病院の治し方~ドクター在原の挑戦~感想ネタバレあらすじまとめ

病院の治しかた【ドクター有原の挑戦】の感想・ネタバレ・あらすじを公開しています。

「病院の治しかたを見逃してしまった」

「病院の治しかたがどんな話かあらすじを知りたい」

「病院の治しかたを観た人の感想やネタバレを読みたい」

といった場合には、是非このまま最後まで読み進めてください。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!

第1話

あらすじ

東京の医大で研究に心血を注ぐ有原修平(小泉孝太郎)の元に、実家から連絡が届く。

前院長の父・正太郎(大和田伸也)が脳梗塞で倒れたという。

6年ぶりに帰郷した修平だったが、看護部長の兵藤悦子(浅田美代子)から、多額の負債を抱える病院の現状を聞かされ、言葉を失う。

しかも水面下では銀行による売却計画が進んでいた…。

公式サイト https://www.tv-tokyo.co.jp/byouinnonaoshikata/  より

注目ポイント

VV2(40代、男性)

小泉孝太郎さん演じるお医者さん有原修平が病院の在り方に疑問を持ち、そして奮闘していくと言うところが一番の見どころであります。
病院に対して改革を行い、そして病院を建て直そうとするところもまた非常に見どころだと思います。

今、現実的に本当にあり得る医療センターの在り方を教えてくれていました。

医師や看護士達による大量退職など本当にありそうな現状をドラマを通して改めて教えてもらったような気がします。
病院の在り方をまさに教えてくれています

wave(30代、女性)

平昌オリンピックの女子スピートスケート500メートルで金メダルをとった小平奈緒選手の所属している、長野県松本市にある相澤病院は、かつて多額の借金により倒産の危機となっていたが、型破りの院長の大改革によって復活しました。

その病院復活の奇跡の実話を元にした、病院経営も含まれる医療ドラマです。
カンブリア宮殿で2018年5月21日に放送され、それが評判となってオリジナルドラマになりました。

脚本は「ゲゲゲの女房」「コウノドリ」「八重の桜」などを書かれた山本むつみさん。
主演は小泉孝太郎さんです。

みなさんの感想

NON(30代、女性)

実は私の住む市の市民病院も、「経営がこのままだとヤバい!早急になんとかすべき病院!」というニュースで名指しされてるのをみたので、他人事でない思いで見ました。

近くの市民病院、ロータリーとか駐車場とかいつもどこかしら工事してるし、人はいつもいっぱいで待ちまくるし……有原病院と同じで見た感じ経営がヤバいなんて考えたこともなかったです。
たぶん働いてる人も、有原病院と同じで大半はそんな意識なんじゃないかなと思います。

しがらみがいい方向に働いて銀行は待ってくれたけど、田舎の付き合いって自分の歳より全然長かったりして難しいですよね。
きっと現実はドラマよりもっとずっと大変だったんじゃないかなぁって思いました。

副院長の奥さんも心が強い人でよかったです。
奥さんがいじめられて苦労してるのがチラ見えするとそれだけで見てて辛いので。

うまくいくっていうのが見えてるからこそ、辛くても頑張って!って気持ちで安心してみていられます。
この病院に続く病院が増えるといいなと思いました。

KIR(40代、男性)

父の遺志によって地方の総合病院を立て直す壮年医師役に小泉孝太郎、真っすぐで誠実で時に熱くなりすぎるという役柄といかにも合っていて好感が持てました。

数年前のドラマでは悪役を演じて一定の評価を得ていましたが、やはり孝太郎には真面目でさわやかな役が合います。
銀行員役の高嶋政伸も久方ぶりに誠実な役どころで、往年の高嶋弟を思い出しました。

それと好対照だったのが山崎銀之丞の嫌味たっぷりな演技で、見ているこちらの方が(良い意味で)イライラしました。

現場の医師や看護師たちの反発、田舎の総合病院であるがゆえ、経営改革のために地縁的なしがらみとぶつかるなど、そのあたりの展開はお定まりという感じもしますが、いい意味での予定調和の安心感みたいなものはあります。

きっとこのまま山あり谷ありながらも、無事に病院経営を立て直すのかなとも思いますが、予想外のビックリな展開も期待したいところではあります。

WA(30代、女性)

