この男は人生最大の過ちですのネタバレとみんなの感想を掲載しています。

第1話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第1話あらすじは?

“天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井愛莉)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。
「生き返る薬、開発しろよ~」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。

「死んだものは生き返らない」。
その代わりに、過剰摂取すれば、すぐにでも犬に会える薬を教えると言う。
さらに「無駄吠えは家でやれ」と、容赦ない言葉を連射。
すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせると、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。
その男が、自社の社長、天城恭一(速水もこみち)であることも知らずに…。

翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。
しかし、天城が唯に告げた言葉は「僕を奴隷にしてください」だった。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

i4ug(20代、女性)

主人公は佐藤唯は飲み屋で自社の社長とも知らずに速水もこみち演じる天城に失礼な態度を取ってしまいます。
天城に対して無礼を働いたのは理由があります。

それは、唯が愛犬の死を悲しんで蘇りの薬が欲しいと言いながらお酒を飲んでいるところから始まります。
愛犬の死を嘆いている唯に対して天城は「薬を大量摂取する事で愛犬の元へといける」と言います。

それを聞いた唯が激昂して天城の足を引っ掛けた挙句にワザとだと切り捨てて店を去って行ったのです。
唯は天城が自社の社長だと知ると、クビを覚悟で社長室まで呼び出されます。

しかし、彼に提案されたのは天城を奴隷にする事でした。
そして今後の注目点は、唯と天城の関係がどう変わっていくかという点です。

j49f(30代、女性)

3500万ダウンロードを突破した大人気コミックが原作で、10年ぶりに連ドラ主演となる速水もこみちが注目すべきところです。

ドラマではこれまで男性がSな性格だというのはよくありましたが、このドラマでは超ドMを演じることになるので、その役柄が大きな見どころになります。

そして可愛らしい雰囲気の松井愛莉さんが、表面は大人しいのに実は隠れドSの女性を演じるので、そんな二人のやり取りがどのような恋愛に発展するのかが注目です。

27w(40代、女性)

速水もこみちが演じるクールで完璧な社長が主人公松井愛莉が演じる一社員の前ではドMという設定がたまらない。

ギャグが入っているため、さわやかでどこかずっこけている二人のやり取りに笑いながら癒されます。

ドMな社長とかかわるうちに、主人公がドSぶりがエスカレートしていく過程もこの「この男は人生最大の過ちです」の見どころの一つです。
このドラマは漫画が原作なので、漫画の世界観を実写でどう表現していくかが今後の気になるところです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

c6q2(30代、男性)

たまたまテレビをつけていたときに、やっていたので何となく見ていたのですが面白かったです。
ドラマ全体が笑いを所どころに入れたユーモア路線で進行していくので、憂鬱な日曜の夜に見るには、ちょうどよかったように思います。

派遣OL役の松井愛莉さんの顔が好みだというのもあったのですが、社長役の速水もこみちを踏みつけたり、上から見下ろしたり、高圧的な言葉を浴びせたりしているのを見ていると、僕まで少し興奮してしまいました。
M男にはたまらないかもしれません。
もこみちが「僕を奴隷にしてください」と膝まづくシーンは社長と派遣社員の立場の逆転に、つい声を出して笑ってしまいました。

いびつな関係性の二人がこれからどうなっていくのか、期待が持てます。
エンディングが本編の逆再生になっていたのも、変わった趣向で愉しかったです。
日曜の夜に楽しみが一つできました。

c81kc(30代、女性)

速水もこみちさんが久しぶりにドラマで主演をつとめるということでしたので、楽しみにしていましたが面白かったです。
速水さん演じる社長がドMという設定は、事前に情報を得て知っていましたが、松井愛莉さん演じる唯があんなにSキャラだとは1話目を見るまで知らなかったので衝撃でした。

ストーリーは、現実ではありえないめちゃくちゃなものでしたが、話が突拍子もない分1話目でキャラクターの特徴も分かりやすく描かれていましたし、現実離れした設定も、ドラマなので楽しんで観ることが出来ました。
30分という時間も、軽く観やすくて良かったです。

これから登場人物も増えていくのも期待していますし、メインの二人がどんな風に仲良くなっていくのかわくわくしながら観ていきたいと思います。

88d3(30代、女性)

主人公の天城を演じていた速水さんが社長役でしたが、長身で足が長くすらっとしているのでスーツ姿が決まっていて適役でかっこよかったです。

ちょっと変わった人という設定も合っていました。
相手役の女の子もスタイルがよく、シンプルな仕事着なのにとても素敵だったのでファッション面で参考になりました。
いきなり奴隷にしてくださいというセリフにはびっくりしましたがイケメンなので気持ち悪く感じなかったです。

最悪な出会いの二人でしたが、どういう風に惹かれあっていくのか、天城の見た目と中身のギャップも含めて観ていくのも楽しみです。

これからライバルも絡んでくると思うので面白くなっていきそうです。
毎週楽しみに観ていきたいと思います。

この男は人生最大の過ちです2話のネタバレ・感想・あらすじ

あらすじ

天城恭一(速水もこみち)が佐藤唯(松井愛莉)の言い付けを守り、唯に関わらなくなって数日、唯は愛犬を亡くして初めての誕生日を迎える。

一人きりの寂しさに襲われ、なかなか寝付けない唯。
よりによって外は嵐。

窓に打ち付ける風が気になり唯がふと外をのぞくと、そこには風雨の中、花束を手に立ち続ける天城の姿が!無視を決め込む唯だが、しばらくしてサイレンの音が響き渡り…!? 後日、唯は先輩の石川麻美(片山萌美)に誘われ合コンに出かける。

相手はライバル製薬会社の宮川(ショーゴ/東京ホテイソン)と姫田(たける/東京ホテイソン)。

店の片隅には、またしても恭一の姿が!気持ち悪さを紛らわそうと酒をあおる唯。
しかし、その酒にはある罠が仕掛けられていて…。

公式サイト https://www.asahi.co.jp/konodan/  より

注目ポイント

GRUN(30代、男性)

