトやケイトを守ろうとした尾高さんが刺されて2人とも無事で仕事復帰することができるのか。

ケイトは仕事を早々復帰すして大ネタを掴みに行こうとするがまた無茶をしたりしないだろうか、ケイトが殺人犯の乃十阿の娘だということが他誌に掲載されてしまうがどうなるのか。

そのことをリークしたのが春樹だと気付いた尾高さんは春樹に何をする気なのか、など今回ケイトはいつも追う側であった記者だったのに追われる側になってしまうところも見どころだと思います。

5sen(40代、男性)

吉高由里子が演じる真壁ケイトの秘密がついてばれてしまいます。
重岡大毅が演じる春樹が他紙に真壁ケイトが小林薫が演じる殺人犯である及斗阿徹の娘であることがばれてしまいまって、今まではスクープを追う立場が今度はスクープに追われる立場になります。

その際真壁ケイトがどういう風な対応を取るのかが見どころです。
無事退院した真壁ケイトだが、さらなる逆境に立たされてしまいます。

殺人犯の娘であるということから、仕事仲間との今までの関係性が崩れてしまうのかというところもまた見どころになります。

sake(30代、男性)

ケイトの父親が殺人犯であるという事実がリークされ、それが実際に世間に公表されてしまいます。

記者として働いている人物が殺人犯の娘であるという事実により、ケイトの状況は一変してしまうのです。

今までは他人の秘密を暴いてそれを公表する側の人間でしたが、それをされる側になり、さらに世間から悪い意味で注目されるような状況になってしまいます。

そんな状況でケイトはどうするのか?今まで通りに仕事ができるのか?という点に注目でしょう。

54ga(50代、男性)

前回、情報提供者だった棋士の奥さんの逆恨みから編集部で刺さされようとしたケイトを身を呈して庇う尾高の様子を見た春樹が、他誌にケイトの身元情報をリークしたことで、尾高がケイトいかにかばい、春樹に敵意を向けるか、見どころとなりそうです。

ケイトがおっていた汚職事件の大ネタの取材にも影響が出ることが予想され、編集長の対応やケイトが記者として取材する先々で、逆に取材対象者となることが予想され、ケイトがどんな対応を見せるかも見どころとなりそうです。

感想(ネタバレあり)

taiyo(30代、女性)

ケイトの他の同僚たちは、いつもと同じように振舞ってくれるので、やっぱり毎日の人間関係の積み重ねが大事なんだと思いました。

ただケイトが取材をする側から取材される側に代わったことで、精神的にも追いつめられているところが痛ましかったです。

自宅に帰ることもできず、会社の中で寝泊まりして必死で一人で耐えているところに涙が出ました。

そして今回は編集長がとても懐が深くて、尾高さんとの関係についてもケイトの背中を押してくれるような言葉をかけてくれてジーンとしました。

hoshi(30代、女性)

色々な社会問題として考えさせられる内容だと思いました。

・被害者はどんなに気丈に振舞っていても、フラッシュバックしてしまい、傷はなかなか癒えないことを改めて感じました。

・基本的に不倫はダメ・無理と思っていますが、ドラマだからなのか、お互いが想い合っているのがわかるからなのか、応援してあげたい不倫恋愛もあるんだなと感じました。


・顔がばれる、情報が拡散される、住所がばれるなど、ネットの暴力は本人の意思関係なく傷つけるばかりなのだと感じました。

そして、本人のことをわかっており信じてくれる職場環境に感動し涙しました。

mayuge(40代、女性)

今回は春樹の愚かさが如実に表現されていて人間臭さを感じました。

襲撃事件でケイトの心身共に心配し、事件では身を以て彼女を守った尾高がさらに際立つほどに、春樹の人間性が幼い子供のように映りました。

尾高は彼を殴りましたが、同じ立ち位置から春樹を見てるんだと思うと優しさを感じてしまいました。

私が春樹だったら、ケイトの自分に関心がない態度の方がショックを受けてしまいそうです。

ケイトや尾高から逃げ隠れしていた春樹を尾高は見つけて怒ったけれど、ケイトは探しもしなかった成立しない状況は、見ていて気の毒でした。

春樹によってケイトの環境はとても悪くなりましたが、岩谷の器の大きさにも編集部の優しさにも改めて触れる事が出来たように思います。

そして、彼女はちゃんと期待に応えて仕事をしました。
尾高が乃十阿と一緒に歩いている最後のシーンが今後の展開の始まりかと思うとドキドキします。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト9話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

