実の父親に関する真実をつきとめようとするケイト、恋も仕事も波乱があって、大3話も忙しそうでした。

第3話あらすじ

“殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。

そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。
黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽かわはらたつみ(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。

早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。
ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。

仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。
一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。

春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。
タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。

公式サイト https://https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/  より

注目ポイント

SEN(50代、女性)

主人公のケイトは自分の父親のことを知りつつも、プロポーズをしてくれた尾高に対して、再び好意を持つようになるようです。

以前は事情を知らずに、自分の都合でプロポーズを断ってしまいました。
ですが、尾高とケイトの亡くなった母親での会話のやり取りを知り、彼女の気持ちが変わっていくようです。

さまざまな出来事によって、ケイトの気持ちの揺れ動く変化が、3話の見どころだと思います。

WATA(40代、男性)

以前に殺人犯である乃十阿徹の娘であることを知りながらプロポーズした尾高の真情をケイトは知るのでした。

そして、そんな時天才ダンサーである河原巽の特集企画をケイトが担当することになるのでした。
すると、また思わぬ10年前の動画がネットにより炎上され、急遽取材中止となるのでした。

しかし、それをまた逆手に取り方向転換し取材が続行されるのでした。
そして、ケイトは更に取材を続けていくうちに意外な真相を知ることになるのでした。

TAKA(50代、男性)

ケイトは、尾高が殺人犯の娘と知りながらプロポーズしていたことを悔やんでいる中、年末年始の特集企画を担当することになります。

ケイトは、国民的な人気を誇るダンサーの河原巽の才能の秘密を探り取材を始めますが、河原が過去に老人に暴言を放つ映像がネットで拡散されて炎上した情報が編集部に入り、取材方針が変更されます。

編集長の岩谷は、ケイトに河原の裏の顔を探り本性を炙り出す取材を支持しますが、ケイトはその方針に疑問を呈します。

そんな中、ケイトが殺人犯の父親と直接対面するようで、どんな対応となるかが見どころとなりそうです。

33miya(50代、女性)

予告動画で、殺人犯の父親にケイトが会いに行くシーンがありましたが、本当に会うのか、名乗るのか、そして何を話すのか、それが大きな見どころになると思います。

また、元カレの尾高が、父親が殺人犯と知りながら自分にプロポーズしてくれたことを知り、大きく動揺した前回、ケイトはその気持ちを引きずってしまうのか、また、婚約者だった春樹と尾高が会話するシーンがありましたが、この二人がケイトを挟んでどんな会話を交わすのか、そこもまた興味深いところです。

第3話みなさんの感想

KINOSHITA(40代、男性)

正直な第3話で週刊イーストが追っているネタやその真相自体にはそこまで興味を惹かれなかったですが、いつものごとくサブ要素はかなり楽しめました。
篠井英介さんの見事なまでのオネエっぷり、山内圭哉さん演じる黒川の軽妙すぎる小ネタなど笑いどころ満載です。

ケイトと別れた理由を話す由一郎と野中の気まずい感じもかなり良かったし、由一郎と別れた過去を回想するケイトの口調がとても平板なのですが、そのおかげで戻らない時間を悔やんでいる感じが逆にリアルに伝わってきました。
由一郎の部屋でケイトと由一郎が二人で買った赤いコーヒーメイカーが映るシーンは胸にジーンときました。

なにしろ大貫勇輔さんの演じるタツミーヌのダンスはさすがの美しさでうっとりしてしまいました。

「生きることは踊ること」「踊らなくなった自分は想像できない」という台詞を彼の口から聞くとすごく説得力があって、心が熱くなりました。

そういうサブ要素を抱え込みながら物語全体はケイトの父親の事件の真相に、少しずつ少しずつ近づいている感じがあって、次回も目が離せないかと感じました。

HーーA(40代、男性)

今回もまた色々と内容の濃いエピソードだと思いました。
ひとつは尾高が、かつて殺人犯であった父親を持つ娘、ケイトにその事を知りながらもプロポーズしていたと言うことでした。

本来、現実的に考えれば絶対にありえない事だと思いました。
普通、現実的に考えてみてもやはり殺人犯の子供とそれを知りながら結婚したいとは誰が思うんだろうと強く考えました。

勿論、ドラマだからこそ成立するのでしょうが、現実的には絶対にありえないと思いました。

ちょっと天然でお茶目な吉高由里子ちゃんは本当に昔から大ファンなのです。
是非次回も楽しみに観たいと思っています。

94NT(40代、男性)

今回はSNS全盛期の現在において、よくあるような話だと思いました。
有名人は少しでも変なことをしてしまうと、直ぐに炎上してしまうので、本当に大変だと思いました。

そして、改めて週刊誌などのマスコミは、あれだけ追っかけ回しているので、嫌われて当然だと思いました。

ケイトたちは、タツミーノに繋がる知り合いが多くて運に恵まれているような気もしますが、ケイトの手紙作戦は古風だなと思いました。

今時手紙を取材相手に書くというのは、ある意味信用してくれそうだなと思いました。
そして、ケイトの父親である乃十阿の件ですが、もう少し情報を出して欲しかったような気がします。
会いに行きましたが、何を話すのかが気になります。
そして、キアヌ・リーブスは父親候補から完全に消えたなと思いました。

HARA(30代、女性)

尾高さんとの過去の幸せ溢れるシーンには、ただただ心が痛みました。
2人の関係が崩れてしまった原因が、乃十阿にあるのなら仕方ないとは思いますが、尾高さんに妻子が出来てどうしようも無くなってから、こんなに良い関係に戻れるなんて、ケイトが本当に可哀想でなりません。

神様は意地悪ですね。
野中が尾高に詰め寄ったシーン、尾高さんが野中を最低だと言い放ってくれて、とてもスッキリしました!野中の思考が一般的にも感じますが、野中が器の小さな男に見えてなりませんでした。

ケイトの手紙がタツミーヌの心を動かすことが出来たのは、誠心誠意やれば相手にもちゃんと伝わることを証明してくれたようで、何だか嬉しかったです。

最後のケイトが乃十阿を探しに行ったシーンと、尾高の幸せな家族シーンの対比には、天と地ほどの差があり、あまりに辛かったです。

おしまいに

色々と困難にぶつかりながらも一生懸命に頑張る吉高由里子が本当にかわいいですね。最後に彼女の笑顔が見れますように。

https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/