がん専門医というワードがなにやら深刻そうなイメージで「大人のドラマ」という感じですが、実際松下奈緒と木村佳乃という大人の女性がやり合う姿は見ごたえがあります。

https://www.fujitv.co.jp/alive/  

第1話あらすじは?

恩田心は横浜みなと総合病院で日本では珍しい腫瘍内科医として働いていました。

ある日、いつものように業務をこなしていたところ化学療法室から緊急要請の連絡が入ります。
駆けつけてみると男性患者が倒れていました。

心は処置をした後に男性のカルテをチェックしたところ、その内容に違和感を感じます。
すぐに、担当医師に該当患者の検査を依頼しますが「担当外」を理由に退けられてしまいます。心はこのように毎日病院で忙しく働いていますが、忙しいのはプライベートも同じでした。

具体的には意識不明の夫のお見舞いや小さな息子の育児、そして気を遣う義父の相手をしなければならないので家にいても心身ともに休めない日々が続いていました。

忙しい毎日を送りつつも心は、処置を行った男性患者を気にかけていました。なので、男性患者に再度検査を受けさせようとするとなんと検査は受け終わった後だったのです。

担当医師に勝手に検査したとして叱咤される心を庇うかのように別の女性医師が現れます。
そして検査したのは自分だとハッキリその場で言い放つのです。

彼女の名前は梶山薫といって消化器外科医として横浜みなと総合病院にやってきたのです。
この2人の医師の出会いが心の人生を少しずつ動かしていくきっかけとなります。

第1話みなさんの感想

KYON(30代、女性)

がんの患者さんを治療するだけの話ではなく、主人公の心先生も旦那さんが植物状態でこの先どうなるかわからないという問題を抱えているという今までの医療ドラマとはちょっと違うなと感じました。

今回の患者さんで事実婚状態の二人が出てきましたが、がんを患った女性と記憶がなくなっていく男性とのお互いを想い合ったプロポーズシーンは感動しました。
手術も成功し安心しました。

心先生と薫先生との出会いは偶然では無さそうだったので、何のためなのか気になります。

旦那さんの手術に関わっていてそれに失敗したという事実があるみたいですが、それなら関わりたくないはずです。

いいコンビになりかけていますが今後対立することになるのか今後も楽しみに観ていきたいと思います。

ヒライ(40代、女性)

このドラマは医療系ドラマ、しかもがんに特化した腫瘍内科医が主人公ということで泣ける内容だろうと思って見始めました。

その期待通り、主人公を演じる松下奈緒は患者の人生に寄り添う優しい医者で、第1話でも困難ながんに侵されていた患者を救いました。

その過程で患者の人生や感情をとても丁寧に描いていたので思わず涙が出てきました。ここまでは予想通りの展開ですが、このドラマが面白かったのは、意外な展開を含んでいることです。

それは、松下奈緒には事故で3か月意識不明の夫がいて、彼女自身が患者の家族であり、医療ミスによる被害者家族かもしれないということです。

木村佳乃演じる外科医がなぜわざわざ病院を移ったり工作をしてまで主人公に近づいたのか、早く続きが観たくなるドラマでした。

KONOTA(40代、男性)

私はこれまでに医療関係のテレビドラマや映画などをたくさん観てきましたが、このような女性二人が医師として奮闘するドラマは初めて観ました。

内科医の女性医師と外科医の女性医師とがタッグを組み、そして一人の患者に対して立ち向かうと言うところに魅力さを感じました。

また、主演である松下奈緒さんは優しいイメージ通りの内科医なのですが、時には熱くなったり落ち込んだりと色々な感情表現が見られ非常に面白かったです。

そして、もう一人の外科医師役の木村佳乃さんも外科医でありながら、とても丁寧に患者に対してオペを行う姿は見ていて感動的でした。

また、周りを固める役者さん達も素晴らしい若手からベテランといてバランスが取れていて、そこもまた魅力的でした。

おしまいに

夫役が中村俊介さんなので、登場が寝てるばかりや回想シーンだけというのはもったいないですね。そういう観点からもいつか意識が戻るのでは……と予想したくなります。