前評判等全く知らず、たまたまテレビを見ていたら始まったのでそのまま見始めました。

つまらなかったらすぐにチャンネルを変えようと思っていたのですが、結果的に最後まで見入ってしまいました。

話しが中だるみすることなくどんどん進んでいき、話のテンポがとてもよかったと思います。

見ていたらあっという間にエンディングになっていました。
俳優陣もベテランが多く、ついつい感情移入してしまいました。
とくに小泉さんの演技がよかったです。

また、高嶋さんの雰囲気もいつも通り味があっとても好きでした。
話の設定が今までなかった感じなので、これからどんな風に展開していくのかが楽しみです。

いろんな医療ドラマを見ましたが、これは最終話まで必ず見たいと思っています。

BIG1(50代、女性)

倒産寸前の会社を再生させるには、まず人員削減ということが当たり前のようにいわれています。

新聞には名のある企業のリストラ記事をよく目にします。
赤字を減らすには人を減らせ、こういう流れが就職難や少子化につながるのだろうかと、目にする度に気が重くなります。

ドラマになるだけあって、一般的な人員削減ではない方法がとられるのですが、「患者のため」という本来病院が持つべきヴィジョンを掲げているのが素敵です。

一見、単なる理想論に思えますが、使用器具や備品のデータベース化や作業の見直し、従業員や取引先への説得、このような気の遠くなるような作業を進めるさまに、お気楽さは感じられませんでした。

ただ職場や取引先、皆がウィンウィンの関係というわけでもないので、まだ立ちはだかる困難にどう立ち向かうのか、経営のプロの指南というのも興味がありますし、次回が待ち遠しいです。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!

第2話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第2話あらすじは?

“有原健次郎(光石研)の理事長解任を要求、さらに自ら新理事長に立候補した有原修平(小泉孝太郎)。

理事会は混乱し、紛糾する。
裏切られた思いを抱きながらも、建て直しへの熱い思いを訴える修平を見た健次郎は、ある決断を下す。

修平にはすでに信甲斐銀行からサポートの約束があり、事務長として“経営のプロ”が派遣されることになっていた。

ところが銀行からやってきたのは、売却計画を進めていた倉嶋亮介(高嶋政伸)だった…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

iu74r(40代、男性)

俳優の小泉孝太郎さんが演じる主人公の苦悩が見事に描かれていると思います。

第二話では、倒産寸前の病院を建て直すために、主人公が新理事につくために強烈な戦いをするのですが、この場面はもしかすると多くのサラリーマンの共感を得られるのではないでしょうか。

組織を何とかしようと一人戦う姿は見ていて、一種の憧れのような気持ちすら感じます。
このドラマは実際にあった病院再建の物語にあるというのも納得できるところです。

eyu8(50代、男性)

大学病院での医師のキャリアを捨て、経営危機となっている実家の病院建て直しを図ろうとする修平が、叔父で理事長の健次郎の解任要求を理事会に提案し、自らが理事長に名乗りをあげたことで、病院内部がどれほど混乱するのか、楽しみです。

修平が病院の各セクションの人々をいかに取り込んでいくのか、その手法も気になります。

また、経営の立て直しを決断した修平のもとに、銀行から派遣された倉嶋は売却計画を進めていた人物であり、二人がどんな関係性を築いていくのかが見どころとなりそうです。

y39x(40代、女性)

有原修平(小泉孝太郎)は病院を建て直すために、叔父である現理事長(光石研)の解任と自らの新理事長就任を提案します。
理事会は紛糾しますが、現理事長自身が賛成に投じたため賛成多数で決定しました。

新事務長として銀行から倉嶋亮介(高嶋政伸)を迎え、さっそく経営改革に乗り出します。

しかし、人事制度改革への反発は大きく、医師たちは事務長を銀行に戻すことを要求したり、ベテラン看護師がこぞって辞表を突きつけたりします。
逆風吹き荒れる中、修平は病院再建のために改革を断行できるのかが第2話の見どころです。

o23uf8(30代、女性)

“定例理事会の終盤で、突然自らの叔父である有原健次郎の理事長解任を要求し、また自ら次の理事長に立候補した有原修平。

健次郎は裏切られ突き放されたような思いもあるものの、修平の病院再建への思いを受け取りその要求を受け、ある決断をします。
そして修平は、新事務長として銀行からの約束である「経営のプロ」を病院へ受け入れます。

しかし現れたのは病院を医療ファンドに売ろうとしていた銀行の融資次長、倉嶋亮介でした。
実は倉嶋は修平の手腕について評価しており、病院再建に力を貸してくれるのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

98s2(70代以上、男性)

