前話で彼女にしか見えないような終わり方をした香里奈さんが、まさか魔王の姉だったとは!
ホッとしましたね。

第2話あらすじ

5年振りに再会した天堂浬(佐藤健)が、偶然にも隣の部屋に住んでいることが分かり、有頂天となる佐倉七瀬(上白石萌音)。
しかしその直後、謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいると知り、七瀬は落胆。

さらには、なんと流子から強引に2人の“愛の巣?”に招かれることに…!? 初めて、天堂のプライベートな姿を垣間見て淡い妄想を膨らませる七瀬だが、天堂からは「うちの科にくるなら手加減しない」と一喝されてしまう。

そんな中、循環器内科に正式配属された七瀬は、天堂の下に付くことに。
天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し、罵声を浴びせられていた。

公式サイト https://https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/  より

注目ポイント

DKI(30代、女性)

いよいよ新人看護士である七瀬が憧れの医師、天堂の下に正式につくことになるのでした。
しかし、ドジな七瀬はいつもながらのミスを連発し、また周りから罵声などを浴びせられるのでした。しかし、そんな時急なオペが行われることが決まるのでした。
ところが、そのオペが決まった途端、その患者である神田が食欲不振に陥ります。

そして、それを見た七瀬が病院内で行われるスペシャルイベントに誘うのでした。そのおかげあって徐々に神田は食欲を取り戻して行くのでした。

PQ(40代、男性)

2話で、七瀬は研修期間を終えて、循環器内科に配属されました。ですが、患者に使用した注射を自身の手に刺してしまうミスを犯して、天堂に叱られています。

2話で、涙腺が崩壊しかかったのは、循環器内科に入院していた神田が亡くなった時の七瀬と、彼女に対する天堂の意外な優しさでした。神田が亡くなって、天堂たちが延命措置を施している間の七瀬は、固まっているだけでした。
七瀬は、そのせいで自分は向いていないと泣いています。天堂は、責めるどころか、「前に進むんだ。ちゃんと食べて寝ろよ」と優しい態度を取りました。

このシーンが、2話のお気に入りです。七瀬の患者ノートを、ふと天堂が目にした場面があったので、その七瀬の患者に対する思いが、天堂に伝わっていたのかなと想像しました。

JM4(30代、男性)

第2話では、佐藤健さん演じる天堂が、佐倉とドタバタ劇を繰り広げながらも、どんな感じで距離が縮まって、家で天堂に抱きしめられる展開になっていくのかがとっても気になります。
ただ、前回天堂の部屋から出てきた香里奈さん演じる女性の存在もとても気になるところです。

佐倉が仕事でたくさんミスをしながらも、真っ直ぐな気持ちで奮闘する姿からは、見ているこちらもパワーを貰えます。

ここからどんな素敵なナースになっていくのか、そして天堂との関係がこれから益々目が離せません。

第2話みなさんの感想

FR(30代、女性)

前話で彼女にしか見えないような終わり方をした香里奈さんが、まさか魔王の姉だったとは。
いつの間にか自分が勇者の応援側の立場になっていて、姉で本当に良かった!と思いました。

しかし、直後のシーンで「0.0001%も無い!」と言い放たれるのは可哀想でした。
私は割と要領の良い方なので、勇者にイライラすることも多々ありますが、ドS魔王と鈍臭すぎる勇者が相変わらずで笑えます。

魔王は勇者にはとても冷たいのに、医者としては優秀で患者さんには優しいという、2面性が少し怖いです。

仮に付き合うことになっても、裏のありそうな相手は私は嫌です。
勇者は鈍臭いけれど時に患者さんに良い効果をもたらしたり、どんなに仕事の出来るひとにも出来ないことが出来たり、やはり十人十色なのかと感じました。

HNEWE(40代、男性)

とにかくクールで格好良い佐藤健君が、上白石萌音ちゃんのことを嘲笑いながらも愛情溢れる接し方をするので、非常に私は男性でありながらドキドキしていつも観ています。

また、そんな関係でありつつ医師である佐藤健君が必死で患者と向き合い、そしてオペをしている姿は本当に格好良く思えました。

そして、勿論 上白石萌音ちゃんの毎回奮闘する姿も非常に可愛くて女の子らしさが滲み出ているように思えます。

本当にこれからの展開が楽しみなドラマです。
また、個人的には大ファンである香里奈さんが出ているので、そこにも注目しているのです。

美人で少し色気のある香里奈さんが、果たしてこの先にはどう言った役割となっていくのかにも注目しています。

DEK98(30代、男性)

七瀬の好きな医師である天堂が自分の住んでいる部屋の隣で暮らしているという部分が明らかになりましたが、こういったシチュエーションは結構見ます。
漫画やドラマなどでありがちな展開とも言えると思いました。

ただ、こういった展開にならないと、恋模様が進展しませんからしょうがないとは思います。
そして、仕事の現場でも七瀬は天堂と一緒に働く時間が増えて、そういった部分でやりがいを感じているようにも見えました。
看護師としてミスはまだ多いものの、心のケアの部分に関しては長けた一面を持っているような気がしました。

どういった人においても長所と言える部分があるんだなと思いましたし、こういった部分で看護師らしさを発揮していけば良いのではないか?と思えてきたのです。

DC(30代、女性)

第一話の最後に天童先生が女の人と一緒に住んでいる描写がありましたが、絶対に姉弟だと思いました。
そうじゃなきゃ話が続きません。
やっぱりなという感じでした。
今回は佐倉が担当した患者さんが亡くなりましたが、助からず亡くなるストーリーに意外性を感じました。
しかも亡くなったのは若くて働き盛りの男性。
元気だった人が急にいなくなるという、実は誰にでも起こり得る現実を見せつけられました。

佐倉は新人なのに先輩医師やナースからかなり歓迎され温かく迎えてもらっています。
そして臆することなく発言しています。

実際の新人はあんなにのびのびと先輩を前に発言できないと思うので、そこらへんはドラマだなぁと思ってしまいます。
とにかくストーリー、キャラ設定がイタズラなKissにそっくりです。

おしまいに

●〆のことば

https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/