今回もアクションとファッションが楽しめましたね。
もちろんストーリーも被害者と加害者という難しいテーマに取り組んでいて見ごたえがありました。

第4話あらすじ

井沢(沢村一樹)たちのもとへやってきた香坂(水野美紀)は、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を指示する。
その人物とは、自殺を考えている人たちの相談に乗っているNPO法人に在籍する“いのちの相談員”杉原佳代(木野花)だ。

佳代は、失踪に見せかける方法について調べていたほか、スタンガンも購入していた。

そしてもうひとつ、佳代には気になる過去があった。
彼女は、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族でもあったのだ。

井沢は、山内(横山裕)とともに佳代が在籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入する。
一方、小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)は、駆け落ち同然で上京したカップルに扮し、佳代のシェアハウスを訪れていた。

公式サイト https://https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/  より

注目ポイント

L5(30代、男性)

自殺を考えているという人の相談に乗るNPO法人の相談員が、もしかしたら何らかの復讐を考えているのかもしれない、そんな恐ろしい回です。

スタンガンを購入していた、どうすれば自殺に見せかけられるのか?について調べていたなど、明らかに怪しい臭いがぷんぷんしてくる人物です。

さらには過去に起きた殺人事件の被害者遺族という状況があるため、これから誰かを殺そうとしているのではないか?という予測もつきます。

相談員の真の目的を掴み、それを食い止められるのか?というのが最大の見どころでしょう。

HAN(50代、男性)

香坂は、これまでミハンが特定した危険人物を冷静に井沢たちに伝え、捜査の全体を指揮してきましたが、今回は自ら捜査に前のめりの姿勢を見せます。

これまでの対応と違う香坂に違和感を感じる井沢が香坂の相棒として行動を共にし、香坂が隠している過去や人間性を明らかにするのか、楽しみです。

また、危険人物として特定された杉原佳代が、シェアハウスで同居していた佐藤奈々が、10年前の事件の加害者家族であるとわかり、佳代がを企てる殺人が起きるのか、それとも別の事件が起きるのか、さらには、井沢たちがどう未然に食い止めるかが見どころのようです。

それに、これまでの放送の冒頭や終わりで香坂を殺害する井沢のシーンの謎が、どれほど明かされるのかも気になります。

DEREAE(40代、男性)

絶対零度のお楽しみポイントの1つはミハン捜査員の変装姿です。
潜入捜査が多いので第4話でも注目となってきます。

とくに今回注目しているのが小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)の変装姿で、テーマは「駆け落ち同然で上京してきたカップル」らしいのです。

絶対零度の公式サイトにその写真が掲載されているのですが、田舎っぺ丸出しのファッションをしていて、絶対笑わせようとしているように見えてしまいます。

ただ第4話の物語は10年前の凶悪犯罪が関連している重いテーマになっているので、この2人がどのようなアクセントになって潜入捜査するのか楽しみです。

766taro(40代、男性)

初回の冒頭から謎とされてきた何故主人公の井沢は新しい統括である香坂を殺してしまったのか、それが明かされるタイミングが近づいているように思えて、個別の事件も気になりますが、ミハン内の人間関係の変化が気になります。

それに前回の第3話の終盤では、なぜか小田切が取り調べを受けていて、辞職しようとしていました。

井沢がなぜ香坂統括を殺したのかも気になっているのに、それに小田切が関与しているようでそのつながりが明らかになるかどうかが気になります。

前回の最後では、小田切が香坂統括と大衆酒場のような場所で会って楽しく話していました。
なぜそのような二人が容疑者と被害者になってしまったのか気になります。

また、いつものことですがどんなかっこいいアクション・ハッキング(こっちはあんまりまだかっこよくない)ができるのか、どんな変装をして侵入するのかも楽しみです。

第4話みなさんの感想

HA(50代、女性)

今回のストーリーの中で一番印象的だったのは香坂(水野美紀さん)と井沢(沢村一樹さん)の良い関係性です。

婚約者の女性に対して最低な態度を取る男性に対して、香坂が怒りをぶつけてボコボコにするシーンはスカッとしましたし、その後、その酷い男にドドメを刺したのは井沢だったのでカッコ良いなと思いました。

