アライブ がん専門医のカルテ6話のストーリーとネタバレ

「アライブ」6話では、遂に心先生の夫の匠さんの死の真実が明らかになります。
本当に薫先生の医療ミスのせいだったのか?手術に立ち会った当直医の告白により、状況が急変します。

第6話あらすじ

恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。
しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。

薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。

数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。
退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。
心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。
しかし、心は薫を避けるようになっていた。

そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれている。
心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。
光野によると “がんが消える効能がある“と謳った水だそうで、元患者が、病院にいた患者たちに無断で配っていたので回収したという。

初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠さなかった。
心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。

心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。
徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。
律子と絵麻がとりなしてその場は収まるが…。
一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていたー。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

TELA(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、何と薫が退職届を提出するのでした。
ところが、薫の手術を待っている患者がいるので直ぐには辞めれないです。

しかし、また薫は心からの信用を無くしてしまい自信を失っていたのでした。
また、一方では心が癌がステージさん3まで進行している女性患者の抗ガン剤治療を進めたいのだが、その患者の父親に反対され困惑します。
勿論、それはまた子を持つ娘への愛情からだと心も解っているのでした。

nakai(30代、男性)

心の夫が実は手術中のミスで死んだことを薫から告げられます。
さらにその手術を担当していたのは薫自身で、薫が原因となり夫が死んでしまったことを知り、愕然とするのです。

信じていた薫からの衝撃的な告白に、何を信じていいのか?分からなくなる心の姿が非常に印象的と言える回です。

こういったことがあって以降の心と薫の関係についても非常に注目で、どういった距離でお互いに接するのか?口を聞くのか?など、見どころはかなりある回だと思います。

mizuki(50代、女性)

大腸がん患者の高坂さんの手術の行方や、副作用が無いという謳い文句の民間治療に頼ろうとした患者家族の末路、抗がん剤の副作用で苦しむ若い乳がん患者の女性など、今回も色々と深く考えさせられる内容となっています。

hotta(50代、男性)

梶山薫が心の夫の匠の手術の際、止血の方法に問題があったことを告白し、心は薫に「消えて」と一言告げます。

心に手術の真実を告白し、心に寄り添うことが目的だった薫でしたが、夫を亡くした心がそう簡単に薫を許し受け入れることはでき無いと思われます。

薫が異動してばかりの消化器外科を辞めることが予想され、心も薫に対する態度が一変すると予想されます。

薫の過去の医療事故を調べる関河の動向と共に、薫と心らの関係性の変化が見どころとなりそうです。

第6話みなさんの感想

noname(50代、女性)

前回の第5話の最後に薫(木村佳乃さん)がずっと心(松下奈緒さん)に告白したかった、心の主人が亡くなってしまったのは自分の医療過誤のせいだということを謝ったシーンはとても悲しくて切なくなってしまいましたが、それからの二人の関係は当然のことながらおかしくなってしまって、今回の第6話の中で二人が避けあっているのを見るとまた切なくなりました。

今までこの二人は悩みを打ち明けあったり、支えあって来て良い関係だったのを知っているので、そんな二人の仲が悪くなってしまったのは悲しく思いました。
それにしてもこのドラマの中にはたくさんのガン患者とその家族の葛藤を描くストーリーが描かれていますが、やっぱりガンは怖いし、そのせいで人生を狂わせられる人が多いんだなと改めて実感します。

今回も若い女性がガンを患ってしまったことによって、その父親がナーバスになってその治療方針に文句をつけるシーンがありましたが、やっぱり自分の家族がガンを患ってしまったらあんな風になるのかもしれないなと思いました。
それから医療過誤を調べているジャーナリスト(三浦翔平さん)の動きも気になっています。

KAZE(50代、女性)

やはり心先生の旦那さんが亡くなったのは、須藤先生のせいだった事が分かり、お話は白い巨塔のようになってきました。

しかし、利権で繋がっている人よりも、色恋で繋がっている方が、証拠隠滅してくれるのかも・・・と薫先生の反応を見て思いました。

薫先生は自身のお父さんを医療ミスで亡くし、心先生は今や大切な友達になり、あれだけ苦しんだのに、須藤先生を調査委員会にかけるのは「待って!」となるんですね・・・。

これからどういう展開になろうとも、あの「待って!」が薫先生が一番大切にしたいものが何なのか?を如実に語っていたように思います。

あと6話で気になったのが、娘の治療にやいやい言ってたお父さんです。
娘が心配だからって、何を言っても許される訳じゃないよな・・・と思ってしまいました。

お医者さんが悪い訳じゃないのに、つくづく医師というのは大変な仕事だと思いました。

mizuha(40代、女性)

自分の知っている人に医療過誤があれば、決して許す事はできないと思います。
でも、医療過誤の境界線がとても難しいと思いました。

患者の何かにすがってでも治したいという思いと、患者の事を思えばこそ、踏み込んだ治療をとリスクを払おうとする医師、安全に進める医師、ミスを隠そうとする医師、複雑に思いが絡み合う現場だと思いました。

心先生のつらい気持ちも察しますが、今回は、薫先生が痛々しくて気丈に振る舞う姿さえ痛々しかったです。

さらに、自分が信じていた人の医療過誤かもしれないという事を知ってしまった薫先生が心配です。

おしまいに

病院は患者が治す場所ですが、医師や看護師も命と向き合う恐怖と戦っているのかと思うと、医療に携わる人々も大変な思いをされているのだな、と思いました。

https://www.fujitv.co.jp/alive/