天城は唯に対する奴隷願望を表明し、明らかに唯に対して興味を抱いている状況です。

そんな天城はある暴風雨の夜に、家の外で花束を持って立っているのです。

また、別の日に唯が合コンに出かけたときには、お店のそばにまた天城の姿があります。

こういったシーンを含めて、天城の唯に対する執着心のようなものが特に感じられる回となっています。

DD(20代、女性)

天城と唯の交わした約束は今後関わらないという事でした。
その約束を交わしてから、唯は愛犬を失ってから初めての誕生日を迎えていました。

寂しさに潰されそうになる唯ですが、豪雨の中花束を持っている天城の姿を見つけます。

後日、唯は年頃の女性らしく合コンに参加します。
ところが、合コンに参加した場所にも何故か天城の姿があったのです。
唯はとうとう気持ち悪くなり、お酒を多めに飲んでしまいます。
しかし、唯の飲んだお酒の中には薬が混ぜられていました。

みんなの感想

TR(20代、女性)

愛犬を亡くした経験は私にもあるので、もうこの世にいない事を痛感させられるイベントは本当に辛いだろうなぁ、と感じていました。

そんなセンチメンタルな雰囲気は、豪雨の中花束を持っている天城の姿のおかげで綺麗さっぱりと無くなってしまいました。
それを見て無視を決め込む唯も中々面白かったです。

でも、一番面白いのはやはり天城社長です。
残念なイケメンとはこの人の事を言うのだと思います。
後は、唯の塩対応が天城社長との温度差を決定的にしているのも面白さに拍車をかけているのだと思いますが。

とはいえ、唯が合コンに参加しているのは意外でした。
一人で呑んでいるイメージがあまりにも強かったので、途中で危ないシーンもありましたがこのままハッピーエンドで終わって欲しいです。

sran(30代、男性)

第二話も前回に続き楽しめるものでした。
今回は、放置プレイ・踏みつけ・殴打・罵声を浴びせる。
相変わらずM心を揺さぶる演出の連続に一人で興奮してしまいました。

キスシーンもあったのですが、もこみちの下唇が愛莉さんに噛まれて出血するとは……。
最高ですね。
なかなかハードになってまいりました。

面白かったのが、「褒めないでください」と懇願するもこみちをあえて愛莉さんは褒めちぎり、M心を冷めさせようとするのですが、もこみちはお願いを聞き入れてもらえない理不尽さに置き換えて興奮する場面。

よく分かっていらっしゃると、共感しましたね。
ドラマの進行もテンポがよくてストレスないですし、愛莉さんの短いモノローグもツッコミみたいになっていて楽しいです。
ふたりの関係性にも若干の変化があって、物語的にも面白かったです。

佐藤さんはもこみちに必要とされることで寂しさをすこし和らげたり、もこみちも「自分は褒められるような人間でない」と心の闇の片鱗を漏らす場面があり、もしかして、二人はこの先、純粋な恋愛関係になっていくのかもしれない。

そんな期待を込めた興味を抱いてしまいました。
僕は二人を応援しているんです。
お似合いだと思います。
来週も楽しみです。

Im (30代、女性)

前回社長に「もう関わらないで欲しい」と言った唯でしたが、少し気になっている様子です。

社員の一部の人には、付き合っていると勘違いされているみたいですが、まだ何も始まっていないんですよね。
唯は愛犬を失って初めての誕生日を迎えます。

1人でケーキを食べていると、なんと社長が窓の外で花束を持って待ち構えていたのです。

警察に通報されましたが、唯が「彼氏だ」と嘘を言ってその場を納めました。
このシーンで、唯と恭一は最接近したのです。

後日、先輩の麻美に頼まれて合コンに行くことになました。
その合コン相手が取引先のライバルで悪い奴らだったのを知った唯は、激おこです。

それを見ていた恭一は自分の事を庇ってくれたのだと思い、感動し部屋へと招きました。
そして、寝起きのキス。
この後、恋が始まる予感がしてとてもドキドキします。

 

この男は人生最大の過ちです3話のネタバレ・みんなの感想・あらすじ

あらすじ

天城恭一(速水もこみち)の誕生日会が大々的に催される。
招待を受けた佐藤唯(松井愛莉)は頑なに出席を断るが、社長秘書の名取蒼(入江甚儀)から、パーティーで天城のメンツに泥を塗れば、天城との縁を切れると言われ、しぶしぶ出席を承諾する。
会場に到着した唯は、招待客の多さと各界の要人が居並ぶ雰囲気に圧倒される。

その中には天城の父で会長(渡辺裕之)の姿も。
天城は父に、唯を「僕の大切な女性です」と堂々と、かつ一方的に紹介。
周囲が一瞬静まり返ったところで唯はすかさず、恭一の事を「心の底から気持ち悪い!」と言ってのける。

再び訪れた静寂に、唯は「立派にやらかした」と確信。
さらに、天城の首を締め上げたり、顔に水をぶちまけたり、十分に天城のメンツを潰して会場を後にする唯。
だが、その胸中にはひとつ心残りがあった。
それは…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

YAMA(30代、男性)

天城の誕生日会に招待された唯は正直言って全く出たい気持ちはなかったのですが、ここで天城に恥をかかすようなことをすれば、これ以降の関係を絶つことができるのではないか?と考え、出席します。

実際、唯は誕生日会の場で天城の顔にわざと水をかけたり、「心の底から気持ち悪い」と罵声を浴びせたりするのです。

そういったときの天城の反応とか、実際に唯は天城との関係を切ることができそうなのか?などの部分で見どころがあると言えます。

waka(40代、男性)

