20年前に別れた夫が隣人になってしまったことで、3つの家庭に起こるドラマです。
離婚率が高い現在、再婚する人も増えておりありえる話だけに共感出来る内容で、私も目が離せません。

1話、2話、3話

1話~3話あらすじは?

二子玉川に立つおしゃれなマンション。
その最上階に住む内田百々子(中山美穂)は、官能作品で人気を誇るレディコミ漫画家であり、再婚相手・櫂斗(生瀬勝久)と大学生の息子を家族に持つ母でもある。

同じマンションには富澤瑞希(木村多江)と一太(上地雄輔)の5人家族も住んでいて、同い年で友人となった百々子と瑞希は、なじみのダイニングバーでストレス解消も兼ねた近況報告を繰り広げる日々。

そんなある日、マンションに新婚の夫婦が引っ越してくる。
それは、20年前に百々子と別れた前の夫・鴨居葉介(長野博)と、その新妻の流美(大島優子)だった。

元夫婦がそれぞれ再婚し、隣人同士となった珍しい状況。
さらに、この新婚夫婦の引っ越しによって、百々子や瑞希が抱えていた“秘密”があぶり出されていくことになる。

そして3人の妻たち、3つの家族の関係は単なるご近所付き合いでは済まされない様相を呈していく――。

公式サイトより

注目ポイント

KKI(30代、男性)

二子玉川にある高層マンションに住む人たちを中心に描いているので、現実世界ではすごい勝ち組に思えるような人たちが主役となっているわけです。

しかし、彼らは傍から見ればいい生活を送っているように見えても実際はそうとは限らないという点がストーリー上のみどころです。

1話では主人公が友人と駄弁っているいるような平穏な日々がありますが、そこに元夫と再婚相手の女性がやってきて、トラブルの一端が見え隠れするような展開になります。

こういった一般の人たちとはちょっと違う世界で生きているような住人ならではの問題というのが、徐々に浮き彫りになっていくのです。

Rhu(30代、女性)

出演の女優さんたちが注目です。
中山美穂さんは、すごく演技が上手いというわけではないのですが、あの年代の女性のリアルな心境がどう変わっていくかが見ものです。

また、大島優子さんの演技、役が自然体でスッと入ってきます。
また、木村たえさんは安定な演技です。

女性の心模様は共感でき、見ているとすっきりします。

みなさんの感想

yuri(40代、女性)

中山美穂さんはやっぱり演技が上手だなとほれぼれします。
みぽりんが主演されるドラマや映画は必ずみたくなります。

木村多江さんや生瀬勝久さん上地雄介さんも最高に演技がうまいなと思いました。
大島優子さんも以前はそんなにうまくないと感じていましたが、すっごくうまくなっててその成長をみるのも楽しみですね。

立派なタワーマンションに住めたとしても別れただんなと再婚相手と同じマンションに住むのは絶対に嫌だなとは思います。

それくらいなら庶民的な住まいでもいいから引っ越したいですね。
百々子(中山美穂)の大学生の息子の柊司(高橋優斗)は礼儀正しくてすごい好青年でこんな息子がが欲しいなと思いました。

下の階には瑞希(木村多江)と一太(上地雄輔)が住んで居るわけですが、富澤瑞希(木村多江)とのホームパーティーで櫂斗(生瀬勝久)と一太(上地雄輔)のじゃれあいがほほえましくて、思い出し笑いをしてしまいます。

引っ越しのあいさつに百々子の前夫・葉介(長野博)と新妻・流美(大島優子)がきたときの驚きすぎて動揺している感じもスリル感がありました。
秘密にしないで前の夫だと言っていましたね。

秘密にするよりはいいのでしょうが、一気に3組の夫婦全員が複雑な気持ちになっただろうな、普通経験できないことだなと思います。
どうなるか全く想像できないけど、どんな秘密があるのだろうと面白くなりそうなで展開を期待しています。

F#(40代、男性)

