黒幕は誰!?テセウスの船の全話ネタバレと最終回真犯人予想

「テセウスの船の黒幕は?音臼村事件の真犯人は誰だ?」
ドラマの黒幕は原作の犯人とは違うとのことで、黒幕についての考察が盛り上がっていますよね。

そこで、当サイト(ドラマ感想フードコート)では特集として、
「あなたが思う、テセウスの船の黒幕、音白村事件の本当の真犯人は?」
を視聴者の方々にリサーチしてみました。

あなたが思う、テセウスの船の黒幕と比較しながら楽しんでみてください。

また、この記事の一番下にはコメント欄を開放しています。
「あなたのテセウスの船黒幕(犯人)予想」をぜひ、書き込んでください!

また、当ページでは、テセウスの船1話からのネタバレ、観た人の感想、あらすじも掲載しています。
ぜひ、これまでのおさらいに使っていただければと思います。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船の黒幕、音臼村事件の真犯人は誰だ?視聴者50人の予想・考察は?

mika(30代、女性)
黒幕はすず

最終回予告の黒幕リストにすずも映っていたこと。佐野文吾が犯人にお前だったのか!!と言っていたこと、自分が犯人だと自供していて誰かを庇ってることを考えると鈴が犯人だと思います。
tomokoro(40代、女性)
真犯人の予想は田中、井沢、徳本

三人が怪しいと思います。きっと、1977年の音白村祭りでお母さんが毒キノコで亡くなり、何かしら、文吾に恨みがあるんではと思います。
corinpalette(40代、女性)
黒幕予想は石坂秀夫校長

音臼村祭実行委員のメンバーですし、鉛筆を削っていたシーンから、絵を描いて心の元へイラストを届けていたのではないかと思います。それが犯人だと思います。
suiapkjc (40代、女性)
黒幕は佐野文吾

最初の方の回であやしい感じだったが崖の場面で助けて心さんはあやしまなくなった。
shirochansan (30代、女性)
真犯人はさつき先生

みきおの側に過去も現在もいて、彼女はみきおに依存しているし、優しそうな顔の人にはだいたい裏のもう一つの顔があると感じるからです。
isogaisanta (20代、女性)
黒幕は出てきた音白村の村人全員

今までの事件の起こり方から一人では無理ではないかと思いました。青酸カリを庭に仕込んだのも家族に汁を振る舞う振りをして家から遠ざけた村人二人も怪しいしその間に別の村人が庭に青酸カリを埋めた可能性が高いなと思いました。校長先生やさつき先生も絡んでるっぽいので村人がグルになってやっていたと思いました。
Realsan (30代、男性)
黒幕予想は田村由紀

本来は加藤みきおのみだったのですが、2週目に自身が死なない方法を模索し、みきおと共闘して田村心を独り占めにしようとしてた。
stepmew (60代、男性)
黒幕は田中正志

えがった見方だけど、今回までで怪しいと思った人物が、犯人とはならないと思う。私が脚本家なら、エ~この人か・・と、驚いてくれる人物を犯人にする。田中正志は、おじいさんが殺された時、その死因を疑わなかった。共犯者だから・・という考え方ができる。
kumasan (20代、男性)
真犯人はせいや

理由は未来の現代編でも登場しているから。6話での様子から小太り、メガネの要素が気になってしまったから。”
mamiko35 (40代、女性)
黒幕予想は木村さつき

木村さつきは、みきおの母親になることに執着しているように見えました。そして、文吾がみきおを疑っていることは知っています。 みきおの信頼を得るために、彼をとらえようとする文吾を遠ざけ、みきおの願いを叶えようとしたのではないでしょうか。
KIMI(30代、女性)

真犯人の予想は校長先生

前回、心が校長先生に話を聞きに行った時に文吾の息子だと知っていて話をしていた様に見えたからタイムスリップについて何か知っているように感じました。

shoya44(30代、女性)

黒幕は村人全員

田舎の村なので結束力は強いです。
村人全員で佐野家を貶めようと協力している。

honetake(40代、女性)

黒幕予想は校長先生

校長先生の息子が実はせいやで、せいやは村祭りで大切な人をなくしており息子の仇で佐野さんに恨みがある。

jty64(50代、女性)

真犯人は金丸茂雄

犯人は文吾に恨みを抱いている人物。
そして、様々な事件の内部情報や駐在所で日誌をつけていることなど警察の内部事情に精通しています。
金丸は文吾や心を快く思っていない様子だったし、警察の内部事情もよく知っている。
すでに亡くなったとされているが、実は生きていたというのはこの作品ではありがちなこと。
俳優のキャリアから言っても、ユースケさんあたりが妥当な線です。
したがって、黒幕は金丸茂雄だと思います。

pkie(50代、女性)

黒幕はきむらさつき

車いすの男と同居しており、家に気味の悪い絵が張ってあること。
さのぶんごに別の恨みが有りそう。

かさね(40代、男性)

黒幕予想は田村由紀

現時点で1番怪しくなく、かつ現代で文吾の過去を知りたがっていた為、実は由紀も過去に行っていたのではないかと想像しています。

oo4(60代、男性)

真犯人は石坂校長

“〇田村心との会話でも、なぜか田村心の正体をよく知っているようです。
〇これだけお騒がせがあった田村心を免職にしないのは不自然。
〇ドラマ序盤から登場していました。
(中途登場では過去の事件との関わりが薄い。
) 〇地位から考えると、教師や村人に共犯や実行犯を依頼しやすい立場です。
〇出演回数が少ないわりに、比較的有名俳優です。
〇1977年の事件は詳細不明ですが、なにか一連の事件に関連(何らかの恨みの根源)がありそうで、その当時をよく知っています。

it0(40代、男性)

黒幕は大人のミキオ。


心が2度目のタイムスリップの時、大人のミキオは心と一緒にいたので、一緒にタイムスリップしているのでは。

anaya3(20代、男性)

黒幕予想は校長先生

まだ重要なシーンがなく、最後にどんでん返しのような展開が待っていると思うから。

amara(40代、男性)

真犯人は大人になった加藤みきお

原作とは違うとは言ってますが、実は未来から加藤みきおも来ていて、子供の自分を取り込み、いいように糸を引いているのではと思います。
佐野家以外全員という考え方も出来ますが、ドラマなのであまりに悲観的な終わり方も後味が悪いかと思います。

MAKARA(20代、女性)

黒幕予想は石坂校長

加藤みきおの望みをすべて叶えてあげようとしているから。

EKGT(40代、女性)

黒幕は大人になった加藤みきお

現実世界での動きも怪しく、なぜか彼も過去と現在を行き来できる力があり、鈴へのゆがんだ愛情から子どもの自分すら犠牲にして、自分が犯人ではないようにしたと思ったからです。
そしてそれが原因で現在の世界では車いすなのかなと思ったから。

leek(40代、女性)

真犯人予想は心

オリジナルストーリーという点と文吾が「お前だったのか」と言う相手を考えるとみきおでもなく校長でもなくどんでん返しの心ではないかと。

88rr(40代、女性)

黒幕は音臼小学校の校長

この村で唯一田村心と佐野文吾が親子だ感じていたから。
村の祭りが、きのこ鍋による中毒死により無くなってしまったことに関する恨みだと思われる。

100maya(30代、女性)

真犯人は徳元

今まで度々怪しいと思った人が死んでしまいましたが、今回の回を見て今になって毒キノコ事件など動機?があるような雰囲気だったので。

yellowT(40代、女性)

黒幕はみきお

未来から大人のみきおがやって来て、子供のみきおと手を組んだ。

namate(40代、男性)

真犯人予想は徳本

過去の祭りの被害者の子供だから

100maya(40代、男性)

黒幕は石坂秀夫校長

1977年の音臼村のお祭りのチラシに、実行委員として名前が書かれていたので怪しく思いました。
番組表の登場人物紹介で、絵が趣味、と書かれていることもいかにも黒幕ぽく感じました。

qw399(50代、女性)

真犯人は田中正志

みきおが正志の父親の世話に来ていて、みきおとつながっている。
正志は父親と折り合いが悪くみきおが毒を飲ませるのも了承していた。
12年前の食中毒で徳本の母が亡くなったのは事故なのに正志が文吾から疑いをかけられて父親も我が子を自分の県会議員の立場を気にして強く叱責し、かばってくれた母も亡くなり文吾を恨み続けていた。
 恨みを晴らす機会がなかったが、文吾には同じような食中毒殺人の犯人に仕立てることをみきおと計画。
 毒殺が失敗したため正志はフロッピー発見を装いワープロに犯行記録をコピーして毒ビンを庭に埋めて証拠を捏造し文吾を死刑に追い込むつもりでいる。
正志が井沢と徳本と猪汁の場にいなかったのが不自然。
 

sg-tr(20代、女性)

黒幕は校長先生

昔の村のお祭りが今回の事件に関わっていると思うから。

amatoma(40代、男性)

