絶対零度~未然犯罪潜入捜査~5話はミハンに新たな危機がやってきます。

第5話あらすじ

井沢(沢村一樹)たちの拠点となっているミハンルームに、代議士の児島祐三(信太昌之)や警視庁、法務省の上層部が視察にやってくる。
案内役の香坂(水野美紀)は、ミハンのこれまでの業績をアピールするとともに、現在、危険人物として、大学病院の医師・真田雄大(猪征大)を捜査中だと報告する。

真田は、サバイバルナイフを購入しているほか、ネットに匿名で、『スーパードクター』と呼ばれる同じ大学病院の外科医・益子博文(近江谷太朗)への恨みを書き込んでいた。
真田は、大学病院を追い出され、来月には離島に赴任するのだという。
病院に潜入捜査中の山内(横山裕)や小田切(本田翼)は、真田と益子をマークしていた。
しかし、不測の事態が起こり、不審な男を追跡している間に、益子がナイフで刺され、その傍には、真田が立っていた――。

益子の緊急オペが続く中、捜査一課の早川(マギー)は、重要参考人として真田に任意同行を求める。
視察中だった代議士たちの前でのミハンの失態。
曽根崎(浜田学)から圧力をかけられる中、真田の無実を証明すべくミハンが動く。

井沢や加賀美(柄本明)は、ミハンのデータがねつ造されているとにらみ、医療関係の情報を扱う情報機関を訪れる。
そこで井沢たちを待っていたのは、かつてミハンの統括責任者・東堂定春(伊藤淳史)だった……。

公式サイト https://https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/  より

注目ポイント

YAMETA(40代、男性)

前回は、水野美紀さん演じる法務省キャリアの過去の回想に、柄本明さん演じるホワイトハッカーの若き姿が絡んできたところで終わりました。
そのホワイトハッカーが全体のストーリーにどう絡んでくるのかが楽しみです。

番組予告では、本田翼さんと少しいい感じになりつつあるカメラマンとのストーリーの回のようです。

カメラマンも影がある感じなので、実は「ミハン」の対象となる・・・という展開になると予想しています。

今シリーズから加入した元子役のキャリアのエピソードがどのようなものかも楽しみです。

PANDA(20代、女性)

今回調査していくのは、大学病院の医師。

医師はサバイバルナイフを購入しているほか ネットに匿名で外科医の恨みを書き込んでいました。

そして病院に潜入中の山内や小田切はしっかりとその医師をマークして様子を伺っていくのでした。

医師の本当の狙いは? ミハンチームは無事に事件を起こすことなく終えられるのでしょうか。

wada(30代、女性)

ミハンルームに代議士と警視庁・法務省の上層部が視察にきます。
香坂は、今までの功績と共に現在もミハンシステムが危険人物を割り出していることを伝えます。

危険人物は、大学病院医師の真田。
真田は、サバイバルナイフを購入し、ネットに匿名で同じ病院の外科医・益子への恨みをかきこみしていました。

さらに真田は、翌月には大学病院を離れ離島へ赴任となります。
病院へ潜入していた山内と小田切で真田と益子をマークしますが、不振な男を発見、追跡しているうちに益子はナイフで刺されてしまいます。

さらにその場にはなんと真田が立っていました。
視察員の前で犯罪を防げなかったミハンに圧力がかかりますが、ミハンは犯人が真田ではないのでは?と真相をおいます。

ミハンのデータが捏造されていることを疑う井沢と加賀美が医療関係の情報を扱う部署へ訪れると、なんとそこには前ミハン統括責任者・東堂定春の姿があるのでした。

music4(30代、男性)

ネット上にある人物に対する恨みを書き込んでいて、サバイバルナイフを購入していた事実がある真田という人間を捜査していたが、その捜査中に同じく捜査中であった益子がこの真田によって刺されてしまいます。

マークしていた人物を同じくマークしていた人物に襲われるという大失態を犯してしまうわけですが、タイミングが悪いことに、なんと代議士らが視察に来ている間に起きてしまった出来事なのです。

この状況をどのように挽回するのか?に関して、特に注目と言えます。

第5話みなさんの感想

JUMP(30代、男性)

5話では、新たに事件に関わりがあるであろう人物が分かります。
5話の冒頭とラストのシーンに香坂の部下である北見が加賀美に銃を向けるシーンがありましたが、北見が今回の事件とどう関わりがあるのか? 加賀美は北見がミハンに関わろうとしているのには目的があると話し、香坂の父親が起こした事件について触れていたので、おそらく北見は香坂の父親の起こした事件に何らかの関わりがあるのかもしれません。

おそらくですが、北見は後に訪れる香坂の死に関しても何か関わりがあるのかもしれないと思います。

香坂の死は、当初は井沢が犯罪者への憎しみをコントロール出来ず手を下してしまったのかと思われましたが、北見の動きから警察内部に事件に大きく関わる人物が他にもいると感じました。

裏で糸を引いている人物は一体誰なのか? 加賀美を出し抜いたクラッカーは何者なのか? 井沢の妻と子供を殺した犯人は誰なのか? 回が進むにつれて少しずつ事件の真相が見えてきていますが、同時に謎も多くなってきて、この先の6話以降がすごく楽しみになってきました。

SHIN(40代、男性)

今回は何とも動物虐待や殺傷といったおぞましい事件が始まりでした。
ですので、動物愛好会などからは苦情でも来そうな予感までしてしまいました。

また、更にはその事件の発端となった容疑者の父親が文部省次期事務次官候補とあって非常に皮肉な感じもしました。
そんな素晴らしい父親がいながらにして、息子はと言えば容疑者と言う残念な結果となっていました。

そして、事件が進むにつれ新たな人物や事実が発覚されていき非常に面白い展開へとなっていきました。

そして、今回も勿論ミハンならでわの潜入捜査が行われていたのですが、結果的には誰も救えなかったような印象だけが残っています。
しかし、今回も個人的には可愛い本田翼ちゃんの活躍ぶりにうっとりしてしまいました。

hohon(30代、男性)

ミハンシステムを悪用されてしまうというのは、法制化に向けて大きな問題になると思うのですが、触れられていなかったのはどうしてなのかと疑問に思いました。

過去に間違いも起こっていたシステムである上に、今回の問題は本当に大きいことだと思います。

システムに頼り切らないで自分たちの目で捜査をするメンバーではありますが、未然に防げていないことが多いため法制化よりも前に変えていかなければいけないことが多いように思います。

システムの穴を利用した今回の事件は加賀美の知る人物が裏で動いていたということで、その人物との関係が非常に気になります。

てっきり香坂の父を憎んでいるのかと思っていましたが、彼はその事件の中で別の罪を犯していたそうで、それと今回の黒幕がどう繋がっていくのか楽しみにしたいです。

他にもメインではない人物の怪しい部分がちらほらと見えてきたのも気になりました。
門田が上からのプレッシャーでさらに悪い方向に向きそうですが、危険人物としてシステムが割り出すような事態に今後なるのだろうかと注目したいです。

おしまいに

井沢が追われる身となってしまったのにはどんな理由があるのかすごく気になりますね。引き続き楽しみたいと思います。

https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/