とうとう松下奈緒の夫・中村俊介が亡くなってしまいました。
しかもその上、さまざまな問題がふりかかります。

第3話あらすじ

“恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。

京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。

『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。
腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。

心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。
緩和医療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。

アライブアライブ  休憩中、心は薫に匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。

そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。
 一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。
その後も、偶然再会し、言葉を交わすが…。

公式サイト https://https://www.fujitv.co.jp/alive/  より

注目ポイント

RE(20代、女性)

匠さんが亡くなる直前の、目を覚まして元気に喋る姿が幻想であることを心先生が思い知らされた瞬間、私の心も痛くなりました。
どうしてもつらいものがありますね。
でも最後は、心先生も息子さんも匠さんのお父さんも、匠さんと一緒の時間を過ごせて看取りの瞬間に立ち会えて良かったです。


薫先生が、いつも落ち込んでいるタイミングで現れる事を心先生は喜んでいましたが、匠さんの手術に関係していたことを後で知ったら、2人の関係はどうなってしまうのだろうと心配です。

kiyo(20代、女性)

心先生の旦那さんの容態が急変したと病院から電話がきて薫先生に病院まで送ってもらって病室に行って義父も息子もみんな集まる中旦那さんの容態が説明されます。

これから旦那さんはどうなるのか、カンファレンスでみんなの意見がバラバラになり患者さんのことや今後はどうなっていくのか、重い展開です。

薫先生がジムで出会った謎の男性は何者でなんの目的があるのかなぜ偶然の再会があるのか、など第3話も気になるところや見どころがたくさんあって楽しみです。

第3話みなさんの感想

RET(20代、女性)

第3話は、延命治療について考えさせられる回でした。
回復が見込めない患者さんにとっては、病院で管に繋がれているよりも、残りの時間を家族で楽しくすごすほうが幸せかもしれないというシーンを見たときにはっとさせられました。

たしかにそうかもしれないと思いました。
家族は、その状況になると、長生きしてほしくてつい、延命治療の選択をしてしまいがちですが、、、。

わたしの家族がもしそうなったら、残りの時間をたくさん楽しむという選択をできたらいいなと思いました。

心先生が後悔に苛まれて泣いている最後のシーンが印象的でした。
そんな心先生を抱きしめる薫先生が、静かにごめんなさいと呟いていて、ほんとうのことを心先生が知ったら、どうなってしまうんだろう。

また、三浦翔平さんが登場しましたが、あの男性は何を企んでいるんだろう。
来週が楽しみです。

hisako(20代、女性)

家族の死、自分の死についてとても深く考えさせられた回でした。
ドラマでは、母親が延命治療から緩和治療に切り替えるとき、家族は死をどう受け入れるのかが描かれていましたが、私も母と父と兄弟たちに重ねて見ていました。

特に「父と娘たちがあまり接していなかったので、自分がいなくなったら心配」という母の言葉に胸を打たれました。

自分自身の家族もそうですし、このようなご家庭は日本にはたくさんいるのではないでしょうか。

仕事人間の父と子供の問題という日本に多い家族の形と、その母が病気になった時もつ不安をとても繊細に描かれていました。

「家族が死を受け入れる時間」と「家族との時間を大切にしたい」という最期を迎える人の気持ち…延命治療の考え方を知れるとても良い会でした。

umezawa(30代、女性)

いつも辛いときに傍にいてくれる相棒って、とても素敵な存在だと思います。

生きていれば大変な事や辛い事がたくさんあるので、そういう存在の有無でどれだけ頑張れるかが大きく変わると感じます。
病院で今後の話合いをしていた際、朝加さんの娘たちが薄情に思えてなりませんでした。

決して綺麗事で乗り越えられる話ではないとしても、自分の親と過ごせる時間にリミットがあるとしたら、望むことや出来ることは全てしてあげたいと私は思います。

親が苦しんでいる時に、どうしてあんなに自分のことばかり言えるのかと不思議でした。

病気の本人もその家族も、それぞれが苦しくて大変だと改めて感じました。
最後は娘もちゃんと状況を理解してくれて、本当に良かったです。

●名前●(40代、女性)

肺癌、抗がん剤治療、気力体力どちらも大変ですね。
家族の闘病思い出してしまいました。

私は自分が癌なら緩和医療の方をすぐに選んでしまうと思いますが、子どもが小さければ抗がん剤治療に耐えて頑張らないとと、思うかもしれません。
やっぱり病気になると家族が必要の存在ってとても大きく感じます。

普段から大切にしないといけないですね。
本当に色々考えさせられるドラマです。
夫婦の考え方の違いで癌との戦い方の方針が違違が出てくるのは、実際経験したことです。

このドラマ現実によくある問題を取り上げるのでストーリーに入り込みやすいです。

奥さんの家族愛素敵でした。
呪いのノートも素敵すぎて涙が溢れて仕方がなかったです。
本当に強い女性です。

おしまいに

松下奈緒の夫を亡くしてからの迫真の演技には圧倒されました。
三浦翔平が一体何者で、何を企んでいるのかとても気になります。

https://www.fujitv.co.jp/alive/