私はこのドラマ彼らを見ればわかることは非常に注目したドラマでした。
何故ならば、やはり中山美穂さんが主演ということもあり大ファンである私には絶対に観たいドラマでした。

また、他にも木村多江さんや元AKB48の大島優子さんが出ると言うことで非常に美女が揃っているので男性でもとしては最高のキャスティングだと思いました。
また、内容としては大人の複雑な事情によるものが多いのでそれもまた魅力的なドラマだと思いました。

また、その女性人を支える夫役の男性人にも注目した内容でした。
妻の家族事情を共に相談し、そして解決していく様は現代にも通ずるものがあり非常に好感が持てました。
是非、また観たいと思えるドラマ作品でした。

●名前●(40代、男性)

私が昔からの大ファンである中山美穂さんの久しぶりドラマとあって、本当に毎回楽しみです。

ただ、内容としては物凄く大人の複雑なちょっとドロドロした感じなので、それが少し微妙な感じです。

離婚した以前の旦那さんがお隣に居ると言うことで、互いに牽制しあうところなんかは本当に観ていてドキドキします。

また、他にも中山美穂さん以外の出演者達も素晴らしい役者さん達なので、よりドラマを楽しむことが出来ます。
特にその中でも私がこのドラマで一番の注目は中山美穂さん以外にV6の長野さんです。

正直、私はこの長野さんがドラマに出ているのを初めて観ましたので非常に驚きました。
演技をするのを全くの初めて観るので物凄く興味があったのです。
是非、毎回これからも楽しみに観たいと思っています。

おしまいに

同じマンションで起こる、現実でも起こりえる事件、事柄がどう解決されどう進んでいくのか。
豪華なキャストが揃っていて、展開もどうなるか想像もつかないので楽しみです。

https://www.wowow.co.jp/dramaw/karera/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=karera_202001&gclid=CjwKCAiAu9vwBRAEEiwAzvjq-9mY39z_zfEL2D6wIeWKVFxgNhznVMYnSMkgDXk0Z06_O3LzNjfcBBoCAfcQAvD_BwE#  

 

第4話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第4話あらすじは?

深夜まで帰ってこない瑞希と真由(佐久間由衣)に一太の心配は頂点に達するが、無事帰宅した2人にホッとする。
2人とも秘密を抱えて帰宅したことには気付くはずもなく……。

ある日、櫂斗は葉介を誘い、職場まで葉介を送ることに。
2人は少しずつ打ち解けてゆくが、櫂斗は葉介とのやりとりの中で「ある疑問」を感じ始める。

そんな中、瑞希には恐るべき「結婚記念日」が近づき、百々子には掲載打ち切りの危機が訪れることに。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

8gy4(20代、女性)

深夜まで帰ってこない瑞希と真由。
一太の心配は頂点に達し、落ち着きがなくなっていきます。

その後、無事帰宅した二人にホッとする一太でしたが、そこにはまだ落とし穴が! 実は二人とも秘密を抱え、帰宅していたのです。
そんな中、瑞希には恐怖に感じている結婚記念日が刻一刻と近づいてきます。

瑞希はどう乗り越えていくのでしょうか。
百々子は掲載打ち切りの危機が訪れ、落ち着きがなくなっていきます。
それぞれの運命はどうなっていくのでしょうか。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

nini(40代、男性)

とにかく、まずは毎回この3人の美女を観れることが何よりも幸せでなりません。
特に中山美穂さんと言えば、年代的に昔から知っていたので非常に興味があります。

また、大ファンでもあるので毎回目が離せません。
そして、今回は一太が妻と娘が自宅に帰ってこないと言う内容だったのですが、もしも私ならば非常に気になり困惑したと思いました。

しかし、しばらくして帰ってきたはものの一太はその理由を気にしていませんでした。
申し訳ないですけど、正直かなり鈍感だと思いました。
私ならばすぐに原因追求となるところです。

また、その一太を演じるのが上地雄輔さんとあって似合っているとも感じました。
是非、次回も楽しみに観たいと思っています。

qoia(40代、男性)