速水もこみちさん演じる天城恭一の誕生日会ですが、松井愛莉さん演じる佐藤唯は頑なに断ります。
しかし、社長秘書の入江甚儀さん演じる名取蒼から説得され、渋々出席を了承します。

会場では天城の父である会長など各界の要人が集まっていますが、天城が「僕の大切な女性です」と紹介するも唯は「心の底から気持ち悪い」とやらかします。

このため、今後の天城と唯がどのような関係になり、なぜこのようにやらかしたのかその真相が見どころです。

みんなの感想

ひょう(40代、男性)

今回は天城の誕生日会に嫌々参加すると言う佐藤唯がいたのですが、もしも私が同じ立場なら確かに参加したくないと思いました。

ところが、天城の父親が登場してきて、その父親に対して一方的に私の大事な人ですっと天城が唯を紹介するのですが、これもまた私ならば絶対に唯と同じようなことを思ったと思いました。

また、他にもその誕生日会とやらには様々な著名人が出席されていたので、確かに普通の人間であれば参加するどころか逃げ出したくなると思いました。

ただ、佐藤唯は更に天城に対して顔に水をかけたり、気持ち悪いなどというのですが、さすがにそれは人としてやりすぎだと思いました。
果たして、この先どうなっていくのか気になるところです。

kuma(20代、男性)

今回は唯がカッコ良かったです。
というのも陰で社長と唯を馬鹿にする男性達に対して、怯む事なくまっこうから自分の意見を主張していたからです。

空気を読む事を第一とする現代で、これが出来るのは、凄いと思いました。
話は仕事が忙しく殺伐とした年末です。
唯は先輩社員の頼みで不本意ながら怪しい飲み会に誘われます。
自分としては飲み会と聞くと胃が痛いですね。

凄い唯の気持ちに共感できました。
そこにはイケメンが揃っており、周囲を口説き始めました。
そんな騒騒しい飲み会会場の中に社長を見つけました。
なんと尾行していたそうです。

まさに唯にとっては地獄絵図ですね。
社長に比べたらイケメンの方がマシと感じていると、イケメンの陰口を目撃しました。
なんだかんだ社長と唯は信頼があるのだと思いました。

kan(20代、男性)

天城の重たすぎる愛情が余すところなく発揮されていたと思います。
本気で嫌がる唯に対してあんなに爽やかに大切だとは言えないと思うので、天城は愛情が重いだけではなく鉄の心臓を持っていると確信しました。

とても面白かったです。
唯の方はパーティ中に天城にまた暴言を吐くだけでなく、暴力を振るっていましたが流石にやり過ぎではないかな、と感じました。
天城は確かに度を越して気持ち悪いですが、彼のメンツを潰そうとするのは彼女の悪足掻きに見えました。

どんな事をしても最終的には普段通りに接してくる天城にどう接したら良いか唯自身も分からないが故に塩対応が激化していると考えました。

第4話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第4話あらすじは?

“佐藤唯(松井愛莉)は再び社長秘書の名取蒼(入江甚儀)に懇願され、天城恭一(速水もこみち)との温泉旅行に駆り出される。
今回は唯と名取が恋人になったふりをして、天城を諦めさせるという作戦を計画。
石川麻美(片山萌美)もその仲間に加わる。

旅行当日。
唯は名取の雑な距離感の縮め方に嫌悪感を抱くも、作戦を全うすべく必死に堪え続ける。
しかし、その甲斐なく天城には何の変化も現れない。
そんな中、酔っ払った麻美の介抱をするために名取が中座。
間が持たない唯は天城に酌をし続ける。
その結果、天城も泥酔。

唯が注いだ酒で死ぬなら本望と、天城は恍惚感とともに寒空の外廊下に倒れこむ…!? さすがに放って置くこともできず、唯は天城を部屋まで連れて行く。
そこで図らずも、唯は天城と二人きりになってしまい…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

ieu3(30代、男性)

製薬会社の開発データを取得するためにイケメンたちとの合コンに参加することになった唯であったが、場の雰囲気やイケメンたちの言動に嫌気がさしていました。

そんないつもの唯でしたが、4話の最後には参加していた製薬会社社長の家で目が覚める唯、あんなに毛嫌いしていた社長と一体何があったのでしょうか。

ずっと合コン中「気持ち悪い」と言っていた相手といったいどうなってしまったのか次の話がとても気になる4話だったと思います。

GUQ(50代、男性)

社長の天城の誕生日パーティーに招待された佐藤唯は、天城の突飛な言動に嫌気を感じながらも、お祝いの言葉をかけなかったことを気にします。

とはいえ、自分のために開かれたパーティーを途中で抜け出し、唯の自宅にやってきた天城に心残りだった「お誕生日おめでとう」の言葉をかけ、天城との縁を切る決意を固めます。
そんな中、またしても、社長秘書の名取に頼み込まれ、天城との温泉旅行に駆り出されます。

唯の思いを自分に向けさせようとする天城が、温泉宿に名取を協力させどんな作戦を決行するのかが、見どころとなりそうです。

oi0(30代、男性)

天城と一緒に温泉旅行に行かないといけなくなった唯は、社長秘書の名取と恋人である振りをして、天城を諦めさせようとしますが、上手くいきません。

天城は特に気にする素振りもせずに過ごしていて、何と最終的には泥酔してしまいます。

その状態では天城に自分を諦めさせることができませんし、放っておくこともできないので、泥酔した天城を介抱しようとしますが、なんとそこで2人だけになってしまうのです。
唯にとっては、ある意味ピンチな展開だけに、どういう結末になるのか?非常に注目と言えます。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

i07(30代、女性)