黒幕予想は「みきお」を演ずる柴崎楓雅

8話に出ずっぱりで最終に向かい、いい狂ってる感じがくさい。

htmail(50代、女性)

真犯人は加藤みきお

生い立ちから背後にラスボスがいるかもですが、現段階では彼だと思います。

sga2(20代、女性)

黒幕は石坂校長先生

心が昭和に戻ったときに事件が起きるたびに絵が残されていたが、その都度、石坂校長先生の不気味な微笑みのようなかんじが移されていたので、なんらかの形で関係していると思う。
石坂校長先生なら、みきおの手助けも割と簡単にできたと思う。

SATOU(40代、女性)

黒幕予想は石坂校長

タイムスリップのことを知っている。
また、きみおくんが祭りで学校にきて、追われているときに、視線が合ったのが校長だったので。

rebaga(40代、女性)

真犯人予想はみきお

みきおの両親が亡くなったのが文吾と関係ありそうだと思ったからです。

ARASHI(40代、男性)

黒幕は田中正志

第8話から第9話にかけて、体格のよい文吾をスタンガンで気絶させた後拉致したという事は男の犯行であり、またこの時代の田舎でワープロを使えるということは街で勤めている田中くらいしかワープロの罠を仕掛けることが出来ず、父親を守れなかった警官の文吾を恨んでの犯行だと思うからです。

tomi008(60代、女性)

真犯人予想は木村さつき

木村さつきは恋愛ができなくて、日ごろから仲のいい佐野夫婦を妬んでいた、そして加藤みきおのゆがんだ性格から、村人の殺人を計画し、その犯人を佐野文吾に仕立てる計画に影で協力し、加藤みきおに執着していたので、みきおをを守るために未来でも自分達が疑われないように被害者に成りすまして犯人隠蔽の殺人を続けているから。

gita(40代、女性)

真犯人は未来の加藤みきお

心がタイムスリップしているので、大人の加藤みきおもタイムスリップしている可能性があるから。
あそこまで用意周到に準備出来るのは未来を知っているからだと思う。

0706TE(40代、男性)

黒幕は石坂秀夫校長

1977年の音臼村祭のチラシに、音臼村祭実行員会のひとりとして名前が出ているからです。
校長ではないとしても実行委員ならばある程度の役職についていたはずで、期間が長いところがとても不自然に思えます。

waka4(50代、男性)

真犯人予想は文吾の元同僚、刑事の馬淵

文吾の容疑を裏付ける家宅捜査での態度は、何らかの憎しみが感じられ、青酸カリや「駐在日誌」のフロッピーなどの事件に関する不審なものの発見への関わりも意図的なものが感じられます。
文吾の動きを推察しながら、先回りできる刑事という立場と文吾との過去の関わりに事件を引き起こす秘密を感じられるため、黒幕ではないかと思います。

ido88(20代、男性)

黒幕は木村さつき

最終回の予告のラストで鈴ちゃんが出てるのでかなり怪しいと思ったから。

ballpen(30代、男性)

真犯人予想は徳本です。

私が黒幕が徳本だと思ったのは最終回の予告で文吾が、お前だったのかと言うので怪しかった校長は消えます。
そして、徳本の母だけが以前食中毒で亡くなったのが怪しいので黒幕は徳本だと思います。

geregere(50代、男性)

黒幕予想はタイムスリップして来たみきお

過去の自分の計画を確実に実施する為だと思います。

taka(40代、女性)

真犯人は三島千夏ちゃんのお父さん(三島病院)

千夏ちゃんが死んでしまったり、あかりちゃんが行方不明になってしまったのが、佐野文吾のせいと逆恨みして加藤みきおを使って佐野文吾を陥れようとした。

daisuke(40代、男性)

黒幕は鈴(大人)

心を突き落としたり、スタンガンを使ったりは大人でないとできない。
また、未来でみきおと一緒にいたい、居続けたいという思いから心の行動をよく思わないという動機もある。

hakane(30代、女性)

真犯人予想は現代の大人になった加藤みきお

心がタイムスリップをした場所にいたので、同じようにタイムスリップをしたのではないかと思うから。
あと加藤みきおは車椅子ではなく歩けるので、山に潜伏しているのだと思います。
村の人たちは最初は疑っていましたが、優しいので犯人ではないと思いたいです。

batta(60代、男性)

黒幕は校長先生

1977年の食中毒事件の時に深く関わっていて、その時は逮捕に至らなかったが、その真相を知っている佐野文吾を抹殺するために青酸カリ事件を起こしたのだと思います。

daisuke(50代、女性)

黒幕予想は長女の鈴

“昨日のテレビ放映を見て、本当に誰が犯人でもおかしく無い状況でしたが、私は長女の鈴だと感じました。
鈴から父親の不安を打ち明けられ、またみきおも親に対しての不満を感じた事で意気投合したサイコパスなみきおくんが、犯行を行ったと思っています。

yamamoto(40代、男性)

真犯人予想は徳本卓也

農業を営んでいるので劇薬関連を入手しやすいと思うからです。

gate(30代、女性)

黒幕は文吾

実際に逮捕されてしまったため。
主人公にとって大事な人物が犯人のことが多いから。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船1話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。  

父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。  そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会う。 

公式サイト https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/  より

注目ポイント

DS(30代、女性)

主人公の父親が殺人犯となり逮捕され、そのせいで加害者家族として世間から冷たい対応をされて笑顔の無くなった家族、という少し重苦しい空気感で始まったドラマだが、まず印象的だったのは鈴木亮平さんの演技です。

ちょっと不気味でなにを考えているのかわからない、本当に人を殺したんじゃないかと疑いたくなるような怪演技でした。

その演技のおかげか、一体真実はどこにあるのだろうかと、竹内涼真さん演じる主人公、田村心と同じような気持ちで見ることができました。 後半部分でその疑う気持ちは晴れたものの、事件の真相はまだわかっていません。

ずっと恨んでいた父親の本当の姿に触れて涙するシーンはとても感動しました。
これからどんな展開となり、なにが起こるのか、ドキドキハラハラが止まらないドラマです。

レモン(40代、男性)

テセウスの船の第1話の1番の見どころは、何と言っても現在から事件が起きた平成元年にタイムスリップする事です。

しかも竹内涼真演じる主人公の田村心は、母親のお腹にいる時に鈴木亮平が演じる父親の文吾が連続毒殺犯として逮捕されています。父親が殺人犯である事は知っていても、実際に会った事はないです。

そんな父親と、事件を起こす前の過去の世界で初めて直に遭遇します。
連続殺人犯として自分を含め残された家族に多大な迷惑を掛け続けた父親との関わりに、心は当初、拒否反応を示すのです。所が文吾と関わっている内に心が通じて、彼が殺人犯ではないと確信する場面にほろっとさせられます。

OU4(20代、男性)

竹内涼真さん主演のミステリドラマです。

父親が殺人犯という設定で、タイムリープによって真相を追っていくような内容です。
過去に戻って、父親の犯した事件に迫っていく展開には、引き込まれます。

本当に父親は殺人犯なのか、違うとしたら真犯人は誰なのか、それによって未来は変わるのか、など気になる点がいっぱいです。テーマが重いので、基本暗いドラマですが、推理ものとして見ても面白いです。
タイムリープ系は苦手でしたが、次回が気になります。

みなさんの感想

GF(30代、女性)

期待通りの面白さでした。
個人的にミステリーやタイムスリップものが大好きなので今期のドラマの中で一番良かったです。
脇役の俳優陣も皆豪華で、それだけでも見応えのあるドラマでしたが、初回から目の回る展開で一時間があっという間でした。
一話目なのに、まるで最終回を見ているかのような…怒涛の展開でした。
竹内涼真さん演じる心はとてもいい青年なので、ハッピーエンドを望みます。
竹内涼真さんもですが、鈴木亮平さんの演技が素晴らしく、引き込まれました。
心がタイムスリップした時、普通だったらまずはその世界から出る方法を探しそうなものなのに、家の中を探し出した時は危なっかしくてハラハラしました。


色々と突っ込みどころがありましたが面白さの方が勝ったので細かい所は気になりません。全編通して雪の中での撮影で大変だっただろうなぁと思いながら見ました。
真犯人は誰なのか、この先が気になります。演者さんも皆素晴らしいし、ストーリーも良いし、間違いなく今期一番のドラマでした。竹内涼真さん演じる心が幸せになる結末を望みます。

斎藤(30代、男性)

主人公が殺人犯の父親の息子ということで、世間からはそういう目で見られてしまうということになりますが、そういう状況は非常に同情します。

しかし、主人公はいきなり殺人事件が発生する直前の時期までタイムスリップをしてしまい、事件が起きる前の状況に出くわすことになり、そこから物語が面白くなってきたのです。

