病院の治し方~ドクター在原の挑戦~感想ネタバレあらすじまとめ

病院の治しかた【ドクター有原の挑戦】の感想・ネタバレ・あらすじを公開しています。

「病院の治しかたを見逃してしまった」

「病院の治しかたがどんな話かあらすじを知りたい」

「病院の治しかたを観た人の感想やネタバレを読みたい」

といった場合には、是非このまま最後まで読み進めてください。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!

第1話

あらすじ

東京の医大で研究に心血を注ぐ有原修平(小泉孝太郎)の元に、実家から連絡が届く。

前院長の父・正太郎(大和田伸也)が脳梗塞で倒れたという。

6年ぶりに帰郷した修平だったが、看護部長の兵藤悦子(浅田美代子)から、多額の負債を抱える病院の現状を聞かされ、言葉を失う。

しかも水面下では銀行による売却計画が進んでいた…。

公式サイト https://www.tv-tokyo.co.jp/byouinnonaoshikata/  より

注目ポイント

VV2(40代、男性)

小泉孝太郎さん演じるお医者さん有原修平が病院の在り方に疑問を持ち、そして奮闘していくと言うところが一番の見どころであります。
病院に対して改革を行い、そして病院を建て直そうとするところもまた非常に見どころだと思います。

今、現実的に本当にあり得る医療センターの在り方を教えてくれていました。

医師や看護士達による大量退職など本当にありそうな現状をドラマを通して改めて教えてもらったような気がします。
病院の在り方をまさに教えてくれています

wave(30代、女性)

平昌オリンピックの女子スピートスケート500メートルで金メダルをとった小平奈緒選手の所属している、長野県松本市にある相澤病院は、かつて多額の借金により倒産の危機となっていたが、型破りの院長の大改革によって復活しました。

その病院復活の奇跡の実話を元にした、病院経営も含まれる医療ドラマです。
カンブリア宮殿で2018年5月21日に放送され、それが評判となってオリジナルドラマになりました。

脚本は「ゲゲゲの女房」「コウノドリ」「八重の桜」などを書かれた山本むつみさん。
主演は小泉孝太郎さんです。

みなさんの感想

NON(30代、女性)

実は私の住む市の市民病院も、「経営がこのままだとヤバい!早急になんとかすべき病院!」というニュースで名指しされてるのをみたので、他人事でない思いで見ました。

近くの市民病院、ロータリーとか駐車場とかいつもどこかしら工事してるし、人はいつもいっぱいで待ちまくるし……有原病院と同じで見た感じ経営がヤバいなんて考えたこともなかったです。
たぶん働いてる人も、有原病院と同じで大半はそんな意識なんじゃないかなと思います。

しがらみがいい方向に働いて銀行は待ってくれたけど、田舎の付き合いって自分の歳より全然長かったりして難しいですよね。
きっと現実はドラマよりもっとずっと大変だったんじゃないかなぁって思いました。

副院長の奥さんも心が強い人でよかったです。
奥さんがいじめられて苦労してるのがチラ見えするとそれだけで見てて辛いので。

うまくいくっていうのが見えてるからこそ、辛くても頑張って!って気持ちで安心してみていられます。
この病院に続く病院が増えるといいなと思いました。

KIR(40代、男性)

父の遺志によって地方の総合病院を立て直す壮年医師役に小泉孝太郎、真っすぐで誠実で時に熱くなりすぎるという役柄といかにも合っていて好感が持てました。

数年前のドラマでは悪役を演じて一定の評価を得ていましたが、やはり孝太郎には真面目でさわやかな役が合います。
銀行員役の高嶋政伸も久方ぶりに誠実な役どころで、往年の高嶋弟を思い出しました。

それと好対照だったのが山崎銀之丞の嫌味たっぷりな演技で、見ているこちらの方が(良い意味で)イライラしました。

現場の医師や看護師たちの反発、田舎の総合病院であるがゆえ、経営改革のために地縁的なしがらみとぶつかるなど、そのあたりの展開はお定まりという感じもしますが、いい意味での予定調和の安心感みたいなものはあります。

きっとこのまま山あり谷ありながらも、無事に病院経営を立て直すのかなとも思いますが、予想外のビックリな展開も期待したいところではあります。

WA(30代、女性)

前評判等全く知らず、たまたまテレビを見ていたら始まったのでそのまま見始めました。

つまらなかったらすぐにチャンネルを変えようと思っていたのですが、結果的に最後まで見入ってしまいました。

話しが中だるみすることなくどんどん進んでいき、話のテンポがとてもよかったと思います。

見ていたらあっという間にエンディングになっていました。
俳優陣もベテランが多く、ついつい感情移入してしまいました。
とくに小泉さんの演技がよかったです。

また、高嶋さんの雰囲気もいつも通り味があっとても好きでした。
話の設定が今までなかった感じなので、これからどんな風に展開していくのかが楽しみです。

いろんな医療ドラマを見ましたが、これは最終話まで必ず見たいと思っています。

BIG1(50代、女性)

倒産寸前の会社を再生させるには、まず人員削減ということが当たり前のようにいわれています。

新聞には名のある企業のリストラ記事をよく目にします。
赤字を減らすには人を減らせ、こういう流れが就職難や少子化につながるのだろうかと、目にする度に気が重くなります。

ドラマになるだけあって、一般的な人員削減ではない方法がとられるのですが、「患者のため」という本来病院が持つべきヴィジョンを掲げているのが素敵です。

一見、単なる理想論に思えますが、使用器具や備品のデータベース化や作業の見直し、従業員や取引先への説得、このような気の遠くなるような作業を進めるさまに、お気楽さは感じられませんでした。

ただ職場や取引先、皆がウィンウィンの関係というわけでもないので、まだ立ちはだかる困難にどう立ち向かうのか、経営のプロの指南というのも興味がありますし、次回が待ち遠しいです。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!

