これを見れば、昨今の女子高生の気持ちが分かるのでしょうか?
多少若気なアイテムはあれど、友達をふざけるさまは性別も年代も関係ないな、と思いました。
誰が見ても面白いドラマでしょう。

第1話あらすじ

街に溢れるキラキラな女子高生たち。
タピオカ、自撮り、盛れた?いいね!いいね! そんな中…ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。

彼女たちの名は田中望=バカ(岡田結実)、菊池茜=ヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおり=ロボ(中村ゆりか)――さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。
入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカ。
しかしクラスを見渡し衝撃的事実に気づく。
「なんで女しかいねーんだ?」 受験したのが“女子高”だったことに今更気づき、悲嘆にくれるバカ。

かくして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常――彼氏を渇望するバカに明るい未来はあるのか?”

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/jyoshimuda/#/?category=drama  より

注目ポイント

sorry(40代、男性)

今回の初回みどころはと言えば、やはり入学早々彼氏が欲しいと奮闘するのでした。
ところが、自分が入学した高校が女子高だと入学してから気づくのでした。

そして、今度は学校に男子がいないならば男性教師に手を出そうとするのです。

しかし、それもまた直ぐに断念することになるのでした。
何故ならば、その狙った男性教師が自ら女子大生派と告白するのでした。

そして、直ぐに田中望を始めまたオタやロボまでもが撃沈されショックをうけるのでした。

yane(20代、女性)

女子高生の無駄遣いの見どころは、何と言ってもアニメに忠実で、シュールな笑いが見られるところです。
以前アニメ放送を見て、とても気になっていたので今回ドラマを録画したのですが、忠実にキャラが再現されていて面白すぎました。

主人公はバカ、ロボ、ヲタの3人ですが、この3人を取り巻く周りのキャラ(まじめ、魔女、ロリ)なんかもアニメと同様、とても高いクオリティでした。

またアニメのシュールな笑い(先生が女子大生派であるくだり、バカとロリとの絡み、主人公3人の登下校の会話)が再現されていて、安定に面白かったです。

re(30代、女性)

花の女子高生とは誰がいいだした言葉だったか・・・と思わず意識を遠くに飛ばしかけてしまうような、華やかさではなく、頭上に花がポツポツと浮かんでいるのが見えてきそうな、残念な、残念すぎる女子高生たちの日々を描いたこのドラマ。

主人公は「バカ」と呼ばれ、その友達は「ヲタ」に「ロボ」。
クラスでニックネームをつけ合う行為は可愛いものですが、センスがもはや、イジメレベル・・・。

しかし、全員が同じ酷さなので平等性があり、また、純粋な惨ささえ覆い隠す的確さに、直ぐに慣れてしまいます。
彼氏欲しさの全開妄想も、可愛く・・・は見えないですが、生ぬるく見守りたくなります。

生徒に負けず劣らない変人さが出ているが、個性が強すぎる面々をクールに対処する担任教師を応援したくなります。

一般的に想像するであろうおバカな男子学生の上の上をいく、アクを持ちすぎている花の女子高生たちの、極めてくだらないことを突き詰めて描いている作品にどっぷりハマってしまったのを、自覚せずにはいられない第一話でした。

hana(20代、女性)

毎日元気な女子高生たち。
タピる!自撮り! キラキラな生活を送る女子高生達の中に目立たない3人組。

馬鹿馬鹿しいこと大好きな望、オタクな茜、そしてしおり。
みんな同様、キラキラな生活を送ろうとしますが、少しなにかが足りない3人。

もしかしてちょっと浮いてる? 望は高校生になったら彼氏をつくるぞー!と気合い十分に入学しますが、そこは女子高。
これから、3人のドタバタな高校生活がはじまります。
3人に明るい未来はあるのでしょうか。

第1話みなさんの感想

nebo(20代、女性)

彼氏と出会う時の設定が斬新すぎて、主人と面白いねとわらいました。
なんだか古風というか‥笑 不思議な世界観で、時々違う作品のパロディー?みたいなのもあって、なんだか面白かったです。

主演の岡田さんも、いい意味で自 分を捨てて演技されていたように見えました。

笑 髪もばっさりですね! 全てのセリフがすごくボーイッシュだったのはなんでなのか、わかる方教えていただきたいです! みていて思ったことは、女子高生は若いなー元気だなーということです。

次回作も不思議な空気感に包まれそうです。

yu09(50代、女性)

“バカが本当におバカすぎて、逆にそれがとても面白く感じました。
確かにドラマのタイトル通り、女子高生が時間を無駄遣いしているように見えます。

このようなバカなことができるのもこの時だけなのかもしれません。
後で振り返ってみて、高校時代はバカなことばっかりやっていたな、と笑って振り返られる良い思い出になっていくと思います。
それにしても、バカは良い意味で非常に前向きです。

ですが、オタのジュースに激辛を入れたのはやりすぎだと思いました。

彼女たちの担任の先生はイケメンの独身、彼女無しの27歳ですが、女子大生好きだそうです。

女子高に通ったことはありませんが、独特の世界に居ると、彼女たちのような思考になっていくのかもしれません。

BBE(20代、女性)

原作の漫画や少し前まで放送していたアニメの方も見ていたのですが、登場人物がかなり原作に寄せられており、原作ファンでも安心して見られました。

みんな綺麗な女優さんをつかっているはずなのになぜかさほど綺麗に見えないところも、この作品の空気感にマッチしていてとてもよかったです。
ドラマオリジナルのシーンもいくつかありましたが、女子高生の無駄遣いの空気を壊さない「めちゃくちゃに面白い」部分ばかりでよかったです。
バカ役の岡田結実さんが本当にしょうもない女子高生になりきっていて、見ていてスカッとするくらい面白かったです。