今まで恭一は社長であり薬の開発に関しては天才だけれど、ただの変態のMだと思っていました。

しかし今回、唯の気持ちを振り向かせるために、色々画策していることがわかり本当に天才だったんだとわかりました。

秘書に協力をさせたくせに、秘書が想像以上に唯に近づいたらやりすぎだと無自覚のまま嫉妬しているところがかわいかったです。
秘書が考えるとおり、恭一こそ唯のことを自分がわかっている以上に好きになっているのではないかと感じました。

そして唯も近付くことは許すなんて、少しずつボーダーが下がってきているように感じます。
それでも恭一に迫られるとちゃんと距離を置こうとする保守的なところが結構好きです。
次回は二人の間に割り込むようなキャラが登場しそうなので楽しみです。

xu0(30代、女性)

私は温泉旅行が好きです。
でも、好きでもない人と一緒に温泉に行かなければならない唯は、旅行中苦痛だと思います。

麻美も唯と名取の作戦を成功させるために加わってくれますが、その麻美がお酒で酔ってしまっては、作戦がうまくいかないだろうにと感じました。
そして、天城と二人きりになってしまうのです。
名取と恋人のようにふるまっているのに、まだ天城が唯のことをあきらめないのはしつこいです。

しかも、温泉宿での出来事はすべて見せかけだったとは。
あまり傷つきそうにない天城が、唯が必死に諦めさせようとしていることに傷つくとは、意外とデリケートなのかなと思いました。
唯は天城に振り回されている気がします。
唯が気の毒にもなります。

第5話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第5話あらすじは?

“佐藤唯(松井愛莉)は、天城恭一(速水もこみち)の車に落としたイヤリングを受け取るため、ある会議場を訪ねる。

そこで唯は、エレベーターで二人きりになった男から、いきなり“アゴクイ”をされてしまう! 男は医師の藍田航之郎(平岡祐太)。

手術成功率100%を誇るスーパードクターで、天城の大学時代の同期。
また、同じく同期でノーベル賞候補の研究者、三島冴(田中道子)までが登場し、唯は彼らの超高スペックさに圧倒される。

そんな2人に、天城は唯を「僕の恋人」と紹介。
だが、冴は唯の否定を待たず「恭一は私のもの」と宣言する! その後、3人に巻き込まれて一緒に食事をすることになった唯は、冴と天城の親しい関係を目の当たりにする。
一方唯は、「犬好き」という共通点を持つ藍田と徐々に親しくなり…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

98v7(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、今回は唯が体調を崩しながらも社長の家まで訪れてしまうのでした。

しかし、直ぐに唯は家を出ようとするのですが、この家は勝ち組全開ハウスとなっており、帰り口が解らなくて帰れないのでした。
そして、再び連れ戻されることになってしまうのでした。

そして、社長は唯に対して意識が無くなり寝てしまったとはいえ、触れてしまったことを土下座して謝るのでした。
そして、葛根湯のような物を唯に渡すのでした。

9iu6(20代、女性)

唯は天城の車で落としたイヤリングを受け取るために、とある会議場に向かいます。
そこで唯は天城の大学時代の同期であるスーパードクターの藍田に顎クイされてしまいます。

そこに更に三島という天城の大学時代の同期で且つノーベル賞候補の研究者まで登場します。
天城は2人に唯を恋人として紹介しますが、三島が反発します。

3人に巻き込まれる形で食事をする事になった唯は天城と三島の距離が近い事を認識します。
一方で唯は藍田と犬好きという共通点で親しくなっていきます。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

8v7(50代、男性)

天城の車に落としたイヤリングを引き取りに向かった唯が、これまで通り擦り寄る天城を締め上げ、引き摺る姿と、引き摺られながら「ありがとうございます」という天城の性癖は、面白さしかありません。

契約社員の唯が、天城を本気で嫌がっていれば、会社を辞めることはできるはずですが、天城を面白がる気持ちが見え隠れするように感じられました。

また、天城の大学の同期として登場した三島冴の別れ際のキスは、それを許している天城の姿にも驚きでした。

それに、スーパードクターと呼ばれる外科医の藍田が、愛犬のドッグフードを間違ってキャットフードを選んでいた姿もあり得ない状況で面白く感じられましたが、それをきっかけとして唯が声を掛けられたため、計算ではなかったのかとも思えました。

098e(40代、男性)

唯が、口説いてくる天城をどのような方法で、かわしていくのかという観点で視聴するようになっています。
前回(4話)での唯は、キスを迫ってきた天城を巴投げでかわしました。
これを超える唯の破天荒な行為はないのではないかと考えていました。

しかし、今回の5話では、巴投げを超える唯の振る舞いがあって、笑えます。
唯は、無くしたイヤリングを受け取りに、天城が出席する『多能性細胞促進カンファレンス』の会議場まで出向きました。
そして、手術成功率100%の医者である藍田から、名刺をもらいます。

そこへ天城が「佐藤さんに近づかないで下さい」と唯の手を引っ張りました。
ここで、「社長こそ近寄らないで下さいますか?」とキレる唯がお気に入りです。
アクション俳優かと見紛う所作で、天城を掴まえ返して、彼を引っ張っていく画が可笑しかったです。

天城が、床に横たわった体勢で画面の左から右へズルズルと引っ張られていくのでした。
それを「ヤバい早い・・・」とヨチヨチ歩きで追いかける社長秘書の名取も可笑しみを誘います。
次回も、唯のSっ気のある行動が楽しみです。

u847(20代、男性)

ハイスペック男子達に振り回される唯が微笑ましい話でした。
話は唯のイアリングが無くなり、それが天城の車の中に落ちていたという場面から始まりました。

それを受け取るため天城の出張先に行く唯ですが、そこで、個性的なハイスペック男達に出会うのでした。
一人目は神の手こと医学博士の藍田です。

いきなり顎クイとインパクトが凄かったです。
二人目はノーベル賞候補の研究所所長の、三島です。
みんな凄いスペックです。
そして藍田、天城、三島は大学時代の同期ということが明らかにになりました。
旧交を唯を絡めて温める中、4人で食事に行くことになりました。

明らかにオーラが違う3人に囲まれて唯がかわいそうでしたね。
その後も色々と彼らに振り回されていました。
唯には次回も頑張ってもらいたいです。

第6話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第6話あらすじは?

