10の秘密の5話の展開とネタバレ

ドラマの展開を気にしながら「もし自分が3億円もらえるなら……」なんて考えてしまいました。
悪事を働かずにもらえたらいいんですけどね。

第5話あらすじ

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。

そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。

金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。

仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。

しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。

あとがなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る――! 瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとする翼(松村北斗)に違和感を覚えた菜七子(仲里依紗)。

その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

naho(30代、女性)

元妻が企てた誘拐事件が落ち着いて、平凡な日常が戻ろうとしたのに、また何か別の秘密があるのではないかと気になってしまいます。

主人公含め、元妻や帝東建設の従業員、ピアニストの翼など、謎の登場人物の素性がこれから明らかになっていくのが見どころです。

娘が家出をし、これからどうなっていくのか、翼が家庭を壊したい理由は何か?元妻は何が目的なのか?もしかしたら次回、新たな秘密が明らかになることで、事態が急展開するのではないかと考えています。

sakai(40代、男性)

今回は見所が多いストーリーだったと思います。
まずは、圭太が由貴子から3億円を盗むことですが、圭太はもう犯罪者だなと思いました。

そして、金額もぴったりですが、手法も3億円事件そのまんまという感じでした。

そして、翼の正体が明らかになるということも見所だったと思います。

10年前の事件の関係者ということは予想していましたが、圭太を犯人と思っていて、殺そうとするとは意外でした。
圭太は、罪滅ぼしのつもりのお金が、仇になったと思いました。

MINAMI(30代、女性)

瞳に全てを話した圭太は親子としてやり直したいと考えるが、瞳は逆に圭太のことを軽蔑して家を出ていってしまいます。

さらに圭太は、由貴子が瞳を利用してお金を手に入れるために、帝東建設を脅迫していた張本人だと知り愕然とします。

全てを失った圭太は、怖い物知らずな状態になってしまい、由貴子へ宣戦布告となる行動をとるところが見どころです。

また瞳と頻繁に会っている謎のピアニストである翼の正体も明らかになるのか注目です。

MASA(30代、男性)

前回、娘の瞳に隠してきた10年前の火事の秘密を知られてしまい、嘘をついた圭太の事を信用出来なくなった瞳は家を出ていってしまいました。

仕事を失った圭太はどうにかお金を手にしようと再び帝東建設の宇都宮の元を訪れます。
そこで、宇都宮から由貴子が手に入れたデータが3億もの金額で取引された事を耳にします。

それだけにとどまらず、由貴子はさらに矢吹の手帳も3億で取引しようとしているという情報も聞き出します。
娘まで巻き込んで身勝手な行動を続ける由貴子に対抗するため圭太は思いきった行動を起こすことを決意します。

果たして圭太はどのような行動を起こすのか? 傍若無人な由貴子の計画を阻止することができるのか? 今回は圭太が由貴子の計画をどのように阻止するのかが見どころになってくるのではないかと思います。

そして、娘の瞳に接触してくる伊達翼も気にかかります。
翼はなぜ執拗に圭太に執着するのか? 翼の過去に何があったのか? 10年前の火事と何か関わりがあるのか? 伊達翼の動向についても今後注目すべきではないかと思います。

第5話みなさんの感想

SKET(30代、男性)

今回、圭太は由貴子の計画を阻止するだけで終わるかと思っていましたが、まさか由貴子の3億円そのものを奪い取るとは思いもしませんでした。

追い詰められた人間は思いもしない行動を取るのだなと圭太を見ていて改めて感じました。

金貸しの永盛を使って3億円を強奪するとはずいぶんと思いきったなと見ていて驚きました。

もし、自分だったら永盛は信用出来ないのでこの作戦は絶対実行できないです。
追い詰められた人間は怖いなと、圭太を見ていてそんな事を少し感じました。

由貴子から計画通りに3億円を奪う事に成功した圭太でしたが、すぐに由貴子が取り返そうと圭太の自宅に侵入してきます。

この時は、圭太があらかじめ由貴子の侵入を予想していたので奪い返されずに済みましたが、今後圭太と由貴子で夫婦間の争いが始まると思うと、娘の瞳が両親に振り回されて不憫でなりません。

夫婦間の争いはどのような結末を迎えるのか? 由貴子はこんな事をしてまでどうしてお金が必要なのか? 由貴子は本当に人生の再スタートが目的なのだろうか? まだまだ見えてこない隠された秘密がありそうなので今後の展開が全然読めません。

そして、今回のラストで翼が10年前の火事にこだわって圭太に執着してきた理由がようやく分かりました。

翼は自分の母親が火事で死んだのではなく、何者かに殺害されたと思っている事が判明します。
そして、母親を殺害したのが圭太だと思いこんでいる事も分かりました。

kuroiwa(50代、男性)

サブタイトル「元妻に逆襲せよ!狙うは3億円!・・・」が示すとおり、第5話では元妻が会社をゆすって得た3億円という現金を、主人公が知り合いに頼んでインターセプトを企てます。

中々現実の世界ではありえない計画ですが、無職になった主人公は娘の進学や生活のため、なりふり構わず必死にやり遂げます。
奪った3億円は自宅に隠しますが、元妻は奪い返そうとしますが失敗に終わります。

この間、祖母の家に別居する娘に家に戻るよう説得しますが、10年前の火事の事実が分かって以来、心を閉ざしたままで応じません。
そして10年前の火事の新たな事実が判明。

娘が好意を持っている男が何と10年前の火事で亡くなった被害者の息子だったのです!加えてそのとき起きた火事は人為的で火事に見せかけた殺人だと言い始め、その犯人は主人公であると勘違いしていたのです。

ドラマの途中までは多くの視聴者の想像通りの展開でしたが、10年前の火事が殺人を意図した計画的なものということは新たな秘密の提示です。
これで次回以降、ドラマがどう進行・展開して行くのか予断を許さない状態となり、大変気になる状態となりました。

suna(50代、女性)

前回(第4話)で由貴子(仲間由紀恵さん)の娘や元夫を巻き込みながらの自分勝手な行動にビックリさせられましたが、今回(第5話)で娘を誘拐したのは元夫の圭太(向井理さん)を巻き込むためだったと分かって更にビックリさせられました。

そしてそうするのは新しい人生を始めるためだという由貴子の身勝手さには呆れますし、新しい人生で何をしたいのかよく分かりません。

また以前から娘の瞳にやけに関わりたがっている翼というピアニストの存在が気になっていたのですが、彼が実は10年前に起こった別荘の火事の関係者ということが分かってちょっとスッキリした一方、やっぱり秘密を持つとこう言った別のトラブルに巻き込まれることもあるんだなと怖くなりました。

だんだん登場人物の秘密が明かされて行っているので、これからどんなストーリー展開になるのか楽しみに見ていきたいと思います。

おしまいに

翼が言うように母親が何者かによって殺害されたとなれば、火事は犯人が殺人を隠すための偽装工作だったと考えられます。

もし、翼の母親が他殺であれば、瞳の罪ではなくなるので、瞳が悩み続けたことも解消されますね。

果たして、翼の母親は火事による事故死なのか?それとも他殺なのか? 翼の母親の死の真相は今後の重要なポイントになってきそうなので注目して見ていきたいと思います。

https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html