他の女優さんもしっかり「しょうもない女子高生」になりきっていて、何も考えずにケラケラ笑いながら見られるドラマになっていてよかったです。

Q2(30代、男性)

女子校を舞台にした女子高生の日常を描いている作品ですから、個人的にはすごい新鮮に感じられました。

共学の高校の状況はともかく、女子校がどんな状況であるのか?というのは、全く知らないですし、想像もできなかったので、現実の女子校もこんな感じなのかな?と思えてきて、ある意味勉強になった気がしたのです。

男子が全くいない状況なわけですから、そこで出てくる会話は彼氏がどうとか、そういったものもあり、予想できた面もありましたが、その雰囲気は共学の高校とはちょっと違ったと思います。

そして、彼氏ができづらい環境であるということに嘆いでいる姿というのは、女子高生らしいなとも思えてきて、女子校の真の姿のようなものを見た気分になりました。

第2話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第2話あらすじは?

“ 人は誰しも、他人からすればしょーもないことを、ものすんっごく…気にしていたりする――。
例えばロリ(畑芽育)。

高校生にも関わらず幼すぎる見た目を気にする彼女は、自分に「ロリ」というあだ名を付けたバカ(岡田結実)にナメられないように必死でオラつく日々。

 全力でオラつくあまり、バカとその友人であるヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)に「舐めた真似ばかりしてると、白馬に乗った王子様が現れなくて孤独死する」と、とんでもない捨て台詞を投げつける。
 一方、優等生すぎて面白みがない…と自分に自信のないマジメ(浅川梨奈)は、密かにロボに憧れを抱いている。

そんなある日、ロボがバカの背脂のモノマネを見て笑う姿を見て衝撃を受け、「鷺宮さん(ロボ)と親しくなるには田中さん(バカ)の攻略が必須」と必死にバカの観察に勤しみ始める…。
 その頃、ワセダ(町田啓太)は重度の中二病・ヤマイ(福地桃子)の進路希望の内容に驚がくしていた。

「文系か、理系か」という問いに対して「ドラゴンに乗って戦いたい!」と息巻くヤマイ。
JKの担任のキツさに、ワセダのイライラは募っていき…?

公式サイトより

みんなの注目する点は?

87g(30代、女性)

幼馴染の二人と女子高に通うことになったバカですが、頭の中は彼氏が欲しいということばかりです。

そのため色んな手を考え出すけれど、クラスメートも個性派ぞろいで休む暇はありません。

幼い見た目がコンプレックスになっているロリと親交を深めようとした矢先、ロリの忘れ物を届けにおばあちゃんが学校にやってきます。
バカが対応をしますが、ロリのおばあちゃんはなかなか曲者であるところが見どころです。

また微生物しか友達がいないロボ主役の連続ミニドラマシリーズの展開にも注目です。

xuw3(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、田中による試みにより、クラス全員にあだ名をつけると言う展開になるのでした。
菊地はオタや、または鷺宮はロボとなるのでした。

そして、田中本人はバカとなるのでした。
そして、そんなある時オタは家で一人ベッドに寝転びながら音楽を聴いたり、または漫画などを楽しんでいたのでした。

そんな時、バカから自撮りの写真が送られてくるのだが完全に無視をして、自分の世界に入るのでした。
そして、いつかは自分も夢の印税生活をと奮起し漫画を書き始めるのでした。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

noi34(30代、女性)

女子高生のリアルな悩みが描かれていて、恋の悩みを話していました。
岡田結実ちゃんが頑張って髪を切って演技をされていたなと思いました。
また、女子高生の悩みだけではなく、家庭の悩みまで描かれていました。
しかし、芋だけで生活をするのはやりすぎな感じもしました。

戦争時代のようなイメージもあるのでよくない気もしました。
しかし、タイトルの無駄遣いとストーリーの何の関係性があるのかいまだにわからないです。
全体的にストーリーをつかむのが大変でした。

また、岡田結実ちゃんはドラマでも明るい性格がしっかりでていました。
テレビでよく見る明るい性格が出ている気がしてその性格がドラマのキャラクターに活かせている気がしました。

po43(40代、男性)

「背油のモノマネできるようになったんだよ」 こんな台詞を女子高生が言っていて笑わない人はいるでしょうか。

とにかくこのドラマは登場人物の個性が強烈でキャラ立ちが素晴らしすぎます。
その中でも可愛いなと感じたのがロリ(畑芽育)で、自分の幼い印象が大嫌いなようで言葉づかいだけでも強くしているようです。


ただ性根はとても良い子で、そのギャップに萌えまくっています。
そんなロリですが、バカ(岡田結実)には完全に舐められっぱなしで、ちょっとした嘘も本気にしてしまうの素直さが可愛いです。

反抗期なのな素直なのか分からないようなブレブレキャラを畑さんが上手に演じていて、とても好感がもてました。
とにかくこのドラマはキャラが濃すぎるので、今後もそれぞれのキャラを追っていきたいです。

gbu1(50代、女性)

一奏ことマジメがいちばん制服を着崩しているのがどうにも面白いです。
学校は教科書の中以外は退屈なので、いくらでも妄想したほうがいいと思います。

彼女たちはそれを妄想とは思っていないでしょうが、現実というのはいつも面白みがないものなのです。
人間は脳というものを持っています。

だからいつでも行きたいところへ行けるのです。
異世界へも過去へも異国へも行けます。
対象が誰であれ恋愛に絞っているようですが、実はみんな妄想に生きています。

大人になったら忘れてしまうような妄想ですが、実は大人も抱いたほうがいいと思うのです。
大人になるとみんなそれぞれのこだわり程度のことに落ち着いてしまっています。
白馬の王子様が現れないのはわかりますがその果てが孤独死とは、百井咲久ことロリの言葉には笑ってしまいました。

ロリもかわいいけど、マジメが鷺宮さんに盛り上がって「雨に唄えば」なんかをやらかすのがいちばん面白いので、次回も注目します。
今回の脚本は劇団マハロの矢島弘一さんでした。
楽しかったです。

第3話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第3話あらすじは?