副院長として病院に戻った主人公は、理事会で緊急動議を提案し、結局叔父が折れて理事長・院長を主人公に譲る方で決着し、名実ともに病院のトップとなりました。

事務長としては銀行から融資担当であった人を迎え、いよいよ本格的な改革に取り組みます。
その最初で、最大の難関でもある人件費削減に向けた人事評価に取り組みます。

早急な改革に反発して看護師の何名かが、病院を辞めると言う波乱もありつつ、人事評価と賃金体系の改革に、まず最大の難関である医師から進めると、院長は並々ならぬ改革への思いをにじませます。
医師の常識は、世間の非常識であるとの事を妻の言葉から感じた事も、この想いを強くさせています。

ドラマゆえに、誇張されている部分もあるでしょうが、多くの企業では相当昔に改革して来た年功序列から能力評価給へのシフトにようやく取り組むなど、病院の体制の遅れには唖然とします。

医療費がかさみ、健康保険制度が窮地に追い込まれている中、病院の存続と共に、医療の崩壊を招かぬためにも、医師の意識改革が必要だと、主人公に肩入れしてドラマを見ていました。

8×3(50代、女性)

修平の決断力と揺るぎない自信を持った堂々とした態度に素晴らしいリーダーシップを感じました。
叔父の健次郎が自ら理事を退いたのも、その資質を見たからだと思います。
しかし修平もいきなり理事の辞任請求をせずに事前に伝えておけば良かったのでは、と思いました。
とにかく2人が喧嘩別れしなくて良かったです。

名ばかりの顧問職より医師としての道を選んだ健次郎の引き際もとてもスマートでカッコ良かったです。
倉嶋の人事は島流しだとは思えません。
確かに銀行員にとって出向は左遷と取られても仕方がないですが、もし建て直しに成功したら出世への近道という気もします。

米田も見るべきところは必ず見ている人なので、倉嶋を買っている方だと思います。
だから彼に病院再建を任せたのではないかと思います。
病院の将来性について聞かれた倉嶋が、米田になんて答えたのかが気になります。
倉嶋はまだ修平の事を信じ切れてはいませんが、甘い話に乗るようないい加減さや腹黒さが無さそうで信頼出来る人だと思いました。

一応病院のトップに「あなたの事は僕が守ります」なんて言われたらちょっと感動しますね。
看護師が沢山辞めてしまいましたが、磯野貴理子さんも本当に辞めてしまったのでしょうか。
彼女は文句を言いながらも最後まで残ると思っていたのですが。

看護師不足と言っても年齢により転職はそんなに簡単ではないはずです。
特に三隅ぐらいの年だと正雇用転職はかなり難しいと思います。
次の修平の改革が楽しみですが、あまり暴走しないでくださいね、有原先生。

8zi1(40代、男性)

今回は有原修平が大胆な行動を取ったので驚きました。
理事長である有原健二郎の解任を要求し、そして自ら理事長へと立候補するのですから。
その為、理事会は混乱するのですが、そら当たり前と思いました。

勿論、このドラマのテーマでもある病院の建て直しを考えてのことだとは思うのですが、本当に勇気のいることだとも思いました。
しかし、その為に看護師全員が辞めると言う決断を下すので非常に波乱万丈な展開へとなりました。
観ていて正直ハラハラドキドキしました。

人事制度見直しとも言っていましたが、果たしてそんな新しい改革に本当に上手くいくのかとも思い最後までじっくりと観ました。
次回も楽しみに展開が予想されるので是非観たいと思っています。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!

第3話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第3話あらすじは?

看護師が一斉に退職してしまった有原総合病院。
各部署が協力し何とか仕事をまわしていたが、職員たちは極限状態だった。


倉嶋亮介(高嶋政伸)と砂岡武雄(福本伸一)が看護師補充に奔走するも、大量離脱の噂でどの看護学校からも門前払いされ、「有原病院にはこれといった魅力がない」とまで言われる始末。

これを聞いた有原修平(小泉孝太郎)は、夜間救急に来た牧原智美(安藤玉恵)から言われたひと言で、とんでもない策を思いつく!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

iyag2(40代、男性)

「病院の治し方~ドクター在原の挑戦~」の3話は、前回2話でベテラン看護師たちが多く退職をしてしまったことで、有原病院内ではその他の部署で手を取りながら助け合って何とか病院の仕事を回しています。

しかし、それもかなり極限状態になっていました。
看護師を募集しても中々集まない状況の中で、院長である有原修平が有原病院にはこれといった魅力がないことから、24時間緊急医療を始めることにしました。

3話目では、24時間緊急医療を始めることで周囲の職場環境をどのように変えていくのかが見どころになっています。
また看護師不足をどのようにして解消していくのかというところも見どころになっています。

