病室で念仏を唱えないでください10話(最終回)のネタバレと見どころ

第10話で最終回を迎えました。 今回は無差別殺傷犯を助けた松本が、母親をその犯人に刺された女学生になぜ助けたのかとなじられます。

第10話あらすじ

通り魔事件が発生し、松本(伊藤英明)・吉田(谷恭輔)・田中(片寄涼太)・児嶋(松本穂香)・長見(うらじぬの)ら救命救急センターの面々がドクターカーで現場に急行した。
心臓部を刺されてショック状態の被害者・木村敦子(菅井玲)の傍では、娘の尚(谷花音)が必死に母に呼び掛けていた。 すると、近くで刃物を持った犯人の男を見た松本は、思わず犯人に駆け寄り揉み合うことに。

あおば台病院では、搬送された犯人と敦子の緊急手術が行われたが、敦子の娘・尚に松本は「なぜ、犯人を助けるのか」と強く責められてしまう…。 一方、松本が父のように慕う憲次(泉谷しげる)が、自宅で倒れ搬送されて来た。

ガン治療に前向きに取り組んできた矢先のことだった。 すでに、ガンが転移して治験薬が効かなくなっていると担当医から聞いた松本は、意を決して自ら憲次に話をする覚悟を決める。 医師とは何か、救うとは何かについて思い悩む松本に、三宅(中谷美紀)や濱田(ムロツヨシ)は…。

公式サイトより 

みんなの注目する点は?

sewaq(40代、男性)
今回の見所はなんといっても、松本が犯人を救おうとするところだったと思います。 今回は、被害者が意識を取り戻したから美談にできましたが、もし亡くなっていたら大変なことになっていたと思います。

賛否両論あると思いますが、犯人はあのまま死んでもらったほうが良かったと思います。
また、憲次の再入院というのも見所だったと思います。 救急のメンバーが病室に次々と遊びに行くのは、微笑ましかった思います。

そして、遂に憲次が亡くなってしまいましたが、後悔のない最後だったように思えます。
firu5jdy3(30代、男性)
通り魔事件が発生して、松本らは現場に急行し、被害者の救命にあたっていましたが、その付近で犯人を目撃したため、松本ともみ合いとなってしまいます。

その結果、犯人も負傷して被害者と一緒に病院に搬送されるのです。 その後両者の緊急手術が行われることになるものの、被害者の娘が「なぜ犯人を助けるのか?」と言ってくるのです。

娘からすれば犯人の命を助ける意味が分からないということでしょうし、この問いに松本らはどう答えるのか?というのが注目です。
kgito692(50代、男性)
憲次のガンが脳にまで転移し、医師としてこれ以上の治療ができないことで、苦悩する松本の周囲の医師たちが、どんな対応をみせるかが楽しみです。

その一方、通り魔事件の発生で出動した松本たちが、多くの負傷者と犯人がいる現場で、医師としてどう振る舞うのかも、興味深い展開が期待されそうです。

最終回となる今回、松本をはじめ、三宅や濱田たちが、人を救う意味や医師とは何をなすべきかなど、それぞれの立場でどんな答えを表現してくれるかが、見どころとなりそうです。
kdfu5oc7(20代、女性)
通り魔事件の発生によって松本含むドクター達は現場に向かいます。 患者は心臓を刺されていてショック状態に陥っていました。 その近くに刃物を持った犯人もいたので松本と揉み合ってしまいます。

結果的に犯人と被害者が病院に運ばれますが、被害者家族から何故犯人を助けるのかと非難されてしまいます。

一方で憲次が倒れてしまいます。
がん治療はもう手を尽くし切った事を知り、松本は憲次にその事を話そうとします。 医師とは何か、救うとは何なのかを松本はまた悩み始めます。

第10話みなさんの感想

dke44(50代、女性)
始まりからいきなり考えさせられました。 通り魔殺人犯を助ける必要は有ったのでしょうか、無かったのでしょうか。

個人的には被害者を優先したいですが、被害者が命に関わる状況で無ければ犯人の命も救いたいと思います。

犯人が死んでしまったら罪を償えないし、どうしてそんな事件を起こしたのかも分かりません。
ただ被害者側家族が犯人を助ける事に疑問を持つ気持ちも理解できます。

今回の被害者の娘、尚はとても偉いと思いました。 きちんと人を見て考えて、こんな若者が沢山居れば日本の将来も明るいと思います。

そしてもう一つ考えてしまったこと、知り合いの命を優先するかどうかという話。 これはやっぱり知り合いの人を優先してしまうでしょう。

それは医者としてどうか、と問われても、同じ治療が必要な患者が2人いた場合、知り合いの方から治療をするのが普通だと思います。 自分の家族に医者は居ないので、自分は優先順位が低いと考えるとちょっと寂しいですが、それも仕方がないと思います。

とにかく三宅の言っていたように、普通の人間として松本は間違いなく10点満点の10点です。
しかし救命救急の医師の仕事というのは本当に大変で辛いです。 容態の悪い憲次に付いていたくても救急に呼ばれればやっぱり行かないといけないです。

松本の家族になるにはこれを理解しないと難しいと思いました。 最後に間に合わなかったけど、きっと憲司は松本が仕事を優先したことを喜んでいると思います。

そして松本も憲次の人生会議のこころづもりを読んで本当に救われたと思います。 医師と僧侶、別の角度から命というものについて考える良い機会を貰いました。 ちょっと変わった素敵な医療ドラマだったので終了が残念です。
kikin(70代以上、男性)
松本は消えかけるどんな命も救うのが、医者の使命だからと答えます。
そんな時に幼い頃に亡くした親友の父親が、死期を迎えます。
愛する人が、理不尽に亡くなっていく事に松本は涙します。 そして、母親が意識を取り戻し、先日なじった事をわびた女学生に、理不尽に死を迎える事が僧侶になれば、その意味が分かると思ったけれど、やはり分からないと告げます。

そして幼くして亡くなった親友の父親が、小冊子に残した「松本の念仏で送られる事を楽しみにしていると」いう言葉に従い、涙声で途切れ途切れに般若心経を上げます。

僧侶も人の子であり、愛する人の死は、やはり耐え難いものであり、悟りの域に至る事は、そんなに簡単な事ではないのです。
nruto(30代、女性)
「ダメだけど、ダメじゃない!」という三宅先生の言葉がとても深かったです。 このような矛盾した感情は、私自身にもよく起こることなので妙に納得しました。

憲次さんの病室に置いてあった、大仏さんと思われる編みぐるみがとても可愛かったです。 いつの間にかお地蔵さんまで増えていて和みました。 病院の仲間達みんなが憲次さんの病室に出向き、みんなで楽しい時間を共有してくれることが嬉しかったです。

私には関係の無いことにも関わらず、とても温かい気持ちになりました。 現代の医療をもってしても、まだまだ救えない生命がたくさんあるのは、本当に悲しい現実だと思います。

最も近くで目の当たりにする医師達が、1番辛い思いをされていることに気付けていなかった自分が恥ずかしくなりました。

自分の視野の狭さを知る、良い機会になりました。 善人とは言い切れないものの、優しい心も持ち合わせている濱田先生が、何だかんだ言いつつも、仲間に馴染んだことも良かったと思います。

おしまいに

人情深く、熱血な松本の生と死に向き合う救命救急医としての人生はこれからも熱く続く事を感じさせる最終回でした。 https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/