登校して早々、バカ(岡田結実)はヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)に衝撃的な相談を持ちかける。

 「うちの脱ぎたてのパンツってどれくらいの価値があるんだろうか…?」  朝から騒がしいバカたちを尻目に「今日は何事もなく一日過ごせますように」と祈るワセダ(町田啓太)。

そんな願いもむなしく、ヤマイ(福地桃子)がフードのジッパーを髪にからませて暴れたり、ホームルーム中に笑いすぎたバカが窒息しそうになるなど、午前中からワセダの疲労は限界MAXに。

 さらには、不登校で出席日数が足りなくなりそうなマジョ(井本彩花)に電話をかけたところ「学校は人の毒気が渦巻いている」「瘴気にあてられてしまう」と意味不明なこと言われ、癒しをもとめたワセダは、だらしない体の猫“もっちにゃん”グッズを求め、街を徘徊することに…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

87fr(30代、女性)

3話の見どころは、今まで不登校だった『マジョ』と呼ばれる子が登校してくるのか?と、転校生の登場です。
転校生は変わった子で『女の子が好き』な女子高生です。

『男に触れるとアレルギーが発症』しちゃうのに、何故か『バカ』に触れるとアレルギーが発症してしまう所が、バカを『男?』と連想させて面白かったです。

『マジョ』は3人と友達に慣れて、その記念に魂を込めてミサンガを作ってくれるのですが、その材料が本人の髪…と言うところに、ヒャー‼️ってなりました。

ui24(40代、女性)

転入生として登場する染谷リリィのキャラクター性に注目して欲しい第3話です。

とっても男の子には人気が出そうなのに、本人はオスアレルギーで、男性が触れてしまうとアレルギー症状が出てしまうのです。
そして、そんなもったいない女子高生を演じるのは欅坂46の小林由依さんです。

原作のイメージそのままの彼女が、どんな風にリリィを演じるのか。
そして、バカやヲタ、それにロボたちと、どのようなやり取りをして行くのかが見どころです。

zua2(40代、女性)

三話もワセダが振り回されまくりです。
バカたちのクラスには、女子力の高そうなキラキラ女子の転校生がやってきますが、「好きなものは女子・嫌いなものはオス」と自己紹介し、すぐに変人の仲間入りをします。
オスに触れるとアレルギーが出るリリィですが、なぜかバカにもアレルギー反応が出てしまいます。


クセの強い生徒たちに振り回され、疲れきっているワセダは求めていた癒しを見つけます。
だらしのない体のネコ、「もっちにゃん」にすっかり魅了され、ワセダはご近所さんに不信がられてしまいます。

「学校は人の毒気が渦巻いている」などと意味不明な理由で学校に来れないマジョを心配する双子の妹コハクが現れ、バカたちに助けを求めます。
妹の取り計らいで、マジョはバカたちと友達になり、ついに学校に登校してきます。


マジョは感謝のしるしにバカ達にミサンガを贈りますが、そのミサンガは髪を短く切ったマジョの髪の毛で作られていました。
気持ち悪い愛情表現ですが、嬉しそうなマジョを見てワセダは安心します。

ovi54(40代、男性)

第3話では欅坂の小林由依さん演じるリリーが登場し、バカやヲタなどとどのような展開になるか楽しみです。
主演の岡田結実さん演じるバカがどのように対応するかが見もので、百井咲久は小さくてかわいいためにロリと名付けられました。

しかし、本人は気に入らないようで、バカの巧みな誘導で最高の悪口を言うなど応戦します。
このような言葉のやり取りがどのようになるか気になるところで、女子高生ならではのぶっ飛んだ行動が見どころです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

x921(30代、男性)

新たな転校生としてリリィがやってきて、いかにも変わったタイプの女子生徒だなという感じがしました。

男性アレルギーのようなところがあって、男性に近づくことも厳しそうな感じでしたから、女子校に来たのは大正解だと思います。
元々個性が光る、変わった生徒が多くいて賑やかでしたけど、その状況にさらに個性が光る別の生徒が入ってきたことによって、クラスの雰囲気がさらに騒がしくなりそうな気もします。

でも、ここまで特殊な雰囲気のクラスは現実の女子校にもそうはないと思うので、フィクションではありますけど、非常にこれからが面白そうに思えてきました。
リリィは女性が好きという特徴を持っていますが、見た目はかなりの美少女だけにその部分が今後どのように発揮されるのか?も楽しみに感じました。

23f(40代、女性)

回を重ねるごとに、メインの3人以外のクラスメートや担任の個性が発揮されてきて面白くなっています。

特に担任を演じる町田啓太はイケメンなのに女子大生好きの非モテをとてもうまく演じていると思います。
教頭先生との掛け合いも笑えます。

基本的に笑いながら軽く見られるドラマですが、第3話では不登校のクラスメート・マジョと友達になってほしいと双子の妹に頼まれたバカ、ヲタ、ロボが、嫌われるのが怖くて他人とうまく話せないマジョに対して「全ての人に好かれるのは無理」「分かってくれる人だけを大事にすればいい」と良いことを言っていてそのシーンはとても印象に残りました。
また、途中で挿入される朝ドラ風ドラマが意外にも(?)なかなか見ごたえのある展開になってきたので続きが楽しみです。

zo0(40代、男性)