犬の情報を交換するため、連絡を取り始めた佐藤唯(松井愛莉)と藍田航之郎(平岡祐太)は、天城恭一(速水もこみち)を含む3人でドッグランに出かけることになる。
ところが当日、天城は予定をキャンセル。
代わりに三島冴(田中道子)と過ごすと藍田に告げる。

それを知った唯は、心にざわつきを覚えながらも、藍田の愛犬とともに久々にストレスフリーの時間を過ごす。
その間、天城からの不在着信は100件以上に!かけ直さなければ永遠にかかってくることを知っている唯は、嫌々ながら天城に電話をかける。

すると、電話にはホテルにいるという冴が出て…! 後日、冴は多能性細胞開発成功に関する記者会見で、意中の男性が天城であることを公に宣言。
隠し撮りされた二人の親密な写真も流出! それまで、自分以外の女性と何かあるわけがないと確信を抱いていた唯だったが…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

ju4(50代、男性)

この男は人生最大の過ちですは、ドMの社長というなかなか不思議な設定ですが、なかなか面白いラブコメで毎回釘付けにさせられてしまっています。

ドM社長とドSの一面もある普通の派遣社員との恋の行方が第6話でどう進展するのか、あるいは後退するのかが一番の見どころでしょう。

第6話では松井愛莉さん演じる唯にドM社長に対する恋敵が登場しますが、この出現によって唯がドM社長に対する思いをどう認識するのか、また唯の気持ちはどう変化いていくのか?物語の根幹である唯の心の変化が描かれるであろう第6話は見逃せない回になりそうです。

ri3(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、唯と藍田が共に協力をしイヌの情報交換のために密に連絡を交換するのでした。

そして、また天城も加えてドッグランに参加することになるのでした。
ところが、突然天城が予定をキャンセルしてしまうのでした。
また、それが冴と過ごすと言い出すのでした。

そして、それをまた藍田に告げるのですが、唯もその事を突然知ってしまったので落ち着かなくなり困惑してしまうのでした。
しかし、そんな中藍田の愛犬と楽しそうに過ごすのでした。

8ur(30代、男性)

天城の大学の同期である冴が多能性細胞開発を成功させたことで記者会見を開き、その場で自分の意中の男性が天城であることを告白してしまいます。

異例の告白に世間も驚いていたでしょうけど、何よりも驚いていたのは唯だったのです。
そして、2人が親密にしている写真まで流出し、自分以外の女性と何かあるわけがないと確信していた唯は複雑な心境になります。

今まで自分のことを好きであると言ってくる天城に対して嫌気しかなかった唯の心境が、大きく揺れ始める部分が見どころです。

duy2(40代、女性)

第6話のみどころは、天城の変化です。
ドッグランに唯と藍田と出掛ける予定だったのに、突然のキャンセル。
それも、同期の研究者である冴と出掛けるなんて、これまでの天城では考えられない行動です。
ですが、このことで唯はなんだか落ち着かなくなるんです。

あれだけ離れたいと思っていたのに、うっとうしいと感じていたのに、いざ天城が離れると、ほんの少し寂しさを感じるようになったのです。
これって、もしかすると、唯にとっても天城が特別な存在になったのではないかと思うのです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

ki9(30代、女性)

唯が藍田と一緒にいるときに恭一のことを少しだけでも思い出したので、嫉妬かもしれないと思っていたら、さらに恭一の電話に冴が出たことで眠れなくなったので間違いなく嫉妬だなと思いました。

そしてまた良いタイミングで恭一が唯の所を訪れて、バッグハグをしたときはかなり萌えました。
何やかんや言いながらも、この二人はちゃんと恋愛をしているというか、少しずつ距離を縮めているなと思いました。

冴が写真をリークしたり、テレビカメラの前で恭一に求愛をしたときも、すぐに恭一が唯の前に現れたところが良かったです。
不安にさせるようなことをしないというのはスパダリの基本なので、恭一って変態だけれどやっぱり格好いいなと思いました。

quw7(40代、男性)

冴の登場で、天城に対する唯の気持ちに変化が訪れたように感じました。
冴が登場する前の唯は、天城に嫌悪感しかなかったでしょう。
唯は、藍田とドッグランカフェデートを楽しんでいました。
だから、天城からの100件以上の着信に気づいていません。
折り返して電話したら、天城ではなく冴が出ました。

ここで、唯は、固まります。
冴が「恭一とホテルにいるから後にしてもらっていい?」と言ったからでした。
もし、唯が天城に嫌悪感しか抱いていなかったら、放心状態に陥ることはないはずです。
また、その後に、寝付けないのも、天城と冴が気になっていたからとしか思えません。

私は、唯が、天城の奴隷体質の虜になっていると感じました。
ここから、恋に発展すると予想します! それにしても、6話のエンディングは圧巻でした。
天城が仕事中の唯をデートに誘いました。

社外へ出ていく天城と唯を見送る社員が列を成して「いってらっしゃいませ」と頭を下げるのです。
この時の天城がカメラ目線で可笑しみを誘います。

kiu3(30代、男性)

3人でドッグランに行くはずが、冴に捕まった恭一が行けなくなり、少し残念そうにしている唯が印象的でした。
最初の頃は、恭一の事が本当にただ気持ち悪くてうんざりしているだけに見えていましたが、知らず知らずのうちに恭一を意識しているのが伺えます。

冴が恭一に好意があることを記者会見で発表した際には、気にしないようにしていてもすごく気にしてしまっていて、だんだんと自分の気持ちに嘘が付けない状態になってきていましたね。
唯と恭一の間に割って入ってきた冴と、今後さらに割って入って来そうな航之郎。
4人の関係が今後どうなっていくのか楽しみになってきました。

