トップナイフー天才脳外科医の条件ー9話のネタバレとあらすじ

今出川は、以前から脳外科の中から一人医師が辞めることになることをほのめかしていましたが、それは自分のことだと深山に継げます。

第9話あらすじ

深山(天海祐希)たちは転院してきた深刻な脳腫瘍の患者が今出川 (三浦友和)の妻・里美 (有森也実)であることを知る。

実は今出川は、最初から妻に最高の治療を受けさせることが目的で、黒岩 (椎名桔平)と西郡 (永山絢斗)を東都総合病院に呼び入れていたのだ。

今出川はすでにキャリアを捨てる腹をくくっていて……。
一方、保の学校に忘れ物を届けに行った黒岩は、同級生からのいじめを無反応にやりすごしている保の姿に、かつての自分に似た“息子”の一面を見る……。

その日の午後、深山と黒岩、西郡は、三人の技術を結集して里美のオペを遂行すべく計画を詰めていた。

そんな三人に頭を下げた今出川は、深山に自分の後任を任せようと思っていることを打ち明ける。
一方、病室で里美の様子を見ていた幸子 (広瀬アリス)は、脳腫瘍が引き起こす。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

onepeace(20代、男性)

第9話の見どころとなるシーンは、保の学校に忘れ物を届けに出掛けた脳神経外科の黒岩が、イジメの現場を目撃するところにあります。

何と、保が同級生の男の子たちに髪の毛を引っ張られて、イジメの標的にされていたのです。

その上、抵抗することなく、遣られっ放しの保の姿に、黒岩はフェンス越しで嫌悪感を募らせます。

自身の過去を思い返す様で、黒岩にとっては、保の存在が気になって仕方ありません。

どうにか、保を守ってあげたいと思う、黒岩の歯がゆそうにしている表情に注目です。

Tzre(20代、女性)

今出川部長の奥さんが脳腫瘍を患う患者さんとして東都総合病院に来るが状態はどのような状態なのでしょうか。

今出川部長が黒岩先生と西郡先生を東都総合病院に呼び込んだのは自分の奥さんに最高の医療処置を受けさせるためだったことが分かるが最善の治療をやることができるのでしょうか。

これから奥さんの治療のために全てを捨てる覚悟をして深山先生に脳外科部長の後任を任そうとするが深山先生や他の先生達、覚悟を決めた今出川部長は何を思うのでしょうか。

KUROIMAKU(50代、男性)

女帝の深山に変化が必要として黒岩と西郡の二人を脳外科に招聘した本当の理由は、今出川の最愛の妻・里美が抱える深刻な脳腫瘍の手術とのためだったと知った深山の医師としての対応が見どころとなりそうです。

また、突然押し付けられた子供に翻弄されていた黒岩、押し掛けられた子供に苦悩する深山、女性を愛せない来島との関係に迷う幸子のそれぞれの医師たちの動向も面白そうな展開が期待できます。

そして、深山たちに頭を下げる今出川の決意と覚悟にも注目です。

miasanari(30代、女性)

今出川の妻は深刻な脳腫瘍を患っていたので、その治療をするために黒岩と西郡を呼び寄せていたのです。

仕事とプライベートの線引きができなかったことを自覚し、これまでのキャリアを捨てるつもりでした。

三人のトップナイフの技術を結集させることで、手術を成功させることができるのかが見どころです。

第9話みなさんの感想

catga(30代、男性)

今回は、今出川の妻 里美が転院してきて、手術前の下準備を行い、さらに緊急搬送されてきた添野 徹の難手術が行われました。

里美が「譫妄状態」で暴れたり、暴言を吐いている姿を切ない表情で見つめる今出川を見ているととても辛くなりました。

今出川は、長年連れ添った里美がこれほどまでに暴言を吐くのは自分が家庭を顧みない人間で、里美にずっと苦労を掛けてきたその反動からだろうと言います。

これに対し黒岩は「そんな事はありえない」と医師としての意見を言います。

今出川も医師として理解はしているものの、もしかしたらそうかもしれないと怖さを感じていると語っていました。

今出川は過去の自分がしてきた事にとても後悔しているのが伝わってきました。
そして、そんな自分に文句ひとつ言わずについて来てくれた里美にとても感謝している気持もすごく伝わってきました。

里美の手術は次週行われるということで、難手術ではありますが今出川が進退をかけてまで用意した最高のチームですから、何とか成功してほしいと思います。

一方の添野 徹の手術も無事成功したのは本当に良かったと思います。
後遺症もほぼ残らず奇跡的な回復で会話出来る状態にまで戻れたのは驚きました。
ただ、今回のラストに徹の口から信じられないことが語られました。

徹は、「母親が自分を殺そうとしていた」という耳を疑うような事を言います。
本当に、母親は徹を殺そうとしていたのでしょうか?心の底から息子の心配をしているように見えた徹の母が息子を殺そうと思うのでしょうか?

もしかしたら、この発言は脳に何かしらの障害が起こって出てきた発言なのではないかと、個人的には気になりましたが、果たして徹の発言の真偽のほどはわかりません。

徹の状態についても次週の最終回で明らかになるかと思いますので、次週の最終回でどのような展開となるのか楽しみにしたいと思います。

note7(30代、女性)

妻のために優秀な医師を集めたのは、自分の立場を利用しているのでやり過ぎだということはわかります。

でも自分のキャリアを捨ててでも妻を助けたいと言う気持ちはすごく伝わってきました。

だから脳腫瘍で夫の顔がわからなくなったり、いつもと態度が違うようになったところは、とても悲しく感じました。

でも最後には手術の難しさを知った上で、夫にも参加してほしいと言ったのは何が起こっても後悔しないという心の表れだとわかりました。
そして妻も夫と同じだけ、相手のことを思いやっていたんだなと思いました。

黒岩は自分と息子が似ていると感じたことにより父性を目覚めさせることができたのに、それが幻だと分かったところが切なかったです。
でも最後には血のつながりがなくても、黒岩は短い時間だったけれど自分の子供だと認めたんじゃないかなと思いました。

miura(30代、女性)

転院してきた部長の奥さんの里美さんが、旦那さんが病室に入ってきた途端、罵倒したことに驚きました。

しかし症状が落ち着いているときには良い奥さんで、決して悪い人ではないと分かり安心しました。

今出川部長が自分のキャリアを捨ててまでも、奥さんを救いたいと考えるのは自然なことかもしれません。
ただ、病気の症状とは言え、あれだけ大暴れされるととても手に負えないです。
頭を鉄筋が貫通してしまうなんて考え難く、目を逸らしてしまいました。

手術シーンの大量出血も衝撃的で、私は絶対に医療関係者にはなれないと再認識しました。

「だってあなたの子じゃないもん、保は。
」と言い放った母親の身勝手さには本当に腹が立ちました。

黒岩先生に保を擦り付けたり、急に返せと言ってきたり、子どもを何だと思っているのか全く理解できません。
黒岩先生と保くんに血縁関係が無くても、親子愛が生まれたことに感動しました。

里美さんが非常に大変な手術を、旦那さんにやってほしいと言ったことが心に響きました。

おしまいに

最終回では、最高のチームで挑む里美の手術がどのような結末を迎えるのか?しっかり見届けたいと思います。

https://www.ntv.co.jp/topknife/