今回は冒頭から騒がしく始まったので、どうなるのだろうと思いました。
いきなり学校に登校するや否やバカがオタやロボに対して、私の脱ぎたてのパンティーいくらで売れるのだろうかっと言った時は、思わず驚きました。

確かに、最近ではあまりこのような事をあまり耳にしませんでしたが、しかしやはり今でも勿論このような事は女子高生をはじめ行われているのだろうと思いました。

性癖に関しては人それぞれなので合法であれば、勿論このような女子高生のパンティーを買う人もいるのだろうと思いました。
勿論、個人的には大ファンである岡田結実ちゃんのパンティーなら私は購入してみたいと思いました。
また、対するワセダは可愛そうに思えました。

第4話あらすじ

理想の自分のため、モテるため、恋のため、女子高生たちは今日も自分磨きに余念がない――。

リップクリームという存在に一抹の疑問を抱いたバカ(岡田結実)は、ごま油を唇に塗り登校。

香ばしいにおいを漂わせながら、エクソシストのモノマネに興じていた。

転校して以来、その圧倒的なキラキラ感で生徒たちから羨望の眼差しを受け続けているリリィ(小林由依)は、さいじょナンバー1のモテ女子・マジメ(浅川梨奈)が気になっていた。

校舎裏で女子生徒から告白を受けるマジメの姿を目撃したリリィは、からかい半分でマジメにちょっかいを出そうとするも、突如壁ドンされる羽目となり…?  一方、ヲタ(恒松祐里)は、敬愛する低所得Pの正体が、まさかワセダ(町田啓太)だとは露知らず、ボカロ新曲の“歌ってみた”に挑戦。

憧れの低所得Pに“想いよ届け!”ばりに熱く新曲を歌い上げるも、それを聞いたワセダは、1か月前の出来事を振り返っていた。

そう、晴れた日の午後、コスパが良さそうな美容室で出会った、クセの強い美容師のことを…。

そんなある日、小説家志望の1人の男子高校生・高橋は、バス停で想いを馳せていた。

実は密かにロボ(中村ゆりか)に思いを寄せる彼は、バカ、ヲタと共に行動するロボの姿をひたすら眺めながら、さまざまな想像を膨らませ…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

RQ3(30代、男性)

主人公のバカはリップクリームという存在に疑問を感じ、リップクリームではなくなんとごま油を唇に塗って登校をしてきます。

モテるために唇を色っぽく、綺麗に見せるためというそういった面でケアをしようという意識はあるものの、なぜリップクリームではなく、ごま油なのか?というのは気になるでしょう。

自分磨きに走るのは良いとしても、その方向性が明らかに違和感を覚えるのはこのドラマならではですが、今回もそういった魅力を感じられると思います。

YOTTA(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、バカが登校の際にリップクリームをつけると言うことに疑問を抱き、そして何とゴマ油を唇に付け道具としてするのでした。

そして、そのゴマ油の香ばしい匂いを漂わせながらエクソシストのモノマネをし始めるのでした。

また、一方では転校して以来、学校で圧倒的な人気を誇るリリィが才女ナンバーワンのモテ女子マジメが気になって仕方ないのでした。

また、学校の校舎裏でマジメが他の女子生徒から告白されるのを見ていたのでした。

Sawayaka(30代、男性)

私がドラマ女子高生の無駄づかいを視聴して見どころだなと感じた点は2つあります。

まず、第4話の話の軸は「モテ」「自分磨き」「恋」になってくると感じました。

その上で、今回の見どころだと感じた点の1つ目は、岡田結実さんの演じる「バカ」のバカっぷりです。

自分磨きのため使用するリップクリームを変更するのですが、まさかのごま油というブッ飛びっぷりで、笑いを通り越して驚愕してしまいました。
また、バカだから許される異常っぷりだなと微笑ましく感じました。

2つ目の見どころは、小林由依さん演じる「リリィ」の可愛らしさです。
転校依頼羨望の的であり人気を集めていたリリィですが、自分以上に人気のある「まじめ」の存在が気になり、少しからかおうとします。

しかし、逆にまじめにキュンキュンさせられてしまうオチとなっており、見ていてとても微笑ましくなりました。

これら2つが、私が思うドラマ女子高生の無駄づかいの見どころだと感じた点です。

kureta(20代、女性)

バカはリップクリームの存在に疑問を感じ、何故かごま油をリップクリーム代わりに塗って登校します。
更にエクソシストの真似をしていました。

そして、転校生のリリィはマジメの事が気になり始めました。
マジメは女子生徒から告白されますが、その場面をリリィに見られてしまいます。

リリィはそれをネタにマジメをからかおうとしますが逆にマジメが優位に立ちます。

ヲタは低所得Pが担任のワセダだとは知らずに歌ってみたに挑戦し、更に小説家志望の高橋は恋い焦がれるロボの姿を見てあらゆる妄想をしていきます。

第4話みなさんの感想

smil0(40代、男性)

今週特に面白かったキャラはヤマイとワセダ先生でした。
冒頭でのヤマイは中二病にありがちなオッドアイに憧れて目を充血させてしまう。

それを指摘するワセダ先生とヤマイとのやり取りが何だか面白く、更に別のショートストーリーではマジョを観察するヤマイを更にその後ろに立ってヤマイとワセダ先生がメーデーメーデーと代わる代わる叫んでいるそんなやり取りがとても面白かったです。