要するに父親が殺人を犯すとされる直前のときにきたことで、本当に父親が犯人なの?という事実を突き止められるかもしれないからです。


通常のサスペンスとは違い、時間を超越しながらのサスペンスということで、第1話は導入部分ではあるものの、非常に面白そうな雰囲気を感じられたと思います。
父親はえん罪だったのか?えん罪だとしたら真犯人は誰なのか?いきなり考察を無意識にしてしまうような、惹きつけられた感じがとてもしたと思うのです。”

MA(30代、女性)

以前に無料の漫画サイトで、1話だけ読み、とてもおもしろいなと期待していました。

警察官のお父さんの役が少し漫画のイメージと違って違和感がありましたが、あとの配役は気にならず見ることができました。 漫画でも少ししか読んでないので、お父さんの行動や、表情が訳がわからなく、今後の展開が期待できます。

過去を変えることで、未来が変わっていくありきたりな話のようですが、ひとひねりふたひねりありそうだなとおもいます。心さんと佐野さんは、本当のことを話して協力するのか、お互い色々隠しながらの関係なのか気になります。

今期のドラマの中で第1話が一番面白かったです。漫画の続きを第2話以降で見れるので、楽しみにしています。

roze(40代、女性)

雪山であかねちゃんを崖から引き上げ吹雪の中のシーンは見ているこちらまで寒くなり凍えそうでした。

あかねちゃんを助けた後にさのさんは自分の事は足も汚しているしもういい早くあかねちゃんを連れて行ってくれと子供を守るのが大人の責任だと自分を犠牲にしてまで子供を守る姿に感動しました。

何よりさのさんも命が助かってよかったです。
すごく壮大なドラマだなぁと思いました。


現実ではありえない過去にタイムスリップすると言う話ではありますが、SF。
迫力があるドラマなので映画を見ているような感じも味わえました。
日曜劇場にふさわしいドラマだと思うので次回も家族で一緒に楽しみたいと思います。次回も楽しみです。
私もこの人のお父さんは殺人犯でないと思います。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船2話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

“平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。

そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。
由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。

田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。

これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。
想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。

公式サイト https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/  より

注目ポイント

LOLO(50代、女性)

タイムスリップした平成元年の世界で生きていき、父親が本当に犯人ならば、今後の犯行を阻止していこうと決意した心が、身元も明かさないまま、周りに怪しまれることなく本当にそんなことができるのかが見どころになると思います。

また「真犯人あらわる」となっている今回の放送、本当にこんなに早く真犯人が明らかになるのか、気になるところです。

WANQ(20代、女性)

第1話で、父親がまだ逮捕されていない平成元年にタイムスリップした主人公の心(竹内涼真)。

心は過去で父親(鈴木亮平)が捕まることになった事件が起きる小学校の臨時職員として働くことになります。
父親が何かしら事件に巻き込まれて、犯人にならないようにするためです。

心は、父親とともに村で起こる事件を見守り、阻止していくことで父親が逮捕されるという事実そのものを変えようと必死にもがきます。
その効果が果たして出るのでしょか。
そして本当に父親は事件と関わっているのでしょうか。

●名前●(50代、女性)

父親が殺人犯だと信じ切っていた心でしたが、実際に文吾を目にして、冤罪を信じてみようという気になったようでした。

ここに来てようやく父親として認めようという前向きな発想になれた。
そんな心が運命を変えたせいなのか、想定外の方向に事件は進んでいるようです。

姉の鈴が行方不明になるなんていう事件は無かったはず。
文吾は、心が未来の人間だとは信じてはいないはずですが、心の姉であり、文吾の娘である鈴の行方不明は、二人が親子だと言うことを文吾が気づくきっかけになるのでは? 二人の関係に、文吾が気づくかどうかが見所だと思います。

この事件は、全てを知って、運命を変えようと二人で手を取り合うきっかけになるのではないでしょうか。

HISAKO(40代、女性)

心が、事件が起こると思われる音白小学校の先生になります。
なんとも不思議な運命ですね。

次の事件を阻止しようと、奮闘していたら、鈴がいなくなるという、ノートには記録されていない予想外の事件が! 一番の見どころだと思います。

よく、人間が過去を変えようとしたら、別の形で、同じような結果に戻そうとする、大きな力が働くという話は聞いたことがありますが、まさにそれなのではないかと思います。
犯人はいったい誰なのでしょうか?

みなさんの感想

HIGASHI(30代、男性)

心は父親が殺人事件を犯す時期よりも前までタイムスリップをして、その事件が起きてしまうのを食い止めようとしますが、なかなか上手くいかずに見ている方としてもやきもきする感覚がありました。

心はなんとかして事件の発生を抑止したいと奮闘するわけですけど、肝心の父親との仲が必ずしも良好とは言えないような面が見え始め、本当に上手くいくのだろうか?という気がしてきました。

これから現実を変えるために、すでに起きた事実を変えるために心が奮闘していくわけですけど、いきなり雲行きが怪しくなってきたという感じで、激動のストーリーが待っているのではないか?という気がします。

したがって、これからが楽しみだと思える回だったなと思うのです。

ひーた(50代、男性)

心がもつノートに未来が書かれていることを知った文吾が、そのノートを見せようとしない心の態度に、一旦は信用しかけた心への感情が変化したのは当然のように思えました。

過去の父親と対峙しながらも、自分が何者かを明かせず、それでも過去を変えようとする心の言動には苦悩が見え、それと同時に文吾も心に対して、理屈ではない何かを感じているように思えました。

火事になるはずの田中義男の家は燃えず、行方不明となるあかねも未来のノートに記された日付よりも早くなり、あかねは息がある状態で発見され、少しずつ過去が変わり、心がどう振る舞うべきか悩んでいる状況が感じられました。

また、自殺したとされる佐々木紀子や田中正志、井沢健次といった人々の事件との関わりを匂わす行動も気になりました。

しかも、真犯人と思われた長谷川翼が遺体で発見され、容疑が心にかけられ、次回以降の展開が気になります。

みな(20代、女性)

お母さんが怒ったり子供達とお父さんが無邪気に笑って全力で遊んでる姿を見ると殺人を起こすようなお父さんとは全然見えませんでした。

心はさつき先生の好意で面接をして無事に臨時教員として働くことができてひとまず一安心しました。

これからタイムスリップしている過去の事件、お父さんが作戦を練って殺人を犯しているのか、心がどう未然に防いでいくのか先がまだまだ気になります。

由紀が生前に残してくれた事件ノートがかなり役立っていて心にとってはそれが心の支えにもなっていて事件を未然に防げる材料となっていることが分かります。

ノートに書かれていた絵は事件が起こるのと関係していて心の不安が的中してしまうのも怖いなと思いました。

たけうち(50代、女性)

これまでの心は、あくまでも父である文吾と母である和子の息子、という立場で物事を見てましたが、今回はそこから成長できた気がします。

和子は父を恨んでいたのではなく、子供を守りたかっただけだったなんて。
感動しました。

榮倉奈々さんの演技もとても良いです。
どんなに大変でも、冷静に現実を見て家族に寄り添う。
母親ってこんなものなのだと改めて知らされた気がします。
でも、家族の絆が強まれば強まるほど、罪を犯したとされている文吾の現実が重くのしかかります。

見ている視聴者が犯人の手がかりとしてキーとなるのが、犯人が記しているだろう日記風の文章です。

長谷川翼が怪しいと思いましたが、翼亡き後も日記が記されていたので、まだ犯人は健在です。

心も、全てを打ち明けられたらどんなにか楽なのに。
と思いますが、今打ち明けたら、あの文吾なら自殺してしまうかもしれません。

一人で抱え込んでいる心を見るのは辛いです。
せめて、理解者を得られることに期待したいです。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船3話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

“田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。

逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。

父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。

しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。

誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!? 不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!? 追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。

心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

公式サイト https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/  より

注目ポイント

KAME(20代、男性)

殺人事件として捕まった心は、かろうじて未来のノートだけは、捨てる事で警察の手に渡るのを防ぐことが出来ました。
しかし釈放後に、心のもとにはノートとともに捨てた、免許証が届きました。

どう考えても誰かがノートを持ち出し、未来のノートの持ち主が心だと、バレている状況です。

そこには心の父の犯行について書かれている為、どうしても取り返さなくてはと考えました。

そんな心に真犯人からの追い討ちが掛かります。
奇妙な絵が送られてきたのです。
今後の展開に期待がかかります。

LO(50代、女性)

心は、執拗に追ってくる金丸に逮捕されてしまいました。
そのうえ、文吾にも不信感を抱かれているし、お母さんの和子さんには心配をかけている。

もう一人で何とかしようとしても無理があるのでは? こうなったら、全てを打ち明け、真っ向から犯人と勝負に出るしかないのでは? でも、犯人が誰かわからない状況では、手の内を見せるような物です。

なくなったノートは何者かの手を介して戻ってきたので、誰かに見られているのは確か。

もう、秘密にしておくには限界に来ている気がしますが、心はどうするのでしょうか? 話すとしたら、誰に話すのか? 心の決断が気になります。

SKY(50代、男性)