“第4話のみどころとしては深夜まで帰ってこなかった瑞希と真由に一太が非常に心配してしまいますが、無事帰宅した2人安堵の表情を浮かべた場面が印象的でした。

2人とも秘密があり、帰宅したことには気付かずひシリアスでスリリングな展開でした。

後日、櫂斗は葉介を誘って職場まで葉介を送ることにしたのですが、2人は少しずつ打ち解けて行ったように見受けられました。
ですが櫂斗は葉介とのやりとりの中で疑問を感じ始めてしまい、瑞希には結婚記念日が近づき、百々子には掲載打ち切りの危機が訪れることになりました。

おしまいに

個人的には中山美穂と生瀬さんが非常に際立っていて、木村多江さんとのコンビネーションも絶妙でドラマに食い入る様に拝見させていただきました。
今後の展開に期待しています。

第5話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第5話あらすじは?

百々子(中山美穂)はついに、柊司(高橋優斗)の出生の秘密を葉介(長野博)に打ち明ける。

一方櫂斗(生瀬勝久)は、自分の会社が運営するレシピサイトで一太(上地雄輔)の料理の才能を活用することを狙っていた。
そんな中、連載作が苦戦中の百々子は、担当編集者の南(堀内敬子)にSMバーに連れ出される。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

i84jgfu( 40代,男性)

今回の見どころはと言えば、何と百々子が遂に柊司の出生の秘密を葉介に話すのでした。

そして、また一方では櫂斗が一太の料理の才能を自らの会社が運営するレシピサイトに運用しようと計画するのでした。ところが、また一方では百々子が連載に苦戦中なのでした。
そして、その為担当編集者の南に何とSMバーへと連れ出されるのでした。百々子は初めての経験のため、また更に困惑してしまい戸惑ってしまうのでした。そして、その後また更に波乱の展開へとなっていくのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

j28f(20代、女性)

とうとう百々子が前夫の葉介に柊司について話したので、前妻の口からきちんと子供について言及されたのは不自然さがなく、とても良かったと思います。

葉介の反応も人間臭さを感じられたので良いシーンだったと思います。
前夫とのやりとりのシーンはとても良かったのですが、百々子がSMバーに連れて行かれる場面は必要だったのか疑問です。

仕事に必要な事という名目なのは理解出来ますが、普通の飲み屋で大人の会話をする展開でも良かったと思います。
SMバーのインパクトがとても強く残ったので前半の良いシーンの印象が薄く感じられました。

一方で、流美の存在感が後半では目立っていました。

妻3人での女子会中に正論を言っていたのは彼女だけだったので、登場人物の中で唯一まともな人だという印象を受けました。

おしまいに

確実に百々子の家族が崩壊していっている様子が感じ取れた回でしたね。

 

第6話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第6話あらすじは?

葉介(長野博)ら夫たち3人は意気投合し、3家族で温泉旅行に行こうと盛り上がる。

しかし百々子(中山美穂)と櫂斗(生瀬勝久)は、百々子が葉介についてあることを隠していたため、ぎくしゃくしていた。

瑞希(木村多江)や流美(大島優子)もまた、夫に対して複雑な思いを抱えたまま、温泉旅行がスタートする。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

i4ur(30代、男性)

3つの家族そろって温泉旅行に出かけることになり、当初はみんなして喜んでいましたが、温泉旅行は次第にそれぞれの家族ごとにぎくしゃくした雰囲気を醸し出してくるのです。

それぞれの家族がこれまでに抱えていた悩みに関して、温泉旅行中も気がかりになってしまい、3組の夫婦の気持ちは温泉旅行を楽しむというよりは、そっちの方に向いてしまいます。

旅行を少しでも楽しむことができるのか?いつものような感じで、悩みに頭を完全に占領されるのか?やはりその点が注目でしょう。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

1ieu(40代、男性)