“岩谷(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。
一方尾高(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿のとあ(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。

そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。
タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷しんたにマリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。

早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

sana(50代、女性)

父親が殺人犯の乃十阿徹であることが暴露されたケイトに、手記を書かないかとの依頼が持ち込まれます。

悩むケイトは一方で、尾高との関係にも悩む日々を過ごしており、ケイトの揺れる気持ちが描かれることになる今回だと思います。

そんな中で、父と対峙することになるケイト、父と一体何を話すのか、父はケイトを受け入れるのか、また父は冤罪ではないかと思うケイトですが、昔の事件の真相にどこまで近づくことができるのか、そういった父とのやりとりが今回の一番の見どころになると思います。

under(50代、男性)

春樹が他社の記者にリークしたことで、ケイトは同業者の記者やカメラマンに追われ、同様に自宅に居られなくなった乃十阿を尾高が自分の仕事部屋に招き入れてかくまうようです。

尾高に乃十阿を連れてきていると聞いたケイトが、乃十阿と対峙し、30年前に起きた事件の真相をいかに聞き出せるか、ケイトは本当に殺人犯の娘なのかが、見どころとなります。

また、ケイトの出生の秘密を暴露した春樹が尾高から責められ、自分の良心の呵責からケイトの自宅を訪れ、情けない男の胸の内を曝け出すのも楽しみです。

hika(20代、女性)

岩谷編集長から「殺人犯、乃十阿徹の娘として手記を書かないか」と言われたケイトはどうするのか、ケイトの心の中で娘として乃十阿のことはどう思っているのか。
その夜に春樹はケイトの家に来ていて自分の心の中のことをケイトに言うが2人の関係はその後どうなっているのか。

乃十阿は再びまたマスコミに追われる側となったが尾高さんは海辺の家から自分のスタジオに連れてくるがケイトと話をさせることはできるのか、などケイトと乃十阿の関係と30年前の時間の本当の真相が気になります。

suika(40代、男性)

過去の事件と人間関係が複雑化していく「知らなくていいコト」第9話ですが、前回、吉高由里子が演じるケイトの父親が30年前の犯人であることを他の記者にタレこんだ重岡大毅演じる野中、そして小林薫演じるケイトの父親の乃十阿は再び追われることになります。

そんな乃十阿に手を差し伸べる柄本佑演じる尾高が野高に反してその存在感を更に増していきます。
そして一方のケイトは再び世の中の不正を暴くため、大食い選手権の不正の調査を開始します。
ケイトの暴く不正がどのようなものになるのか楽しみです。

感想(ネタバレあり)

solu(30代、男性)

ケイトは尾高が自分のスタジオで匿ってくれた乃十阿と会って会話出来たのが良かったです。
すごくぎこちない会話ではありましたが、ようやく親子で会話らしい会話が出来たのは本当良かったなと思いました。

ケイトが乃十阿と会って会話が出来たのは良かったですが、今回の会話の中ではケイトが一番聞きたかった事は聞けませんでした。

ケイトは乃十阿と再び会う事を約束して別れましたが、そんな中、弁護士の高村から30年前の事件で話したい事があると連絡を受けます。


30年前の事件の話を聞くためにケイトと尾高の二人で高村に会いに行きます。
ケイトと尾高は、高村から30年前の事件で二人に伝えておかなくてはいけない事があると言います。


高村は、乃十阿が犯人ではない可能性があると打ち明けてきました。
高村の推測の話ではありますが、30年前の事件の犯人は乃十阿の息子だったかもしれないと言われます。

乃十阿の息子は当時、母親が出すハーブティにハーブ(草)を入れる手伝いをしていたと言います。
手伝いでやっていた事が良い事だと思った息子は、事件当時も同じように飲料タンクにハーブを入れるつもりで毒草を入れてしまったのではないかと高村を推測しました。