唯一筋の恭一は相変わらずの気持ち悪さで、唯から強烈なアッパーや蹴りを入れられていましたが、それでも嬉しそうな顔を見せていたのはさすがのドMといった感じでした。
次週では、4人の関係がどう変化していくのか楽しみにしたいと思います。
それと、恭一が唯にどんなふうに張り倒されるのかも楽しみにしたいと思います。


このドラマを観始める前は、ただの恋愛ドラマなんだろうなと思って敬遠していましたが、あらすじを見てみると、天城恭一の強烈ドMキャラと社長の恭一の前では見事な程のドSっぷりを見せる佐藤唯の強烈キャラコンビが面白そうで観始めました。
観始めると、恭一の気持ち悪さが毎回凄くて、その気持ち悪い恭一を毎回張り倒す唯が面白くて観続けるようになりました。

唯と恭一の強烈キャラは本当に面白いと思います。
今では、毎回、気持ち悪さを発揮する恭一がどんな感じで唯に張り倒されるのかが楽しみになっています。

第8話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第8話あらすじは?

残業中の佐藤唯(松井愛莉)の前に、天城恭一(速水もこみち)が現れ唯の空腹を満たすため豪華なディナーをオフィスに運び込む。


食事の最中、唯は天城が「褒められ嫌い」になった過去について話したくないと言ったことを蒸し返す。

自分と天城は過去を共有するような仲ではないことにホッとしたと告げる唯。

そんななか、唯に藍田からメッセージが送られてくる。2人が会うことを恐れた天城は、その過去を話す代わりに藍田と会わないという条件を唯に求め、一方的に話を始める…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

ju3(50代、男性)

前回、冴が天城の「褒められ嫌い」となった過去を話そうとしたことを遮ったため、唯は気になった状態を引きずっているのを、天城がどんな解消策を講じるのかが見どころとなりそうです。
しかも、天城は唯と藍田の距離感が近くなっていることに嫉妬を強めているため、二人の会う機会を減らすためにもどんな手を打つのか気になる展開が気になります。
しかも、天城の過去を気にする唯の心情の変化も、天城との関係性を近いものにするのか、楽しみです。

uy2(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、天城恭一が残業をしている佐藤唯の前に突然、現れるのでした。

そして、何と天城恭一は、そんな残業をしていてお腹が空いているだろうと佐藤唯の為に、わざわざオフィスに豪華なディナーを運んでくるのでした。

そして、食事中に佐藤唯が天城恭一に褒められ嫌いになった過去についてを蒸し返して話すのでした。
そして、また佐藤唯は天城恭一に過去を共有できるような仲ではないことにホッとしたと言うのでした。

98rf(30代、女性)

毎回毎回もこみちの演技が最高すぎて笑ってしまいます。
そんな、おもしろい演技と毎回の唯と天城のかけあいは今回も見ものです。

また8話では、1番の見どころは天城の過去についてです。
前回では、褒められ嫌いになった原因のある過去を唯に話されそうになるのを必死で止めました。


そんな、隠したいほどの真実が秘めた過去がわかる8話は見逃せません。
また、徐々に変わりつつある、唯と天城の関係性は、今後の一番気になる展開です!

65f(20代、男性)

今回の見どころとなるシーンは、残業でオフィスに残っている佐藤唯のために、天城恭一が持参してくる豪華なディナーにあります。

野菜たっぷりの前菜に始まり、旬のフルーツがふんだんに盛られた1ホールサイズのケーキ等、パーティーでも開催するのかと、思わずツッコミを入れたくなるほどの贅沢な食事風景は、背景がオフィス内ということもあり、ギャップ映えがたまりません。
シャンパングラスを用意する等、天城の余裕さにも、注目が集まります。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

3hfe(30代、女性)

残業中に豪華なディナーを持ってきてくれたら、私だったらうれしいかもしれません。

しかし、嫌いな天城からの差し入れだと、唯はうれしくないのかもしれません。
ケーキなど豪華なものばかりでおいしそうで、うらやましいです。
天城が褒められ嫌いになった過去は気になります。

人の過去のことに私は興味を持ってしまうのですが、一方的に話されると少し困ります。
過去を共有する仲ではなくてホッとしていた唯ですが、一方的に話されて困ったことでしょう。
天城はどこまでも自分勝手な人だと思いました。

唯と藍田との仲がこれからどうなるのかも気になります。
藍田と唯の仲が近づかないようにしようとする天城。
意外にも天城と唯が結ばれてしまうのでしょうか。

28e(40代、男性)

唯が1人で残業をしています。
私は、天城が来るかも?来るかな?と期待しました。
天城が現れて、キター!と喜びました。
天城は超絶に格好良いのに、可笑しみを誘うのはなぜでしょうか。
唯はお腹を空かせています。
天城が、唯のお腹が鳴る音をスマホで録音していました。

ここで、私は、フフッとなっています。
また、唯に藍田から電話がかかってきたシーンも面白かったです。
天城は「藍田からですね」と言いました。
当然、唯はなんで分かるんですか?と聞きます。


「電波が藍田だったものですから」天城がこう言ったところで、私は、吹き出しました。
メイプル超合金・カズレーザーの「ここWi-Fi飛んでんな」と同じくらいの破壊力がありました。


そして、シリアスなエピソードも良かったです。
学生時代の天城は、開発した新薬の副作用を強めれば、咎められると考えました。

褒められる人生に辟易していたのですね。
誤って市場に出てしまったものの、天城は咎められませんでした。
そんな時に、天城は唯に出会ったのです。
唯の「世の中は思い通りにならないことの方が多い」という台詞に目を潤ませた天城が、良かったです。