後半ではワセダがネットにアップした曲を作った時のひどい思いをしたことを思い出しながら、逆にヲタはそんなことを知らずにその曲を素晴らしいと思いをはせる、そんな二人のギャップとワセダ先生の経験したひどい経験もとても面白かったです。

今回はワセダ先生が特に活躍したなという感じでしたが、主役であるバカこと田中のキャラも相変わらず面白かったです。

Like5(40代、男性)

“バカ”の妄想やらヲタが一方的に片思いして失恋した“自撮りが上手いだけの同人作家”はいたけれど、リアルな男子高校生って出てこなかったわけです。

もちろん原作は一話あたりの尺が短いのでオリジナル要素を組み込まないといけないのでしょうが、この四話はそれがズバッとはまった話で面白かったなと思います。

残念な男子高校生を演じた高橋も絶妙なズレた妄想具合が最高、この実写ドラマの中で原作再現度の高い“ロボ”が相手だったのが尚更話のコミカル度を上げていた印象です。

面白い話ではありましたが、主演の岡田結実嬢、バカは再現の難易度が高いので一概に言えないのですが、今回もヲタとロボに喰われた感があるのは否めないところです。

キャラクター的に実写で再現すると画面で違和感、浮いてしまうのがちょっと可哀想な面はあるかなと感じました。

次話は話の本線にヤマイとマジョが絡んでくる、彼女ら二人は原作再現度高いメンバーなので楽しみにしたいところです。

wright(40代、男性)

今回はバカが本当にバカに思えました。
何故ならば、リップクリームを使うことに疑問をもち、そしてゴマ油を唇に付けるという事が考えられないからです。
ドラマとはいえ本当にバカに思えました。

また、ゴマ油等を唇に塗ることで唇そのものがテカテカになり恥ずかしくないのかとも思いました。
また、リリィはリリィでマジメのことが気になり、からかうも逆に壁ドンをくらい困惑していました。

男性が女性に対しての壁ドンは見たことがありましたが、女性が女性にするパターンはこのドラマで初めて見ました。
非常に新鮮で良かったと思いました。

また、オタはオタで敬愛している低所得Pの正体をワセダと知らず、ボカロの新曲に挑戦していました。
本当におバカな3人だと今回も思いました。

第5話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第5話あらすじは?

 「うち毛深くなりたい」  体の中で最も大切な部分…つまり心臓を守るべく、胸毛を欲するバカ(岡田結実)。
そもそも世の中は“ツルツル”であることに価値を見出しすぎではないか。
毛にだって生えている意義がある。

ムダ毛なんて言われる“毛”の気持ちも考えるべきだ。
 ――そんなバカの真剣な訴えを、冷めた目で見つめるヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)。
 一方、ヤマイ(福地桃子)は虫歯により、歯に絶望的な痛みを感じていた。

でも歯医者には絶対に行きたくない。
「この痛みは呪いによるものだ」と主張していると、マジョ(井本彩花)が突然現れる。
マジョは怪しげな魔法陣にヤマイを寝かせ、「私の術で呪いを解いて見せる」と気合を入れ始め…。
 更にはロボのもとに、ロボに恋する男性高校生・高橋(望月歩)が再来。

ついでにその親友の青山(水沢林太郎)もやってきて…!  一方、ヲタの将来の夢が「漫画家」だと聞いたワセダ(町田啓太)は、自身の若かりし時代に想いを馳せていた…。


ロックに傾倒し、27歳までには死ぬつもりだったワセダの、バンド時代の壮絶な過去が今明かされる―!  連続ドラマ内小説「ロボっこ」は、ついに激動の東京編へ。
コンクリートジャングル東京にて、恋か微生物か、ロボ子は究極の選択を迫られる。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

984v(50代、女性)

ロボと男子高校生の高橋(仮)とのその後の展開があります。

新たに彼の親友の青山も登場します。
さらにヤマイが虫歯の痛みを治すために、マジョに呪いを解かれる儀式をされてしまいます。
また、マジョとロリが映画をきっかけに仲良くなっていく話など、今回も見どころが満載です。

また、連続テレビ内小説では東京で暮らし始めたロボ子が新たな選択をしていくようになります。
今回もバカは相変わらずのバカっぷりで、それも面白いところです。

iu2z(40代、男性)

ヤマイ(福地桃子)とマジョ(井本彩花)という禁断の絡みが前回ありましたが、第5話も何やら怪しい絡みがありそうで期待度MAXです。

マジョは虫歯の痛みで苦しんでいるヤマイを魔方陣に寝かします。
この画を想像しただけでもこの二人はやっぱりヤバイと思ってしまいます。

はたして今回はどのような結末が起こるのか楽しみです。
さらに前回初登場した男子高校生高橋(望月歩)が今回も登場し、ロボ(中村ゆりか)に再び接近します。
その際には高橋の友人も登場するようなので、その友人がどのような形で爪痕を残すのかも楽しみです。

io58(20代、女性)

バカはある日、胸毛を欲していました。
更に無駄毛について熱く語るのでヲタとロボからは冷めた目で見られる事になります。

一方でヤマイは酷い虫歯に悩まされていましたが歯医者には行きたくありませんでした。
そんな時にマジョがやって来てヤマイの呪いを解くと言います。

そして担任教師のワセダはヲタの夢が漫画家だと知り、自身の過去を思い出します。
実はワセダはロックに夢中でバンドをやっていたのです。
今回もユニークな学校生活が繰り広げられます。

iu873(20代、女性)