今回は3家族みんなで温泉旅行に行くのですが、今どきこんなに仲のよい交友関係があるのかが私はまず観ていて疑問に思いました。

正直、一昔前ならこういったドラマであったり、または現実にもあったのだと思いましたが、しかし、今のこの時代にこんなことがあるのかなっと率直に思いました。

そして、更には3家族と言いながらも、各家族の妻達は夫に対して疑問をもちながらとあったのですが、観ていて私はますます女性と言うものが解らなくなりました。
もしも、私ならそんな疑問をもちながら温泉旅行なんて行けないからです。

しかし、個人的には今回もまた中山美穂さんが観れて非常に幸せでした。
是非、最後までどうなるのかと楽しみに観たいと思います。

01sd(50代、女性)

3家族での温泉行き、どう考えても不自然でしょう。
クリアでない事が多い中、百々子と葉介の家族付き合いというのは無理があると思います。
普通は挨拶程度に抑えると思うのですが、これがこの人たちの変なところですね。

そして百々子と葉介のホテルでの行動も絶対変です。
3家族で来た旅行で、それもイワク付き家族。
どうして2人さしで話始める事が出来るのか訳が分かりませんし、まだそんなに遅い時間でもないのに2人揃って寝てしまうって有り得ますか。

2人とも猪突猛進、突っ走るタイプ?そんな風には見えないのですが、揃いも揃って周りが見えなくなったということでしょうか。
葉介も葉介、まだ新婚でラブラブのはずなのに流美をほおって百々子の仕事の話に付き合うところ自体が信じられません。

そして何と言っても一番おかしいと思ったのは、周りの大人は皆知っているのに、柊司に本当のお父さんが葉介だと隠して家族付き合いをしていたところです。
柊司が怒るのは無理もない事で大人達が反省して下さい、と言いたいです。

瑞希も一太がすぐそばにいるのにそんな電話無視するべきでしょう。
とは言え一太は可哀想ですが、バレて良かったのかもしれません。

おしまいに

どの家族も波乱の幕開け、今後どうなって行くのか楽しみです。

第7話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第7話あらすじは?

百々子(中山美穂)らは楽しみにしていた温泉旅行で、それぞれの家族の問題が表面化してしまう。

瑞希(木村多江)は部下・森村(七瀬公)との電話を一太(上地雄輔)に聞かれ、百々子に相談するもかえって口論になってしまう。

流美(大島優子)も、旅館での葉介(長野博)と百々子の姿が頭から離れず、思い悩む。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

k90r(20代、男性)

今回の見どころとなる注目のシーンは、意気投合した3家族(内田家、鴨居家、富澤家)であったのにもかかわらず、温泉旅行後に、どことなく気まずい雰囲気の中、帰路に着く場面です。

行きは、はしゃぐくらいの盛り上がりを見せていましたが、帰り際には、闇を抱えた部分が露呈する程の暗さを醸し出しており、出演者たちの後ろめたい表情に注目が集まります。

お互いの家族について、訊き出したくても躊躇してしまい、モヤモヤ感に苛まれる姿は必見です。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

0eng(20代、男性)

一週間は早いものです。
今週も彼らを見れば分かることが始まりました。
前回は三家族で温泉旅行にいき、それぞれの内にあった問題が明らかになりました。

そんな状態の三家族の続きの生活がやっとみれたのでよかったです。
気まずい思いのまま自宅へそれぞれ帰った三家族。
ある疑問が櫂斗にぶつけられたことにより、事態は進展します。
それぞれの家族に当てはまるのですが事態が動こうとすると、必ず何かしらの軋轢が生まれます。
やはり新しいことをやるというのは、何かとエネルギーを使うものだなと感じました。

そんな中でも核家族、大家族、単身家族、共働き家族といろんな構成の家庭がある中、多様な悩みや価値観があります。
次で最終回なこともあり、7話ではそんなものをテーマとして作られていたのだと実感できるような核心的な回となっていて大変見応えがありました。

fr5n(20代、男性)