63b(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、前回からの続きにより看護師全員が辞めてしまうという波乱の展開となったのです。

そして、有原総合病院では各部署にいる職員達で極限の状態ながら何とか仕事をこなしているのでした。

そして、そんな中で倉嶋亮介ともうひとり砂岡武雄はいなくなった看護師たちの補充とばかりに看護学校へと奔走するのでしたが、大量離脱の噂を聞き付けていた為に門前払いを受けるはめになるのでした。
しかし、それを聞いた有原修平はある策を思い付くのでした。

vyu3(20代、女性)

看護師が一斉に辞めてしまった有原総合病院は仕事がまわるのか、今いる人数でやることができるのか、各部署の他の人達が色々と手伝ってくれているがそれぞれ持ち場はあり疲れ果てている中、
有原先生はこれからどうするつもりなのか、辞めた看護師のぶんをどう埋めていくつもりなのか。

今の有原総合病院の魅力とはなにか、有原先生が思いつた策とはなんなのか、有原先生と倉嶋さんが協力してなんとかやっていこうとする姿勢も見どころだと思います。

s872(30代、男性)

看護師が大量に退職した在原総合病院では、そのうわさが流れてしまい、新しく働いてくれる看護師を見つけるのも大変な状態です。

看護師が明らかに足りない状況で、なんとか病院経営をしている状態ですが、とてもこの状況を続けられるわけがありません。
ただ、この状況を打破するための秘策を有原は思いつくことになるのです。

病院の運営自体がかなり厳しい状況ですが、それを覆す策とはどんなものなのか?に関して、特に注目と言えるでしょう。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

xu7e(20代、女性)

看護師の離職による影響があまりにも大きいと感じました。
大勢の看護師が離職してもその穴埋めを何とかやってのけているのは感嘆しましたが、現実味が無い印象も受けました。

なので、もう少し早く残された職員の限界が来てもおかしくない状態ではないか、と感じました。
しかし、大量の看護師離脱の噂が看護学校に流れている件についてはとてもリアルだと感じました。

このような事例は医療業界だけでなく、どんな業種であっても起こり得る事です。
そして悪い噂はあっという間に広がりますし、関係会社等々に筒抜けになるケースが多いです。

なので、病院がわが噂に翻弄されて看護師確保に難航する一連のシーンは誇張されてる面もありましたが最も納得出来たと感じています。

676b(30代、男性)

前回、看護師が大量に辞めてしまい人手不足で困っていた有原総合病院でしたが、無事看護師の人員確保が出来て、さらに修平が推進していた人事考課制度の導入も軌道に乗って病院全体が良い感じになってきました。
驚いたのは、事務長の倉嶋が銀行を辞めて正式に有原総合病院の職員になった事はまさかの出来事でした。

ただ、修平にとって本当に心強い味方が出来た事はたしかです。
このまま修平と倉嶋でタッグを組んでどんどん病院改革を進めていってほしいです。

病院改革が軌道に乗ってきたのも束の間で、修平が新たに進める24時間365日運営がスタッフの重荷となってしまいます。

24時間365日運営は患者には好評ではあるものの、病院スタッフにとっては過重労働となり新たな悩みとなりました。
特に、小児科の野林先生が連日の過労で、体力的にも精神的に限界がきているのが不安です。

24時間365日運営を有原総合病院の柱としたい修平ですが、新たな窮地をどう乗り越えていくのか?
次週の第4話で野林先生はどうなってしまうのか? まだまだ問題が山積みですが、修平とスタッフが どのようにこの局面を乗り越えるのか楽しみにしたいと思います。

uy3(30代、男性)

看護師が一斉に辞職してしまい、人手不足解消が喫緊の課題であって有原病院にとって、どうやって魅力的な求人をアピールするかの工夫や修平の妻を含めた周囲の奮闘が実った回でした。
病院経営に関しても、修平が「今までは問題が多すぎただけ。

マイナスをゼロにしただけ」と言っていたように、最悪の状況から経営がやや上向きになっただけで、これからがむしろ本題です。

米田が言っていた通り「選別と淘汰」という難題が待っており、地方病院にのしかかる課題や重圧は小さくありません。

5本の指の話に象徴されるように、同じ方向を向いたチームワーク力で、医師・スタッフが一つの方向に向かっていこうという兆しが見えて、まだまだリスクは多いですが明るい希望がを感じました。

第4話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第4話あらすじは?