バカは体の中でもとても大切な心臓を守るために「毛深くなりたい」と胸毛を欲しているがどういうことなのか、なぜ心臓を守るために胸毛が欲しいと思ったのか。

そんなバカな思ってることを聞いたヲタとロボは何を思うのか、ワセダは若い頃にロックに傾倒して27歳までに死ぬつもりだったと言うがワセダの過去に何があったのか、連続ドラマない小説「ロボっこ」も東京編になるということでロボ子のことも気になり見どころだと思います。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

4g4g(30代、女性)

バカの面白さが今回も大爆発して、お腹を抱えて笑ってしまいました。
まず最初に朝の挨拶運動の時に、文字通り挨拶をしながら運動するという思いつきそうで思いつかなかった行動をとることに驚かされました。
しかも教頭まで一緒になって、バカに負けじと張り合ったいるところが面白かったです。

ムダ毛に関しても、オチは、処理するのが面倒だということだったのですが、確かに心臓守るため胸毛が生えていてもいいかなと思ってしまいました。

ヘルメットを外す回数を減らすことによって握力を別のことに使うという無駄な考えにも笑わせてもらうことができました。

バカの考えている事は、誰もが思いつくことではないけれどクスっと笑わせる力があるし、からっとした笑いになるので気分が爽快です。

30b5(40代、男性)

今回はバカ役の岡田結実さんの魅力全開という感じでバカがやたら可愛く見えました。
出だしのバカと教頭とのあいさつ運動対決が早速面白かったですね。
リストバンドを外すことでバカの反復横跳びのスピードがアップしたのには笑いました。

ケンカしたバカとオタがゆで卵の殻の剥き方で仲直りするというバカの単純さも可愛かったです。
前回の男子高校生パートはかなりお気に入りだったんで今回も男子高校生の高橋が出てきたのは嬉しかったです。

友達の青山が家の臭いのことで散々な言われようだったのが可哀そうでしたが笑ってしまいました。
高橋がドヤ顔で言った「くせーのはおまえん家だろ」っていう何のフォローにもなってない決め台詞で何故か友情が深まった感じで終わりというのも面白かったですね。

lkjbz(40代、男性)

毎週毎週強烈なショートストーリーが繰り広げられる「女子高生の無駄づかい」ですが、今週も強烈に面白かったです。
特に今週はバカこと田中とワセダ先生こと佐渡先生そしてマジョこと九条のメインのショートストーリーが注目でした。

ヲタと喧嘩してしまったバカがロボの勧めでちょっとした作業をすると幸せを感じていたりする姿や突如ヘルメットをかぶって登場したり体操服がという姿だけで笑わせてくれますし、ヲタのノートをデコッたショートストーリーが実はワセダ先生のショートストーリーの前振りで噴き出すように笑わせてくれたりマジョは可愛いのにスプラッター好きというところでそのギャップで笑わせてくれます。

それとこれまで劇中劇のロボっこが何であるんだろうと思っていましたが、毎週の劇中劇として見るとカレーの福神漬けやラッキョウのように味変という効果で、本編のショートストーリーがより一層面白くなるのかなと感じてきました。

第6話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第6話あらすじは?

“性の目覚め”のタイミングは人ぞれぞれである―。
 自らの貧乳について、世の不平等を嘆くバカ(岡田結実)。
一方、高校生にして未だ「赤ちゃんは、市役所に紙を出して受理されたら出来る」と信じるロリ(畑芽育)に衝撃を受けるリリィ(小林由依)は、急遽『ロリちゃん性教育対策本部』なるものを発足させることに。

メンバーとして集められたマジメ(浅川梨奈)とヲタ(恒松祐里)は、ちょっとエロめなおススメ少女漫画をロリに貸すことで、遠回しに“性”について教えようと思いつく!  あくる日、どうにか自然な流れでロリに漫画を貸すことに成功した3人。

しかし家に帰ったヲタは衝撃的なミスに気づく。
……なんとロリに渡したのは、少女漫画ではなく、親バレしないようにカバーを入れ替えていた“ガッチガチのボーイズラブ”だったのだ!しかも、割とハードな。
 そんな中、日に日に包帯が増えていくヤマイ(福地桃子)を心配したワセダ(町田啓太)は、まんじゅうをエサにヤマイを進路指導室へと連行し、事情を聞くことに。

満を持して「僕の秘密を見せてやろう」と承諾したヤマイが包帯を外すと、そこには予想だにしないモノが…?  そしてついにボーカロイドマイスター当日。

ヲタは、憧れの低所得Pと対面することに!そして…その正体がワセダであることを知ることとなる…!  ちなみに教頭(大倉孝二)の若かりし熱血時代のエピソードも、明かされまーす!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

ui43(20代、男性)

第6話の見どころとなるシーンは、リリィ、マジメ、ヲタの3人が、純粋過ぎて、性に対して疎いロリに、エロチックな少女漫画を貸そうとする場面です。

ところが、致命的なミスを犯してしまいます。
何と、少女漫画ではなく、ボーイズラブ漫画を渡してしまったのです。


性教育のつもりが、本来の目的から大きく逸れてしまう恐れがあるため、大失態となります。
ハードボイルドな内容であることから、ロリの反応はどうなるのか、期待する余地大です。

7v76(30代、女性)

バカは自分が貧乳であることを嘆き、ロリは赤ちゃんの作り方すら知らないため、このままでは駄目だと考えたリリィたちが性教育対策本部を立ち上げます。

それに参加したマジメとヲタは、制について学ぶために少しエロさがある少女漫画をロリーに貸すことにします。
しかし実際にはその漫画は、カバーは少女漫画ではあるものの、かなりハードなボーイズラブです。

