アリバイ崩し承ります1話のネタバレと注目ポイント

小説が原作のミステリードラマ、そう聞くだけでハズレではなさそうです。浜辺美波の可愛らしさにも注目です。

第1話あらすじ

都心から離れた那野県のある商店街で、亡くなった祖父から受け継いだ時計店を一人で切り盛りする若き店主・美谷時乃(浜辺美波)。

時乃は時計修理の傍ら、一回5,000円の成功報酬で、時間や事件に関わる“アリバイ崩し”を始めようとしていた。

 そんな時乃はある日、時期はずれの異動で県警捜査一課に赴任してきた管理官・察時美幸(安田顕)と出会うが、その矢先、二人の目の前で男が車にはねられる事故に遭遇してしまう。

男は、駆け寄った二人に「さっき、マンションで人を殺した」とつぶやき、そのまま意識不明に…。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

nomi-(30代、男性)

原作小説を読んでいる者ですが、見どころは何と言っても祖父の跡を継いだ時計店の若い店主、美谷時乃が、時計にまつわる「時間」に関するアリバイを、祖父から教え込まれた直伝の推理力で崩していくところです。

このアリバイ崩しは捜査のプロでもある警察でも簡単に崩す事ができないのですが、美谷は何と、「話を聞くだけ」で崩してしまいます。

また崩した時の、「時を戻すことができました。
アリバイは、崩れました」という決め台詞がカッコよくて毎回痺れます。

また主演女優が浜辺美波さんなのも個人的に嬉しいところです。
彼女はまだベテランとは言えない女優ですが、それでも実力のある女優だと思っています。

それに何と言っても綺麗な人なので、このドラマが切っ掛けとなってファンが増えるのではないかと思います。

tokei(20代、女性)

主人公の時乃は時計修理の傍ら、 有料で「アリバイ崩し」を始めようとしていました。

そんな時乃はある時、季節外れで赴任してきた管理官の察時とあっている最中、目の前で男が車ではねられてしまいます。

その衝撃的な事件に驚きながらも、はねられた男のそばに行くと、男は死ぬ前に「人を殺してしまった」と言います。

しかし、その男には犯行不可能なアリバイがあったのです。
真実はどうなっているのか、少しずつ真相に迫っていきます。

frog(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、まずは第一回目と言うこともあり、名探偵である時乃と左遷されてきた警察キャリアの察時との出会いから始まるのでした。

そして、この名探偵である美谷時乃は那野県那野市にある美谷時計店の若き女性店主だったのです。

その本業を傍らに探偵をしているのでした。
そして、空き部屋に女性のみゆきと勘違いして察時美幸に部屋を貸してしまうのでした。

また、一回五千円と言う値段でアリバイ崩しの仕事をも始めるのでした。

gyam(40代、男性)

原作は大山 誠一郎の小説「アリバイ崩し承ります」となりますが、見どころは原作をどのようにドラマ化しているかどうかです。

ミステリーの楽しみの一つであるアリバイ崩しをドラマを通して体験することができるのが面白いところです。

時計店の店主の時乃(浜辺美波)と左遷キャリア刑事の察時(安田顕)が事件の真相に迫ることになるのですが、2人のやり取りも見どころです。

第一話の交通事故からスタートする事件に隠れる謎解きは驚くこと間違いなしです。

第1話みなさんの感想

usu(30代、女性)

晴天の日中であれだけ明るい中、道路のど真ん中を歩いている人が轢かれたことにまず驚き、意識を失う直前に殺人を告白するとは、急展開過ぎてついて行くのが大変でした。

成田凌と柄本時生の役柄のキャラが濃すぎて、少し鬱陶しいですが笑えます。
浜辺美波は可愛すぎる上に、上手く男性を手玉に取ったり、実力も兼ね備えていて最高です。

もっと単純なストーリーかと思えば、意外と複雑に描かれていて、終盤まで犯人が分からない点が良かったです。

県警のトップや刑事の先輩達が揃って若造の渡海に忖度するのは嫌ですが、まさに現代の社会や組織を表していると思います。

管理官が回りくどく時乃にアリバイ崩しを依頼するというのが、お決まりになるとしたら今後毎回楽しみなシーンになります。

naw(30代、女性)

当ドラマの小説を事前に読んでいましたが、ドラマのキャラクター(主人公やアリバイ崩しを依頼する刑事さん)がかなり小説と違っていたり、また小説には登場しない刑事さんのキャラクターがいたりして、小説との温度差の様なものを感じました。

しかし、小説=穏やかに淡々と進行するイメージ、ドラマ=コメディ要素が強く良いテンポで進行するイメージで、小説もドラマもそれはそれでありかな、と思いました。

個人的にはあの小説の世界観なら、NHKで放送していた「つばき文具店」のような世界観のドラマにしたら合いそう、と思ったりもしましたが、テレビ朝日の土曜ナイトドラマの時間帯ということもあり、あえて今回のドラマのような世界観にしたんだろうなと思いました。
次回も見たいと思います。

flow(40代、男性)

浜辺美波さんが出演するということで気になって見ました。
最初は深夜帯でのドラマということで、そこまでクオリティーは期待していませんでしたが、予想外に良かったと思います。

見所は、やはりなんといっても浜辺美波さんの演技で、少しわざとらしい感じの演技が、役的にマッチしていて面白かったと思います。

お風呂でコロッケを美味しそうに食べるシーンなど、お色気的な感じもありましたが、色気より可愛さが勝っていたと思います。
そして、パートナーとなる安田顕さんとの絡みも良かったと思います。

安田さんの演技が、思っていたより高圧的な感じでしたが、浜辺さんに上手くあしらわれていた感じがします。

おしまいに

演出的にはややB級感もありますが、それが明るく楽しい良い雰囲気を醸し出していたと思います。

https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/