音臼小学校の臨時職員として働く田村心が、由紀の作った事件のノートに記された少女が行方不明となる事件が一日早く起こり、少女の居場所を探し当てます。

しかし、救助しようとした瞬間、事件への関与を疑われ、心は刑事の金丸に逮捕され、バッグに入れた未来の出来事が記されたノートを如何に隠すか、見どころとなりそうです。

また、釈放された心のもとに、真犯人からの挑戦状とも取れる心の免許証や不気味な絵が送りつけられ、誰にも相談できない心の動揺と状況を打破するためにどんな行動に出るのか、楽しみな展開となりそうです。

X(30代、女性)

第3話は主人公の田村心が金丸刑事に逮捕されてしまってその後どうなるかという所が注目です。

父である佐野文吾にもかたくなに見せなかった未来から持ってきたノートを警察に見つかってしまう前に捨ててしまいますが、それを誰かに拾われてしまいます。

それがいったい誰なのか、秘密を知られてしまった相手は誰なのかという謎にも迫ります。

また第2話で監禁していた犯人は誰なのか、村人の中にいるのか、長谷川がなぜ死んでしまったのかというという謎にも注目です。

みなさんの感想

YOYO(50代、女性)

佐野家の中心は文吾でした。
その文吾がのちに逮捕されるのだから佐野=田村家から灯が消えるのもいたしかたないことです。

現実世界でもこういう事件を見聞きするたびに人を信じるとはどういうことだろうと思います。

もし近所でこんな事件が起きて、町内の人が警察に呼ばれたら、その人が解放されて帰ってきたとき自分は偏見なく見られるだろうかと自問しました。

また自分の家族が犯人と言われた時無実を信じられるでしょうか。
親しい人であってもその人のことをすべて知っているかと言われれば知らないのです。

真実は時に目に見えないところにあるし、信じられないような形で現れます。
案外金丸の「自分の直感を信じる」というのが正しい処し方なのかもしれません。

でもこのドラマで誰かを信じるのは怖いのです。
もし金丸が犯人かそれに近い人間なら、田村心を自分の手の内に置いておけば有利と考えるでしょう。

ところで雪崩で死ぬはずの人が助かったし、佐々木紀子ではなく長谷川翼が死んでいるし、明音ちゃんも助かったし、過去は確実に変わっています。
でも動機は?真犯人の動機まで変わってしまったとは思えません。

音臼小事件は細部が変化しても起こってしまうのは必然ではないでしょうか。

CAP(30代、女性)

3話も最初の心さんの逮捕劇からハラハラする幕開けでした。
釈放後も村中がハリのむしろだった事が見ているだけで辛く、掌返しがとてもリアルだと思いました。

そんな中での食卓のお父さんのふざけながらの励ましで心が暖まりました。
けれど佐野家への嫌がらせ電話やノートの行方や犯人の挑発ともとれる行動が腹立たしいシーンも多くあり、早く犯人突き止めたい一心でドラマを視聴しています。

そして登場人物が全員怪しく見えてしまう疑心暗鬼状態に毎話なってしまっています(笑) 2話であんなに必死に隠していたのにお父さんに未来の事件など教えてしまう点に関しては、少し残念だったなぁと感じてしまいました。

むしろそれなら早く教えてノートを預かって貰えば誰かの手に渡らなかったのに…とヤキモキしました。

DOG(30代、男性)

心は過去の文吾に対して、自分が文悟の息子であると告げ、この後大量殺人を実行するという事実を告げます。

この時点では文吾は街の良き警察官として働いており、後に大量殺人事件を犯すなんて本人にも、周りの人間にも予測はできませんから、告げても心の思惑通りにはいかないだろうなと思いましたが、予想通りでした。

まだ犯人が文吾であると確定したとは言えないものの、後に未来は文吾が犯人であるという状況になってしまうわけですから、心としては自分が知っている事実を打ち明けて、過去を変えたいという思いがあったのでしょう。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船4話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。
生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。
心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。
心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。
しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

serim(40代、女性)

現代に戻った心。
文吾に真実を話したことで変わったはずの現代は変わるどころかもっと悪くなっていました。
母は無理心中をはかって亡くなり、姉が生き残っていることを知る心。
未だに心は真犯人が誰なのか、見当がつきません。

平成元年の音臼村でも、金丸、佐々木紀子ら、怪しかったり正体が定かでない人物がたくさん存在します。

彼ら音臼村の住人達が現代でどのように登場するのかが気になります。
そして、過去が変わったことで、亡くなった心の妻・由紀も登場します。
心と由紀の関係は、どのように変化しているのでしょうか。

Nagata(40代、男性)

現代の時代を見た時、田村は驚きを隠せなかったです。
見事に変わり果てた時代を見てしまって愕然とした田村の父は、牢獄の中にいて、母と兄二人一緒に自殺をしたのです。

田村自身がやったことなので、後になって後悔をしてしまったのです。
母も兄もいなくなり、残っているのは姉と牢獄にいる父しか家族はいなくなった田村家族は、一家離散をしてしまったことで、波乱が起きることは間違いないので、今後の展開が見どころです。

かなり無謀な作戦を考えて父親を救い出すということですが、作戦はうまくいくのか気になる所です。

syakai(30代、男性)

過去にタイムスリップし、歴史を変えようともがいたものの、心は再び現代に再びタイムスリップしてしまいます。

そして、歴史はどうなったのか?というと、懸案だった父の件に関して言えば、歴史は特に変わっておらず、相変わらず収監されており、それどころか母と兄はともに心中をしていたのです。

自らが過去に行って、歴史を変えようとしたことで、実際の歴史が悪い方向にむしろ変わってしまっていたことに心は深く後悔します。

ただ、心はまだ諦めておらず、父親がえん罪であることを証明するために、再び立ち上がり、ある作戦を思いつきます。
その作戦とは何なのか?今度は上手くいくのか?そこが最大の注目点です。

LAMP(50代、女性)

過去から再び現代へとタイムスリップした心は、過去がもっと悲惨なものに書き換えられていたことを知り愕然とした前回のラスト。

今回は彼が再び父の冤罪をはらすためにどう動いていくのか、再び過去に行くのか現代に居ながらにして力を尽くすのか、いずれにしても心の動き方、展開が見どころだと思います。

また前回ラストで何者かに襲われたかに見えた、ユースケ・サンタマリアさん演じる刑事。
彼はどうなってしまったのか、彼を襲ったのは誰のか、とても気になるところです。

みなさんの感想

AKARI(40代、女性)

待ちわびた第4話です。
衝撃の第3話からどうなるのか気になって仕方ありませんでした。
一番最初の時代ではなく、あの過去から繋がる未来での再びの出会いのシーン、相変わらず役者さんの演技が良いです。

泣いてしまいました。
原作を読了したため初回から犯人はコイツか…と思っていましたが、原作漫画とは違う犯人の可能性を示され、俄然ドラマの面白さが増してきました。
原作の犯人がアレなので、理由付けがどうとでもなる点に感心します。

と思っていたら今回、どういうことでしょう!?状態になりました。
それからさつきさん…一人でホラーテイストかつモラハラパワハラ圧迫テイストになっているし、彼女に一体何があったのか、その点も非常に気になります。
来週も楽しみです。

BLAD(40代、男性)

現代に戻り拘置所にて心(竹内涼真)が文吾(鈴木亮平)と再会したときですが、相変わらず竹内さんの泣きの演技が上手すぎて右目からスーっと流れる涙には感動します。

そんな感動的なシーンだというのに文吾が今週もアントニオ猪木の物真似をしてしまい、笑っていいのか感動していいのか分かりませんでした。
現代になるとショッキングなことも起こりました。

あんなに優しかったさつき先生(麻生祐未)が白髪になって、文吾への恨み節を口にしている場面は怖かったです。
しかもさつきは心の姉である鈴(貫地谷しほり)の義母になっていることにも驚きました。
鈴が文吾の娘であることは絶対にさつきにはバレてはいけないのに案の定バレてしまった時は鈴が気の毒で仕方なかったです。

とにかく麻生さんの演技が見ていて怖すぎです。
若き時代のさつき先生とは性格も見た目も真逆になっているので、麻生さんの演技力の高さに感心しました。

little(30代、女性)

現代に戻ったら過去が全く異なっていたことに驚かされました。
由紀が生きていたことがとても嬉しいですが心と結婚していた過去さえなくなっていたのは大きなショックでした。

すごく不思議に感じたのは、過去が変わると同時に未来も変わっているのに、現代で再会した父親とは意思疎通ができたことです。

間違いなくタイムスリップしたときに起こった事は実際に存在した出来事なんだというのが面白いなと思いました。

顔を整形して名前まで変えて生きてきた姉が過去を隠すのは当然ですが、最後に父親の無実を信じたいと言う気持ちでばれてもいいので弟に好きなように行動してといったところは涙が出ました。
由紀は今は他人だけれど、今後は心に協力してくれるのではないかと期待しています。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船5話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。

それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。
その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。

文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。

果たして、さつきの魂胆とは何なのか? そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。

父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

KITA(20代、男性)

竹内涼真演じる「心」の希望が無くなるとは何か、過去を変えてしまったことにより、心の生きる現代が変わってしまいました。

心の姉「鈴」は、父親が犯人とされている音臼小事件の被害者と結婚し生活をしていました。

しかし、心との会話を義理の母である「木村さつき」に聞かれてしまい犯人の娘ということがバレてしまいます。

そこで、木村さつきがどのような行動に出るかが見どころになります。

事件が起きた当時音臼小学校で教師をしていた木本さつきが事件の真相を知っているのかもしれません。

JPEG(40代、女性)

由紀の献身で、父の無実を証言してくれる人を見つけた田村心ですが、またしても姉の義理の母、木村さつきのジャマが入ります。

なんとか木村さつきの妨害を乗り越えて証言者に会いに行きますが、同時に木村さつきに脅された姉の鈴も証言者の自宅に現れ、心を驚かせます。

その証言者は、松尾と言い、旧姓佐々木紀子。
翼の元婚約者でした。
佐々木の自宅で3人で、当時の事件の真相を聞きます。
自分が当時翼から脅され、メッキ工場から青酸カリを盗んで翼に渡したこと。

翼が茜ちゃん誘拐事件を指示通り出来なかったから「もう終わりだと」と言っていたことなどを聞き、翼に指示していた真犯人がいることを知ります。

佐々木は、この事件に責任を感じ、自殺しようと山をさまよっている時、金丸が犯人と話しているところに遭遇します。
心が誰と話していたか聞こうとしたその時、隣で座っていた鈴が薬を飲んで倒れ、救急車で運ばれ、結局、犯人が誰かを聞きそびれてしまいます。

心が病院に付き添っている隙に、佐々木の元に木村さつきが訪れ、毒入りの芋ようかんで佐々木を毒殺してしまいます。

またしても突破口を失った心はうなだれるのですが、それを優しく由紀がなぐさめるのでした。
やはり違う世界線上でも心と由紀は結ばれる運命なのだなとジーンときました。

book(30代、女性)

前回由紀が被害者に本当に佐野文吾が犯人なのか訴えかけた事で佐野文吾の冤罪を立証する新たな新事実の情報提供を得ます。

田村心も喜んだのも束の間、証言は出来ないと言われてしまい、心はどうするのか、父である佐野文吾を救う事が出来るのかが見所です。

また鈴が佐野文吾の娘だという事に気づいている木村さつきが鈴や心に何を仕掛けてくるのか、また木村さつきの絵が何を表しているのか、過去の絵との類似点があるのかも見所です。

karaoke(30代、女性)

現代に戻り、父のえん罪をはらす為、なおも行動を続ける心。
妻であったはずの由紀のはからいで、事件の証言をする人物が見つかります。

しかし心と姉・鈴の秘密に気がついたさつきの行動が気になる所。
さつきは、心の父・佐野文吾を「絶対に許さない」と明言しています。

その上、義理の娘である鈴を尾行したり盗撮する姿も。
31年前の事件は、少しずつ書き換えられ未だ事件の真相は闇の中。
今回の5話で新事実は分かるのでしょうか。
心と由紀の今後の関係も気になるところです。

みなさんの感想

penpen(40代、女性)

麻生祐未さん、一人舞台かと思うほどの怪演です。
モラハラ大爆発で観ていてイライラ来るくらい見事です。

初期(ドラマでも原作でも)は過去に戻った主人公と恋愛関係になるかとすら思ったのに、一体何のためにここまでやるのでしょう?

上野樹里さん演じる元妻で現記者さん、主人公の竹内涼真さんに簡単に心を開きすぎと感じたのですが、きちんと打算があっての行動で良かったです。

そこを越えて本当に心を開いていくのなら納得できます。
引っかかっているのが、芦名星さんは老いの表現が非常にナチュラルなのに対し、麻生祐未さんは明らかにそりゃないだろという点です。

これが伏線なのかそうではないのかの判別がまったく付きません。
今回は前半が緩やかな展開、後半は急展開で、けれど謎が明かされそうで明かされず痒い所に手が届きませんでした。
思うツボです。
来週も楽しみです。

shizuku(40代、男性)

松尾が翼の恋人だったというのは意外でした。
一番怪しいと思っていました。
しかし、執拗に証言を妨害しようとする木村は、やはり真犯人についての情報を握っているのだと思いました。
そして、その真犯人は最後のカットでオレンジジュースみたいなものを持って歩いている人物だと思います。
そして、おそらく木村を殺しに行こうとしているのかなと思いました。
もしかしたら、鈴も殺されそうになるのかもしれないと思います。
心は、もう先がなくなってしまったので、焦っていると思いますが、由紀という力強い味方が出来たので、最後まで頑張って欲しいと思います。

kumo(60代、男性)

性格的にとても悪い人間の木村さつき(麻生祐未さん)。
それに対して、まっすぐで純粋な田村心(竹内涼真さん)と岸田由紀(上野樹里さん)。

この善悪の対照が鮮明で、ドラマとしてわかりやすく印象的です。
ドラマとしては一番古典的な初歩的な性格設定ですが、視聴者からすれば今後の展開を大いに楽しみにしてしまいます。

面白いドラマの要素として「苦境を乗り越えて大逆転のうえでハッピーエンド」というものがあると思います。

まだハッピーエンドと決まったわけではないですが、「最終回ではそうなってもらいたい」と感情移入して見入ってしまいます。

さらに「勧善懲悪」「意外性」など他の面白ドラマ要素が今後出てくれば、今後の展開とドラマ最終回での「爽快感」または「驚き」を期待してしまいます。

すでに記載した3人の演技は魅力的ですが、それ以外の共演者の好演にも心を揺さぶられます。

板挟みでもがき苦しむ村田藍(貫地谷しほりさん)と松尾紀子(芦名星さん)。
そして冤罪で疲れはてた佐野文吾(鈴木亮平さん)。
「自分がこの立場であったら辛い」ということを視聴者に共感させる演技でした。

芦名星さんや鈴木亮平さんは老け役を見事に演じています。
さて、今後の展開として、今のところ怪しすぎる木村さつきが犯人候補として挙がるでしょうが、前回までも怪しい人が(関与はしていても)謎の死を遂げていくことが多く、まだまだ真の犯人がはっきりするのには早いでしょう。

ただ木村さつきが事件に大きく関与していることははっきりしてきています。
またネット情報では「原作の犯人とは違っている」という記事もありました。

木村みきお(安藤政信さん)とか石坂校長(笹野高史さん)など、ちょっと怪しかった人も可能性大だと推測します。

今後の展開が悲劇的であればあるほど結末のハッピーエンドと勧善懲悪を強く願ってしまいます。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船6話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。

姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。
そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が! それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。

木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。

しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。
そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

PINK(50代、女性)

真犯人への手がかりが掴めそうだったのに、また木村さつきに妨害されました。
かといって、さつきが犯人とは思えません。

これまでは、さつきが怪しいと思っていましたが、真犯人は金丸茂雄を突き落として殺害したのと同一人物だとすると、華奢な体型のさつきが金丸を殺害できるとは思えません。

そこで気になるのは、木村みきおです。
みきおは身よりがなくてさつきの養子になったようですが、両親は村の人達と上手くいっていなかったのでは? 心はみきおと行動を共にするようですが、みきおが真犯人ならば心が狙われる事必至。
みきおは要チェックしようと思います。

REONTA(30代、男性)

文吾の無実を証明してくれるはずだった松尾紀子が木村さつきに殺害され、文吾を助ける術を無くしてしまい酷くショックを受ける心。

木村さつきが松尾を殺害した事を知って、心と藍は木村が音臼小事件の真犯人なのかと思います。

しかし、そんな木村の元には毒入りのジュースが届けられます。
心に向けて真犯人から「事件を嗅ぎまわるな」と警告メッセージが届きます。

文吾を必ず救うと決意した心は、ここで諦める事はできないと、引き続き由紀と共に事件の真相を追い求めます。

心は、木村みきおから手渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶を頼りに事件の大きな手掛かりを手に入れます。

しかし、心の手に入れた手掛かりは犯人の仕組んだ罠でした。
そんな中、心に届いた犯人からの招待状。

心は罠だと分かっていながら、自分の命を掛けて真犯人に会いに行く事を決意します。

果たして、心は真犯人との決着をつける事ができるのでしょうか? そして、文吾の無実を証明する事はできるのか? 今回の見どころは、心が命を掛けて真犯人に会いに行くところが大きな見どころになると思います。

心が犯人と直接会うということになりますので見逃せない回になると思います。

cell(60代、男性)

前回までも、深い関係者として真犯人ではないかと怪しかった人たちが、実は真犯人ではなく、黒幕の真犯人によって次々と殺されていっており、今回も最有力候補で怪しい木村さつきに毒入りのジュースが届く展開。

