アライブ がん専門医のカルテ5話の展開とネタバレ

今回は、前回まで以上に重い内容でした。
恩田匠が梶山先生の医療過誤が原因でなったことが明らかになります。

第5話あらすじ

恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。

そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。

心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。

しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。

そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。
 そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

drop(40代、男性)

木下ほうかさん演じる上司の阿久津は心に忌引き休暇を取らせ、匠を亡くした悲しみを共有させました。

その後、心が新たに担当した患者が遊井亮子さん演じる長尾春香で、正確な治療期間を知りたいと訴えますが入院が必要で長くなると答えると頑なに拒否しどのようになるか注目です。

ame(20代、女性)

今回も患者さんが心たちのところにやってきました。
その女性は自分の病気をはっきりと判定して欲しい様子で、なんだか焦っている様子でした。

結果希少がんだということがわかり、抗がん剤治療のため、入院を勧めますが、仕事があるのでと入院を断られてしまいます。

果たしてこの患者さんはどのように病気を治していくのでしょうか。

一方、ジャーナリストの隆一は医師たちに薫のことについて聞いて回るのでした。
果たして、薫の過去とは?心に関係があることなのか。

kizari(40代、女性)

ジャーナリストの関河隆一が、ようやく正体を明かしました。
しかし、なぜ薫の事件を追っているのでしょうか? しかも、薫や須藤といった関係者に直接取材するなんて、まるで脅迫です。

薫のキャリアを奪うために調べているのでしょうか?それとも、ターゲットは須藤? このまま関河が心の周囲をかぎ回っていたら、心も薫に疑念を抱いてしまうのでは? 良好な関係ができつつある心と薫の間に溝ができてしまっては、命と向き合っている患者にまで悪影響を与えそう。

やっと旦那の死から立ち直りつつある心に、今さら過去の事件を蒸し返して傷を口をえぐるようなことだけはしてほしくない。
関河の目的は何なのか、要チェックです。

hon(50代、男性)

阿久津の助言を聞いて忌引き休暇を取った恩田心は、匠の死の悲しみを家族と共有して職場に復帰します。

職場に戻った心に、ジャーナリストの関川が接触し、梶山薫の過去の医療過誤問題を探ります。

関東医科大学から移動してきた梶山薫が、匠や過去の医療過誤に関して心に真実を打ち明けるのかどうかが見どころとなりそうです。
関川が病院内で取材を敢行するため、噂がどんな影響を与えるか、薫がどんな対応をするのか楽しみです。

また、心と薫の会話を患者の高坂が聞いていたため、変な噂として広めないかも気になります。

また、心が新たに担当する希少ガンの長尾という女性の入院できない事情に、どう対応するのかも面白そうです。

第5話みなさんの感想

sheet(40代、男性)

今回は非常に悲しいシーンがあり、思わず観ていて泣けてしまいました。
匠とのお別れのシーンがあったのです。
心は上司である阿久津のアドバイスを受けて、しっかりと忌引休暇を取り、義理の父親である京太郎や漣たち家族たちと共に匠を亡くした悲しみを共有することが出来たのでした。

私もつい最近に身内を亡くしたばかりなので、ドラマとはいえ観ていて非常に共感を持ち本当に辛いだろうと想像してしまいました。
また、心にとっては一番大切な人を亡くした訳ですから、その辛さは尋常では無いと思いました。

しかし、心はその後また直ぐに仕事復帰するので、それが観ていて本当に素晴らしいと思いました。
私も辛かったのですが、直ぐに戻ったのを今でも覚えています。

knw(20代、女性)

とうとう夫が亡くなってしまって、心のメンタルが心配でしたが忌引休暇中に残された家族と哀しみを共有する事で救われたように感じられました。

どんなに鬱陶しくなっても義父を含めて家族なのだという強い絆を感じられました。
心の問題はさておき、今度は薫の問題が大きくなってきたように感じます。

薫の医療ミスの噂もどんどん見逃せないものになってきましたし、患者さんにも聞かれてしまったので薫の立場がどんどん危うくなっていく展開が予想されてなりません。

心は薫が支えた分、今度は薫の支えになって欲しいと感じました。
とは言え、心は今後自分の子供も支えていかなければならないので負荷が大きいとも考えられます。
医療ミスの噂の真実をハッキリさせて欲しいです。

OTOSAN(50代、男性)

医療過誤の要因が、良かれと思って行なったパッキング処置によって、止血しすぎ、心肺停止を起こしてしまったことが原因と聞き、悲しくなりました。

単に医療道具を体内に置き忘れる様なミスではないからです。
医療ミス、医療過誤は被害者にとって許されることでないことは理解しています。

でも、医者がこれだけ苦しんでいたとは、悲しくなりました。
また、梶山先生は医療過誤を起こした方であり、自分の親のことで、医療過誤を受けた方でもあり、よくここまで強く生きて来られたと感じました。

終りのシーンで薫先生の親に医療過誤を起こした先生は、本当はその時、謝罪したかったが、病院から止められていた事、そのことに対して、それでも、何らかの手段を使って、医療過誤を謝罪できたでしょうというシーンは両方を経験されている薫先生の言葉だけに複雑な気持ちになりました。

おしまいに

医療過誤というと、隠ぺいする病院が悪いみたいな展開が多いですが、医師の悩み傷つく姿をみると、一方的に医療従事者を責めるわけにはいかないな、と考えさせられますね。

https://www.fujitv.co.jp/alive/