トップナイフー天才脳外科医の条件ー6話のあらすじとネタバレ

脳外科医としてのアイデンティティに葛藤しながらも、真面目で患者としっかり向かおうとする西郡はトップナイフでは一番好きなキャラクターで、永山絢斗さんの評価が自分の中で高まりました。

第6話あらすじ

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山 (天海祐希)。
一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。

深山に取り入ろうとするが……。
そんな中、西郡 (永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤 卓司 (山本浩司)を診察する。
実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。

深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。

大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。

スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。

西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川 (三浦友和)に真偽を確かめるが……。
一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保(笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。
頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。

元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。

実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

food(50代、女性)

深山に恨みを持つ元医師の患者が来院するとのおだやかならぬ予告。

クールで医師としての腕前の抜群な深山の過去に一体何があったのか、明かされるだろう深山のこれまでが一番の見どころになると思います。

医療ドラマとして様々な脳の病気が紹介され、それも興味深いドラマですが、その傍らで描かれる、登場人物それぞれの人生や過去も、このドランの面白いところだと思います。

自分の医師としての才能に限界を感じ苦悩する西郡医師の今後からも目が離せないところです。

MASK(40代、男性)

深山(天海祐希)には氷の女という異名が付いていますが、今回はなぜそう呼ばれているのか明かされるかもしれません。

今回運ばれてくる男性患者は以前深山のもとで働いていた過去がある医者だったのです。

当然何らかの因縁がありそうなので、この二人にどんな過去があるのか気になるところです。

しかも、この患者はもう一人の自分の姿が目に見えてしまうという症状を持っているようで、はたしてこの症状が脳の病気と関連しているのかも見所の一つです。

TOGE(50代、男性)

深山が十年前に脳外科医をクビにした大澤が、西郡の元をもう一人の自分が見えるドッペルゲンガーの症状で受診します。

入院した大澤は、もう一人の自分に突き動かされ深山に危害を加えようとすると予想され、深山がどんな対応をするか、見どころとなりそうです。

また、事故に巻き込まれて左手を切断した入院患者の原田は、幻肢痛に悩まされ、自分の足を切り落として欲しいと望む木元という女性も自傷行為に及ぶ可能性があり、3人の患者の治療がいかになされるか、楽しみな展開が期待できそうです。

KER(30代、女性)

深山は他の同僚のサポートなど、オペ以外の仕事が増えることにいら立ってきます。
そんな時に、以前深山の同僚でもあった大澤という患者を西郡が担当することになります。

大澤はドッペルゲンガーが見えて、それが深山が自分をクビにしたので復讐をしろとけしかけてくると相談をします。

それを聞いた幸子は、自分も大澤のようにクビにされるのではないかと不安になってしまいます。

西郡は真相を確かめようとしますが、それにより深山の過去が少し明らかになるのかが見どころです。

第6話みなさんの感想

SAWA(30代、男性)

大澤のドッペルゲンガーの幻覚は自分の中の不満や復讐心から現れるのだとしたら末恐ろしい病気だ。

幻肢痛は脳外科では専門外だと分かり、かといって精神科など他のフィールドの分野の知見で治療できるのか という難しさを実感した。

「トップナイフ」は今期のドラマの中でも十分面白いのですが、シリアスなドラマを全うしたいのか、コメディとして描きたいのか芯がはっきりしない所があります。

ドラマ的なご都合主義や多少の脚色は仕方ないと思いますが、もう少しリアリティが欲しいです。

またキャスト一人一人が十分生かされているとは思えず、広瀬アリスさんの立ち位置やキャラクターはあれで良かったのかな?と毎回不満に思ってしまいます。

MIE(60代、男性)

初回以降複数のストーリーが同時進行し、面白いドラマの要素を盛り込みすぎるほど詰め込んだドラマで、欠かさず見ています。

しかし前回放送は若干視聴率が落ちたと知って、ちょっとそれも気になりながら見ました。
今回も基本的な展開手法は従来どおりですが、主役の天海祐希さんの持ち味がいつも以上に目立っていたように感じます。

危機に陥っても冷静さを失わない役どころに爽快感を覚えます。
そして相変わらず人を叱ったり説得したりするシーンが似合います。

クールビューティーでありながら、同時に「理想の上司」像も表現できる天海さんの役柄上の魅力が生かされて、演技にも秘めた情熱や人間味がうまく表れています。

共演陣では椎名桔平さんの演技が光っていたように感じます。
表情が自然で不思議なオーラを持っている人だと思います。
医師の個性のぶつかり合いの群像劇という意味では、欠かせない存在かもしれません。
さらに今回も各医師のストーリーとともに、不思議な病状の患者のストーリーも進行していきます。

病気の症状こそ奇怪で、ちょっとファンタジーのような雰囲気さえあるのですが、それぞれのストーリーは全く奇抜ではなく、定番ともいえる展開です。
昭和のドラマでもありうるシンプルな要素を持っているのですが、それだからこそ分かりやすく安心して見れるのかもしれません。

moso(30代、男性)

幻の自分(ドッペルゲンガー)が見える患者 大澤 卓司 がメスを持って深山に迫って来た時はどうなるかと思いましたが、エレベーターに同乗していた木本さんの左足を救えて本当に良かったです。

大澤は脳外科認定試験すら受験させてもらえず深山にクビを切られた事を恨んでいましたが、実は受験させてもらえなかったのではなく、大澤が受験させられる状況ではなかったため深山は受験させなかった事が分かりました。
10年前、大澤は担当していた患者の女の子の命を救う事が出来ず、自責の念に駆られて病院で飛び降り自殺を図ったと深山は話します。

この状況を見ていたからこそ、深山は弱い心の大澤には脳外科は難しいと判断して受験をさせなかったというのが真実でした。

エレベーター内で同乗していたカサブランカの来島がさりげなく、深山が部下の査定をする時期に強い酒を飲んで気を紛らわせているという事実を大澤に伝えてくれたのは良いシーンでした。

来島のおかげで大澤は深山が自分を切る時に相当悩んでいた事を知って、自分だけではなく深山も同じように苦しんでいた事を知ることができたのは良かったと思います。

エレベーター内で緊急手術に挑んだ深山でしたが、木本さんの手術も無事成功して本当良かったです。

一方、「幻肢痛」に悩んでいた原田保を受け持った黒岩は、「幻肢痛」は本人の心の問題と判断し、脳外科で出来る事は無いと言います。
普段は手術オンリーな黒岩ですが、黒岩なりに原田のメンタルケアを行っている姿は良かったです。

黒岩の意外な一面を見る事ができた回だったと思います。
まさか、原田の当時の野球部の仲間を病院に呼ぶなんて思いもしなかったので、黒岩の意外な優しさが見られて良かったです。
人に優しくできるのだから、黒岩は息子の保君にもきっと優しく出来るはずです。

黒岩には、保君と一緒に生活していくことをどうか決心してほしいです。
今回、少し気になったのは、今出川がドクターを一人辞めさせるかもしれないという噂が流れた事が気になりました。

おしまいに

本当に現在のメンバーから、ドクターが一人辞めてしまうのか?辞めさせられるのは自分と思いこんでいる小机は辞める事になってしまうのか? 次週以降でどんな展開になっていくのか楽しみしたいと思います。

https://www.ntv.co.jp/topknife/