倉嶋亮介(高嶋政伸)が正式な職員となり、24時間365日救急対応する病院として再出発した有原病院。

だが小児科医に欠員が生じ、野林良治(松本岳)ひとりが請け負う事態に。
倉嶋は野林を心配するが、有原修平(小泉孝太郎)は24時間体制で精一杯。

そんな中、野林がオペ前に姿を消してしまう。
産婦人科の継続も難しくなり、閉鎖も取りざたされる事態に陥るが、またも修平がおかしな提案を…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

uey3v(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、再出発を始める有原病院が24時間365日対応なる救急病院へと変わったのでした。

また、倉嶋亮介を正式に職員として迎えることになったのでした。
ところが、その為に小児科医師に欠員が出てしまい野林良治ひとりが請け負うことになり困惑するのでした。

そして、倉嶋はそんな野林良治を心配するのだが、また有原修平も忙しく、全員が手が回らなくなるのでした。
そして、そんな中突如、野林良治がオペ前に姿が見えなくなるのでした。

iuy1(40代、女性)

“第4話では、24時間救急対応する病院として再出発したばかりの有原総合病院が、どのような問題が出てくるかということです。

体制が変わるということは、医師たちの不安や不満も出てくるでしょう。

そういった状況に対して、修平や正式な職員となったばかりの倉嶋が、どのような対応をするかということです。

病院を治すというのは、並大抵なことでは出来ないという、現実的な問題を突きつけられるような描写が、この回の魅力です。

ioi4(30代、女性)

銀行から病院へ出向してきていた事務長倉嶋が、銀行をやめ病院の正式な職員となります。
有原修平は、病院の柱となる事業として、365日24時間体制の救急病院へ有原病院を変え、職員一丸となって再出発します。

そんななか、小児科医師が1人辞め、小児科医師が野林良治1人だけとなってしまいます。

倉嶋は負担のかかる野林を心配しますが、修平は24時間体制の対応やフォローで精一杯です。
そんなとき、野林はオペ前にいなくなってしまいます。

さらに産婦人科まで継続が難しくなり、有原病院閉鎖の話がもちあがります。
そんな病院のピンチに、またもや修平が突拍子もない提案をしてきます。

vha0(70代、男性)

24時間、365日診療を何とかスタートさせたものの、今度は一人しかいなかった小児科医がその負担に押しつぶされ、病院を去ります。

それにより、困難なお産を受ける事が難しい状況に直面し、収益の柱である産科の閉鎖の危機に直面します。
主人公は産科医の確保と共に、助産師とナースの質の向上で何とか乗り切りを考えます。

また24時間365日診療で疲弊している病院スタッフを大切にすべきことに気付き、アメリカ方式のERを導入してその乗り切りを考えます。
しかし前向きな施策とは言え、短期には大きな赤字を生じます。

無理だと言う事務長も、主人公の院長の熱意に押され、古巣の銀行に掛け合います。
副頭取は、前向きな赤字に事業計画を1年だけだとして、了承します。

無理な事を縮小均衡型ではなく、攻めで乗り切ると言う解決策を何とか導けたのがこの回の見どころであり、企業経営における一つの教訓と言えるものでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

ki23(50代、男性)

経営の立て直しのために、医師として、病院経営者として張り切った結果、小児科医に欠員が生じて苦しんでいた野林医師の精神状況と負担に気付かなかったのは、経験の無いことに取り組む責任者の姿のように感じられました。

しかしながら、修平の凄さは、自分が気遣いを怠ったために一人の医師を追い込んでしまったという反省から、医師の過剰勤務を減らしたり、人員削減を考えるかと思いきや、真逆といえる発案をしたことにあるように思えました。

目先の赤字が膨らんでも、産婦人科のスタッフの給与を負担しながら、他の病院で研修させると言い出し、救急救命専門の医師を雇い、常勤の専門家の医師の負担を減らすという人事案も発案し、医師として患者を救いたいという信念を貫こうとする姿勢がブレることはなく、倉嶋が同調して初めて成立しているように感じられました。

しかし、赤字が容認される1年間という期限に対し、更なる改革案を提示する修平に倉嶋が激怒する姿は、二人の強い思いが感じられました。

6vf5(30代、男性)

小児科医の野林先生の負担が大きくなり、そのプレッシャーに耐えられなくなった野林先生が有原総合病院を辞めてしまったのはとても残念でした。

患者優先で全てを考えていた修平が病院スタッフの現状を把握できていなかった事を突きつけられた場面だったと思います。

野林先生が辞めた事で有原総合病院の産婦人科がピンチを迎え、修平は再び頭を抱える事になります。
そこで、ナースや助産師に研修に参加してもらい出産のノウハウを学ばせると言いだします。