第5話

あらすじ

赤字にも関わらず、心臓カテーテル室を作ろうとする有原修平(小泉孝太郎)。

実現に向けて外来を予約制にして患者数を減らし、入院患者を町の開業医に紹介してもらうシステムを提案する。

危機的な状況をわかっていないと声を荒げる倉嶋亮介(高嶋政伸)は、病院同士がまとまるとは思えず大反対。

2人の意見は対立するが、修平は地域医療ネットワークの構築を強引にスタート。
早速江口智也(稲葉友)を連れて開業医回りを始める。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

TER(20代、女性)

すでに赤字なのにも関わらず有原先生は心臓カテーテル室を作ろうとしているがその考えとはなんなのか、周りの人の反対を押し切って心臓カテーテル室を作ることはできるのか。

有原先生の考えている将来設計はどのようなものなのか、今の危険的な状態を分かっていないと大きな声を出してしまう倉嶋さんと有原先生の関係はどうなってしまうのか。

このままではまとまりがなくなってしまう有原病院はどうなるのか、など意見が対立する中で有原先生は何を考えているのか見どころだとおもいます。

li77(50代、男性)

前回、産婦人科の継続が難しくなった状況を逆手にとって、スタッフを他の病院に武者修行に行かせるという奇抜な戦略を打ち出した修平の後ろ盾となって銀行からの融資を引っ張った倉島亮介が、赤字が現実となった資料を見せているにも関わらず、心臓カテーテルを作りたいなどと言い出した修平と衝突しました。

病院の経営立て直しに必要な現場の戦略を打ち出す修平と金庫番を務める倉島亮介との対立が、どんな形で妥協点を見出し、調和していくのかが見どころとなりそうです。

HON5(30代、女性)

赤字を出しているのにも関わらず、さらにお金をかけて有原病院で心臓カテーテル手術ができるようにするという修平。

そのために外来を予約制にして外来患者を減らし、入院患者を町の開業医から紹介してもらうシステムを提案します。

病院の危機的な状況なのに何を言っているのかと事務長の倉嶋は怒ります。
また、病院同士がまとまるはずがないと大反対します。

修平と倉嶋の意見は対立しますが、修平は地域医療ネットワークの構築を強引にスタートし、外来クラークの江口を連れて開業医回りを始めてしまいます。

saico(50代、男性)

個人開業医から快い返事を得られずネットワークの推進責任者が行き詰まってしまいます。

施策そのものや推進方法の見直しがせまられるなか、有原修平がどんな次の一手を出すのか?ここが最大の見どころでしょう。

相澤病院の経営改善に奮闘する有原修平、周囲のスタッフ、そして病院従業員は生みの苦しみを味わっています。

赤字続きで、従業員の負荷も大きく、病院は改善に向かっているものの一歩間違えば崩壊しかねない状況ではあるのでしょう。

ですので、地域医療ネットワークに関しても単純な失敗は許されるものではなく、この困難な状況に対し有原修平にどんな策があるのか?注目しましょう。

みなさんの感想

225R(30代、女性)

「何かを始める時は1番難しいところから始める」というのはとても感心します。

簡単や楽なところから始めて、大変なところは後回しにしてしまうのが一般的だと思うからです。

現時点では院内のあちらこちらで対立が起きてしまっていますが、初めのうちは仕方の無いことだとも思います。

大勢が集まるところでは皆の意見が一致することの方が少ないはずなので、反対意見を捩じ伏せるのではなく、どのように理解してもらうかが重要です。

上手くいかずに苦しむ若者が出てくるのも自然な流れだと思いますが、次々と初心者を重要な役割に抜擢する院長の采配はすごいです! 院長と事務長に溝が出来てしまっていた時でも、裏ではしっかり理解しサポートし合っていたことに心を打たれます。

WAQ(50代、男性)

今回のテーマは地域医療ネットワークですか。
医療の世界もただまってるだけではダメなんですねっていうことはよくわかりました。

いろんなメディアで従事する人材確保の難しさや経営の問題などはよく耳にします。

私自身つい最近ある怪我がきっかけで通院していたのですが、嫌な思いをしたことを思い出しました。
所詮商売なんだなと医者の対応にがっかりしたのですが、相手に悪気はなくても患者として聞きたくない言葉や姿勢を目の当たりにすると、それまで築いてこれた信頼関係も簡単に崩れるもんなんですね。

小泉孝太郎が演じる有原先生、赤字体質の病院を立て直すために奮闘中ですが、と同時に患者との信頼関係、また地域医療の活性化を図るために他の病院との連携を目指すストーリー。

患者目線で言えばそうであってほしいという理想の姿なのでしょう。

IIY(40代、男性)

今回は非常に有原修平が無謀な考えに出たと思いました。
医者と言うだけあって、頭が良いはずなのに冷静さを失い、闇雲に前へ向かっていったように思えました。

また、それでは付いていく者も付いていけなくなるとも思いました。
赤字が続いているならば、もっとしっかりと冷静に判断し考えなくては行けないと思いました。

にも関わらず心臓カテーテル室を作ろうとしたり、または外来患者を予約制にしたり、更には入院患者を他の病院へ紹介してもらうシステムを作るなど本当に本末転倒だと思いました。

その為、倉嶋亮介が猛反発するのも当たり前だと思えました。
しかし、それでも有原修平は信念を曲げず突き進むので凄いと思いました普通ならば考えれません。

病院の治しかた
今から無料で観たいなら

Paravi(パラビ)なら病院の治しかたをまとめて観れます。

30日間の無料トライアル期間であれば、無料で観ることができますよ!

今すぐ無料トライアルで病院の治しかたを観る!