いよいよ最終回!トップナイフー天才脳外科医の条件ー10話の感想

大御所の役者さんから人気の役者さんまで揃って豪華なドラマ「トップナイフ」、遂に最終回の第10話です。

第10話あらすじ

いよいよ今出川 (三浦友和)の妻・里美 (有森也実)のオペが始まろうとしていた。

まずは西郡 (永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。
今出川も参加し、順調にオペが進むが……。

一方、深山 (天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹 田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。


そんな中、手術室では里美のオペにトラブルが発生!全身痙攣を起こした里美のもとに深山と黒岩 (椎名桔平)が合流する―。
徹の被害妄想は脳の損傷による“譫妄 せんもう”が抱かせている可能性があるという深山の説明に、思いつめた表情で聞く、徹の母・良美 (鈴木杏)。

さらに、徹は見舞いに来た良美のことを“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと言い出す……!深山は血液の逆流で脳出血を起こす危険のある徹に、再びオペをすることを決断。
しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

qqqpq(20代、男性)

脳は、人からしたら道の領域です。
この世で起きる事象は、脳によって起きていると言っても過言ではありません。

そんな脳の医学を担当する天才医師達の様子を描いたドラマがトップナイフです。
登場人物が医者ということもあり中々難しい内容になっています。

今回は事故の後遺症と向き合う息子を持つ家族についてです。
通常の脳機能を失い、幻覚が見えたりする息子が登場するようで、胸が痛くなること間違えないです。
天才医師達の活躍に期待です。

3jinoo(20代、男性)

第10話の見どころとなるシーンは、頭部に鉄筋が貫通するという大事故に遭ってしまった中学生の徹が、病室内で奇妙な発言をするところです。

死に近い状態でしたが、何とか一命を取り留め、順調に回復の兆しが見え始めたかと思いきや、”自身の母親から殺されかけた”発言をして、深山を驚かせます。

その上、徹のことが心配でお見舞いに来た母親に対し、”宇宙人扱い”をする言動から、脳に深刻な損傷がもたらされていることを深山は推測します。
原因を突き止めることができるのか、注目です。

23mbjgy(40代、男性)

前回椎名桔平さん演じる黒岩先生は子供を分かれた妻に取られてしまい、三浦友和さん演じる今出川先生の妻はとても困難な脳の手術を受けるという事で命が助かるかどうかの瀬戸際で緊迫感が高まります。

そんな中、天海祐希さん演じる深山先生は今出川先生の妻の手術の準備をする一方、頭に鉄骨が刺さった少年を治療しますが、回復しつつある少年から語られたのは「母親が自分を殺そうとした」という事でした。

果たして、これらの問題がどういう決着を見せるのか見逃せない最終回です。

rkrogur(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、何といよいよ今出川の妻である里美のオペが行われようとなるのでした。

そして、まずは西郡と幸子によって開頭した状態のまま里美に直接話しかけながら脳のチェックをしていくのでした。

そして、次にいよいよ今出川もオペに参加するのでした。
そして、オペは順調に進むのでしたが、急遽トラブルが起きてしまうのでした。

そして、全身痙攣状態になってしまった里美の元に、深山と黒岩が合流するのでした。

第10話みなさんの感想

2220bkgur(40代、男性)

脳の手術は、脳細胞や血管が非常に細かいので、手先が器用でないと難しいですね。

ちょっとミスをすると、取り返しがつかないことになるので、責任も重大です。
脳外科と心臓外科は、医者の花形ではあるけれども、難しい手術が多く、その立場を維持し続けるのは大変でしょう。

脳にボルトが刺さった少年は、手術が成功したように見えましたが、脳に損傷があるようです。
母親を宇宙人と認識するとは、少しの損傷でも脳の後遺症はとても恐ろしいです。

今出川の妻の手術なども相まって、深山は寝る暇もない忙しさです。
これまでも、深山は、医師の仕事に集中しすぎて、家庭を顧みなかったのでしょう。

深山の娘も、深山との生活を通じて、母に対するわだかまりもなくなり、父親の元に帰る決心がついたようです。
深山は、今出川の後を受けて、部長になりましたが、管理職と現場を両立させる決意のようです。

これではますます忙しくなる一方です。
さらに、部長就任パーティー途中でいきなり手術要請とは、医者の世界には休暇や休日など有って無いようなものなのでしょう。

krj49fg(30代、女性)

今出川さんの奥さんが痙攣を起こした時はどうなるかとハラハラしましたが、時間がかかったけれど目が覚めてよかったです。


これからは今出川が第一線を退くことになったので、奥さんの介護をしながらゆっくり過ごせるのではないかと思いました。

そして母親の中に宇宙人がいると認識をするようになるなんて、本当に脳というのは不思議だとかんじました。
とても身近な人をそのように認識することも不思議ですし、宇宙人という概念が失われていないことにも驚かされました。


深山の娘も、今までいろいろ話をしていましたが、母親が一生懸命働く姿を見たことで前向きになれてよかったです。
もし働いてる姿を見なかったら自分がずっと捨てられたと思い込んでいたと思うので、これで本当に親離れができたんだと思います。

kekk(30代、女性)

“少年が自分の母親に殺されたという申告で終わった前回から、事実はどうなのかとドキドキしながら今回を見始めました。
実際には事故でしたが、母親を見て宇宙人が化けた姿だと言うなど、本当にそんな症状があるのかと思えるような症例でした。
未知な脳の話だからこそできる内容だと思います。

この少年の母親と天海祐希演じる深山先生の母親として姿を見て、今回は「母親」が一つのキーワードなのかなと感じました。
特に今回響いたシーンがありました。
深山先生が自分の娘に、これまでどんな風に仕事と向き合ってきたかを伝えたシーンです。

どんなに怒鳴られても、どんなに泣いても自分は逃げなかったと告げるシーンがあります。
それを伝えたことで娘が逃げずに前へ進む姿がありました。
登場人物がそれぞれ前へ進んでいく、そんな終わり方でした。

おしまいに

最後まで見終わって外科医とは続けていくのが大変な仕事だとよくわかりました。

https://www.ntv.co.jp/topknife/