トップナイフー天才脳外科医の条件ー5話のネタバレと感想

「命より大切なことがある」という考え方に私もどちらかと言うと賛成の立場でしたが、本当はそんなものは無いのかもしれないと考えさせられる話でした。

第5話あらすじ

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩 くろいわ(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡 (永山絢斗)と、来島 (古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子 (広瀬アリス)。

深山 (天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。

そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。

巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。
黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。

プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸麻理恵(大西礼芳)を診察する。

西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。
才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。
その言葉は激励のようでもあり……。

一方、幸子の様子を見かねて恋愛相談に乗った深山は、「来島と寝た」と聞いて遊び人の来島に事情を聞きに行くが……!そして、元交際相手から息子・保を押し付けられて共同生活を続ける黒岩は、自分の子供ではないことを証明するため、DNA鑑定を受けることに……。

西郡の言葉に励まされ、自分の才能を諦めずに前向きに歩み始める麻理恵。
夢への道が開きかけた矢先、深山は麻理恵の開花した『才能』について、ある真実に気づくのだった-。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

geta(50代、男性)

過去に自分が手術した母親のオペが失敗だった事実を黒岩の再手術で見せつけられ、自信をなくた西郡、来島から言い寄られ舞い上がった幸子と問題を抱えた二人の医師を、深山がどう見守り育てようとするのかが見どころとなりそうです。
そんな状況の中、天才ピアニストといわれる景浦が耳の聞こえがおかしいと病院を訪れ、聴神経腫瘍が見つかります。
その難しいオペに今出川は、西郡を執刀医に指名し、オペで失った自信を取り戻させようとするようですが、どんな結果となるか楽しみです。

wata(30代、男性)

前回、手術が成功し意識を取り戻した母から「才能がない」と言われた西郡。

黒岩の手術を見て、自分との差が大きい事を感じた西郡はすっかり自信を無くしてしまいます。

そんなある日、西郡は外科部長の今出川から難手術の執刀医を任せられる事になります。

自信を無くした西郡がこの難手術を成功させて自信を取り戻すことができるのか?今回はここが見どころになってくるのではないかと思います。

そして、救急で運ばれてきたもう一方の患者、根岸麻理恵が西郡の励ましで前向きに音楽と向き合うようになりますが、深山は才能を開花させた根岸のある異変に気付きます。
深山が気付いた根岸の異変とは何なのか? 今回は、西郡が挑む難手術と深山の気付いた異変が 重要な内容になってくると思います。

under3(60代、男性)

回を追うたびに展開が立体的で有機的になっていくように思えます。
今回は患者の縦糸と各医師の横糸が、テーマである「才能」の答えを出すかのようにうまく織り込まれ、見事な展開でした。
患者には「音楽」という共通項があり、それぞれ興味深いストーリーでした。

特に女性ピアノ講師に開花した作曲の才能が実はサヴァン症候群による無意識な盗作に基づくものであったという悲劇が印象的でした。

この展開は視聴者である私としても意外で、ドラマに感情移入できました。

その患者に接する西郡医師を演じる永山絢斗さんの持ち味も今までの放送と比べてもかなり魅力的でした。

そしてその様子を見守る深山医師(天海祐希さん)は男勝りというより男前でかっこ良かったですね。

TOP6(30代、男性)

天才ピアニストとして有名な男性が、耳が聞こえにくくなってきたという症状で病院を訪れ、聴神経腫瘍であると診断されます。

一方で、ベランダから転落して搬送されてきた女性は先の男性と音大時代の同級生であり、自分には才能がないと訴えます。

対照的な音楽にかかわる人生を送ってきた2人ですが、今は患者として同じような境遇にいると言えます。

この2人がどうなるのか?という部分も気になりますが、この2人に接する西郡の対応に関しても注目です。

第5話みなさんの感想

ura(40代、女性)

今クルーは医療ドラマ目白押しの中で、豪華キャストで難しい脳外科ドラマでもわかりやすく毎回楽しみにしているドラマです。

トップナイフの深山先生と黒岩先生の家庭の事情も少しずつ進展があるところも面白いです。

途中にバーカサブランカのシーンは、患者と医者の人間関係や医療用語の合間に視聴者にもホットできる瞬間です。

しかし小机先生のコミカルな演技は少々暑苦しさを覚えます。
もう少し自然なコミカルさと初々しさの方が良いかと思えます。
回を重ねるごとに気になってきました。
今回はピアニストやピアノ講師といった脳腫瘍が脳機能を左右する、誰にでも起きるかもしれない病気と緊張感ある手術シーンやピアニストのマネージャーの緊急手術。

展開が急に早くなるところは見応えがあります。
サバン症候群に後天性があることにも驚きました。

西郡先生と母親との言葉少ない中でも重みのある親子間だけにしか通用しないやりとりにグッときました。
深山先生に忍び寄るものも気になりましたが、JUJUがエンディングに現れて歌った事にテンションが上がりました。
また来週も楽しみです。

20rema(30代、女性)

人生において大チャンスや大切な何かが軌道に乗り始めた矢先に、大病で手術や長期入院を強いられたら、私もきっと絶望感に苛まれると思います。

自分には特別な力があると信じていたことすらも、病気の症状だと告げられたらもう立ち直れなくなる気がします。

しかし本当に才能がある人も実際にひと握り程は存在しているので、なかなか判別が難しいですし、才能を潰さず伸ばすことも大切だと思います。

凄いチャンスを一度逃してしまったとしても、生きていればより大きなチャンスが巡ってくる可能性もあるので、命を大切にすべきだと感じました。

hati(30代、男性)

トップナイフ、面白かったです。
今回は西郡先生がメインの回でした。

今まで若手で優秀でプライドが高そうだったイメージが前回の母親登場により、180度かわりました。

今回、前半までは前回の伏線を回収して手術を成功させて、自信を回復してトップナイフの仲間入りかと思いました。

しかし、いい意味で裏切られました! 成長途中ならではの、葛藤や悩みを持ちながら、自らに才能が無い事を認めた後の母親へのセリフと、その後の院長の拍手。

いろんな意味に捉える事ができ、ドラマの深みを感じました。
また、永山絢斗や三浦友和、中尾ミエの演技は最高でした。

これからの西郡がどんな成長をするのか、自身の未熟さを認めてこ
れからどうなるのか、すごい楽しみです。

おしまいに

トップナイフへの本当のスタートを切ったこれからが目を離せません! また、最後の深山先生への写真にナイフを当てていたのは誰なのか!? 来週も楽しみです!

https://www.ntv.co.jp/topknife/