それを読んだロリが少しは成長するのか、それとも違った方向に物事を捉えるのかが見どころです。

y3vf(40代、男性)

ロリ(畑芽育)は中身も幼かっようで性に関する知識が乏しく、これにリリィ(小林由依)らがロリに対する性教育を実行するという展開は楽しみでしかないです。

しかも鍵となるアイテムがヲタ(恒松祐里)が愛読しているBL本なので絶対に面白くなること以外考えられません。

そのヲタにも今回は衝撃的な出会いがありそうで、ファンだった低所得Pの正体が担任のワセダ(町田啓太)という事実が明らかになるので、この二人の関係がどうなってしまうのか不安です。

zuiw(30代、女性)

女子高生の生徒同士でが性教育をしていて、知らない子もいるのだなと思いました。
ドラマ上でのことなので、ほとんどの女子高生や男子高校生は知っている気がしました。

ろりちゃんみたいに純粋な子もいますが、さすがに間違えてBLの漫画を貸してしまったのはまずかったです。

しかも、途中まで読んでしまって説明がしようがなかったのに、返してほしいの理由が痔だからにはその発想は面白かったです。
大切なものはしっかり保管しないといけないです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

uiu47(50代、女性)

今週もみんな可愛くて超バカで大爆笑でした。
いくらロリに隠すためと言っても奏が痔なんて、他に言い訳もあるでしょう。

リリィも良い子ですが自分が痔だと言わないところに性格が出ていますね。
でも合わせてあげる奏はやっぱり優しいです。
山本の話し方、大好きです。
でもやばいじゃないですか、包帯で汗疹とかニキビとか綺麗な肌が勿体ないです。
また写真看板に顔を入れて抜けなくなってしまった姿は超可愛くて大笑いさせて貰いました。

看板シーンは何度見ても面白くて大好きです。
望も笑いながら自分もハマってしまう、やっぱりバカですよね。
でもこの望のバカさがまたすごく可愛いと思います。
警察に呼ばれたワセダが一緒に自撮りするところ納得です。

私もこの現場に居たら絶対一緒に撮らせて貰います。
生徒もバカなら教頭も大バカで笑わせてくれます。
生徒にたかられて喜ぶ教頭の学校、大丈夫なのかと思いますが、生徒達が仲良くて凄く楽しい学校だと思います。

まともなシーキョンも居るのでとりあえずは安心です。
ワセダの変装と話し方もかなり受けました。
後で正体を言うとは思わずびっくりしましたが、真面目に話す姿はやっぱりカッコ良かったです、町田さん。

茜はショックを受けていましたが、2人はもしかして良い感じではないかと思います。
茜が女子大生になったらワセダの理想通りですよね。
次週は望が大ピンチの様で心配です。

どうやって笑わせながら切り抜けてくれるのか期待したいと思います。
是非看板にはまるシーンをまた入れて欲しいと思います。

u780(30代、女性)

ロリのために性教育をすると言いながら、間違った漫画を渡してしまったところがとても面白かったです。
しかも最初の方だけど読んでいるのに、全くボーイズラブとは気づかずに痔の話だという言い訳を本気で信じているロリが無垢で可愛かったです。

そして毎度ながらバカが、予想を斜め上に行くようなことばかりをしてくれたので爆笑することができました。
大事なものは全て2つあるんだと言い張り、ラーメンを食べようとしてお箸を落としてしまうドジをしたところに笑いました。

しかもその後、走ったせいでカップめんの中の麺からスープまで全て落ちてしまったところは笑ってしまいました。
おとぼけ警察官と言葉はなくても通じ合っているところが、バカらしいなと微笑ましく感じました。

hfr6(40代、男性)

今回はワセダがいい味を出しているエピソードが多かったと思います。
まずワセダがヤマイのことを案じて二人きりで話を聞くエピソードですが、ヤマイの厨二トークに対するワセダのツッコミがキレッキレで笑いまくりました。

包帯をあちこちに巻いているせいで汗疹が出来てるヤマイに「おまえ人より皮膚弱いんだよ~」っていう心配じみたツッコミが個人的にツボでしたね。

そして今回1番良かったのが、やはりワセダが低所得Pとしてヲタと初めて出会うエピソードでしょう。
即売会でワセダの隣のブースになった彦摩呂演じるキャラの絶妙なウザさが面白かったです。

さらにワセダとヲタがこのドラマにしては珍しくちゃんとしたラブコメしてて、何かイイなぁ~と思ってしまいました。

第7話のあらすじ・見どころネタバレ・感想

第7話あらすじは?

“入学式からあっという間に約1年。
 新年を迎えたバカ(岡田結実)は、ヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)と共に初詣に繰り出すが、「彼氏欲しい」「お金欲しい」「勉強しなくてもいい点取れる脳みそ欲しい」と煩悩が止まらず、最終的には「はんぱねー女」を目指すことに。
 学校では、ワセダ(町田啓太)がヤマイ(福地桃子)に呼び出され、「ドラゴンの卵を孵化させるにはどうしたらいいか」と真剣に相談されていた。
どこからどうみても“ただの石”である事実を理解させるべく、ワセダは禁断の取引に打って出るが…。
 そんなワセダが、憧れの低所得Pの正体だった…という事実を知ったヲタは、あれ以来ついつい過剰にワセダを意識してしまっていた。
新しい漫画を描いても、いつのまにやら“生徒と教師の禁断の恋”系ストーリーに。
新しく始めたスマホゲームの“推しキャラ”も、ワセダにそっくり。
脳みそキャパオーバーしたヲタは、ついにワセダに告白を…!?  一方、バカへの拒否反応を解消すべく“ハナクソプレイ”を敢行するリリィ(小林由依)。
街中で占い師にカモられるマジョ(井本彩花)。
 それぞれが青春を浪費する中、ある日衝撃的事実が発覚する。
 ―――バカが、留年するかも。
 ずっとみんなで、一緒にいられると思ってた。
 汗と涙とハナクソにまみれた…JKたちの“最後の戦い”が、今幕を開けるー!”

