ケイジとケンジ 所轄と地検の24時4話の感想とネタバレ

ケンジとケイジは対立こそしていますが、いいコンビですよね。ぜひシリーズがしてもらいたいです。

第4話あらすじ

横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。
刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。

そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。

ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。
取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。

 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。
豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。

ところが…兄である豪太からこの話を聞いた立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)は、開いた口がふさがらない状態に! それもそのはず、何の因果か太郎丸は3カ月前までみなみが同棲していた男だったのだ――。

 一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。

しかもよりによって、素直に放火を認めて送検されてきた貴理子を担当するよう命じられ、被害者である太郎丸からも聴取することになったのだ。

そんな中、捜査は思わぬ方向へと舵を切りだす。
なんと太郎丸が、“貴理子の知られざる一面”について証言。
器物損壊罪か放火罪かを見極めるはずが、それ以上の罪の可能性も見え隠れしはじめ…! 

公式サイトより

みんなの注目する点は?

sano(50代、男性)

桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入り、刑事課のメンバーはテレビカメラを意識し、浮き足立った状態となっている中、放火事件の通報が入るようです。

原付の前輪が燃えただけの被害で済んだ事件の捜査を進めていくと、被害者がみなみの元カレだと判明するようで、みなみの元カレに対する憤りが豪太や真島に向けられるか、楽しみです。

また、みなみの同棲相手だった被害者を知った真島の動揺する様子や事件に関する聴取など、面白いシーンが期待できそうです。

これまで、事件に個人的な感情が入りやすい検事の真島が、みなみへの思いからどんな暴走を見せるのかも見どころとなりそうです。

nori(30代、女性)

今回は、警察24時のテレビの取材が来るとみんな大張り切り!かっこいい刑事課の皆さんの活躍ぶりが見られるんでしょうか?!また、今回起こる事件は放火事件。

その被害者がまさかの豪太の妹であるみなみの元彼!!という事件です。
熱血すぎる豪太と、みなみに好意を寄せる真島がどう事件に絡んでいくのか楽しみです。

みなみの元彼を知った時の真島のリアクション想像するだけでも面白いですね。
また、事件にもどんな真相が隠されているのか、気になるところです。

HAGANE(40代、男性)

“話では桐谷健太さんが演じる仲井戸豪太が所属する刑事課にテレビ局が入ります。

豪太だけではなく毛利ひかる役の今田美桜さんや目黒元気役の磯村勇人さんたちも浮足立ってしまいます。

そんな中、放火事件が起きてしまい現場へ向かうメンバーでしたが、大事には至らず、豪太以外のメンバーは 空回りしてしまいます。

今回の一番のみどころは物語のメインに、豪太の妹役の比嘉愛未さん演じるみなみの「元カレ」が絡んでくるところです。
これには彼女に恋心を寄せる東出昌大さん演じる真島修平の悲哀が感じられそうです。

豪太は今までの回を見る限り、教師時代の直感や経験を活かして事件解決を導いているので、今回も鋭い視点から考察をしてくれると期待しています。

PART5(40代、男性)

今回の見どころはと言えば、横浜桜木署の刑事課に何とテレビ局の取材がやって来るところです。

その為、刑事課のメンバーたちはテレビカメラを意識して色々と格好良いことをしたりするのですが、特には大きな事件や通報などがなく空回りするのでした。

仲井戸豪太刑事に放火の通報が舞い込んで来るのでした。
そして、刑事課のメンバーたちは張り切って現場へと行くのだが、ただの原動機付自転車の前輪が燃えているだけだったのでした。

第4話みなさんの感想

sona(40代、男性)

みなみの元カレが被害者として登場し、その被害妄想ぶりには呆れました。
修平は放火事件の担当になったことで動揺すると思っていたものの、それは最初だけでその後は冷静に対応したことはさすがでした。

貴理子は取り調べで反省していましたが、みなみはその様子を見て怖さを感じていたようです。

しかし、貴理子は以前も不倫相手に対して植木鉢を落としていたため、修平も再犯を防ぐよう必死に努力している様子が伺えました。
修平は豪太と関わって検事としても成長しているようで、やはり良い仲間を持って良かったと感じたものです。

また、脇を固めるキャストやゲストが芸達者で、刑事チームの様子がうらやましく微笑ましいと感じさせてくれました。

matu(50代、女性)

桐谷健太さん演じる仲井戸豪太がますます魅力的になってきました。
元々、桐谷健太さんが好きで見始めた・・・という点を差し引いても、本当に当り役だと思います。

面白くて、温かみがあって、人間味が深くて、回を追うごとにますます素敵になってます。
凄くカッコイイです。

どんどん好きになってしまいます。
4話ではみなみさんの元彼登場で、これがまた最高に楽しかったです。

元彼の太郎丸役の大東俊介くんがまた良い味を出していて、豪太、太郎丸、みなみさん、それぞれの呼吸の間合いが絶妙でした。
TVの密着取材が入って、刑事課が大騒ぎしてるのも思わず笑ってしまいました。

everA(20代、男性)

今回も最後まで楽しめるような内容となっていました。
私がこの作品を見続けているのは、東出昌大さんの演技が気になるだけではありません。

真島が仲井戸のことが好きだということが思い切り伝わってきていて、それが仕事に影響しているのが面白いからです。
また、仲井戸の兄である豪太との関係からも目が離せないのです。

今回の話は恋愛絡みの話で、ちょっと怖いと思った場面もありました。
この先どうなるのだろうと思いながら見ていましたが、上手く事件をいい方向に向かわせていました。

今後どのような事件があり、それをどう処理していくのか気になります。

おしまいに

桜木署の個性派の面々の息もますますピッタリ合ってきていると感じました。

真島の恋がどうなるのかについても注目していきたいと思います。

https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/