「この世を白と黒に分けることができたらどんなにいいか」と思うときはありますよね。
現実には無理な勧善懲悪の夢を見ることができるドラマかな。

第2話あらすじ

“レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。
男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。


事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。
池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。
犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。
神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。


“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。
東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。
その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。

公式サイト https://https://www.ytv.co.jp/shirokuro/  より

注目ポイント

TR(40代、女性)

パンケーキにはちみつをかけると、ミスパンダと飼育員さんになる二人の関係がまだしっくりきませんが斬新なストーリーですよね。

事件の真相が中々わからなかいですが、真相をときあかしていく流星くんやっぱりカッコ良いですね。
高校生の娘も60代の祖母も「カッコ良いー。」と、虜にさせる流星くん。
やっぱり凄いですよね。
素敵です。


ミスパンダと飼育員との関係は恋愛に発展するのかも見どころのひとつに感じています。
家族で楽しめるドラマです。

GRG(30代、女性)

2話は、東京誠立大学のキャンパスで学長がナイフで刺される事件に遭遇するところから始まります。

この事件がきっかけで、不正入試問題にシロクロつけることとなります。

パンケーキ屋へいつものように呼び出され、ミスパンダの始動!!あな番つながりのゲスト「中尾暢樹」が不正を疑われることに。
このゲストも、毎回見逃せませんよね。
今回はアクションシーンも迫力があって見所ではないでしょうか。
今後、もっとアクションシーンが見たいです。

KI(50代、男性)

囲碁棋士の川田レン役の清野菜名の運動神経にまず監視しました。
医学生・森島直輝役の横浜流星は、空手をやっていたことは有名ですが、横浜流星とトレーニング的に組手をやりますが、実に様になっている。

横浜流星と遜色のないアクションをこなせています。
このドラマの見所の一つになると感じています。
ストーリーとしては、大学の不正入試の問題を横浜流星がMr.ノーコンプライアンス役の佐藤二朗から依頼で暴いていきます。

過去にあった事件、横浜流星、清野菜名、佐藤二朗それぞれの事件が今後どう結びついていくのか?

その布石とも言えるシーンが多く出てきたので、その謎が少しずつ解明されるのではと思えたストーリーで面白かったです。

BU(30代、女性)

2話では、不正入試がメインで話が進みます。
直樹の通う大学の学長が浪人生に刺される事件が発生。
流れでレンをかばって直樹もケガをします。

会見が開かれましたが、神代が刺された原因は「不正入試疑惑の告発では?」と質問します。
副学長は不正入試について第3者委員会が開かれるのですが、そこへミスパンダが現れます。

直樹は、飼育員さんとしてこの不正入試にシロクロつけることになります。
2話のゲストは、中尾暢樹さん。

不正入試で入学したと疑われ、告発動画で入試点数がばらされ、ネットで顔や個人情報がばらまかれる役どころです。

第2話みなさんの感想

WE(50代、女性)


Mr.ノーコンプライアンスこと佐島は娘を拉致された経験があり、直輝は父を失っていて、レンは姉の火の中での死をトラウマとして抱えています。
彼女はPTSDでしょうね。

真実が足を置くのは白か黒かグレーか、いずれでしょうか。
ミスパンダと飼育員さんは真実を求めているのでしょうか。
ミスパンダはいいことを言いました。

「嘘をついてまでなんでそんなに偉くなりたいの?」です。
人が他人を蹴落とす不正行為を働く動機はいったい何でしょう。
慾かも知れません。

気になったのはレンの主治医です。
薬を飲んでいるのだからフラッシュバックするはずないと言っていましたが、レンに過去の出来事を思い出させないようにしている感じがしました。
どうやら長女を虐待していたらしい母麻衣子となにか関係があるのでしょうか。

母親がそんなにも長女を嫌うにはきっとわけがあるでしょう。
長女とレンの父親が違うとか、自分にとって思い出したくないことを長女が思い出させるとか、自分も母親にそんな仕打ちを受けて来たとかです。

囲碁喫茶の店主はもしかして監視役?悪を暴くのは見ていて気持ちがよい部分もありますがそれより成敗せずにはいられない三人の過去が気になるのです。
不正行為を働くことに動機があるのと同じく、不正をただす側にも動機があるでしょう。

それは桃太郎侍とは違って、もっとネガティブなところに根差しているような気がします。
ただの勧善懲悪ではないところがこのドラマのリアリティですね。

ER(40代、男性)

今回もダークヒーロー全開という感じがしました。
そして、横浜流星さんと清名菜々さんの格闘シーンなども盛り込まれていて、見所が多いと思いました。

二人共アクロバットなどがすごいと思いました。
そして、今回の不正入試問題ですが、実際にもありそうな問題だと思いました。

最近の世の中は金持ちの都合のいいようにできていることが多いので、金持ちや権力者はやりたい放題だと思います。

現実にもミスパンダがいればいいなと思いました。
やり方などに、突っ込みどころが満載で危ないですが、ああいう存在は必要だと思います。

そして、レンや直樹などの過去の傷は気になるところがたくさんあります。
レンは子供の頃に檻の中に入れられて育てられたのかなと心配になりました。

XES(40代、女性)

不正入試とか現実にもお金での裏口入学とかありえそうです。
今回もパンケーキにメイプラシロップをかけるとパンダに返信しましたが同じ人とは思えない人格への返信が本当に怖いですが、笑えてしまう自分もいて不思議です。

それにしてもあずささんとなおきくんの関係が気になります。
パンダとは飼育員との関係だけならなんだか悲しいです。

バカ息子はいつまで経っても追い詰められると、親のせいにするなんて子どもは心を強く育てないといけないと、心から再認識させていただいたドラマです。

ミスパンダの登場だけでなんだか、心がすごくスッキリするようになり、自分に驚いています。

シロクロつけて真相を明らかにしてくれてスーッとしました。
次回も楽しみにいます。

●名前●(40代、男性)

今回もまた清野菜名ちゃんがいつもながら可愛くて見ているだけで癒されました。
また、同じく主演である横浜流星君は非常に二枚目で物凄く格好良いと思いました。

また、ドラマの内容としては今回は時折耳にする不正入試がテーマとなっていました。
ある大学の学長の息子を権力を使っての不正入試により、他の生徒がそれを知り、そしてナイフで刺すと言う何とも恐ろしい事件が起こったのです。

正直、私は観ていて何か物凄く現実的な感じがして生々しく感じました。

また、本当にありそうな事でもあるので少し怖い気持ちにもなりました。
更にこのドラマではサプライズゲストも出るので毎回楽しみでもありました。
次回も非常に楽しみなドラマのひとつです。

 

おしまいに

このドラマではサプライズゲストも出るのも楽しみですね。 https://www.ytv.co.jp/shirokuro/