予告編などでは木村みきおも怪しいのですが、「共犯者の影、最後の犯行予告」というサブタイトルもあり、もっと意外な人物かもしれません。

私自身は原作を読んでいないのですがweb記事などで見つけた「このドラマの真犯人は原作とは違っている」という情報もあり、ますます複雑な展開となりそうで、今後も楽しみです。

見どころはやはり真犯人確定に近づいていっている展開の面白さでしょうが、まだ第6回で、真犯人確定には早いような気がしますので、更にどんでん返しの連続によって驚きの回数を増やしてくれそうです。

voice(30代、男性)

毎週謎が謎を呼ぶ「テセウスの船」。
今週はいよいよ真犯人が出るのではないかと期待される回ですね。
前回の放送の終わりでは、木村さつきに近づく男が出ていましたが、果たして彼女になにかが起こるのか。

そして予告編で登場していた木村みきお。
この木村親子と真犯人がどのように結びついていくのかが、とても気になります。

もう一つ期待されるのは心と由紀の関係です。
違う世界で出会った2人も果たして同じように結ばれていくのか。
期待をして放送を見届けたいですね。

みなさんの感想

saran(40代、女性)

さつき先生はサラッと亡くなってしまいましたが、あの毒々しい魔女のような容姿や生々しい演技がとても気持ち悪く、何度か目をそらしてしまいました。

さつき先生の怪演が中だるみを防いでいたんだと思い観ていました。
生き残っていた音臼小学校の生徒だった車椅子の男が怪しいと思っていたら、最後のシーンで「あぁやっぱり…」との展開でした。

またまたタイムスリップして事件の真相が分かるのは楽しみですが、タイムスリップしてまた未来が変わってしまうのかが気になるところです。

まさにサイコパスな子供の犯罪も非常に気になります。
早く来週にならないか楽しみな回でした。

neckneck(30代、男性)

音臼小学校での殺人事件の犯人として最も怪しいと思われていたさつきが死にました。
これは衝撃的で、最も怪しい人物が真犯人ではなかった可能性が高くなった思うので、かなり驚きました。

そして、今回はみきおが非常に怪しい存在として描かれており、車いすから立ち上がったり、心を殺そうとしたりと、今までとはちょっと雰囲気が変わった面を見せていて、こちらもちょっと驚きでした。

描写を見ている感じでは、真犯人はこのみきおなのか?ということになりますが、さすがにこれで終わりではないでしょう。

実際、心はまたタイムスリップを経験し、過去に戻ってしまったので、これから激動の展開が待っているのではないか?と非常にワクワクしてきました。

meson(40代、女性)

このドラマは、最初からとても惹きつけられるものがあり観始めましたが、毎回どきどきで、出演者さんの魅力も楽しみに拝見しています。
しかし、今回はとても心が揺れ動くような、いつも以上に強い動揺を感じる展開でした。

まず犯人確定だった木村さつきが殺されていた場面に、衝撃を受けました。
その後も、田中義男の息子が浮上したのに、また殺されていました。
そのうえ、心が疑われてしまい、一体どうなるのやらと思っていたら、由紀が助けてくれてホッとしました。

その彼女に、心がやっとタイムスリップのことを話してくれたので、やきもきがなくなったことも、今回安心できるシーンでした。
しかし、みきおには本当に恐怖感を感じました。

何となく犯人ぽい雰囲気はありましたが、この展開はやはりとても怖いです。
しかも、過去にまた心が戻ってしまい、レコーダーをみきおが持っているところで今回は終わったので、本当にどうなるのかと予測できません。
心と由紀のカップル復活には時間がかかりそうですが、それも含めて今後も続けて観ていきたいです。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船7話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。

音臼小事件まであと二日。
心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。

最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。
事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?”

公式サイトより

みんなの注目する点は?

CAN(60代、男性)

前回犯人が木村みきおであると判明したところで、今回の再度平成元年へのタイムスリップするわけですが、音臼小事件まで2日という厳しい状況で、しかも「みきお」少年が見つからないという展開。

視聴者にとっても感情移入しつつ手に汗を握ることになりそうです。
そして「みきお」少年が田村心の母(和子)を殺そうとしているということは、令和の成人した「木村みきお」もいっしょにタイムスリップしたということでしょうから、心もみきおも(年齢差がありますが)それぞれ2人存在しているわけで、ちょっと複雑なストーリーになりそうです。

このように見どころはたくさんあります。

SKET(30代、女性)

とうとう前回、犯人が判明しました。
現在に留まることができても、おかあさんやお兄さんの居ない(亡くなった)状態から犯人を逮捕するしかできませんが、タイミング良く2回目のタイムスリップが出来ました!!

以前落とした資料(未来から来た証拠)を犯人に見つけられているので、犯人からも、「主人公は要注意人物」と警戒されていますし、主人公側も今度は犯人が分かっているので、状況は五分五分です。

お父さんと協力して、是非犯行を未然に防いでほしいです。
第一話で亡くなってしまった奥さんとの関係も、タイムスリップ後は出会っていない前提で協力者としての関わり方でしたが、次に戻るときには幸せになってほしいです。

karee(20代、女性)

首を絞めた手の跡が何か変だと指摘されていましたが、その違和感が子どもの手のサイズで小さかったからだと分かる場面では、ゾッとさせられました。

そしてまさかのミキオが犯人だったとは、思いもよりませんでした。
当時子どもだったミキオが同級生を何人も殺したのは、とんでもなくサイコパスだと思います。


でもやっと犯人が分かって過去に戻ったので、ここから心さんが文吾と協力して、ミキオの犯行をどうやってとめるのか楽しみにしています。

pen(40代、女性)

子供時代のみきおのサイコパス具合に、心理的に焦る気持ちを煽られます。
まだ子供のように見えて、大人を手玉に取るような、一歩先を行く犯行の計画にハラハラしながら見入ってしまうことでしょう。

心さんを含む、佐野家の団結した家族愛が素晴らしさも見どころです。
家族を守りたい父と、全てを聞かずとも信じぬく母。


無邪気な子供たちを何が何でも守ると決めた父、佐野文吾と息子、心さんが、真正面から犯人の挑戦を受けて立つ決意に、大注目です。

みなさんの感想

star(60代、男性)

タイムスリップのパラドックスについては過去から映画やドラマで多くの作品が登場してきました。

それらと比較しても、このドラマの面白さは一級品だと感じています。
物理学においてさえこの矛盾については諸説ある難問なので追及すべきではなく、とにかくドラマが面白いです。

苦悩・怒り・恐れ・喜び・悲しみ等すべての感情を詰め込んだ振幅の大きいドラマです。
今回は演技派の鈴木亮平さんがまたまた警官時代を演じ、すべての人間の感情を見事に表現していました。

そして主役の竹内涼真さんも回ごとに成長しているかのように、共感を呼ぶ表情に深みが出てきました。

この2人の「未来の幸せをつかみたい」という強い願望を燃え立たせる演技は心に響きます。
30年後に開けるという佐野一家のタイムカプセルにそれぞれが品や文書を入れるシーンは、たいへん印象的で、最終回においてハッピーエンドを迎えてほしいという視聴者の期待をかきたてます。
深く共感します。

裏主役ともいえる少年時代の”みきお”を演じる柴崎楓雅君という子役俳優もなかなか好演でした。
顔が可愛いだけに、不気味さもちょっと異質です。
とにかく無条件で面白いドラマだと思います。
しかも回を重ねるたびに面白さが増します。

過去の放映を見ているからこそ、大きく変わる変貌ぶり(たとえば木村かおり)が比較できるからでしょう。
なお、まだ第7回の段階ですので、まだまだ意外な展開が期待できます。

なにか「みきお」少年の裏にも黒幕がいるような気もします。
校長あたりもちょっと怪しいかもしれません。
村を離れた家族にも何か起こりそうですし。
そして青年の「みきお」もどこかに潜んでいるのでしょうか。

cat(40代、女性)

運命の日が近づいて来る大事な7話は、みきおのサイコパスがあらわになり、今回も息を飲む展開でした。

心さんが再度タイムスリップして、佐野さんと意気投合してみきおを探してもなかなか見つからないというもどかしい中にも、ストーリーが進むスピードある内容にドキドキしながらテレビに釘付けでした。


大人二人が小学生のみきおに振り回されるのに少々イラつきましたが、みきおの演技に恐ろしさを感じました。
実際にあのような子供でも人の死を何とも思わず、むしろ逆に楽しんでいる子供がいるのだろうと思うと本当に恐ろしいと思いました。

家族の絆の強さも今回は感じられ、佐野の奥さんも何て聞き分けの良い奥さんなのだろうと感心してしまいました。
子供を連れ村を離れて行こうとしましたが、やはり予告にもありましたが、何か起こる感じがまた次回の放送を待ち遠しく思えます。

bus4(50代、女性)

10歳の加藤みきおが大人達を翻弄させているのに違和感を抱きつつ見ていましたが、柴崎楓雅くんが登場すると、この子ならこんな事も出来るのではないだろうか。

と思えてきて、抱いていた違和感は払拭されてしまいます。
以前、オセロ世界チャンピオンに小学生の福地啓介君がなったというニュースが話題になり、世間を驚かせましたが、柴崎楓雅君を見ていると、そんな天才小学生に通じるものがあり、ドラマにリアリティーが感じらてきます。

一方、田村家の家族愛には泣けました。
心も文吾も、そして和子も、必死に家族を守ろうとしている姿か感動を呼びます。

悲しい未来が待っている中でのタイムカプセル作成がとても切なかったです。
これを開くときは、家族みんなで笑っていてほしい。
強くそう願いました。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船8話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。

食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。
心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。

食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!  