事務長の倉嶋からは産婦人科を残すのは大きな赤字を生む可能性があり、リスクがあると反対されます。
さらには、修平は有原総合病院に北米型ERの導入が必要だと無理な事を言いだします。
無茶を言って倉嶋を悩ませる修平…。

倉嶋の説得で銀行からの出資は何とか継続してもらえることが決定しましたが、赤字経営から脱却するには相当な困難が待ち受ける事になります。
赤字経営という状況で、修平はさらに無茶な事を言って倉嶋を悩ませます。

修平が有原総合病院に新しい機材を導入するべきだと言いだしますが、さすがに無理があると倉嶋が怒りだします。
倉嶋と修平が対立してしまう状況で、有原総合病院の経営はどうなっていくのか?少々心配です。

ただ、暴走特急になってしまい病院スタッフの状況に気付けなかった修平が、ようやくスタッフ達の状況を見られるようになれたのは良かったと思います。
「病気を診るのではなく、人を診る」、正にその通りだと思いました。

倉嶋と修平の対立で今後の病院経営がどうなるのか不安ですが、病院スタッフ、患者、両方が幸せになる病院となるように今後も二人には頑張ってもらいたいです。

oi83(70代以上、男性)

24時間、365日診療を何とかスタートさせたものの、今度は小児科医が辞めた事で難しいお産を受けられぬ状況となり、産科の存続の危機に直目します。

ここで主人公は、内部のスタッフに対するケアが不足していた事を反省し、産科・救急医療に対策を講じようとします。
前向きな施策とは言え、大きな赤字を伴う施策です。

事務長が古巣の銀行の副頭取から、この了解を取り付け、ようやく一段落を見ます。
この回では、資金繰りが許すなら、縮小均衡ではなく、前向きな施策を講じるべきだと言う経営の在り方を示すものと言えます。

熱意で突っ走る院長と、それをいさめたりしつつ、元銀行マンとしてどうしても守りのスタンスを取る事務長とのいつものやり取りが、今回も展開され、結果的には院長の熱意を銀行の副頭取が認めると言うパターンで落ち着いたものです。

最後には、事務長の苦労を無視した様な、また新たな院長のビジョン先行の発言があり、次回には事務長と院長の対立が起きる事が予告されてました。

銀行に認められた赤字をこれ以上増やす事が出来ない中で、両者の対立のポイントがどんなもので、それをどう乗り越えるのか、次回が待ち遠しく思われました。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!

第5話

あらすじ

赤字にも関わらず、心臓カテーテル室を作ろうとする有原修平(小泉孝太郎)。

実現に向けて外来を予約制にして患者数を減らし、入院患者を町の開業医に紹介してもらうシステムを提案する。

危機的な状況をわかっていないと声を荒げる倉嶋亮介(高嶋政伸)は、病院同士がまとまるとは思えず大反対。

2人の意見は対立するが、修平は地域医療ネットワークの構築を強引にスタート。
早速江口智也(稲葉友)を連れて開業医回りを始める。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

TER(20代、女性)

すでに赤字なのにも関わらず有原先生は心臓カテーテル室を作ろうとしているがその考えとはなんなのか、周りの人の反対を押し切って心臓カテーテル室を作ることはできるのか。

有原先生の考えている将来設計はどのようなものなのか、今の危険的な状態を分かっていないと大きな声を出してしまう倉嶋さんと有原先生の関係はどうなってしまうのか。

このままではまとまりがなくなってしまう有原病院はどうなるのか、など意見が対立する中で有原先生は何を考えているのか見どころだとおもいます。

li77(50代、男性)

前回、産婦人科の継続が難しくなった状況を逆手にとって、スタッフを他の病院に武者修行に行かせるという奇抜な戦略を打ち出した修平の後ろ盾となって銀行からの融資を引っ張った倉島亮介が、赤字が現実となった資料を見せているにも関わらず、心臓カテーテルを作りたいなどと言い出した修平と衝突しました。

病院の経営立て直しに必要な現場の戦略を打ち出す修平と金庫番を務める倉島亮介との対立が、どんな形で妥協点を見出し、調和していくのかが見どころとなりそうです。

HON5(30代、女性)

赤字を出しているのにも関わらず、さらにお金をかけて有原病院で心臓カテーテル手術ができるようにするという修平。

そのために外来を予約制にして外来患者を減らし、入院患者を町の開業医から紹介してもらうシステムを提案します。

病院の危機的な状況なのに何を言っているのかと事務長の倉嶋は怒ります。
また、病院同士がまとまるはずがないと大反対します。

修平と倉嶋の意見は対立しますが、修平は地域医療ネットワークの構築を強引にスタートし、外来クラークの江口を連れて開業医回りを始めてしまいます。

saico(50代、男性)