香坂も実は被害者家族だということを知った井沢が、彼女にそっと優しい言葉をかける姿も素敵だなと思いました。
それから今回のストーリーの中に出て来た奈々という女性を見て知り合いのことを思い出しました。

酷い男性に捕まって、周りから見たらなんであんなひどい男と付き合っているんだろう?と思うのに、本人はそれが見えてなくて彼のことをかばおうとする姿は痛々しかったです。
でも最低な男を成敗してくれた香坂を見てスッキリしました。

SA2SA(20代、女性)

命の相談員。
本当に素敵でした。
一つ一つの言葉が強く胸にささり、涙が出ました。
自身も夫を亡くしていながら加害者家族の娘をあれほどにも強くサポートできるなんて‥。

相当強い気持ちがないとできないことだと思います。
心があらわれました。

また、水野さん演じる香坂さんの過去も分かり、驚きました。
まさか加害者家族だったなんて‥。

だれにも言えない悩みがあったのかと思うと、可哀想になりました。

どうしても加害者家族がせめたてられる世の中なので、それが少しずつ変わっていくといいなと思いました。

●名前●(40代、男性)

ストーリー自体は良く出来ていたと思います。
無差別殺人のせいで夫を失った女性、兄が無差別殺人を行ったせいで地獄のような生活を強いられることとなった妹。

無差別殺人をした人の為、大勢の人間が苦しむことになったんだなと痛感させられました。

ただ気になったのは、加害者の妹・奈々と香坂の暴走です。
奈々は正直最低だと思います。
両親が自殺をし、残った奈々は自殺を決意。

ただその前に被害者遺族へ謝罪の電話を入れたのはいいのですが、結局自殺をしていない。
電話を受けてから被害者遺族の佳代さんが到着するまで相当時間があったわけですし、結局ポーズなんじゃないの?と感じましたね。

実際、佳代さんに命どころかその後の面倒までみてもらったというのに、男が出来るともう関わらないで!と佳代さんとの縁まで切ろうとしていました。
正直これはない。

いくら事情はあれど、自殺を思いとどまらせ、その後の生活までみてくれた、しかも借りしかない相手によくそこまで言ったな~と感じましたね。
こういう人間なわけですから、自殺をほのめます電話も結局ポーズだったんだろうなと感じたわけです。
香坂も今回は最悪でしたね。

今回は珍しく捜査に加わったものの、自己判断で暴走。
挙句、今回の事件を裏で操っていた男の胸倉をつかんで殴り掛からんとしていました。

その男性は振り払う際にカギを握ったというのは戴けませんが、それは香坂が胸倉をしつこくつかんできたから。
挙句一方的な暴力を振るってましたし、香坂は早々に警察をやめて欲しいですね。

井沢の事をどうこう言ってますが、香坂に井沢を非難する資格はないですね。
こんな感じで話自体は面白かったのですが、登場人物に苛立ちました。

JIJI(30代、女性)

大森山無差別殺傷事件で刺殺された被害者の家族である木野さんが、加害者の妹を二度も優しく包み込んで救ってあげたシーンには涙が出ました。

幸い私自身は、被害者家族にも加害者家族にもなったことが無いので、どれほど重いことなのかは分かりませんが、被害者側が加害者側にあんなに優しく出来るのは本当に凄いと思います。

決して過去を忘れることは出来ないはずなので、亡くなった大切なひとのためにも、残された家族は前を向いて生きているのだと感じました。

加害者の妹を苦しめていたのが婚約者と発覚したときは、驚きと憤りと許せない気持ちがとても強かったです。

最低の人間を水野美紀が殴り飛ばしてくれて、とてもスッキリしました。
あんな人と結婚せずに済んで良かったと思います。

おしまいに

被害者家族にも、加害者家族にもそれぞれに悩みがある。
当たり前のことですが、あらためてどちらの立場の方も尊重されるべきだと思いました。

https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/