唯だけが、天城を叱ることができて、だからこそ天城は彼女に好意を抱いたのだなあと考えて胸が熱くなりました。

hye(20代、男性)

はじめに、今週も社長が佐藤さんに尽くしていました。
そんなことやほかにもいろいろあって、藍田先生は本気なのか疑問に思った。
また、あんなに大きなミスをしても怒られないって驚き。
普通なら犯罪者になってもおかしくないでしょうに、。
あと、最後の社長が切なかった。

今まで原作通りに来ていたが来週あたり四各関係がヒートアップしそうだと思いました。
時間がたつにつれて白熱するこの四角関係が見どころになりそうで、この状況に対する佐藤氏の対応力が問われる展開になると予測。

ちなみに最後のほうで社長が刺されていたから来週も欠かさず見たいけど今回見れなかった変態もこみちが見れるとうれしいですね。
あとは松井愛莉さん、田中道子さんの華麗なる仕草や演技に注目していると話が頭に入ってきませんでした。(笑)

第9話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第9話あらすじは?

天城恭一(速水もこみち)の過去を知った佐藤唯(松井愛莉)は、その重さに耐えかね、思わず藍田航之郎(平岡祐太)を頼る。
ドッグランで藍田の愛犬・スヌープを遊ばせながら、複雑な胸の内を聞いてもらう唯。

そこへ、藍田に急患の知らせが入る。
藍田は病院に急行し、スヌープは唯が預かることに。
その晩、藍田が
スヌープを引き取りに唯のアパートに現れる。
玄関を開けた瞬間、藍田は唯をいきなり“床ドン”し…!? 一方、天城に強烈なモーションをかけ続ける三島冴(田中道子)の前には、捨てられた男、ユウキ(笠松将)が現れる。

かつての遊び相手を冷たくあしらう冴。
その行動が、とんでもない災いを引き起こす!!”

公式サイトより

みんなの注目する点は?

84ut(20代、男性)

第9話の見どころとなるシーンは、佐藤唯が、藍田航之郎から床ドンされる場面です。

そもそものキッカケは、ドッグランでの悩み打ち明け話中、藍田に急患の連絡が入り、病院へ行く必要が出てくることで、藍田の愛犬を唯が一時的に預かることから始まりました。
無事、急患患者を診た後、その夜に、玄関先で藍田が唯を思いっきり床ドンするのです。

唯にとっては、予測不可能なアクションだったので、キョトンと戸惑うばかりか、何が起きたのか頭が回りません。
そうした時の表情にも注目です。

iu3(30代、男性)

先週の放送で天城の重い過去過去を聞いた唯は、それに苦悩し藍田航之郎を頼ることに。

ドッグランに行ったところで思い悩む胸の内を明かします。
その時、藍田に病院からの連絡がが入り、藍田は病院へと向かい藍田の犬を唯が預かります。
そして夜になり、藍田は愛犬をを引き取りに来るのですが、部屋に入るなりいきなり唯を床ドンするという胸キュンな展開に。

そして、天城は三島から強烈なアプローチを受けていました。
さらにそこに、三島に捨てられたユウキが来るのですが、三島は冷たくあしらいます。
しかし、三島のその態度がとんでもない事態を引き起こすのでした。

3ew2(30代、女性)

唯は恭一から、褒められることが苦手になった過去の理由を話す代わりに、もう二人きりで藍田と会わないでほしいと言われます。


軽い気持ちで応じたものの、恭一の過去は想像以上に重くて受け止めることは難しいと感じます。

このまま恭一と一緒にいるのは難しいと感じた唯は、藍田と一緒にドッグランに行き恭一のことを考えないようにします。
しかし今度は藍田から積極的に迫られてしまい、唯がどちらを選ぶのかが見どころになります。

vkf7(20代、男性)

今回の見所はついに藍田と天城の唯を巡る戦いです。
前回から怪しい微妙な雰囲気があった3人ですが、今回ついに気持ちを表に出した、藍田が天城に、宣戦布告をします。


一方で唯は天城の過去を知り、動揺している状態でした。
そんな状態の唯に藍田が怒涛のアプローチを仕掛けていきます。

どう考えても天城優勢と思いきや、流れが藍田に傾いてきました。
大変面白くなってきた、この男はあやまちです、物語も佳境に入り、続きが気になります。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

nbg6(20代、女性)

天城の過去を聞いて、彼に対しての態度が少し軟化するかと思いましたが唯はその重さに耐えられず別の男性に頼ってしまいました。
それがとても意外でした。

これまで唯は芯が強く、いい意味で現代的な女性の象徴のような存在だったので、今回のような弱い一面を見られたのは驚きました。
いざという時は藍田を頼りにするので、好感度はどちらかと言うと藍田の方がまだ高そうです。

何よりも藍田の愛犬を預かる程、2人は親密な仲になっていると感じました。
犬という共通の趣味があるからこそ、距離が縮むのが早いのだと思いますが、まさかの床ドンシーンで更に二人の仲は縮まったと思います。

床ドンのシーンはとてもドキドキしました。
ですが、天城には唯を取られないように頑張ってもらいたいです。

fu3(40代、男性)

今回は佐藤唯ちゃんが、遂に天城の知られざる過去を知るのでしたが、個人的には知らない方が良かったのではないかと思いました。

何故ならば、過去を知らない方が幸せなこともあるからです。
実際に私は以前に恋人の過去を知った為に別れたことがあってのでふ。


ですので、今回の内容としては非常に複雑な気持ちで観ていました。
また、個人的に驚いたのは、藍田のまさかの壁ドンでした。
これには予想外で本当に驚きました。

最近、そう言えば壁ドン等をあまり聞いたり見たりしていなかったので、久しぶりに見たような気がしました。
更には、藍田が佐藤唯ちゃんに告白するのですが、これまた驚きました。
剰りにも急だったので観ていてビックリしました。

第10話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第10話あらすじは?