個人開業医から快い返事を得られずネットワークの推進責任者が行き詰まってしまいます。

施策そのものや推進方法の見直しがせまられるなか、有原修平がどんな次の一手を出すのか?ここが最大の見どころでしょう。

相澤病院の経営改善に奮闘する有原修平、周囲のスタッフ、そして病院従業員は生みの苦しみを味わっています。

赤字続きで、従業員の負荷も大きく、病院は改善に向かっているものの一歩間違えば崩壊しかねない状況ではあるのでしょう。

ですので、地域医療ネットワークに関しても単純な失敗は許されるものではなく、この困難な状況に対し有原修平にどんな策があるのか?注目しましょう。

みなさんの感想

225R(30代、女性)

「何かを始める時は1番難しいところから始める」というのはとても感心します。

簡単や楽なところから始めて、大変なところは後回しにしてしまうのが一般的だと思うからです。

現時点では院内のあちらこちらで対立が起きてしまっていますが、初めのうちは仕方の無いことだとも思います。

大勢が集まるところでは皆の意見が一致することの方が少ないはずなので、反対意見を捩じ伏せるのではなく、どのように理解してもらうかが重要です。

上手くいかずに苦しむ若者が出てくるのも自然な流れだと思いますが、次々と初心者を重要な役割に抜擢する院長の采配はすごいです! 院長と事務長に溝が出来てしまっていた時でも、裏ではしっかり理解しサポートし合っていたことに心を打たれます。

WAQ(50代、男性)

今回のテーマは地域医療ネットワークですか。
医療の世界もただまってるだけではダメなんですねっていうことはよくわかりました。

いろんなメディアで従事する人材確保の難しさや経営の問題などはよく耳にします。

私自身つい最近ある怪我がきっかけで通院していたのですが、嫌な思いをしたことを思い出しました。
所詮商売なんだなと医者の対応にがっかりしたのですが、相手に悪気はなくても患者として聞きたくない言葉や姿勢を目の当たりにすると、それまで築いてこれた信頼関係も簡単に崩れるもんなんですね。

小泉孝太郎が演じる有原先生、赤字体質の病院を立て直すために奮闘中ですが、と同時に患者との信頼関係、また地域医療の活性化を図るために他の病院との連携を目指すストーリー。

患者目線で言えばそうであってほしいという理想の姿なのでしょう。

IIY(40代、男性)

今回は非常に有原修平が無謀な考えに出たと思いました。
医者と言うだけあって、頭が良いはずなのに冷静さを失い、闇雲に前へ向かっていったように思えました。

また、それでは付いていく者も付いていけなくなるとも思いました。
赤字が続いているならば、もっとしっかりと冷静に判断し考えなくては行けないと思いました。

にも関わらず心臓カテーテル室を作ろうとしたり、または外来患者を予約制にしたり、更には入院患者を他の病院へ紹介してもらうシステムを作るなど本当に本末転倒だと思いました。

その為、倉嶋亮介が猛反発するのも当たり前だと思えました。
しかし、それでも有原修平は信念を曲げず突き進むので凄いと思いました普通ならば考えれません。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!

第6話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第6話あらすじは?

地域医療ネットワークが軌道に乗った有原病院をさらに充実させるため、有原修平(小泉孝太郎)は救命救急センターの開設を宣言する。

再び始まった修平の暴走に周囲は大反対するが、倉嶋亮介(高嶋政伸)は短期間で赤字解消の見通しがたったことで銀行からの評価は上がっているといい、「勝算はある」と断言する。

だが、その見立てに反し、事業計画書を見た米田正光(中村雅俊)から「可能性を感じない」と追加融資を断られてしまい…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

uiub(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、有原病院が地域医療ネットワークを利用して更に充実した救急救命センターを開設すると宣言するのでした。

そして、そんな再び始まる脩平の暴走に周囲のみんなは大反対するのでしたが、そんなとき倉嶋亮介が短期間で赤字を解消出来る見通しがついたことで銀行からの評価は上がっているので大丈夫と言うのでした。

しかし、それとは裏腹に事業計画書を見た米田正光が可能性を感じないと言われ、融資を断られるのでした。

bur6(20代、女性)

とんでもない病院改革を次から次へと進めいてく有原は、なんと救命センター開設を言い出すからまぁ大変な事態です。
とはいえ、今回は今まで反対に反対を押していた倉嶋が有原の意見に賛成意見から始まるストーリーのようなので、正直ホッとしていました。

