あまりにも今、東出昌大さんの不倫の報道ばかりなので、ついそういう目でこのドラマを見てしまいますが……、その分、刑事役の桐谷健太さんとその妹で検事の事務官役の比嘉愛未さんの演技が光って見えた気がしました。

第3話あらすじ

営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。

連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。

検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。

一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。

県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。

だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。
 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。

逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!  そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。
さらに…! 刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

公式サイト https://https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/  より

注目ポイント

ye(50代、男性)

バーの店内で男性オーナーが見つかり、江田へも連絡が入り、刑事となって初めての殺人事件の捜査に張り切り、どれだけ独断的な行動をするのか楽しみです。

一方、検事の真島にとっても初めての殺人事件となり、豪太と立場の違う真島が、捜査一課の猛者たちを相手に、冷静で的確な指示を出せるか、それとも優柔不断に流されるのか楽しみです。

容疑者を逮捕しようとする警察と物的証拠で起訴の是非を判断する検察の立場の違いによる両者の衝突が、豪太と真島の衝突にどう表現されるかが見どころとなりそうです。

YUMA(20代、女性)

今回は真島検事が初めて、殺人事件を担当しました。
そして無事に起訴までこじ付けました。

今回も仲井戸刑事の熱い説得で、犯人の彼女が自白したから事件が解決しましたが真島検事はありがたいと思ってはいなさそうです。

みんなの協力があってこそ事件が解決していることを分かってもらいたいですね。

そして、もっと真島検事には謙虚になってほしいです。
真島検事演じる東出昌大さんにも通ずるものがあると思いますので、不倫の件も誠意を持って対応してほしいです。

HE(40代、男性)

今回の見どころと言えば、閉店していたバーでの店内による刺殺体発見でした。
そして、また刑事である仲井戸豪太と検事である真島修平による操作が始まるのでした。
また、そんな事件のあった殺人事件現場に足を踏み入れるのがそれぞれと初めてと言うこともあり、大張り切りするのでした。
そして、徐々にその事件の捜査上に色々と浮かびあってくる被疑者がいたのでした。
しかし、また事件を通して仲井戸豪太と真島修平の攻防戦が勃発するのでした。

第3話みなさんの感想

kusa(50代、女性)

その夜の当番だからといって検事が即座に殺人事件現場に出張るものか?と思って現役の検事さんが書いているウェブサイトを見ました。

それによるとそれは帳場(捜査本部)が立った時につく本部係検事というものだということです。
ここは少し説明があってもよかったのではないでしょうか。

通常は地検に送致されてから検事の取り調べが始まりますが、本部係検事は事件発生当初から捜査本部と協力して捜査を行います。

建物を建てる時に建築士がすべてを見守り管理するように、捜査に充分な証拠が集まるよう監督するのも務めです。
その点では始めの真島検事は間違っていません。
「落としの長さん」みたいなやり方が冤罪を作るかもしれないからです。

こいつが犯人だと見込んでの自白至上主義は危険きまわりないと思います。
しかし真島も日下もひとが一人死んでいるのにそのことや遺族の気持ちを少しもおもんぱからないのはどうなのでしょう。

刑事だって犯人を捕まえたいのは人の死が重いからこそ被害者の無念を晴らしたいと捜査をするのではないでしょうか。
そこをスルーしているのがこのドラマの面白くないところです。

ドラマを良質のものにするためにはキャラを動かすのではなく、人となりを描くことが必要なのです。

そして豪太はどうして単独行動をするのですか。
ふたり一組が刑事の基本でしょうに。
ところで本部係検事は警察と連絡を取り合うための「本部携帯」という携帯電話を持ち歩きます。
それを持っていれば本部係検事ということがもっとうまく描けたかもしれません。

だいたい警察に入りびたっていられるほど検事は暇じゃないのです。
配点されている案件はほかにもあるのですから。

take(50代、男性)

バーの店内に男性の刺殺体が見つかったという連絡を受け、初めての殺人事件に浮き足立ちながら豪太が現場に向かい、すでに到着していた検事の真島も硬直した顔で現場に立っている状況は、シリアスなシーンであるのに、コミカルさも感じられました。

事件捜査の最前線で活躍したい豪太が、捜査一課の連中に頼まれ、真島に直接逮捕状の請求を本気で頼み、自分が捜査会議で一番前の席に座ろうとしていたのは、笑えました。

捜査会議で一課の連中と豪太に追い詰められた真島が、逮捕を許可する判断をして座り込んだシーンには、容疑が濃厚だと考えられる被疑者の逃走や自殺の可能性に対する検事が持つ権力とその裏にある責任感と恐怖感が感じられました。

しかし、支部長からの叱責を受けた真島が、自分の判断は豪太に追い詰められたためと言い出した姿が、本当の姿のようにも思え、人間味が感じられました。

RYOKO(40代、女性)

仲井戸刑事の豪快さが痛快で気持ちいいです。
側にいるとウザすぎるくらい熱い感じですが、妹のみなみと毛利刑事の冷静な女性がいることで緩和されているように思います。

真島検事の変なプライドと頼りなさが露呈される態度も面白いです。

とはいえ、今回の殺人事件は内容が少し浅かったように思います。
刑事側と検事側の相違もテーマにあったのだと思いますが、地味でした。

しかし、キャラクターに救われたように思いました。
みなみの振り切ってはいますが、違和感のある関西弁には戸惑いますが、仲井戸刑事の関西弁は違和感がないなー、と思いました。

おしまいに

キャストの濃さで内容よりも雰囲気で楽しんでしまっている部分もありますが、仲井戸刑事のちょいちょい挟んでくる熱血教師風がまかり通ってしまうストーリーが殺伐としていなくていいと思います。

https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/