天海祐希はやはり「人を叱る」シーンが似合いますね。
凛々しくて、思わず自分も叱られてみたいと思ったり……しました。

第4話あらすじ

深山(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。

名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡 (永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春 (三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。

誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。
手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。

さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。
そんな中、60代の男性・山口 清 (本田博太郎)が幼馴染の内田 正 (綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。
記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。

彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。
今出川 (三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。

黒岩(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。
西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。

一方、来島 (古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が! 記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。

公式サイト https://https://www.ntv.co.jp/topknife/  より

注目ポイント

ari(20代、女性)

主人公は救急搬送された女性患者の身元特定に頭を抱えていました。
名前すらわからない中、その女性患者を見ながら複雑な表情を浮かべているものが一人いました。
それは西郡。

女性患者と自分の関係性を話し始めます。
そんな中、60代の男性が病院を訪れます。
その男性は記憶が3分しかもたず、自分が30代だとおもいこんでいる様子。

彼を親身に世話する付添人にも秘密がありそうで、バックの中には包丁が! 彼の正体はいったい何者なのでしょうか。

SE4(50代、男性)

女性心臓外科医の第一人者だった喜和子が、2年前に脳腫瘍を発症し、西郡が手術を担当し、その手術で腫瘍をすべて切除できなかった可能性を黒岩が辛辣に指摘するようで、プライドの高い西郡との対立と患者への対応がいかになされるのか、見どころとなりそうです。

また、バーカサブランカの来島に恋心を抱く幸子に、来島がアプローチするようで、二人の関係が急展開するのかも面白そうです。

記憶をなくした元女医をめぐる西郡と黒岩の対立、来島との関係で浮き足立つ幸子の3人に、深山はどう対応するのかも楽しみです。

12r(30代、男性)

記憶を失った女性が患者として運ばれてきた中、西郡はその患者の手術に以前かかわったと告白します。

そして、その手術の結果として患者は記憶を失い、現在までその状況が続いているのです。
その手術に関しては、黒岩からミスを指摘され、それが原因となって今の状況が起きていると言われてしまうのです。

自分の手術ミスが原因で記憶をなくして苦しんでいる、そしてその患者と再会するという、すごい偶然によって存在している状況があるわけですが、西郡やこの患者はどうなるのか?という点に注目と言えます。

takenaka(60代、男性)

叱られた娘が心を開き少し笑顔になる場面は見どころの一つでした。

他の女優さんがこの場面で演じていたらと想像すると、なかなかこれに相応しい人が多くは見つかりません。
「女王の教室」とは違った叱り方を楽しめました。
それから、今回は患者に付き添う本田博太郎の持ち味が興味深かったです。

怪人を演じると上手い俳優だと思っていますが、かなり人間味を漂わせて良い演技をしていました。
怪人的といえば椎名桔平も不思議なオーラがあって、ちょっと悪役的ながら、ドラマを支えています。

第4話みなさんの感想

hiroe(50代、女性)

今回は、二種類の健忘のお話でした。
前向性健忘の患者・内田は30年前から記憶が更新されていませんでした。

バブルがはじけて会社をリストラされ、その後就職したのは投資会社・・・。
そこで記憶が途切れていました。

この症例で、感情は偏桃体に記憶されるのだと、初めて知りました。
逆行性健忘の患者は西郡琢磨の母で、脳腫瘍が全摘出出来なかったことが原因で脳浮腫を起こし、自分が誰かも解らなくなっていました。

黒岩が腫瘍の全摘出オペをして、見事に成功しました。
普段は女性にだらしない黒岩が、今回はとても頼もしく思えました。
黒岩も恰好良かったし、患者はきっと記憶を取り戻して「めでたし、めでたし」と思っていたら、 目が覚めた母(患者)は、開口一番西郡にこう言うのです。
「やっぱりお前は才能ないね」と。
「残念・・・」これにはショックでした。

TOT(50代、男性)

西郡が2年前に脳腫瘍の手術をした実の母親が記憶のない状態で救急搬送されただけでも、西郡には心理的な負担が大きいと想像されるにもかかわらず、それを追い詰めるかのような黒岩の言動の意図が理解できませんでした。

しかしながら、一人悩んだ西郡が、黒岩に頭を下げて母親の手術を頼んだ姿には、患者を治すというプライドを優先した医師の姿と息子としての想いが感じられ、これまでの西郡とは違う謙虚さも感じられました。

一方、わずかな時間の記憶しか持たず、33歳だと思い込んでいる内田という患者を病院に連れてきた60代の男性が抱く感情を読み取った今出川の観察眼の鋭さは、人間を診てきたベテラン医師の風格を感じられました。

また、患者をめぐる西郡との関係に深山は、自分と娘の関係を重ねているような表情にも感じられました。

おしまいに

永山絢斗が良かったです。しかし広瀬アリスの役……ドラマとはいえしっかり仕事してくれっ!と思うあぶなっかしさでしたね。

https://www.ntv.co.jp/topknife/