公式サイトより

みんなの注目する点は?

yv643(40代、男性)

最終回だというのに女無駄は通常運転なようで、ワセダ(町田啓太)がまたもやヤマイ(福地桃子)の世界観に付き合うことになるようです。
テーマは「ドラゴンの卵を孵化させるには?」です。
おそらく最後となるであろうヤマイとワセダのボケとツッコミの掛け合いは絶対に見逃せません。
そしてこのドラマの主人公であるバカ(岡田結実)が進級できないかもしれないというピンチに陥るようで、女無駄メンバーがバカの為にどれだけ友情を注げるのか楽しみです。
何となく感動エピソードになりそうな予感がします。

wii2(20代、女性)

入学式から1年が経ちました。
バカとヲタそしてロボの3人は初詣に向かいます。
3人の願い事があまりにも俗っぽいので、「はんぱねー女」を目指す事にしました。
ヤマイはワセダを学校に呼び出し、ドラゴンの卵の孵化の仕方を聞きます。
そんなワセダの正体が低所得Pだと知ったヲタはワセダを変に意識してしまい、描く漫画全てが教師と生徒の恋愛物になってしまうのです。
それぞれの生徒が最終を謳歌する中、なんとバカが留年の危機に晒されるのです。
バカは留年を回避出来るのでしょうか。

uiu5(30代、男性)

ドラマでありながら、オムニバス形式で色々なエピソードが描かれています。
女子高生ヲタと男性教師ワセダの関係がどうなるのかはとても興味深く、ヲタの一方的な恋心が切ないです。
一番の見どころですが、私がお勧めするのはロボ演じる中村ゆりかさんの可愛い演技です。
端正な顔立ちながら感情を全く表に出さないロボを演じられていますが、彼女の担当するオムニバス部分である「ロボッ子」はNHKの朝ドラを彷彿とさせるような作りでありながら、その内容のくだらなさとのギャップと、中村ゆりかさんの可愛い演技が光ります。

vb4(30代、女性)

バカたちが高校生になって一年たちますが、初詣に行ってもそれぞれ欲望を叶えて欲しいと言うお願いしかしない3人です。
このままではダメだと考え、「はんぱねー女」を目指すことにしますが、くだらないことばっかり考える三人がどの方向に向かうのかが見どころです。
またヲタは、憧れの低所得Pがワセダだと知ってからは、創作物が書いていても男性主人公がワセダそっくりになってしまいます。
この感情が恋愛なのかどうかも注目すべきところです。

みなさんの感想(ネタバレ含みます)

cuy5(50代、女性)

“バカはテストで赤点を取らないために睡眠学習をやっていたようです。
ですが、勉強をしていないバカにはその方法は通用しません。
そのことをクラスメートに伝えたことで、彼女がギリギリ進級することが出来たのだと思いました。
ギリギリにならないと動かない人はいるものです。
しかし、彼女のおかげでクラスメートが一致団結できたことは間違いなさそうです。
2年のクラスもほぼメンバーが変わらなかったようで、さらに彼女たちは絆を深めていくのでしょう。
ヲタとワセダの関係が気になりますが、ヲタにとっては漫画家、もしくはシナリオライターを目指すためにも、低所得Pの存在が必要不可欠なのだと思います。
一見、無駄だと思えるような時間が人生には必要だと思っています。
そして、高校時代の無駄だとも思えるような時間はあとで振り返ってみると、かけがえのない宝物になっていくのでしょう。

uy2(40代、男性)

“バカ(岡田結実)のキャラクターにはまって見始めたのもつかの間、早くも最終回なのです。
最後までバカはバカだけど、留年しないようにいつもの仲間で支えあう姿には、笑ってばかりのストーリー(ほぼストーリー性のないもの)中に、少し感動というかほっこりします。
ワセダ(町田啓太)の正体を知ったヲタ(恒松祐里)も、憧れの低所得Pだということで漫画を描いてもゲームの世界でも意識しまくりだし、とにかく女子高生らしさが爆発しています。
ヤマイ(福地桃子)も独特すぎるキャラでかわいいけれど、他のキャラクターよりしっくりこないのは自分だけでしょうか?どちらかというとまじめなキャラにはこのドラマでは見劣りしてしまいます。
若手女優が演じる女子高生。
現実にはこんなにビジュアルが整っていることはほぼありえませんが、テレビの中だからこそ理想形を見たいというニーズを満たしているのではないでしょうか。

76f4(40代、女性)

女子高生3人がこたつに入り、ダラダラと過ごしながらバカバカしい話で盛り上がるところから始まって、ずっとやり取りがコミカルで面白かったです。


冒頭の、聞いてほしいことがあったような発言が、実は、高校を留年するかもしれないという、とても大切な相談だったことが分かるまでに無駄な時間を過ごしていることが、まさに、むだづかい、と笑えます。


笑い事ではない事態に、赤点を取らないようにみんなが協力して対策を練るところが、真剣なのかふざけているのか、大丈夫なのか?!と心配になってきます。

それでもただただ楽しそうにも見えて、女子高生世代はこんな風に普段過ごしているものなのかもしれないと想像しました。
脳内の妄想シーンも、現実からかけ離れていて面白かったです。