また、村では同時に新たな事件が進行していた! 和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る!
そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!  ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!”

公式サイトより

みんなの注目する点は?

miho(40代、男性)

再び過去に戻り遂に大量殺人事件の事件当日を迎えた「テセウスの船」第8話ですが、前回竹内涼さん演じる田村信と鈴木亮平さん演じる文吾をほんろうし続ける殺人犯の少年のみきおの何とも言えない子供という無邪気さとサイコパス的な雰囲気を醸し出す怖さが見ずにはいられない第8話です。

前回から引き続きみきおに翻弄され続ける心と文吾、遂に元の世界で毒を混入された食事の時間になってしまう。

焦る心と文吾ですが、その裏で新たな犯行が進められており、もう一人の犯人の存在が判明する、見どころの多い第8話です。

gasa(40代、男性)

主人公、田村心(竹内涼真)とその父、文吾(鈴木亮平)は大量毒殺事件が起きる日に毒入りの汁を皆に飲ませないように驚きの行動に出ます。

そんな折、犯人である少年のみきおに殺害されないように村を出た和子(榮倉奈々)と子供たちが行方不明になります。


犯人の狙いとそれを裏で操る黒幕の存在が明らかになります。
父、文吾は犯人を捕まえるためにとんでもない行動を起こします。


しかし、その行動は幸せな佐野家を計り知れないどん底に陥れる仕掛けの罠だったのです。

meson(50代、男性)

食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまいます。

心と文吾は、ついに事件が起きた昼食の時を迎えてしまい、食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心と文吾はどのようにして事件を阻止するのか、また阻止することができるのでしょうか気になるとこです。

また、文吾が妻と子供達を村から出るようにさせた妻・和子(榮倉奈々)たちの身は安全に村を出ることが出来るのかも気になります。

学校の事件と平行して起こる妻と子供達への危険は、みきおのほかにも犯人があるのかが見所です。

akai(30代、女性)

ついにお楽しみ会当日の日がやって来ます。
みきおの犯罪を阻止しなければ父である佐野文吾が捕まってしまう。
21人が殺される惨劇を文吾と心が阻止し残酷な未来を変える事ができるのかが見所です。

また予想外な事件が起こり、みきおの他にもう1人の真犯人がいることが分かります。

犯人の狙いはなんなのか、村を離れる母、和子と子供達を狙っているのは誰なのか。
村人の中でみきおに手をかす人物はいるのか。
その真相も目が離せません。

みなさんの感想

miji(30代、男性)

今週はいよいよ大量毒殺事件当日を迎えました。
みきおを問い詰めた心さんと文吾でしたが不発に終わり、相変わらずさえないコンビ。

みきおはすっかりとぼけておりイライラが募りますね。
監視してなんとか事件が起きないようにしようと悪戦苦闘する2人。
しかしことごとくみきおに上を行かれてしまいます。
なんとも情けない2人です。

そして、いよいよ毒をみんなに飲ませるのではというシーンで心さんが自ら毒味しますが、これも何も起こらず。
全てはみきおの掌の上です。

ホッとしているのも束の間、今度は和子が行方不明に。
みきおには共犯者がいました。
そして車に文吾を思わせる絵があり、心さんはみきおは文吾を殺したいのではと話します。

和子たちの安否を心配していた2人でしたが、なんとあっさり見つかるという連絡が入ります。

でも、これを発見したのはみきお。
本当に憎らしい子供です。
体育館で見つかったということで、共犯者は小学校の中にいるのではと疑いを持つ心さん。

和子にも全てを話し、文吾とともに決戦をさらに気を引き締めます。
このシーン和子が警察官の妻であることへの覚悟も語られ、今回の感動のシーンでした。

そして、いよいよ文吾はみきおを捕まえる決意を固めます。
署内で話しますが誰も信じません。
そして、文吾のもとにみきおから電話があり、文吾はその場所へ1人向かいます。
それに気づいた心さんも急ぎます。
約束の場所に着いた文吾と現れたみきお。

全てはすずの一番であるためだと聞き驚いた文吾。
そしてその瞬間スタンガンで文吾は襲われ、そしてみきおも。
また次回への謎を残す展開でした。
ここで今週は終了。
来週が気になります。

noso(40代、女性)

今回のテセウスの船は、本当に気持ちが悪く、腹の立つ気持ちにさせられました。
最初からずっとみきおが、不気味で嫌味で、執拗で、すごく嫌な気分でいっぱいになりました。

彼の家庭環境のことを考えると、冷静になれますが、今日はそんな余裕はありませんでした。
そして、共犯者が誰なのか、すごく気になるのですが、なんとなく共犯者も子供なのかなぁと思いました。

しかも、鈴なのかなと思いました。
このドラマはどんどん話が展開していきますし、ある意味で何でもありみたいな感じもあるので、鈴でもおかしくない気がします。
みきお以外にも、学校の生徒たちや村の人たちが、意地悪というか、やたらと心たちに敵意を持っている点も、腹立たしく思いました。

でも、警察官よりも学校教師の力のほうが強いというのは、あの時代普通だった気がするので、リアルだなと思います。
次回、またどんな展開になるのかわかりません。

個人的に小藪という人が大嫌いなので、次回はもう観ないかもしれません。

vava(40代、男性)

このドラマを見ていると、イライラしますね。
みきおに翻弄されている心と文吾の無能さ加減が半端ないです。
率直に言って、このドラマを支持している人が理解できないです。

タイムスリップできるなどという設定も非現実的だし、子供に翻弄される馬鹿な大人たちというのも、見ていて腹が立ちます。
何が起こるかわからないという楽しみではなく、単なる思い付きとデタラメです。

こういうドラマを見て、真似をする子供はきっといるでしょう。
今時の子供は、ずる賢いし、悪魔的な思考を持っています。
反社会勢力のTBSなので、かつての「サカキバラ」事件の少年Aを再度生み出したいと考えているのでしょう。

このドラマ、おそらくバッドエンドでしょうし、この番組を楽しみにしている視聴者は、それを望んでいるでしょう。
このドラマの価値は、救いようのない日本社会の病理を体現していることでしょう。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

テセウスの船9話のネタバレ・視聴者さんの感想・あらすじ

あらすじ

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。

連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。

 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。
音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。

心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。
そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。

 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?  そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

公式サイトより

みんなの注目する点は?

cook4(30代、男性)

みきおの共犯者と思われる人物に呼び出された文吾はそこで何者かに気絶させられてします。

文吾の後を追った心は、文吾が乗ってきたパトカーの中にみきおが意識不明の重体で倒れている状況を見つけるのです。
文吾自身は行方が分からない状態のため、警察はみきおに対する殺人未遂の容疑で文吾の家に入り、家宅捜索を始めます。

ついにタイムスリップしたこの時代においても、文吾に対する殺人容疑が生じてしまい、心の願う状況とは真逆の状況にどんどんなりかけています。

ここから逆転の術はないのか?そして、文吾をはめようとしている犯人は誰なのか?みどころはそういった面になるでしょう。

prere(30代、女性)

みきおから呼び出された文吾は駆け付けますが、そこでみきお以外の人物にスタンガンで気を失わされてしまいます。

心は文吾がメモに残した文字を頼りに駆け付けますが、そこにはパトカーが止まっていて中にみきおが倒れているのを発見します。

文吾は殺人未遂容疑で逮捕されますが、心は真犯人は文吾を必ず死刑にしようとする執念に怖さを感じます。

みきおの共犯者とは一体誰なのか、そしてなぜ文吾をそれほど憎んでいるのか理由が明らかになるところが見どころです。

singjfor(40代、女性)

心も佐野もみきおに翻弄され、なかなか真実にたどり着けません。
佐野は何者かに気絶させられました。
それにも関わらず連続殺人犯で逮捕されてしまいます。

どこでどう歯車が狂ってしまったのでしょうか?みきおの協力者である本当の黒幕は一体誰なのでしょうか?先が読めない展開にドキドキが止まりません。

音臼小事件は防げた形になりましたが、違う形で佐野は逮捕されます。

家族の力で佐野の無実を証明してほしいです。
また、過去が変わったことにより、未来がどう変わるのか今後の展開が楽しみです。

maran(50代、男性)

