4話の見どころは、愛する人を失った心がどうやってしみと向き合うかです。

第4話あらすじ

“恩田心(松下奈緒)の夫、匠(中村俊介)の告別式が行われる。

参列した光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちは心に弔いの言葉をかけるが、梶山薫(木村佳乃)は声をかけることが出来ない。
葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。

阿久津や光野は心配するが、心は、仕事をしている方が気が紛れると気丈にふるまう。

その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎(北大路欣也)に関しての連絡を受け…。

一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた…。
打ち明けるべきか否か−。

思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一(三浦翔平)が姿を現し、真の目的を打ち明ける…。

愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのかー。

公式サイト https://https://www.fujitv.co.jp/alive/  より

注目ポイント

nama(40代、女性)

いつもと変わらないように仕事をする心と、そんな彼女に対する周囲の気遣いです。

哀しみを分かち合うことは難しくても、ただ側にいるだけで良い。
そんな簡単なことに気付かせてくれます。

医師だって、大切な人の死を乗り越えることはとても難しいのだということを、このドラマは教えてくれます。

見た後に、家族の大切さを改めて感じることが出来ました。

kiri(20代、女性)

旦那さんが亡くなって心先生と息子、義父の今後はどうなるのか、気持ちにどう影響するのか、旦那さんはなぜあんなところで事故に遭ってしまったのか。

それに対して薫先生は何を思うのか、心先生に本当のことを伝えるのか、心先生は医師としてまた働くことができるのか。

乳がんの手術を受けた佐倉さんの気持ちや体調は落ち着いてきたのか、今後の治療などどうしていくのか、など今回も気になるところ、見どころがたくさんあります。

san(30代、女性)

家族の死をどう乗り越えていけばいいのかが課題となっていました。
自分自身もいつか経験することになると思うととても感慨深くみてしまいました。

医者だからといって母親だからといって、強いわけではなく、全てをサポートできるわけではない、1人の人間だということがわかりました。

義理のお父さんが鬱になりつつあり、いつも頼りになる存在だったのに危険な状態になってしまうことが怖く思いました。

悲しみに寄り添って一緒に共感することは大事なことだとゆうことがわかりました。

mot(50代、男性)

前回の放送では、一度は意識を取り戻した恩田心の夫、匠でしたが、その後の急変によって亡くなります。

匠の告別式が行われ、病室で泣き崩れていた心は、悲しみを抱えながらも気丈に振る舞い、わずか三日で職場へ復帰し、三野や阿久津たちの心配をよそに仕事をこなすようです。

しかしながら、息子を亡くした京太郎にうつ症状が疑われる判断をする心も、匠の死を受け入れられず、いかに最愛の人の死を受け入れ、克服していくのかが見どころとなりそうです。

また、病室を片付ける心に寄り添った梶山薫もまた、真実をいかに心に語るのか、気になります。

第4話みなさんの感想

kaz(40代、男性)

愛する夫を亡くしてしまった心が悲しんでいますが、共有することで乗り越えて今後の人生をどのようにつなげるか考えることが重要だと思いました。

木下ほうかさんの演技はベテランらしく素晴らしいものがあり、大切なことを的確に伝える姿に感動させられたものでした。

隆一が薫に正体を明かしたことで過去が暴かれる可能性も出てきたため、次回は見逃せない展開になったと思いました。

また、グリーフケアは悲しみを癒やすためには重要なものだと知り、この作品を通して人生とは辛いことがあっても未来を信じるべきだと感じさせられました。

●名前●(20代、女性)

前話では、ついに匠さんが亡くなってしました。
お義父さんも息子さんも、そして心先生も匠さんの死を乗り越えるために、しばらく時間が必要でしょう。

しかし、共に支え合う家族がいて良かったです。
大切な人を亡くした家族に対してグリーフケアは大切ですね。
専門家に任せてしまう選択肢もあり、それでも良かったでしょうが、もっと硬い絆を持つ家族内でグリーフケアをし合うことで、死を乗り越えられるんですね。
そして、次回はついに薫先生の過去があらわになってしまうのでしょうか。

せっかく匠さんの死を乗り越えようとしているのに、過去を蒸し返してまた心先生を傷つけないで欲しいのですが。
薫先生と心先生が仲違いして欲しくないですね。

take7(50代、女性)

旦那をなくした妻、父親を亡くした息子、息子をなくした父親。
この現実の家族が必死でそれぞれを乗り越えようのしています。

家族の味、亡くなった息子の好物のカレーを食べることができない家族ですが、互いをいたわり、互いの痛みをささえあい、息子がカレーを美味しいね。
と言って食べる。

このカレー一つにとても深い心の痛みと、家族の絆と、亡くなったものを必死で埋めようと強い家族が作り始まっているところに、とても感動をしました。

カレーという食べものの、ドラマで見るシーンで1番の感動といっても嘘でないように思いました。
それぞれにとって大切な人を失った悲しみは癒されません。

しかし、その悲しみを埋めてくれるのは、同じ家族なんだと強く感じました。

おしまいに

医療ドラマは悲しみもあれば感動もあるもので、愛する人を亡くしても前を向いて生きていけるようにサポートする存在に目頭が熱くなります。

https://www.fujitv.co.jp/alive/