高村の推測の話ではありますが、聞いてみると信憑性が高く、乃十阿が息子を庇って罪を被ったという可能性は濃厚だと思いました。
高村の話でケイトが犯罪者の娘ではないと確信できました。


乃十阿は真相を語りたがらなかったのは理解できます。
ただ、乃十阿が事件の真相を公にすることは希望しないと思います。
来週の最終回でどういう結末を迎えるのかは分かりませんが、良い形で終わってほしいと思いました。
尾高が離婚届の用紙を持っていたのが気になりました。

move(40代、男性)

大物タレントをたくさん抱えている芸能事務所の社長は凄く偉そうな感じはするけれど、本当にこのテレビのような感じなのでしょうか。
番組プロデューサーのヘコヘコ感が半端ないですが、マスコミの世界だとホントにあり得そうです。

野中は、酔っぱらってケイトの家に押しかけて、意味不明な愚痴をわめき散らして、面倒くさい子供です。
そんな野中に対するケイトの対応は冷静かつ大人です。

要するに、野中は、自分がケイトの過去を他社にリークしたことを謝りたいのだけど、プライドが邪魔して素直になれないということなのでしょう。
野中は典型的なストーカー体質で、付き合った女を不幸にするタイプですね。
殺人犯の親と子の対面です。


雑誌に載せるためとは言え、自分を捨てた親と何を話せばよいモノか、私にはわかりません。
マスコミ人の考えることは門外漢の私には理解しがたいです。

刑期を終えた父親が殺人犯ではないかもしれないなんて言われても、何を今さら感がありますが、このネタで次回は展開するのでしょう。

unique(40代、男性)

今回は非常に観ていてもどかしい展開内容に思えました。
ケイトのことを考えて岩谷が手記の執筆を打診してくれるのでしたが、ケイトはその打診を一時保留にするのでした。

非常に二人ともの考えが解るので、どちらにも共感できる思いでした。
また、今回は尾高の人柄にも惹かれるところもありました。
それは、乃十阿徹に対する優しさが垣間見れたところでした。

また追われる身になってしまった乃十阿を自分のスタジオに来ないかと持ちかけるのでした。
非常に観ていてこちらまで胸が熱くなりました。

また、少し泣けてきました。
そして、そんな中またケイトは大食い番組のヤラセ疑惑を追うようになったのですが、そこがまた非常に面白い展開へとなっていきました。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!

知らなくていいコト10話のあらすじと見どころとネタバレ感想

あらすじ

30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。
ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。


ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。
そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。

乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。

数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。

記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。


先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。
そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

conpire(30代、女性)

乃十阿の弁護士から聞いた話で、父親が冤罪ではないかとケイトは考えます。

父親が息子を庇った可能性を確かめようと、ケイトはドイツにいる乃十阿の息子を訪ねることを決断します。

岩谷編集長からは再び手記を書くように言われますがケイトは断ります。
それにより編集部で真相解明の記事を書くことになりますが、その過程でケイトは自分と母親も事件に無関係ではないことを知ります。

ケイトは事件の真相を公にするのか、そして尾高との関係をどうするのかが見どころです。

Rletgo(40代、男性)

「知らなくていいコト」第10話、遂にラストを迎えます。

前回弁護士の高村が語った仮説、小林薫さん演じる乃十阿が実は子供を庇って無実の罪を着ている、そんな話を聞いた吉田由里子さん演じるケイトそして柄本佑さん演じる尾高の二人でしたが、それを聞いたケイトは乃十阿の息子が住むドイツへと向かいます。

そんなケイトを尾高は追いかけます。
そして、昔交際していた二人の関係は複雑になって行きます。

その後帰国したケイトに佐々木蔵之介さん演じる岩谷編集長は再び事件の手記を書くように迫りますが、ケイトは応じることは無く、編集長が自ら動くことになります。


そんなケイト状況は大きく変化していきます。
果たしてケイトや尾高、そして編集部の面々が、一体どのような結末になって行くのか、見逃せないラストです。

meso(50代、女性)

