アライブ がん専門医のカルテ10回のネタバレと感想

病人の思いと病気、そして医師の関わり方を描く「アライブ がん専門医のカルテ」第10話の見どころは、サイレントキラーと呼ばれるすい臓がんのお話です。

第10話あらすじ

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。

芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。

心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。
 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。

阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。

阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。
そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。
女性は有馬総合病院の理事、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。

丁寧な美紀子の対応に感心する心。
すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

84gos0feu(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、恩田心と梶山薫が担当しているすい臓癌の患者である佐伯芳雄の弟、隼人が兄の転院させたいと申し出て来るのでした。

しかし、佐伯芳雄自身はこのまま横浜みなと総合病院で手術を受けたいと思っているのでした。

しかしまた、弟である隼人はもっと腕の良いドクターがいる有馬総合病院へ転院をして欲しいと言ってくるのでした。

そして、恩田心と梶山薫は引き留めることなく、患者家族の意思を尊重しようと従うのでした。

miso(40代、女性)

前回、抗がん剤の投与を拒否しながら、人間らしく生きることを貫いた民代さんに、患者と医師の心のつながりの大切さを教えてもらった腫瘍内科の面々。

今回のメインの患者は、がんの中でも治療が難しいと言われるすい臓がんです。
おんころ先生と薫先生は、どのように対処をしていくのでしょうか。

そして気がかりなのは、薫先生が何かを決意し、おんころ先生と共になにかに挑もうとしていることです。
「最後の試練」とは一体何なのでしょうか。
がん病棟のリアルを描き続けた今作も、いよいよ最終局面が始まります。

nekotako(30代、女性)

心と薫が担当をしていた患者は、すい臓がんを患っています。
これから抗がん剤治療を行いながら外科手術の計画を立てている患者でしたが、その患者の弟が他の病院に転院をさせたいと申し出をします。

心と薫は、患者さんの家族の意向に従うことも必要だと考えます。
しかしその後、転院先の病院の理事が訪れて、行き違いがあったことを謝罪してきます。

心と薫は、理事の筋の通ったところに好感を抱きますが、実は彼女は腫瘍内科に研修に来ている結城の母親であることが明らかになります。

息子の姿を見に来たのか、それぞれの研修医が目指す未来が見どころになります。

Zewd(30代、男性)

佐伯という患者の弟が兄を有馬総合病院に転院させたいと言ってきます。
この病院の方が腕のいい医者がいるため、そちらで手術をさせたいと思っていたからです。

心や薫は患者の意向を尊重することで一致しますが、その後有馬総合病院から理事が来て、佐伯の手術に関して、先に待っている患者を優先しないといけないと言ってきます。

佐伯に関しては、弟の希望は有馬総合病院ということになっていますが、こういった事態を受けて、弟はちゃんと納得するのか?というのがみどころになると言えるでしょう。

第10話みなさんの感想

kiken(40代、男性)

「アライブ がん専門医のカルテ」、後半になって医師について患者について、そして医師と患者の関係について現実の医療の世界の事は知らないですがドラマとしてとても上手く描かれていると思う中の、第10話です。

今回は心先生や研修医の進路先、そしてサイレントキラーとも言われるすい臓がんを患った患者さんについてのお話、そしてその家族のお話ととてもいい感じのお話でした。


このドラマでずっと良いと思っている、医者と患者さん、患者さんと家族、そして医者と家族という関係をとても良く描いているのですが、特に今回の第10話は良かったと思いました。
そんな中、今回は連君がとても可愛くて印象に残りました。

そして第10話ラスト、心先生と梶山先生の食事シーン、梶山先生が心先生に旦那さんの手術の医療過誤について告白した前の状態に完全に戻ったと感じた直後、梶山先生の乳がんの再発の展開にはとっても衝撃を受けました。

次回ラスト11話にどんな展開が待つのか楽しみでもありバッドエンドにならないか心配な第10話でした。

0989kes(30代、女性)

患者とその家族はとても不安だと思うので、実績等の可視化出来るデータに、頼りたくなってしまうのも無理はないと思います。

増して、お金持ちとなると、何でもお金で解決しようと考えてしまうものかもしれません。
難しい手術で助けられる保証が無いから、転院を断られたとしか私には思えませんでしたが、薫先生の結城理事への言葉が格好良かったです。

大病院の跡取り息子となると、何不自由無い生活をしてきたのだと思われがちです。
しかし実際は肩身の狭い思いや、初めから決められてしまったような、将来に進む努力をしなければならないのは可哀想かもしれません。

たとえ実績が少なくても、患者に寄り添い親身になってくれる横浜みなと総合病院の方が、私にとってはとても魅力的に感じます。

「お父さんはとっても良い医者よ。張ってね。」と言ってくれた結城理事はとても素敵でした。
ちゃんと分かってくれる母親で良かったです!

gray(50代、男性)

がんを治療する医者はがんの病気を治すだけではなく、がん患者とどう向き合うかも重要であると感じました。

今までは、がん=外科医という風に思っていたからです。
がん患者からすれば、少しでも腕の良い外科医がいる病院での治療を望むのは当然の事かもしれません。

でも、がんの転移度によっては手術で取り切れない症例はいくつもあると思います。

がんの病状と患者の間に立って、板挟みになりながらも、腫瘍内科医は自分たちで手術するわけではないので、仕事の半分は患者とのカウンセリングの様な仕事だと感じました。

夏樹先生が「腫瘍内科は患者と触れ合う時間が多いと感じた」というシーンでは、凄く、精神的に負担がかかる仕事だと感じました。

おしまいに

このまま静かに最終回に向かうのかと思っていたら、最後に薫先生にがんの再発が見つかったことが分かり、そんな告知を受けた後にも掛かわず、佐伯さんの手術を冷静に行なっていたことに、凄さを感じました。

https://www.fujitv.co.jp/alive/