なぜなら、毎話強引な有原に振り回されっぱなしの倉嶋だったので、今回は安心してドラマを見られるなと思ったからです。
しかし、やはりドラマですね。
落ち着きも束の間のようなのです。

なんと、今回は有原と倉嶋に銀行の頭取である米田が牙を向くというからやばそうです。
いつも、穏やかな静かな米田がどのような様子で有原と倉嶋の前に立ちはだかるのか見逃せないなと思っています。

z78w(30代、女性)

事務員の江口が、1件ずつ地元の個人病院を回ってお願いしたことで、地域医療ネットワークを作り上げることに成功します。


このネットワークを軌道にのせるためには、有原はさらにすべきことがあるとして、救命救急センターの立ち上げを提言します。
有原の提案は周囲から受け入れてもらえない中、倉嶋は銀行からの評価が高くなっていることから勝算はあると賛成をします。


しかしその提案を事業計画書にして、副頭取に提出をしたところ駄目だと一蹴されてしまいます。
有原病院はここで諦めるのか、それとも別の秘策があるのかが見どころです。

bmw3(20代、女性)

地域医療ネットワークが地域の診療所の1人の先生のおかげで軌道に乗り始めた有原病院はその後も充実させていくために有原先生は救命救急センターの開設を宣言するがやっていけるのか、有原先生は言ったら周りの人になにを言われようとそれに向かって進んでいく強引なところがあるが今回のことを聞いた他の人達は賛成してくれるのか。

そんな中で倉嶋さんは今までの短期間で赤字解消の見通しが立ったことで銀行からの評価が上がっていると断言する、だが光田さんは「可能性を感じない」と追加の融資はしないと断ってしまうが有原病院はどうなるのか、など気になるところがあります。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

qoi1(50代、男性)

緊急救命センターを作っていこうとする有原総合病院。
行政の補助金と借入金でなんとかしようとしますが、銀行からの借り入れは断られました。
有原総合病院の未来がない見えないと副頭取から反対されました。

もう一度、有原修平院長は、事業計画を見直します。
退院後の患者さんが普通の生活ができるようになるためには、退院後の生活ができるような支援が必要と考えます。
事業計画を刷新し、再度、銀行に借り入れの申し込みをします。

副頭取は、病院の未来があると判断し、融資を決定します。
しかし、行政の補助金ありきというところでしたが、行政は、補助金を出せないと言い出します。
これは、融資部部長の画策でした。
新しい事を始めるときに妨害が生じる。

そんな障害を先代の院長は乗り越えてきたと副頭取から修平院長はエールを送られます。
しかし、銀行内での唯一の味方服頭取が倒れてしまいます。
次回、最終回、有原総合病院は、どうなるのでしょうか?

vou8(30代、男性)

「救命救急センター開設」の事業計画を見た副頭取の米田が「追加融資はできない」と言った時はどうなることかと思いましたが、修平が「退院支援病棟の設置」という新たな妙案を思いついた事で、追加融資を取り付けることが出来たのは本当に良かったです。

追加融資を取り付けてホッとしたのも束の間で、今回のラストに副頭取の米田が倒れてしまいました。

米田の身にいったい何が起きたのでしょうか? せっかく、追加融資を取り付ける事ができたのに、米田が倒れた事で有原総合病院を良く思っていない勢力がどう動いてくるか分かりませんので、再び不安な状況となってきました。
役員会議で反対する役員達を何とか説得してくれた米田には無事でいてもらいたいです。


そして、これからも修平の力になってほしいと思います。
修平にとっては再び困難な状況となりそうですが、有原総合病院のためにこの局面をどうか乗り切ってほしいと思います。

次週がいよいよ最終回ということで、有原総合病院の未来が掛かった大一番で修平がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。

zuy54(40代、女性)

自分のニーズにあった病院、そんな風に考えた事もありませんでした。
病院は、病気やケガを治してもらうところで、どこかで多少の不具合は、自分が調節していくものだと思っていました。

しかし、それはまだ体力のある人や入院前と退院後の変化が少ない人の考え方で、それらをきっかけに人は今までできていた事ができなくなる不安は誰にでも起こりうる問題だと思いました。

そういう部分に隔たりなくアイデアを現実のものにしようとする有原を筆頭に病院のスタッフの柔軟な対応が素敵だと思いました。

病院にとっても患者にとっても都合のいい事をしていく為にどうするか、その為に従来の経営を変えようとする動きに対しての風当たりも見えない働きかけがあるんだと思いました。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!