テセウスの船4話ネタバレと今後の行方

現代に戻ってきたら家族が亡くなっている、というのは衝撃の展開ですね。
犯人の動きも加速してくることでしょう。

第4話あらすじ

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。
生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。
心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。
心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。
しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

公式サイトより

みんなの注目する点は?

serim(40代、女性)

現代に戻った心。
文吾に真実を話したことで変わったはずの現代は変わるどころかもっと悪くなっていました。
母は無理心中をはかって亡くなり、姉が生き残っていることを知る心。
未だに心は真犯人が誰なのか、見当がつきません。

平成元年の音臼村でも、金丸、佐々木紀子ら、怪しかったり正体が定かでない人物がたくさん存在します。

彼ら音臼村の住人達が現代でどのように登場するのかが気になります。
そして、過去が変わったことで、亡くなった心の妻・由紀も登場します。
心と由紀の関係は、どのように変化しているのでしょうか。

Nagata(40代、男性)

現代の時代を見た時、田村は驚きを隠せなかったです。
見事に変わり果てた時代を見てしまって愕然とした田村の父は、牢獄の中にいて、母と兄二人一緒に自殺をしたのです。

田村自身がやったことなので、後になって後悔をしてしまったのです。
母も兄もいなくなり、残っているのは姉と牢獄にいる父しか家族はいなくなった田村家族は、一家離散をしてしまったことで、波乱が起きることは間違いないので、今後の展開が見どころです。

かなり無謀な作戦を考えて父親を救い出すということですが、作戦はうまくいくのか気になる所です。

syakai(30代、男性)

過去にタイムスリップし、歴史を変えようともがいたものの、心は再び現代に再びタイムスリップしてしまいます。

そして、歴史はどうなったのか?というと、懸案だった父の件に関して言えば、歴史は特に変わっておらず、相変わらず収監されており、それどころか母と兄はともに心中をしていたのです。

自らが過去に行って、歴史を変えようとしたことで、実際の歴史が悪い方向にむしろ変わってしまっていたことに心は深く後悔します。

ただ、心はまだ諦めておらず、父親がえん罪であることを証明するために、再び立ち上がり、ある作戦を思いつきます。
その作戦とは何なのか?今度は上手くいくのか?そこが最大の注目点です。

LAMP(50代、女性)

過去から再び現代へとタイムスリップした心は、過去がもっと悲惨なものに書き換えられていたことを知り愕然とした前回のラスト。

今回は彼が再び父の冤罪をはらすためにどう動いていくのか、再び過去に行くのか現代に居ながらにして力を尽くすのか、いずれにしても心の動き方、展開が見どころだと思います。

また前回ラストで何者かに襲われたかに見えた、ユースケ・サンタマリアさん演じる刑事。
彼はどうなってしまったのか、彼を襲ったのは誰のか、とても気になるところです。

第4話みなさんの感想

AKARI(40代、女性)

待ちわびた第4話です。
衝撃の第3話からどうなるのか気になって仕方ありませんでした。
一番最初の時代ではなく、あの過去から繋がる未来での再びの出会いのシーン、相変わらず役者さんの演技が良いです。

泣いてしまいました。
原作を読了したため初回から犯人はコイツか…と思っていましたが、原作漫画とは違う犯人の可能性を示され、俄然ドラマの面白さが増してきました。
原作の犯人がアレなので、理由付けがどうとでもなる点に感心します。

と思っていたら今回、どういうことでしょう!?状態になりました。
それからさつきさん…一人でホラーテイストかつモラハラパワハラ圧迫テイストになっているし、彼女に一体何があったのか、その点も非常に気になります。
来週も楽しみです。

BLAD(40代、男性)

現代に戻り拘置所にて心(竹内涼真)が文吾(鈴木亮平)と再会したときですが、相変わらず竹内さんの泣きの演技が上手すぎて右目からスーっと流れる涙には感動します。

そんな感動的なシーンだというのに文吾が今週もアントニオ猪木の物真似をしてしまい、笑っていいのか感動していいのか分かりませんでした。
現代になるとショッキングなことも起こりました。

あんなに優しかったさつき先生(麻生祐未)が白髪になって、文吾への恨み節を口にしている場面は怖かったです。
しかもさつきは心の姉である鈴(貫地谷しほり)の義母になっていることにも驚きました。
鈴が文吾の娘であることは絶対にさつきにはバレてはいけないのに案の定バレてしまった時は鈴が気の毒で仕方なかったです。

とにかく麻生さんの演技が見ていて怖すぎです。
若き時代のさつき先生とは性格も見た目も真逆になっているので、麻生さんの演技力の高さに感心しました。

little(30代、女性)

現代に戻ったら過去が全く異なっていたことに驚かされました。
由紀が生きていたことがとても嬉しいですが心と結婚していた過去さえなくなっていたのは大きなショックでした。

すごく不思議に感じたのは、過去が変わると同時に未来も変わっているのに、現代で再会した父親とは意思疎通ができたことです。

間違いなくタイムスリップしたときに起こった事は実際に存在した出来事なんだというのが面白いなと思いました。

顔を整形して名前まで変えて生きてきた姉が過去を隠すのは当然ですが、最後に父親の無実を信じたいと言う気持ちでばれてもいいので弟に好きなように行動してといったところは涙が出ました。
由紀は今は他人だけれど、今後は心に協力してくれるのではないかと期待しています。

おしまいに

由紀の行動がインターネットでも話題になっていましたね。
強くて芯があって、美しくて。彼女がいれば心もこころ強いことでしょう。

https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/