金曜ロードショー『カイジ2』で若い吉高由里子を久しぶりにみました。今も昔もかわいいですね。

第5話あらすじ

30年前に乃十阿(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。
未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。 翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。

ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。
近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。 事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。

そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。

そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。 さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。

岩谷(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。

公式サイト https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  より

みんなの注目する点は?

VISA(30代、男性)
元警察署長が孫を殺害したとされる事件において、犯人とされる人物が一切反論をせずに、素直に罪を認めている様子を裁判で見たケイトは、その状況に違和感を覚えます。

この事件の動機について洗ってみようと思ったケイトは当時の報道通りの証言を得る一方で、当時の報道とは真逆の証言にもぶつかり、本人にコンタクトをとろうとするも面会を拒否されてしまいます。

実際、動機はなんだったのか?真実はどんなものだったのか?そういった部分に関してみどころと言えます。
NELO(20代、女性)
30年前に乃十阿が事件を起こしたキャンプ場に尾高さんと訪れたケイトはなにを思うのか、乃十阿の動機が未だに不明な点について尾高さんもケイトもどう思っているのか、そんな中でもしっかりと仕事の記事のネタを追いかけたり裁判の傍聴に行ったりケイトの働きぶりにも注目だと思います。

また、編集部の連載班の小泉さんと春樹の関係は今後どうなるのか、春樹はケイトのことをどう思っているのか、など2人の関係も見どころだと思います。
WAKITA(40代、男性)
スパルタ教育が行き過ぎて孫を殺してしまった警察長に、興味を持ったケイトが面会して話を聞こうとします。 しかし、黙秘を続けるため真相は闇の中になり、孫との関係について調べましたが恨んでいる様子はなかったようです。

このため、冤罪ではないかと疑って再び話してもらうように説得し、真相がどのようなものか注目されます。

第5話の見どころは吉高由里子さん演じるケイトのまっすぐ向かっていく姿で、どのようなネタを取材するか楽しみです。
INAMI(50代、男性)
ケイトの父親と思われる乃十阿が事件を起こしたキャンプ場に尾高に連れて来られたケイトが何を感じ、どんな気持ちを抱くのか、そして尾高との関係がどう進展するのか気になるところです。

そんな中、今回は実の孫を殺害した元警察所長の事件の裁判を取材するケイトが、罪を認めながらも動機を一切話さない被告の周囲を取材するようです。

そこからケイトが導き出した元警察署長の殺害動機と裁判での被告の真実がどう明かされるのかが見どころとなりそうです。

第5話みなさんの感想

HONOK(30代、女性)
主人公ケイトの父親の謎に迫るための前哨戦、というべき回でした。

動機は語らず罪だけは認めるという、周りの者はただ想像することしかできないという事件を追いながら、ケイトは自分の父親の事件と重ね合わせます。

結局本当の動機を語らないというところに、人間同士、分かり合えることなんてあまりないのかもしれないとふと感じました。

人それぞれ考え方はいろいろで、何が正しいのかなんてわからないし、他人が考えてることや思ってることなんてそうたやすく理解できるものではないなと少しモヤっとしています。

ケイトと尾高さんの関係性もまだまだ目が離せず、結局どうにもできない関係だからこそのモヤモヤがここにも存在し、なんともすっきりしないなという感じです。
SAKA(40代、男性)
今回もまた主演である吉高由里子ちゃんを観ることができて非常に幸せでした。 また、内容としては乃十阿が何と30年前に起こした事件のキャンプ場にケイトと尾高が訪れるのですが、非常に観ていて複雑な気持ちになりました。

動機が不明な為に事件の本当の真相が解らないので観ているこちらとしても本当に複雑な気持ちになりました。 また、翌週には元警察署長である沖田秀則がいるのですが、これがまた何かを隠しているかのようだったのです。

スパルタ教育により自分の孫を殺してしまうと言う何とも恐ろしい事件なのですが、何か引っ掛るケイトなのですが、確かにテレビで観ている私にも裏があると思いました。 是非、次回もまた楽しみに観たいと思います。
kyori(40代、男性)
今回は、元警察署長が孫を殺めた事件を取材していくうちに、罪を認めただけで他を語らない彼の姿勢に、自分の父かもしれない乃十河の事件が重なってしまい、記事がうまくかけないケイトの苦悩が垣間見られました。

今の現状をそのまま記事にしろという編集長の意見で間違っていないと思いましたが、ケイトの心情も察すると辛い局面でした。 事件をどのようにみるかで世論の風向きが変わってしまうんだ、と思うと怖いとも思いました。 元署長は、自分の状況を言わないその後を踏まえた上で自分が負う罪だと思っていたのだと思いますが、改めて言葉の持つ力を感じました。

ケイトと尾高の穏やかな関係でいながら、不安定な空気感も気になります。
婚約破棄した野中の心情も複雑に絡み合いそうで、ハラハラします。

おしまいに

色々な関係や、謎が少しずつほどけているのかより絡まっているのか、なかなか先が読めないドラマです。
https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/