みきおに電話で呼び出されて、一人で指定された場所に向かった文吾は、突然背後から襲われ、意識を取り戻すと真犯人の術中にはめられていることが予測されます。

心が犯人だと突き止めていた加藤みきおの背後に黒幕がいることが明らかになり、殺人未遂の容疑をかけられた文吾を救い出すため、どんな行動にでるのか見どころとなりそうです。

しかも、以前に心が崖に向かって投げ捨てた未来の書かれたノートが見つかり、事件の解決にどんな影響を及ぼすかも気になります。

みなさんの感想

india(30代、女性)

文吾が冤罪にならないように行動していたはずなのに、確かに過去にはなかった事件が起こっていたので不思議に感じていました。

しかしその事件すらも、文吾を確実に死刑にするためのものだったということがわかり、かなり前から計画されたものだと怖くなりました。

前回も和子の家族に対する熱い思いを聞いて涙しましたが、今回も何があっても信じてそばにいるという言葉で泣いてしまいました。

取材にきた記者の前で堂々とした姿を見せたところがとても強いなぁと感動しました。

それを見た子供たちが、父親にひどいことを言ってしまったので謝らなければならないと素直になったところは、この優しくて強い両親に育てられたからだろうなとしみじみ思いました。

saisake(40代、男性)

最終回間近ということで、大体の展開はわかっているつもりでしたが、今回も謎が深かったと思います。

犯人はミキオと徳本と井沢だと思いますが、計画の練り具合が完璧すぎると思いました。
まずは、佐野が無事に解放されて本当に良かったと思いますが、なぜという感じがしていましたが、見ていて理由がわかりました。


あの場所で殺すよりも、もっと佐野に屈辱的な方法を考えていたんだと思いました。
佐野は正義の味方なので、それを覆すというのは最高の屈辱だと思いました。

また、徳本の母親が亡くなった事件が今回の犯行のきっかけになっていると思うので真相が気になります。
以前ミキオが鈴のためと言っていたのが、一体なんのことなのかが気になります。

coco(20代、男性)

ドラマも残りわずかになり、いよいよ犯人がわかるか、そのヒントが出てくると思いながら見ていました。
ですが、自分の中での犯人の考察が振り出しに戻ってしまいました。

またみんなが怪しく見えてきました。
校長がまだ何かを隠しているようにも見えますし、共犯者に裏切られたように見えたみきおが目が覚めたときに冷静だったのも気になりました。

それと仮に佐野が犯人だとして、ワープロにわざわざ犯行計画を保存して庭に青酸カリを埋めるのは単純すぎると思いました。

警察がそれを鵜呑みに逮捕するのも誰もはめられていると思わないのか不思議でした。

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!

第10話

第10話あらすじ

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。
大きく揺れる心と家族。

バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……? そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。
それは、心に究極の選択を迫るものだった。

過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。
やがて迎える黒幕との対峙。

そこで事件のすべての真相が明らかにされる。
心と家族の未来はどう変わるのか……?”

公式サイトより

みんなの注目する点は?

miterr(60代、男性)

いよいよ怒涛の最終回。
殺人容疑による佐野文吾の逮捕という前回ラストから続く危機的状態からはじまります。
これほど世間で最終回を心待ちにされているドラマもそんなに多くはないでしょう。

全体が見どころといってもいいほどです。
最大の見どころは「怪しい人だらけのなかで、黒幕真犯人は誰か?」ということですが、それ以外にも溢れるほどあります。

「原作とどう違うか?」
「田村心は死ぬのか?同じ顔をした佐野心とは別なのか?」
「タイトルの『テセウスの船』にふさわしいラストか?」
「前回までのストーリーとの整合性は?」
「また戻るであろう令和の佐野家(あるいは田村家)や由紀など他の人々はどうなっているのか?」
「ハッピーエンドなのか?」。

これらの「?」が一挙に「!」になる展開は見どころ満載です。
ひょっとするとちょっと「?」は残るでしょうが。
また前回さらに急上昇した視聴率も、さらに上がりそうで、期待大です。

ART5(40代、女性)

第10話の見どころは、やはり真犯人の正体に心と文吾がたどり着くところです。
なぜ真犯人は文吾に対して、そこまで深い憎しみを持っているのか。

そして、最大の危機を心はどうやって救うのか。
すべての決着がやっと着きます。
過去を変えることで、現在が変わると信じている心。


彼の願いがどのような形で叶うのかは、まさにドラマの見せ場です。
そして、最後にタイトルの意味がわかるのではないでしょうか。
テセウスの船。
この言葉が何を意味しているのかも、わかるところが、何よりも注目したいところです。

hebiheb(20代、女性)

殺人犯として逮捕されてしまった文吾だが心は家族のために、文吾自身のために、未来のために、無実だということを証明することができるのでしょうか。

文吾の逮捕によって家族の絆はなくなってしまいそうになる中で黒幕からの恐ろしいメッセージが届くがその内容はなんなのでしょうか。

過去を変えて未来の家族のために心は何を決意するのでしょうか。
文吾を逮捕にまで追いやった黒幕は誰なのか、事件の本当の真相はなんなのか、家族の未来を変えることはできたのか、最終話がとても楽しみです。

yanadai(30代、女性)

心がタイムスリップしてから起こった出来事のすべてが、文吾を確実に死刑にするための真犯人の計画だったことが明らかになります。

駐在所のワープロからは犯行計画が見つかりますし、庭からも青酸カリが発見されて、文吾の疑いが強くなってしまいます。
文吾が捕まったことにより、家族はバラバラになってしまいますが、そんな時に黒幕から心にあるメッセージが届けられます。

そのメッセージには、心がある重大な選択をしなければらないというものでしたが、そうすることは心にとっても大変なことです。
それでも文吾と家族を助けたいと考えた心は、決心して黒幕と対峙をすることになります。
心が家族のために選んだ選択とは何か、そして文吾を助けられるのかが見どころです。

第10話みなさんの感想

keizai(30代、女性)

文吾が逮捕された時は、また冤罪を生み出してしまうのかと怖くなりました。
みきおの犯行動機が、姉のすずを独占したいからなんて、子供なのに怖いことを考えるなあと思いました。


でもすずが虐められてしまったことで、悲しむことはしたくないと自分で毒薬を飲むなんて、子供らしいまっすぐな考え方しかできなかったんだと悲しくなりました。

途中で校長先生がとても怪しいと思っていましたが、ただ息子に会いに行っていただけということでほっとしました。
しかもその理由が、文吾と心の様子を見て、もう一度息子との関係を築き直したいなんて、やはり親子の絆は強いなと思いました。

最後、心は死んでしまったけれど、未来の息子となった心は存在しているわけで、文吾の気持ちは複雑だと思います。
それでも前を向いて歩いていこうという最後はすっきりして良かったです。

souka(40代、男性)

最終回である今回も謎が溢れていて、みんなが怪しく見えるようなスリリングな内容だったと思います。

まずは、なぜ佐野が犯行を認めたのかが謎でしたが、本にメッセージが隠されていたというのは意外でした。

しかも、馬淵が渡していたので、関係があるのかと怪しく思いましたが、なんの関係もなかったので思い過ごしでいた。

そして、みきおの自供で佐野が釈放されたのは本当に良かったと思いますが、みきおの犯行の動機が馬鹿馬鹿しいと思いました。

校長も怪しく描かれていたので、思わせぶりだなと思いました。
そして、なんといってもマサシが犯人というのが意外すぎると思いました。
そして、動機も母親は過去の祭りの犯人とされたことというのも絶対に分からないと思いました。

また、最後はみんなが幸せで本当に良かったと思います。

ikuiku(40代、男性)

「テセウスの船」の第10話、最終回だというのに、更にハラハラとさせられました。

文吾が逮捕され、みきおが入院している状況の中、これまで怪しげな態度だった井沢や徳本は家族たちを守ってくれて、犯人じゃないなと思わされましたが、校長とさつき先生はみきおを庇い更にあやしいなと思わされました。

そして、みきおが病室から姿を消した後教室で語られたこれまでの動機、ただ鈴のヒーローでいたいから、鈴のヒーローである文吾が邪魔だったから、そんな動機を語るみきおはやはりとても怖さを感じさせてくれてとても印象に残りました。

おしまいに

ここまで話が進みながら最終回終盤まで本当にみきおの共犯だった真犯人が分からず、神社に呼び出される、そして文吾は刺されてしまいますが、犯人の田中が語る動機、妹が自殺した恨みを晴らすためだったとはとても予想外でした。
このドラマ最後までハラハラさせられとても面白かったです。

https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/  

 

テセウスの船
動画配信しているのはどこ?
今から無料視聴したいならココ!

Paravi(パラビ)ならテセウスの船を全話まとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができます!

テセウスの船の独占配信コンテンツが観れるのはParavi(パラビ)だけです。

今すぐ無料トライアルでテセウスの船を観る!