天城恭一(速水もこみち)が搬送された病院に、急ぎ駆けつける佐藤唯(松井愛莉)。

病室に飛び込むと、そこには白布を掛けられ微動だにしない天城の姿が…!?

後日、藍田航之郎(平岡祐太)に会った唯は、ようやくハッキリした自分の本心を告げ、ある覚悟を胸にする…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

ui4(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、佐藤唯が天城恭一が倒れて搬送されて行った病因へと駆けつけるのでした。
そして、何とそこには白い布で顔を覆われた天城恭一がいるのでした。


果たして天城恭一は生きているのか?そしてそんな中、後日に藍田航之郎に佐藤唯は会うのでした。
そして、会った際に佐藤唯は自分の本当の気持ちを藍田航之郎に告げるのでした。

そして、佐藤唯は今までには無かった感情を剥き出しに天城恭一への思いを表すのでした。

87r(40代、女性)

第10話の見どころは、刺された天城の生死がどうなってしまうかです。
ユウキにとって、天城がいる限り、自分は冴に愛されることはないのだと思い込んでいたのだと思います。

天城が倒れてしまったことで、唯のなかで、何かが変わってきたのではないかと思います。

天城が目を覚ましたとき、唯との関係がこれまでとは変わっていると良いと思います。
どれだけ天城が大切な存在なのか、きっと唯にもわかったのではないかと思うのです。

fe4(30代、女性)

冴のことが好きな男に、逆恨みをされて恭一は刺されてしまいます。

恭一は思わずその場に倒れてしまいますが、それを聞いた唯はすぐに運ばれた病院に駆け付けますが、そこには白布をかけられて横たわった恭一がいます。

恭一は本当に死んでしまったのかが、見どころになります。
一方で、恭一と同じように、唯に対して良い感情を抱いている藍田と会うことになります。
そこで唯は、藍田に自分の正直な気持ちを告げようとしていますが、その内容にも注目です。

i87e(30代、男性)

天城がユウキに刺されて病院に搬送され、そこに唯も駆けつけます。
ただ、天城の顔には白い布がかけられており、全く動かない状態だったのです。

天城はどうなってしまうのか?死んでしまうのか?という点がまず注目です。
そして、唯のことが好きである藍田の運命も非常に気になる部分でしょう。

唯が天城に心が傾きかかっている状況の中で、藍田と唯の関係がどうなるのか?というのも、このドラマの結末として大きなみどころになるはずです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

i7v(50代、女性)

恭一が刺されたと聞いた時の唯の慌て方、恭一の事を本気で心配していたと思います。
あの写真の束を見せられたらビックリですが、それほど唯を思っているという事で許しましょうよ。

それがあったから助かったのも事実なのですから。
ふと恭一を思い出したりするところ、まさしく唯は恭一に惹かれていると思います。
確かにそこまでやってくれる人がいると自分がダメになってしまうかもしれませんが、それは自分次第だし、個人的には羨ましいです。

仕事をやめた後の旅行にピッタリついてくるストーカーチックな気持ち悪さもいつもの事だし、唯は内心期待していたのでは、と思いました。
でも唯はついに恭一が本当に好きになったのかと思ったのですが、やっぱり恭一を全部受け入れるのはもっと勇気が必要みたいですね。


あんなにイケメンで非の打ちどころのないと言って良い藍田の告白も断り、恭一にも踏み込めず、それでは唯の将来がなくなってしまいます。

ここは覚悟を決めて恭一と真剣に付き合ってみるのが良いと思います。
恭一はイケメン、頭脳明晰、お金持ち、ここまでは本当に完璧です。
どM 過ぎて普通じゃない気持ち悪さにはちょっと引きますが、根は良い人で人の気持ちも分かる人だと思います。
個人的には全部揃っている藍田を断ったのは勿体ないと思いますが、恭一の様に自分の全てを掛けて好きだと言い守ってくれる人はそうそう現れるものではありません。

普通のロマンチックな恋愛は無理かも、という心配は有りますが、唯が一番素で居られるのはやっぱり恭一ではないかと思います。
唯がこのまま逃げても恭一はどこまでも追ってくると思いますし、そろそろ向き合ってみてはどうでしょうか。
いつか二人が幸せになれる日が来るなら是非見せて欲しいです。

uf7e(40代、男性)

今回は非常に観ていて驚きました。
それは何故かと言いますと、何と天城恭一が病院で白い布を顔に覆われていたからです。
私にとっては全くの予想外の展開だったので、今後どうなるのかと本当に思いました。

また、ドラマでも佐藤唯ちゃんが、その姿を見てやはりかなり動揺していたのが印象的でした。
また、その為に決意を新たにしているところも非常に観ていて感じるものがありました。

正直、これまでのこのドラマを観ていても佐藤唯ちゃんは、あまり天城恭一のことが好きでは無いのだと思っていましたが、実は物凄く気になって仕方無かったのだと改めて今回観ていて思いました。
非常に、最後になって複雑な展開となったので本当に面白かったです。

00v(30代、女性)

こんな終わり方なんですね!てっきり両想いになってハッピーエンドかと思ったら、、、。
最初の頃は、唯の社長への好意が見えてキュンキュンしてたのに。
しかしどんどん社長も気持ち悪くなって行って、私も無理になってきました。

前回恭一が刺されてもうだめかと思ったら、仮病だったという少女漫画的パターンはお決り。
唯は自分の気持ちに気づいて社長の事好きになるかと思ったのに。

そうは行きませんでしたね。
会社も辞めて、海外旅行に行き、社長の事忘れたくて離れたかったのにそこまでストーカーしてくるなんて。
これ本当にヤバい奴です。

ストーカーで通報してもいいレベルじゃないですか。
でも、指輪出すと思ったら犬の薬を出したのはちょっと感動しました。
二人はこのままの関係がいいのかも。