前回の凄まじい修羅場からどの様に展開するか楽しみだった第7話です。
家族それぞれが孕んでいた秘密が一気に露呈した夜、せっかくの温泉旅行なのに和気藹々としていた空気はどこへ、気まずすぎる空気のままの旅行終了は見てるだけでも息を飲みました。

その後も瑞希と百々子が口論になっていたり、流美が葉介と百々子のことでモヤモヤしていたりとドラマ全体が張り詰めています。

本話では、柊司くんがそれはもう可愛そうでした。
前回、三家族での旅行中、自分の母親と知人の男性が同じ布団にと言うだけでもキツいであろうに、いい子だからこそ本話の荒れ具合はすごかったです。

そのグレた原因も根本はこうした家庭のゴタゴタした事情ではなく父親とのすれ違いという、物悲しいです。

おしまいに

ドラマも最終局面ですので、次回も欠かさずみたいと思います。

第8話のあらすじ・展開予想・感想ネタバレ

第8話あらすじは?

百々子(中山美穂)は柊司(高橋優斗)が口にした櫂斗(生瀬勝久)への言葉を聞き、思わず手を上げる。
そして百々子らは、秘密を柊司に明かすことを決める。
一方、瑞希(木村多江)は森村(七瀬公)とのことを一太(上地雄輔)に謝罪。
そんな中、流美(大島優子)は義父・巌(片岡鶴太郎)から、衝撃の事実を聞く。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

kij4(20代、女性)

柊司は父に対して「後継が欲しかっただけで家族が百々子や自分じゃなくても良かったのではないか」と言ってしまいます。
その言葉を聞いた百々子は柊司を叩きます。

そして百々子夫妻は柊司に対して最後の秘密を打ち明けようとします。
そして、瑞希は森村との件を一太に謝ろうとします。


更に流美は義父から驚きの事実を告げられてしまいます。
3家族、そして3夫婦のそれぞれが迎えるエンディングは果たしてハッピーエンドなのでしょうか。

lor4n(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、柊司が本当の父親が葉介であることを遂に知ってしまうのでした。
そして、そんな中櫂斗と将来についてを話すのだが衝突してしまうのでした。

更に、後日そんな柊司が百々子にひと言うのだが、その事に対して百々子かま怒り、息子に手をあげるのでした。
そして、また一方では富澤家で娘の真由の秘密も明らかになってしまうのでした。

そして、何とか夫婦関係を取り戻したい瑞希は一太に対して森村とのことを謝罪するのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

873r(20代、男性)

遂に最終回も近づいてきました。
彼らを見ればわかること、8話になりました。
前回は温泉旅行により、複雑な関係になった三家族、これにより、少々厄介な問題が起き始めます。

将来の展望について話し合いたい櫂斗、きっかけは本当の父親が明らかになったことでした。
そして、衝突がおきてしまいます。

その果てに柊司に怒った百々子は息子に手を出してしまいます。
他の家族でも同様、親族が隠していた、事をそれぞれ明らかにし、事態は次第に荒れていきます。

監督が動物園に例えた意味が次第にわかってきました。
過去、希望、欲望と現在過去と、欲望が表現されていました。
これが最終回で希望にか変わっていくのだと予想します。
どんなふうに希望を表現するのか、楽しみです。

xn4(40代、男性)

今回は最後の終盤とあって、様々な事が一気に動いたように思えました。

まずは、柊司の本当の父親が葉介だと言うことが解り、そこからまた櫂斗と衝突したり、または百々子に余計な事を言ってしまった為に手をあげられるなど本当に波瀾万丈となりました。

あまりにも大人の都合によりドロドロしており、またその子供たちにも影響を与えてしまっているので非常に複雑でまた不愉快な大人たちと思えます。

正直、今現在の私にはこのような人間関係は絶対に考えれません。
また、子供の立場であるならば間違いなく家出をしていると思います。

おしまいに

ドラマとしては楽しめますが、仮に本当にこのような事が間近で起きたならば、非常に困惑すると思います。