「知らなくていいコト」は、他の冬ドラマより一足先に最終回ですね。

真犯人は当時3歳だった息子なのでは?の疑惑があるため、ケイトはその息子を訪ねて、ドイツまで行くことになりますが、果たして3歳だった息子は、昔のことをどれだけ覚えているのでしょうか?
「どうやって、全てをはっきりさせるのか?その証拠は?」というところに注目しています。

また、ケイトはジャーナリストとして、突き止めた真実を書くことが出来るのでしょうか? そして、気になる尾高とケイトの関係は、最後にどうなるのでしょうか?
これで最後だと思うと寂しいですが、結末を楽しみにしています。

RR11(50代、女性)

弁護士から、「乃十阿は無実の可能性がある。幼かった息子をかばっているのではないか」との見解を聞き、自分は犯罪者の娘ではないかもしれないと、希望を見出すケイト(吉高由里子)。

しかし実はケイト自身が事件に絡んでいたと知るケイト。
また、互いこそが本当に愛する存在だとの思いを確信した尾高(柄本佑)とケイト。

尾高は離婚を決意しましたが、ケイトが殺人事件にどう絡んでいるのか?それを知ってケイトはどうするのか?尾高のケイトに対する愛は?そこが見どころです。

感想(ネタバレあり)

camera(40代、女性)

尾高の気持ちの高ぶりに驚きました。
男性が決心する時は、普段穏やかでも激しく変わるんだと思いました。

でも、結局結ばれずでしたが、ケイトが子供のために元サヤに戻れと言うのも分からないではないですが、難しい難題を突きつけるな、と思いました。

尾高が一人で子供を育てていく事になりましたが、この状況からいくと良かったのではないかと思いました。


ケイトが苦しみながら書いた乃十阿の記事はボツになってしまったけれど、何も話してくれない乃十阿に自分の思いを表現できて良かったと思います。

知らなくていいコトとしてケイトと息子を守りたかったのかもしれないですが、ケイトは知ってしまっても強かったなと思いました。

最後の回で改めてイーストの仲間の結束力の強さを感じました。
そして、春樹はイーストが居場所ではなかったんだ、とも思いました。
ボロボロになったけど、這い上がれたんだと思いました。

gure(30代、女性)

ケイトは尾高と別れることを選ぶと予想していたので、子供を手放さないでと言ったことで、やっぱりその選択をしたのかと納得しました。

尾高が二度も振るなとねばったところには、うるっときましたが、仕方ないのかなと思います。

でも二人は恋人同士にはならなくても、またいつか支えあっていける関係になると信じています。

父親とケイトも、最後まで親子らしい言葉を交わす事はありませんでしたが、気持ちは少しだけど通じ合ったように思います。

確かにこの世には、たくさんの人が知らなくても限られた人だけが知っていればいいことがあるのかもしれません。

そして最後までインパクトが強かったのが野中で、精神崩壊を起こしたのかと思いきや、最後はしたたかに立ち直っていて結構好きなキャラになりました。

mmmu(40代、男性)

今回はこの10話になって、予想外の展開が待っていました。
何と乃十阿徹が実は幼い息子をかばってのかぶった罪だったのでした。

非常にここに来て驚きの展開と本当になりました。
私もこれまでにたくさんのテレビドラマを観てきましたが、このような展開になるとは全く想像出来ませんでした。

非常にビックリです。
しかし、そんな中岩谷にその事件についての真相をケイトに手記を書くよう指示するのでしたが、ケイトは勿論拒んでいました。

もしも、私もケイトの立場ならば絶対に父親のことは書きたくないと思いました。
また。

その真実を書くことによって乃十阿徹と言う父親が守ってきたものが失われるからです。
絶対に真相は暴いて欲しくないとも思いました。

知らなくていいコト
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Huluなら知らなくていいコトを全話まとめて観れます。
14日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで知らなくていいコトを観る!